So-net無料ブログ作成
検索選択

SOSの際の杖のサインについて

SOSの際の杖のサインについて、違うというご指摘を頂いた件ですが、結論から書きますと、メールと電話で連絡をとったのですが、担当の方から正式にご連絡はいただけませんでした。

ネットを検索すると、コメントのご指摘のとおりのページが複数出てきますが、学校に尋ねるとそのとおりだと回答されました。
ただ、私としては、私がそう解した事実が何によるものなのかを明らかにしてからご回答はしたいと思い、学校に連絡を取ったわけですが、このままでは真相はヤブの中になってしまいそうです。

具体的にお伝えしますと、コメントを頂いた日に、まずメールで学校に質問をし、さらに、学校から電話があり、(高次脳機能障害で複視等の疑いのある)長男の教育相談の日取り等を打ち合わせた際にも質問しました。

それに対して学校側は、担当した人が休んでいて詳細はわからない。

SOSはコメントのご指摘でいいのではないか。

誤解させたのは申し訳ないが、何を意図したものかは担当のものでないとわからない

という回答でした。

しかし、その後、「何を意図したものか」は連絡が来なかったという話です。

目の不自由な方のSOSは大切な問題なので、正しいことをお伝えできなかったことをお詫びするとともに、きちんとすべてを明らかにできないことが残念です。

これからは、メモをより詳細にとるだけでなく、可能ならICレコーダーを回して、確かな事実とともに、客観的に証明できることだけをお伝えしたいと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます