So-net無料ブログ作成

予算委員会、前代未聞の暴言

浜田幸一暴言 1988,2,6

戦後史上、最悪の暴言か。

この日の衆議院予算委員会で、日本共産党の正森成二議員が質問中、議事を進行する役割である予算委員長の浜田幸一が、突然正森の質問と無関係に「我が党は終戦直後に殺人者である宮本顕治君を国政の中に参加せしめるような状況を作りだしたときから、最大の懸念をもち、最大の闘争理念をもっておりました」と発言した。

そして、まるで計算しているかのように、テレビ中継終了直前にも質疑を止め、「ミヤザワ(宮本)顕治は人殺し」と発言し、国会中継は紛糾したまま終わった。

浜田幸一が持ち出したのは、戦前の治安維持法下での事件であり、現にその時代ですら「でっちあげ」を認めていた。発言する時ときっかけにも全く根拠がなく、明らかに計画的なものだった。

日本共産党だけでなく野党が一斉に抗議して委員会は空転。
浜田は6日後に辞意表明した。

この件、日本共産党とはともに天を戴けないとする立場の媒体は、「浜田幸一の言ったことは正しい」などと論説しているものもあったが、そもそもこのことは、思想信条や歴史観や人物評以前の問題である。

「人殺し」呼ばわりに限らず、対外的な名誉を貶める発言は名誉毀損であり、ましてや、国権の最高機関では、ちょっとした言葉尻も「不規則発言」として懲罰の対象になる。委員長としても国会議員としても、また社会人としても不適格な発言なのは議論するまでもないことだろう。

さらに問題なのは、これが過去のハプニングではなかったということである。

浜田幸一は引退後、テレビ番組でも日本共産党の議員が出演すると異様にエキサイトした。

それに応じようとする同党の佐々木憲昭衆議院議員を、「あまりまともに相手になさらない方が」と、爆笑問題の田中裕二がたしなめていたシーンもあった。

テレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」は、浜田幸一が出演している間は、日本共産党の議員は一切出演しなかった。

いつしか浜田が出なくなり、それと入れ替わって同党の小池晃が出た頃から、まともに議論や提案が行われる有益な政治バラエティ番組になった。

浜田幸一が最近、破産してから、やっと批判的な論調がメディアに出るようになったが、何を今さら……である。

というより、破産してから責め立てるマスコミは、池に落ちた犬を叩くようで気味が悪くもあった。

批判するなら、なぜもっと前からしなかったのか。

その質も問わず、「キャラの立つ」人を、さらに面白おかしく仕立ててさんざん利用し、
まずいことがおこると、今度は叩く側に回る。

一粒で2度おいしいではないが、メディアのマッチポンプ的いじり方も
考えるべき点がある。テレビ局は、自らの責任を省みることが先だろう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(89)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 89

コメント 1

jack

本当にそうです。まったく同感です。                        日本のマスコミほとんど同じ。儲けが一番なのか?視聴率一番なのか?そうでもなく日本人の「常識」を地に落とし込む恣意的なものを感じる今日この頃です。そんな状態を改善できるものがネットと言うメディアのような気がします。
by jack (2011-02-07 21:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます