So-net無料ブログ作成

『ボクはぬくもり配達人ー保護司・坂本新兵』非行、いじめを語る

保護司

『ボクはぬくもり配達人ー保護司・坂本新兵』(主婦の友社)を読みました。上梓されたのは1986年と時間がたっていますが、「母親のぬくもり」を大切にする、という立場からの「非行」や「いじめ」への持論は今日でも通用するものが少なくないと思います。

坂本新兵(1935年4月16日~1996年6月30日)といっても、もう40代後半以上の人でないとわからないかもしれませんが、かつて、『ママとあそぼう!ピンポンパン』(1966年10月3日~1982年3月31日、フジテレビ)という、子ども参加番組のホストをつとめていました。

前列右が坂本新兵
前列右が坂本新兵

当時は、今も続いている『おかあさんといっしょ』(NHK)、石川進、楠トシエ、愛川欽也らが出演した『おはよう!こどもショー』(日本テレビ)など、子供向けの歌を歌ったり、体操をしたりする番組が毎朝各局でありました。そのひとつだったわけです。

坂本新兵はもともと役者ですが、この仕事が認められて、保護司になることを頼まれ、1980年代以降は、タレント業よりも保護司としての活動に力点を置くようになりました。

芸能界に、刑務所や少年院を慰問するタレントはいます。

まあ、その人たちに善意がないとはいいませんが、やはりそれは、自らの芸能活動のパブリシティの範疇にあるものです。

しかし、坂本新兵は、芸能活動の箔付けではなく、ひとりの保護司として「非行」「犯罪」の当事者たちと関わりました。

そんな坂本新兵がモットーとしていたのは、書籍のタイトルのように、自分は「ぬくもり配達人」であること。

保護司になった原点は、自らの“ほしのもと”


坂本新兵は、非嫡子として生まれ、父親がわからないそうです。

しかも、とりあげてくれた産婆さんが、私生児では気の毒だからと善意で自分の戸籍に養子縁組したために、坂本新兵は、自分の戸籍上の苗字を、その産婆さんが亡くなるまで知らなかったそうです。

母親は生保の外交で身過ぎ世過ぎをして、朝から晩までひとりぼっち。

さらに、母親が結婚した時に、坂本新兵は連れ子だったために、母親の結婚相手とは養子縁組の手続きをしてまた苗字が変更。

自分のせいでもないのに、苗字が何度も変わるというのは、決して幸福な星のもととはいえないと思います。

それでもグレなかったのは、母親のぬくもりに守られたからだそうです。

非行に走るか踏みとどまるか更正できるかは、人のぬくもりから前向きに生きる気持ちをもてるようになるかどうかだと坂本新兵はいいます。

だから、いわゆる「非行少年」らには、自分が与えられるぬくもりを与えたいと思ったそうです。

そんな坂本新兵が、保護観察処分の少年たちとの日々を報告しつつ、非行やいじめ問題に語っているのが本書『ボクはぬくもり配達人ー保護司・坂本新兵』です。

スポンサードリンク↓

あなたは血縁者の死に目に立ち会っていますか?


昔のイジメは、いじめられる子どもにある程度傾向があったけれども、今は「「いじめる子」と「いじめられる子」の境界区分が、はっきりしていない」と坂本新兵はいいます。

つまり、人間関係として発生する「いじめ」ではなく、社会病理だというわけです

坂本新兵は、「悪しき平準化」と「建前ばかりの良好な人間関係の現実」のギャップに、子どもたちは迷い、その処し方がわからず「いじめ」につながっていくと推理しています。

たとえば、ウソと不正な競争がまかり通る現実なのに、運動会で順位を付けないきれいごとの「平等」に何の意味がある、ということでしょうか。

また、人が死ぬ場面と生まれる場面に立ち会わせることで、生命の尊厳を知ることができるのではないか、とも提言しています。

昨今は、人の死を「けがれ」「怖い」「悲しい」といった理由から、実子すら臨終に立ちあわせなかったり、直系親族でも葬儀や法事に出席させなかったりすることがあるそうですね。

私は、葬儀は大勢を呼ばずにシンプルに行うべきという考えを持っていますが、さすがに家族・肉親が、看取りや野辺送りはした方がいいだろうと思います

保護司はボランティアですが、少年たちと関わるときは飲み食いさせたり、セーターの1枚もプレゼントしたりなどお金もかかると坂本新兵は告白しています。

それでも、タレント業に優先しても保護司を続けたのは、もちろんゼニカネ目的ではなかったでしょう。

関心のある方は、ぜひ同書をご覧になって、坂本新兵のこだわりや、保護司のやりがいなどをご確認ください。

ボクはぬくもり配達人―保護司・坂本新兵

ボクはぬくもり配達人―保護司・坂本新兵

  • 作者: 坂本 新兵
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1986/07
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(303)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 303

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます