So-net無料ブログ作成

ART FACTORY 城南島(大田区)アーティストの拠点を見学しました

ART FACTORY 城南島

大田区城南島のアート施設、ART FACTORY 城南島に行ってきました。大田区の東京湾沿い埋立て地に作られたアート施設です。アーティストに制作・発信・交流の場を提供し、活動を支援したり、アートの多様性を生かし社会貢献・文化振興活動に取り組んだりしている施設です。



まあ要するに、アーティストの作品展を開催したり、美術に関係ある企画を開催したりする施設ということです。

ART FACTORY 城南島

アーティストというと、芸術家や芸術に興味もある人だけの話だと思われるかもしれませんが、一般の人が参加できるワークショップも開催されています。

たとえば、額縁の作り方とか。



現在開催中の企画は、83歳にして現役の現代美術家・三島喜美代の作品展と、浮世絵の作品展です。

ART FACTORY 城南島

「現代アート投資」というサイトによると、今年の春に開催されたアートバーゼル香港という催しで、4000人のアーティストの中から「記憶に残った作家ベスト20」として選出された方だそうです。

三島喜美代
https://www.enrich.jp/money/art_invest/20160826-22307 より

1階の作品展フロアをすべて使い、「情報に埋没する不安や危機感を表現」しているそうです。

まず突き当たるのが、新聞を積み重ねた壁の迷路。

ART FACTORY 城南島

ART FACTORY 城南島

そこを抜けると、一面に敷き詰められた「陶の新聞」があります。

ART FACTORY 城南島

「ゴミを陶器で表現する」のだそうです。

ART FACTORY 城南島

ART FACTORY 城南島

情報が次々消費され、ゴミになっていくことを表現しているのでしょうか。

3階の浮世絵の作品展は、行灯をもって巡回します。

浮世絵の作品展

絵を拡大コピーして、音声つきの説明が行われています。

浮世絵の作品展

浮世絵の作品展
当時の江戸の人々だそうです

浮世絵の作品展
当時の遊郭の様子だそうです

壁も浮世絵です。

浮世絵の作品展

屋上からは、羽田空港が見え、頭上を飛行機が飛びます。さすが城南島。

羽田空港

羽田空港

これからの予定としては、鉄道模型の展覧会や、ハロウィンのワークショップなども参加者を募集しています。



公式サイトもあるので、「お気に入り」に入れて時々気にして、関心ある企画がある時はぜひお問い合わせ下さい。

ART FACTORY 城南島
東京都大田区城南島2-4-10
TEL 03-6684-1045
FAX 03-6682-4786
平日10時~21時
土日祝日10時~18時(不定休)
JR大森駅(東口)・京浜急行線大森海岸駅または平和島駅・東京モノレール流通センター駅(南口)より京急バス「森32系統(城南島循環)」「城南島二丁目」下車徒歩3分。館内に無料駐車場あり。

スポンサーリンク↓

ココアとチョコでカカオが濃厚なサンド


今日のおやつはおいしいアイスですが、ちょっと高カロリーです。

カシスショコラサンド(森永乳業)。

カシスショコラサンド

製造は豊和食品です。

クッキーやビスケットでサンドするアイスクリームは、森永乳業でこれまでにも何商品か出ていますが、丸い形は今回初めてみました。

カシスショコラサンド

カシスショコラサンド

ココアクッキーがはさんでいるのは、ビターなほろ苦いチョコレートアイスで、真ん中に入っているのがカシスソースです。

ココアとチョコのダブルの美味しさで、カカオが濃厚に感じられる、刺激的なアイスです。種別は「アイスミルク」になります。

大人の味という感じですね。いかがですか。サンドアイス。

東京湾諸島 -
東京湾諸島 -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(291)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 291

コメント 14

pn

おー!ジェットのお腹見れるんだ♪
by pn (2017-10-06 21:16) 

末尾ルコ(アルベール)

ART FACTORY 城南島・・・このような施設が有効に機能すればおもしろいですね。高知にも、これほど大きな規模ではないですが、「アート」をテーマとして施設はあるのですが、「普段、あまり人が来ない」、あるいは「いつも常連的人たちしかいない」といった問題点があります。「いかなるアートでも実生活と関連がなければ意味がない」というのがわたしの基本的な考えで、それはダ・ヴィンチの作品でも、アマチュアの人たちが制作する作品でも同じことだと思っていますが、ともあれ、ART FACTORY 城南島のような施設の存在は大きな意味を持っています。
三島喜美代の作品も労作ですが、わたしとしては、浮世絵の作品展により興味があります。このような形で浮世絵的雰囲気に接することができるのは楽しいですね。特に行灯を持って巡回するという企画が好みです。

カシスショコラサンド・・・アイスミルクでしかもチョコレートアイスなんですね。コクのあるお味が楽しめそうです。わたしのアイス生活の基本はバニラなんですが、このアイスは秋の雰囲気が本格的になるこれからの季節によさそうです。ザ・ピーナッツなどを聴きながら、『Gスピリッツ』なぞを手元に置いて・・・。

現実の馬場もタッグのパートナーを助けに行かない傾向があったのですね。「窮地に陥ったタッグパートナーへの対処」というポイントを置いて試合を観直すのもおもしろい気がしてきました。パートナーに対するスタンス、そして試合そのものに対するスタンスなども、今までとは違った要素を発見できる可能性がありますね。


>せっかく吉村がやられて盛り上げているのに

そうなんですよね~。「やられ方」で試合を盛り上げるというキャラクターや技術も再評価されねばなりませんえ。特に「純正のヒール」という存在が成立し難くなった昨今ですから、余計に「やられ方」のスキルを見る楽しさが増しているような気がします。しかし「ナマレバー」はキツいですね。かつては練習方法にせよ何にせよ、「根性で乗り切れ!」という風潮が支配していたのでしょうね。

>芳の里の生ピアノ演奏と、吉村道明の生レバー

これしかし、スゴすぎますね~(笑)。普通「生ピアノ」と「生レバー」は、「生」という共通項以外は絶対に並立しないはずなんですが、日本プロレスにおいてこの奇跡的な(笑)「生ピアノと生レバーの邂逅」が実現していたわけですね。

試合内容は、なにせプロレス史上でも超ド級のブロディ&ハンセンを擁していた最強タッグのクオリティは凄かったですが、子どもの頃に観た影響も大きかったのでしょうが、「インタータッグタイトルマッチ」という設定が好きだったですね~。実際に権威があったかどうかはさて置いて(笑)、「権威ある(と思い込んでいる)タイトルをめぐる攻防」という雰囲気が楽しかったです。まあ「権威」という点で言えば、近年のボクシングも階級の細分化、各団体独自タイトルの乱立で、権威はかなり落ちていると思います。

>我がことのように誇り高く胸を張りたくなったのです。

ですよね~。わたしがプロレスファンになった時期には既に馬場・鶴田組だったんですが、あの二人は猪木とは違った意味で「王者の風格」がありました。あの二人に「恐るべき外国人タッグチームが挑戦」というのがよかったんです。

>タッグマッチは2通りの楽しみ方があるんでしょうね。

なるほどです。

>ジュニアヘビーの小川良成をヘビー級扱いして登用したので試合のクォリティーが下がっただけでなく、ノアはヘビー級が育ちませんでした。

ノアはほとんど観てなかったのですが、これはいけなかったですね。わたしもジュニアのレスラーがヘヴィーに対して伍して戦うという試合は好きではなかったです。ヘヴィーに転向した藤波でさえ、自分よりずっと大きなレスラー相手にがっちりロックアップしてからの試合展開は説得力がなくて鼻白んでました。体格に劣るレスラーがヘヴィーと対戦するのであれば、スピードで撹乱するとか、観ていて自然に納得できるような展開にしてほしかったですね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-06 23:09) 

犬眉母

城南島は少し離れていますね。
平和島ぐらいならいいと思いますが。
by 犬眉母 (2017-10-06 23:38) 

ナベちはる

下から見る飛行機、なかなか近くで見えることがないので新鮮に感じます。
by ナベちはる (2017-10-07 00:23) 

yamatonosuke

芸術の秋ですね〜
浮世絵はいつ見てもノスタルジックな雰囲気になります。
by yamatonosuke (2017-10-07 01:20) 

うめむす

三島喜美代という方、
知らなかったのですが、スゴイ!
年齢を感じさせないトンガリようですね。
浮世絵の作品展の、
「行灯を持って巡る」という演出にも感心しました。
浮世絵という日本らしい題材に、あまりぴったりなもので。
プロデュースしたひと、えらい!
by うめむす (2017-10-07 01:29) 

チャー

ART FACTORY 興味深いところですね
ゴミを陶器に 面白いです
カシスショコラサンド^ ^♪ カシスの風味が新感覚!見つけよーっと!
by チャー (2017-10-07 07:40) 

kohtyan

城南島にARTFACTORYがあるのは知りませんでした。
カメラを持って、飛行機を撮るのと、作品展を見に行きたいと
思います。
by kohtyan (2017-10-07 09:11) 

hana2017

羽田空港の近くに城南島と言う場所があること自体知りませんでした。京浜島の中の駐車場は何度か利用しているのですが・・・、工場以外何もないとばかり思っていました。。
城南島ARTFACTORY・・・現代アートの理解までは到底至りませんけれど。
浮世絵の世界、ここに描かれているのは平和な時代が続いて町民文化が開花した、最も華やかりき頃と想像されました。
それぞれが意匠を凝らしたら着物の図柄、髪型など・・・こうして大きくアップで観られる機会はそうはないものに思います。

by hana2017 (2017-10-07 09:57) 

扶侶夢

いっぷくさんの思いをアートで表現してみるというのも、何だか面白い世界が開けるような気がします。
by 扶侶夢 (2017-10-07 10:08) 

JUNKO

興味深いところですね。今度上京した時行ってみたくなりました。
by JUNKO (2017-10-07 10:59) 

makkun

ユニークなアート施設ですね~
各々のアーティストの視点を勉強出来そうなので
機会があったら行って見たいです。
by makkun (2017-10-07 11:26) 

poko

屋上から飛行機も見たいけど
新聞を積み重ねたものや陶の新聞・浮世絵も見てみたいですね。
by poko (2017-10-07 16:44) 

ヨッシーパパ

なかなか、コアなアートなんですね。
私には、さっぱり判りません。^_^
by ヨッシーパパ (2017-10-07 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます