So-net無料ブログ作成
検索選択

藤田紀子、お宝ヌードに見る肖像権の戦後史

戦後史にもいろいろあり、昨日はとくにデリケートな話を書きましたから、今日は少しやわらかい話を。と書いたら芸能人が怒るかもしれませんが、今日は芸能人など著名人肖像権の戦後史です。

戦後史上、初の兄弟横綱の母親、そしておかみさんとして、一時は理想の主婦のような扱いだった藤田紀子(旧名藤田憲子)。

それが、次男の貴乃花(現貴乃花親方)との不協和音あたりからマスコミに書きたてられるようになり、先代二子山親方と離婚する頃には、すっかりスキャンダラスな存在になってしまいました。

芸能ネタも枯れがちなこの時期には、30歳年下のピース・綾部祐二なるタレントとの関係を、8月17日売りの「週刊ポスト」で取り沙汰されています。

まあ、それ自体は双方の「話題づくり」とも見られていますが、このことがきっかけになって、1967~69年ごろに撮影された女優・藤田憲子時代の“お宝ヌード”までが蒸し返され、「藤田紀子(もしくは藤田憲子) お宝ヌード」というキーワードの検索数が急上昇しています。

しかし、その“お宝ヌード”こそ、芸能人としてはめずらしく肖像権を主張したエポックメーキングな裁判になりました。

東京地裁(井上哲男裁判長)は2001年12月19日、女優の藤田憲子(現藤田紀子)が、独身の女優時代に撮ったヌード写真を『週刊現代』と『フライデー』の両誌に無断掲載されたとして、発行元の講談社に1億円の賠償を求めた訴訟の判決で、講談社側に550万円の支払いを命じました。

私も当時、その週刊誌を買いましたが(笑)、写真は、隠し撮りだの激写だの、プライベート写真だのではなく、ごく普通に撮影したもの。

講談社側は、もともと「公表目的で撮影された」ものだから、「(掲載しても)違法性はない」と主張していました。

まあ、芸能人は話題にされてナンボですから、掲載してくれて宣伝になるからいいじゃないか、マスコミとは持ちつ持たれつだし、と第三者は考えます。

だから、そういう裁判が起こされること自体前代未聞でした。

ところが、井上裁判長は、「結婚後は角界に身を置き、女優やモデル時代とは異なる生活を送ってきたことを考慮すると、30年以上前の写真を公表することは肖像権の侵害に当たる」と判断しました。

これがきっかけとなって、最近でもピンクレディーが、自分たちの振り付けの写真を雑誌に使われたといって、肖像権の一部であるパブリシティ権を主張して裁判になったこともあります。

いずれにしても、現代は写真を撮ったカメラマンの著作権だけでなく、撮られたタレントの肖像権にも十分注意しなければなりません。

それにしても、この出来事を思い出して改めて考えるのは、芸能マスコミの変わり身のはやいこと。

90年代前半の頃は、若貴兄弟、およびこの二子山親子を美談仕立てでさんざん持ち上げておきながら、いったんスキャンダルが出ると、今度は「叩く対象」としてどこまでも叩き続けたのです。

このマッチポンプ報道を行う人々の辞書には、「自己矛盾」という文字はないらしい。

「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック

「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック

  • 作者: 植村 元雄
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2006/01/14
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓
nice!(116)  コメント(12)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 116

コメント 12

pandan

持ち上げておいて、叩くって
今までにもいろいろありましたね。
by pandan (2012-08-19 06:03) 

hatumi30331

この二人・・・・さて?何処まで本当か?
私なんかは・・たんに高齢女子にもチャンスがあるのか?
何て思っちゃうけど・・・(笑)
ハイエナのようなマスコミにかかると・・・
どうなることか?
もう少し大人なマスコミになって欲しいなあ〜^^;
by hatumi30331 (2012-08-19 06:17) 

コンブ

マスコミはいつまで経っても体質は変わらないでしょうね。
とにかく視聴率が上がればOKですし、雑誌は売り上げが上がれば良いのですからね。
それを見ている我々も同じかも。
by コンブ (2012-08-19 08:07) 

リキマルコ

芸能人の方は大変ですね!!でもそれもお仕事の1つかなぁとも思いますが・・・
あまり面白おかしくとりあげるのはちょっとかわいそうな気も・・・
30歳下でもありですよね~わたしなら20歳下までですが(^^:)
by リキマルコ (2012-08-19 10:38) 

かずい

ご訪問、コメントありがとうございました。
正直、ピース綾部と藤田紀子の件は引きました。
60過ぎが恋愛対称…? ありえないです。
by かずい (2012-08-19 20:44) 

枝動

芸能にかぎらず、TV・新聞は報道さえ似たようなもんです。
間違ってても謝らない、作っておいて真実かのように流す。
もう、純粋に信じない事にしました。
by 枝動 (2012-08-20 02:10) 

いっぷく

pandanさん、コメントありがとうございます。
そうですね。ワイドショーなどはそういう感じですね。
by いっぷく (2012-08-20 12:11) 

いっぷく

hatumi30331さん、コメントありがとうございます。
私は、もし若い異性とそういう機会があっても
怖気づいてしまうかもしれません。
藤田紀子さんは自分に自信があるのでしょうね
by いっぷく (2012-08-20 12:11) 

いっぷく

コンブさん、コメントありがとうございます。
そうですね。マスコミはそれが商売になるから
やっているわけで、商売にしているのは、テレビを見たり
雑誌を買ったりしている人々ですからね。

by いっぷく (2012-08-20 12:11) 

いっぷく

リキマルコさん、コメントありがとうございます。
お、具体的な線引きもあるんですね
まあ自分の子ども以下の世代だと
戸惑いが生じてしまうかもしれませんね。

by いっぷく (2012-08-20 12:12) 

いっぷく

かずいさん、コメントありがとうございます。
ははは、あり得ないですか。
確かに恋とか愛とか語るのが気恥ずかしい世代では
あるかもしれませんね。

by いっぷく (2012-08-20 12:12) 

いっぷく

枝動さん、コメントありがとうございます。
仰るとおりですね。ニュースそのもの以前に
メディアはそのニュースをどういう意図で報じたいのか、
ということを見抜くことが大切ですね
by いっぷく (2012-08-20 12:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます