So-net無料ブログ作成

『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』で作る出前一丁

野郎ラーメン

『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』(エビス)というインスタントラーメン調理専用の容器です。電子レンジを使って、袋のインスタントラーメンをまるでカップ麺のように食べることが出来る容器です。作ってみたのは日清食品の『出前一丁』です。



いわゆるインスタントラーメンというのは、袋に麺とスープが入っているタイプと、そこにお湯を入れれば出来上がるカップ麺タイプがあります。

カップ麺と袋麺が違うのは、カップ麺がそれ自体完成品であるのに対して、袋麺は具材のトッピングでバリエーションをつけられること。

そして、1商品あたりの単価も安い。

ただ、カップ麺に比べると、鍋と器を用意したり、火を使ったり、さらに火を使っている時は目が離せなかったりと、手間がかかります。

袋麺を、カップ麺のように、よりかんたんに食べることができないか。

ということで、私が使っているのが、『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』(エビス)です。

『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』は、袋のインスタントラーメンを、鍋もコンロも使わずに(つまり火を使わずに)野菜まで入れて作れ、出来上がったらそのまま食べることが出来るポリプロピレンの容器です。

レンジでらくチン 野菜ラーメン

カップ麺はお湯を入れますが、こちらは電子レンジを使うため、水からでもお湯からでも簡単に調理できます。

袋麺と、カット野菜など入れたい具材さえあれば、場所を問わずに作れるというのがセールスポイント。

レンジでらくチン 野菜ラーメン
赤い落し蓋つき

以前、『サッポロ一番ちゃんぽん』(サンヨー食品)を作ったときにご紹介したことがありましたが、その時は野菜から出る水を計算せず失敗したので、今回、袋麺の『出前一丁』で再チャレンジです。

出前一丁

『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』の中はこうなっています。

レンジでらくチン 野菜ラーメンの容器

調理用の容器ですが、ラーメンどんぶりのデザインが入ってます。

つまり、レンジから取り出したらそのまま食べてよいということです。

ここに、お湯、または水を入れ、麺を投入して電子レンジに入れます。

レンジでらくチン 麺を投入

私はお湯を入れました。

お湯の場合はレンジで3分(500W)。野菜を加えるとプラス1分です。ちなみに、水からだと7分です。

レンジでらくチン 麺を投入

できたものに調味スープを加えます。

『出前一丁』は、調味粉末スープに、ごまラー油が加わるところ。

レンジでらくチン 麺を投入

今は珍しくありませんが、当時はインスタントラーメンで複数の調味袋が入るのは、初めてのことだったのではないでしょうか。

そして出来上がり。

レンジでらくチン 麺を投入

麺もちょうどよい状態に茹で上がっていました。

今回は水の量もちょうどよくできました。

余談ですが、以前書いたように、私の妻はチャルメラ派ですが、私は出前一丁派なのです。

出前一丁、ただしラーメンではなく鉄板チャーハンです

ですから、今回、出前一丁がうまくできてよかったと思いました。

ただ、本来の袋麺はそうですが、茹で水がそのままスープになるので、たとえば最近流行の、重曹を入れてインスタントラーメンを生麺のようにする、などという試みには向いていません。

あくまで、オーソドックスに食べる場合には、大変便利な容器です。

スポンサーリンク↓

時は移ろう


今日、Facebookのタイムランを見ていたら、面白い画像が流れてきました。

ありがとう

昭和ドラマのお化け番組、『ありがとう』(1970年4月2日~1975年4月24日、テレパック/TBS)の第三部の出演者です。

何が面白いかというと、当時のメンバーですが、画像は「近影」であることです。

ですから、亡くなった山岡久乃や児玉清、園佳也子などは重要な役だったのに入っていません。

その一方で、芸能界を離れて30年もたつ佐良直美が入っています。

局がオフィシャルに作ったという話は聞かないので、熱心なファンが作ったのだと思いますが、「近影」というところに、この作成者の気持が込められているように感じ、またそれは私も共鳴するところなので「面白い」と思いました。

ホームドラマというと、10年一日のような見方をされていますが、『ありがとう』は、第1部から第3部に進むにつれ、主人公である山岡久乃と水前寺清子の母子関係が微妙に変化するんです。

第一部では母親にどやしつけられていた娘が、ついに第三部で一本立ちしています。

人間も社会も自然も、決して止まったままではない。

実はこのホームドラマは、そんな真実中の真実を描いていました。

ホームドラマを舞台とした大河ドラマといった趣だったのです。

たぶん、このポスターの作成者は、「近影」のメンバーで、ホームドラマの王道の『ありがとう』が見たいんでしょうね。

私も、平成のテレビ番組、少なくともドラマにはついていけなくなっている一人なので、じっくり移ろいを見せてくれるそんなドラマを可能なら見てみたいと思います。

『ありがとう』。ご存知ですか。

レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682

レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682

  • 出版社/メーカー: エビス
  • メディア: ホーム&キッチン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(259)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 259

コメント 21

pn

陶器製で似たような機能を持った丼持ってたので作ってみましたが時間がかかり過ぎた(笑)
by pn (2017-08-30 21:53) 

犬眉母

坂上忍がいちばん変わったかな。
子役だから当然ですが。
by 犬眉母 (2017-08-30 22:21) 

nikki

便利なものがあるのですね。

ありがとうというのは聞いたことあります。
再放送か何かで見た記憶が。
by nikki (2017-08-30 22:30) 

末尾ルコ(アルベール)

この前の夏風邪が治りかかった時期に『出前一丁』のカップを食べたのですが、そのさっぱりした風味と柔らかく細い麺が体に優しく、美味しく食べることができました。
『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』・・・このような商品があるんですね。実は先ほどこのお記事を読んでいたら、病院勤めの弟が、「上司がいつも使っている」という話を。その上司はいつもラーメンを食べているらしいです(笑)。けれど手軽に作れて、適度な野菜を食べられるのがいいですね。わたしは『チャルメラ』か『出前一丁』かと問われても、両方好きなので、なかなかどちらかを決めることができないのですが、しかし結果的には『出前一丁』を食べている機会の方が多いことに今(笑)気づきました。と言うことは、『出前一丁』派なのかもしれません。

『ありがとう』はある程度は観ていたと思います。テーマソングもしっかり記憶しておりますし。でもドラマのディテールとかはあまり覚えてないのです。ただ、山岡久乃は威厳があって好きでしたね。最近BSで川島雄三監督の『しとやかな獣』を放送していたので鑑賞しました。主演格は映画スターの若尾文子ですが、山岡久乃も重要な役で出ていて、シュールなブラックユーモアに満ちた作品の中でなかなか光っていました。このような映画がスター出演で作られるのも昭和ならではで、現在の日本映画の幼児化・非力化は壊滅的なまでの段階です。

ジョニー・バレンタインというのが、わたしにとって長きに渡って「幻のすげえレスラー」でして、そもそもエルボー攻撃のスペシャリストというイメージがカッコいいし、金髪を振り乱す狂乱っぽいヴィジュアルも好みだったんで、「その息子」ということで父親の戦う姿を(当時は)観ることができなかった分、かなり贔屓目で見ていたというのもあるかもしれません。やはり父親と比べると、鈍臭い感じはあります。
肘は本当に人間の身体の中では最も凶器性の高い部位の一つで、特にUFCなどリアルファイトで凄い効果を発揮するのを見て痛感しました。膝は熟練しないと使い難いし、頭突きは「自分も痛い」(笑)という大きな欠点があります。
プロレスのエルボー攻撃はいろいろバラエティがあっておもしろいですね。「どのように見せるか」という点も重要ですが、気に入らない相手に密かにきついのを入れるなんてこともこともあったのではと想像が膨らみます。肘ではないのですが、猪木がよく拳と肘の間の腕の部分で相手の顔をグリグリやるのはえげつないなあと今見ても感じますし、猪木のフェイスロックとか、がっしり嵌っていて、すごく痛そうに見えます。こういう細かな技で怖さを見せるのも最近のプロレスにない部分ですね。

So-netブログに限らず、「マイルド」、言い換えれば、「微温的」なことで平和に(笑)盛り上がるのが一般的日本人の傾向ですね。もちろんそのような楽しみでブログを使う方々はそれでけっこうですが、まとまった意見や文章を載せられるのもブログというメディアであって、わたしはそのような使い方の方が当然だと考えております。まだまだ日本は「意見表明」する人間を白い目で見る人たちがいますけど、もうそんな息苦しい社会は終わらせたいものです。今後も多様なご意見、大いに期待しております。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-08-30 22:30) 

チャー

貧乏性なのか捨てるのが勿体ないような容器ですね もやしのシャキシャキ感があり美味しそうです╰(*´︶`*)╯♡

ヨーグルト
今の高齢者の方は かなり ハイカラというか?テレビの影響がかなりあるように思います
情報を持っている賢い人の方が 健康の確率が高いと アメリカの実験結果がありましたが それはあるかもしれませんね
by チャー (2017-08-30 22:51) 

ミムラネェ

こんばんは
ラーメンの楽チン容器は便利ですね~
これは欲しいかも♪( *´艸`)
そういえば・・・子供の頃から私はチャルメラ派 妹は出前一丁派で
別れていましたよ~(笑)
by ミムラネェ (2017-08-30 23:03) 

ナベちはる

そのまま容器で使えるのは、とても便利ですね!
火を使わなくても良いのもポイントが高いですね☆彡
by ナベちはる (2017-08-31 00:43) 

yamatonosuke

カップラーメンより袋ラーメンが好きなのでこれは欲しい〜
鍋を火にかけないのがいいですね。
by yamatonosuke (2017-08-31 01:27) 

kinkin

これは良いかも、チンで待てば完成とは^^;
by kinkin (2017-08-31 05:16) 

なかちゃん

このラーメン容器と似たようなのを2年ほど前に使いましたが、上手く作れませんでした。もう容器もどこに行ったことやら(^^;
ありがとうは、第何部の歌かは記憶にないですが『さわやかに 恋をして さわやかに 傷付いて さわやかに泣こう』というフレーズが今でも出てきます。
そして最後が『今日も 明日も ありがとう』で終わる、最高のテレビドラマだったと思います。
最初から見る気が無いからよく知らないけど、最近のドラマではこんなのは無いような気がします(^^)

by なかちゃん (2017-08-31 08:41) 

Take-Zee

こんにちは!
”時は移ろう”・・懐かしい人たちですね。

by Take-Zee (2017-08-31 08:49) 

yakko

お早うございます。
ブログが見られるようになって良かったです(*^_^*)
by yakko (2017-08-31 10:28) 

johncomeback

僕も同様なレンチンのラーメン容器を職場で使っています。
ちなみに僕は「さっぽろ一番塩」派です。

「ありがとう」観てましたよ。
それにしても岡本信人は変わらないなぁ。
by johncomeback (2017-08-31 11:09) 

MINERVA

いっぷくさん、コメントを頂きありがとうございました。
インスタントラーメン、私は小さい鍋で作り、鍋のまま食べるのが結構好きです。 写真を撮る時は丼に入れております。
「ありがとう」、再放送を観ておりましたが、昭和の香りがするドラマは最近は少なくなりました。
連続テレビ小説に関しては、結構安心して観ております。
現在の「ひよっこ」も結構好きなんですが、BSやCSの放送で昔のドラマを放送していると、結構みてしまいます。
by MINERVA (2017-08-31 11:29) 

えくりぷす

佐良直美は、ちょっと前にCD出したり、歌番組に出たそうですが、この画像はスナップ写真のように見えます。
石井ふく子Pは、今週もドラマが放送されましたが、まだ現役なのがすごいですね。
by えくりぷす (2017-08-31 11:37) 

Rinko

レンジでチンして食べれるのはいいですねー!!
しかも、容器の色形が気が利いていていい感じです♪
by Rinko (2017-08-31 13:32) 

makkun

激しいラーメン業界なので色々と便利なもので
勝機を狙っているんでしょうね~
古い人間の私ですので袋に麺とスープの
「みそラーメン」で野菜を入れて
食べてた事が多いです。
今でもカップ麺は本当はちょっと苦手です(笑)

by makkun (2017-08-31 15:52) 

newton

『レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682』、これは便利ですね。これだと袋麺も安心して(?)買えます。

by newton (2017-08-31 17:05) 

ヨッシーパパ

30年以上前の話ですが、寮生活していた頃を思い出しました。
カップ麺は袋麺よりも高いので、丼に電気ポットで沸かした湯を入れて一度どんぶりを温め、湯を捨てて、袋麺と湯を入れて本などで蓋を閉めて、ただ待つだけ。
レンジもなかったし、鍋もなかったので。

by ヨッシーパパ (2017-08-31 18:25) 

starwars2015

レンジでチンするだけって簡単でいいですね。
これなら自分でも作れそうです。
by starwars2015 (2017-08-31 18:53) 

伊閣蝶

「レンジでらくチン 野菜ラーメン PS-G682」
これは優れものですね。
即席ラーメンは、作り方で様々なバリエーションが楽しめますが、手軽に野菜ラーメンができるというのはありがたい限りです。
「ありがとう」の出演者の近影。
あれ?これは誰だろう?と楽しみながら拝見しました。
こういう言い方は失礼だとは思いますが、現在もそれぞれの一線でご活躍の方々はあまりお変わりがないように思います。
新さんの風貌にはちょっと驚きました。
by 伊閣蝶 (2017-09-01 15:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます