So-net無料ブログ作成

居木神社(東京・品川区大崎鎮守)の例大祭

居木神社(いるぎじんじゃ)。山手線品川駅の次にある大崎駅西口から徒歩5分のところに、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り神とする神社があります。22~24日まで例大祭があり、神輿の宮出しと宮入りを行う2日目に行ってきました。同神社は神前結婚式を積極的に行っています。

居木神社の例大祭は22日~24日まで3日間行われます。

居木神社鳥居

細かい内容は神事についてさっぱりなのでよくわかりませんが、まず22日が宵宮祭。宵宮神輿が、大崎の新しいスポットであるシンクパークタワーや大崎駅前を練り歩いたそうです。

23日は、午前中が例祭式典。午後は浦安の舞が境内で行われ、神輿の宮出しと近所の練り歩き、そして宮入りが引き続き行われていました。

スポンサードリンク↓

ちょうど私が行った時にも、大崎駅からシンクパークタワーの前を練り歩きを行っていました。

みこしの宮入り

居木神社みこし

みこし宮入り3

浦安の舞。3ヶ月練習したお子さんが舞っています

居木神社・浦安の舞

和太鼓演奏。こちらもお子さんが加わっています

和太鼓演奏

そして、24日は、午後から宮神輿が出て各町会を練り歩くそうです。

寶物殿内の宮みこし

寶物殿内の宮みこし

露店出ていました。

露店

その他、居木神社の画像です。

境内

居木神社境内

厳島神社。品川区指定有形文化財に指定されているそうです。

厳島神社

富士塚。しながわ百景に選定されています。拝殿前の石段の横手にたっています

富士塚

居木橋遺跡。縄文時代前期の貝塚が発見されたそうです。

居木橋遺跡

居木橋遺跡と富士塚付近。

居木橋遺跡と富士塚付近

居木橋かぼちゃ標識。この地のかぼちゃは縮緬かぼちゃといわれ、江戸時代から明治の中頃まで特産品だったそうです。

居木橋かぼちゃ標識

そして、シンクパークタワー。大崎のシンボルといわれる30階の高層ビルです。

大崎シンクパークタワー

大崎は、湘南新宿ライン(新宿から東海道線に合流する路線)ができてからかわりましたね。

神前結婚式など宗教儀式としての結婚式


居木神社は公式サイトを見ると、神前結婚式の受け入れに積極的です。

山手線大崎駅から徒歩5分ですから、利便性を考えると、多くの方がここで式をあげるのもわかります。

神前結婚式については、まとめサイトや質問サイトにもいくつものページが公開されています。

あなたはどっち!?神前挙式の良いところ(NAVERまとめより)
http://matome.naver.jp/odai/2129653870767205001

神前結婚式(OKWaveより)
http://okwave.jp/qa/q1197410.html

神前結婚式について、列席者側も含めた気になる疑問がまとめられています。

たとえば、社殿内での挙式中の撮影はNG。親族でなくても式に列席はできる。着物でなくてもいい、といったことですね。

神前結婚以外に結婚式というと、民間業者の結婚式場のほかに、仏前結婚もありますね。

人気ホームドラマ『ありがとう』(1973年~1974年、TBS)の第3部最終回で、水前寺清子と石坂浩二が仏前結婚式を選んでいたので、そこで初めて「お寺の結婚式」があるというのを知りました。

数珠!焼香!そんな仏前結婚は定義が意外にロマンティック(NAVERまとめより)
http://matome.naver.jp/odai/2137093513599331101

夫婦が数珠を持って焼香しながらの読経ですから、葬式と全く同じ手順です。

それにしても、これから新しい生活を始めるというモニュメントが、死んだ時と同じというのは……。

人が亡くなることについて、「けがれ」とか「忌まわしい」とか「お悔やみ」とか「冥福」といった思想が根強い我が国では、そういう信仰が全くない私でも、「お焼香による結婚式」というのは正直告白すると違和感があります。

逆にいうと、仏前結婚式をされた(る)方は、その宗派や先祖に対する純粋な信仰と畏敬の念がある方だろうと思います。

本来、神前にしろ仏前にしろ、そういったきちんとした信仰のある方がすべきなんでしょうけど、我が日本人は、初詣だのクリスマスだのと、イベントのときに都合よく宗教を利用するだけですから、その本来の意味は正直なところあまり理解しているとはいえません。

まあ過去はともかく、神前結婚を選んだら、せめてそれ以降はその神社とのお付き合いを大切にされてもいいんじゃないでしょうか。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(322)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 322

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます