So-net無料ブログ作成
検索選択

閣僚舌禍事件、奥野誠亮編

衆議院決算委員会で、奥野誠亮国土庁長官は、「大東亜戦争で日本には侵略の意図はない」「東京裁判は勝者が敗者に加えた懲罰」と答弁した。

野党はいっせいに罷免を要求。4日後の13日、奥野長官は辞表を提出して受理された。

しかし、これは「お騒がせした」ことによる辞任であり、本人は主張自体を撤回するということではなかった。
同議員の公式サイトのトップにはその後も、
=========================================================================
特に極東国際軍事裁判によって一方的に断罪された自虐の精神から立ち直り、思
い切った改革を進めなくてはなりません。そのためには、

(1) 日本人自らの手で新しい憲法を制定する
(2) 教育基本法を見直し、道義・道徳を大切にする教育を行う
(3) 遺跡の発掘等を通じて国の始まりを明らかにし、歴史を共有する民族としての一体感を培う

日本の国に誇りをもち、名誉を重んじる国民によって支えられる国づくりを進め
るとともに、自由にものが言える明るい日本の建設に努力を続けます。
===========================================================================
ということが同議員が現役の間明記され続けた。(現在は非表示)

奥野誠亮国土庁長官の舌禍事件については、下記のブログも触れている。参考にされたい。

ジャーナリズムを久しぶりに感じた新聞

解任で一件落着か ― 幕僚長論文は問題だが ??舌禍??という言葉がある。政治家や官界財界の要職にある人が不謹慎な発言などをして責任を問われることを指し 続く88年、奥野誠亮国土庁長官が記者会見で、「第二次大戦は日本の安全のための戦いであっ

>> More

奥野国土庁長官を辞任に追い込んだ発言(20世紀後半の出来事)

1988年に当時の奥野誠亮国土庁長官の逆ギレ発言があった日だそうです。 奥野氏は戦前の侵略戦争を否定していて、竹下首相の懸命のフォローの甲斐もなく舌禍により5月13日に辞任。 「侵略とは、土地を奪い取る。財産を奪い取るという意味が含まれる。

>> More


思い出してみよう!天晴れ!奥野誠亮先生の愛国的エピソード

かつて自民党総務会で、野中広務が、「創氏改名は朝鮮人が望んだ」と発言した麻生太郎を吊るし上げたことがある。 この当時はまだ奥野誠亮がいて、 「野中くん、きみは若いから知らないかもしれないが、 麻生君が言うことは100%正解だよ。

>> More

こんな失言大臣見たことない

柳田稔法務大臣が自分の選挙区で国会軽視発言をしたと、野党からとっちめられていました。これまで政治家の失言は枚挙にいとまないのですが 藤尾正行、奥野誠亮などの顔が浮かびます。 でも柳田さんのは「自分はいい加減な男で

>> More

宗男日記から

産経新聞朝刊5面「単刀直言」で西岡武夫参院議長の発言がわかりやすい。 「仙谷問題、選んだ首相の資質問題」とバッサリである。 小渕恵三・橋本龍太郎・渡辺美智雄・田中六助・伊東正義・奥野誠亮先生方でそうそうたるメンバーだった。 今

>> More

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(93)  コメント(4)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 93

コメント 4

rtfk

舌禍は廃れず・・・ですね
by rtfk (2011-02-09 16:42) 

うたぞー

そんなことを突然発言するのは何か意図があったと思います。
発言したことばかり取り上げられますが、その意図は何だった
のかということにはフォーカスされないような気がします。
by うたぞー (2011-02-09 20:13) 

yutakami

今ならもうありえない?
いやいや昭和の妖怪のお孫さんなら言いかねない?

なかなか難しいこの国の一派様方と思いました。
by yutakami (2011-02-09 23:15) 

ルイヴィトン 財布

日本最強の人気ブランドコピー、激安ブランド、スーパーコピーブランド通販専門店です!
激安スーパーコピーブランドな値段ですけどルイヴィトン バッグ,ルイヴィトン 財布S級以上品質を提供し、大阪ブランドコピー通販もできます。
URL:http://www.bag-mvp.com/
E-mail:bagmvp@gmail.com
by ルイヴィトン 財布 (2011-02-10 16:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます