So-net無料ブログ作成

昭和天皇の容態悪化報道

「自粛」の始まり 1988,9,19

昭和天皇が黄疸症状を示して吐血し、容態が悪化した。国事行為は皇太子(現在の天皇)に委任され、この日から全国各地に記帳所が設置される。

以後、テレビ番組では「下血情報」が定番化し、プロレス中継、バラエティ番組、さらには健康状態を表現する言葉の入ったCMまでが放送中止になるなど、「自粛」は拡大していった。
当時の昭和天皇の病状報道については、下記のブログでも触れている。参考にされるとよいと思う。

本島 等(元長崎市長)銃撃事件。あれから21年。

当時は、昭和天皇の容態悪化のため、いわゆる「Xデー」を前にして、マスコミ各社が報道自粛しながらも「その日」のために情報を集め、息を殺し固唾を飲んでいた時期だった。原爆被爆都市として平和発信の先頭にある市長発言は

>> More

「昭和」が終わる ~自分史(7)~

さまざまなイベントなどが 自粛されている、私が知っていたのはそのようなことだけでした。 11月、メキシコのある地方都市にいました。 昭和天皇の写真が第一面に載った現地の新聞を、バスターミナルの 売店で見つけて驚いたことがあります。

>> More

寒中お見舞い

今では『そんなこともあったかなあ』という遠い記憶ながら、1989年には、前年昭和天皇の病状悪化(同年1月7日崩御)による「自粛ムード」で年賀状が手控えられたため、官製の寒中見舞いはがきが発売されたようです。

>> More

第五章 地獄の満州

昭和天皇の崩御・戦争は遠い過去か ― 日本では、昭和64年1月7日、昭和天皇が世を去った。衝撃は、日本中を走り、人々の反応は大変なものであった。 喪に服す人々の自粛ぶりは、まちの隅々に至るまで徹底していた。

>> More

えんだんじ氏の「伊藤玲子先生に熱烈なご支援を」を転載する

平成元年1月8日に昭和天皇が崩御され、2月24日に「大喪の礼」が行われことが決まった。その時、湘南教組(日教組支部)は「ご家庭への皆様へ」をと題 ご家庭への皆様へ 昨年9月以降の自粛騒ぎ、そして天皇逝去と過剰なマスコミ報道

>> More

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(98)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 98

コメント 1

Soprano-Rei

日教組は日本を滅ぼす元凶です!
反日教育を日本で堂々と繰り返すなんて、酷過ぎます。
情報発信、頑張ってくださいね!
by Soprano-Rei (2011-02-14 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます