So-net無料ブログ作成

『ど根性ガエル』でヨシコ先生と結ばれたのは梅さん?南先生?

ど根性ガエル

『ど根性ガエル』(1970年7月27日号~1976年6月14日号、週刊少年ジャンプ)という私が子供の頃の人気漫画が、Facebookのあるグループで話題になり盛り上がっています。内容は、作中ヨシコ先生と結ばれたのは、梅さんか、それとも南先生か? という話です。(画像はFacebookより)



『ど根性ガエル』という、吉沢やすみ作の漫画をご存知ですか。

中学生・ひろしが、公園の原っぱで小石につまずき倒れ込み、カエルのピョン吉を潰してしまいます。

が、ピョン吉はひろしのシャツに張り付いて生きており、以来人間の言葉を話す“平面ガエル”として、ひろしと生活することになりました。

TVアニメでは、1972年10月7日~1974年9月28日に、TBSで放送されたもの(東京ムービー制作)が、各局で何度も何年にもわたって再放送されました。

その後、『新・ど根性ガエル』(1981年9月7日~1982年3月29日、東京ムービー新社/日本テレビ)、『新・ど根性ガエル ど根性夢枕』(1982年、東宝東和)とリメイク。

息の長いCMである大鵬薬品工業の胃腸薬『ソルマックシリーズ』や、

実写『ど根性ガエル』
CMより

パチンコ・バチスロ、ゲームなどにも登場したほか、2年前の7月には、松山ケンイチや満島ひかりらによって、テレビドラマ化(日本テレビ)されました。

満島ひかり、実写『ど根性ガエル』ピョン吉の声優に抜てき

実写『ど根性ガエル』
http://vintagedrama.blog.jp/post-469 より

冒頭の話題に戻ると、作中に登場した、ひろしの通う中学の教師・ヨシ子先生について、同僚の南先生と、町の寿司屋・宝寿司の板前である梅さんが張り合っていて、さて、その関係はどうなりましたっけ、という話でしたが、いろいろな意見が出ています。

テレビは、その三角関係に決着をつけないまま最終回になりました。

そこで、今回そのような話題が盛り上がったのだろうと思いますが、原作漫画では客観的な事実、つまり正解が存在しますので、書いてしまいますと、梅さんです。

漫画の展開では、南先生の方が優勢に見えたのですが、最終回近くになり、南先生は、ひろしの同級生・ゴリライモの魚屋で働く初ちゃんと結婚します。

そして、梅さんは宝寿司が出店するハワイ店に2年行くことになり、見送りに来たヨシコ先生に、「梅三郎さーん。あ…あたし待ってます」と言われる結末です。

他愛ないギャグ漫画なのに、ちょっとホロっとくる場面でした。

「ほしのもと」が恵まれなくても幸せになれるストーリー


この漫画がどうして、新作も出ていないのに半世紀に渡って人々に愛されているのでしょう。

正真正銘のギャグマンガですが、登場人物は、さり気なく社会の「上級国民」ではない人が登場します。

私は、その人たちを幸せにする作者の温かさが、読者に伝わったからではないかと勝手に思っています。

まず、ひろしは母子家庭の片親育ちで、母ひとり子一人です。

担任の町田先生は、ある時、金も地位もある元同級生に会い、さんざん自慢されますが、その人が唯一望んでも得られなかった初恋の人こそが、町田夫人でした。

板前・梅さんは孤児という設定でしたが、いいところのお坊っちゃんであるイケメンの南先生と、ヨシコ先生をめぐる三角関係に勝利します。

その南先生が結婚した相手は、集団就職で上京した初ちゃんでした。

お坊っちゃんではあるけれども、決して悪い人ではない南先生も、ちゃんと幸せになります。

「ほしのもと」が恵まれなくても、うだつがあがらなくても、登場人物を辛い目に合わせない『ど根性ガエル』を、久しぶりに読んでみたくなりました。

スポンサードリンク↓

チョコの三重奏


今日、ここだけでこっそりご披露するおやつは、『ビッテ ミルクショコラ』(グリコ)です。

ビッテ ミルクショコラ

末尾ルコ(アルベール)さんがブログ記事で、『ビッテ アイボリーショコラ』について書かれていたので、私も早速後追いしてと思ったのですが、あいにく、いつものスーパー・オーケーストアには『ビッテ ミルクショコラ』しかなかったため、『ビッテ ミルクショコラ』をご紹介します。

ビッテ ミルクショコラ

が、この商品もなかなかよいと思います。

生クリームを挟んだチョコレートビスケットを、さらにチョコレートで包んだものが個包装(6個入り)されています。

ビッテ ミルクショコラ

チョコレートにはコクがあり、コーティング、ビスケット、中のクリームと、チョコの三重奏は満足度がぐっと高まります。

さらに、1箱につき1袋、インスタントコーヒーも同梱されています。

ビッテ ミルクショコラ

ご一緒にどうぞ、ということなのでしょう。

これだけでも、何か得した感じがします。

コーヒー付き三重奏のチョコクッキー、いかがですか。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(299)  コメント(25)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 299

コメント 25

DON

梅さんの物真似 よくしました~(^_^;)
by DON (2017-04-26 20:28) 

makkun

漫画は殆ど見なかった私なんですが
知っている限りでは「微笑ましい漫画」の
記憶があります。
人情的にはヨシコ先生の相手は
「梅さん」ですよね~d(*^o^*)b
by makkun (2017-04-26 20:54) 

ジジコッす

ど根性ガエルは、懐かしいでちねぇ(^-^)
学生時代に、コミック集めましたです。
テレビも見てましたですです(丿 ̄ο ̄)丿
でも、翌年だったかなぁ?その次だったかなぁ?
宇宙戦艦ヤマトが始まり、ヤマト馬鹿になりましたですです…………………その後、こち亀(山止たつひこ版)、うる星やつら(初版)とコミック集めましたでち(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
十数年前まで、実家にありましたが、実家の建て替えの時に、捨てられてしまいましたでち!
唯一残ったのは、めぞん一刻(全巻初版)だけでちよぉぉぉぉぉΨ( ̄∇ ̄)Ψ
ヤマトで、アニメにはまりましたが、ガンダムでアホらしくなり、マクロスでアニメ復活でちよぉぉぉぉぉ(ノ゜ο゜)ノ
その後は、家庭が出来て、あっという間に娘が結婚して、いい年してアニメフィギアの改造をしてますでちよぉぉぉぉぉ┐(-。-;)┌
by ジジコッす (2017-04-26 21:22) 

pn

新・ど根性ガエルのエンディングが好きだったなぁ。とんねるずのデビュー曲になるのかな?
by pn (2017-04-26 21:27) 

green_blue_sky

ど根性ガエルはアニメでよく見てました。
昔は根性時代(^_^;)
捨て猫は多いですよ、うちの2ニャンズも捨て猫出身です~
by green_blue_sky (2017-04-26 21:39) 

ゆきち

「ぴょこん、ぺたん、ぴったんこ」♪ 歌えちゃいます(*^▽^*)
ぴょん吉大好きだったので、オスの子猫を迎えるにあたり「にゃん吉」にしようか悩みました^^;
by ゆきち (2017-04-26 21:51) 

mwainfo

皆様のご訪問の証として、ナイス欄を再開いたします。  皆様のブログへの訪問は、相変わりませず継続いたします。  よろしくお願いいたします。

by mwainfo (2017-04-26 22:08) 

ようこくん

懐かしいですねー!!
あのTシャツから本当にぴょん吉が飛び出しそうで
どきどきしてました。
そうですね、言われてみたらみんなが幸せ。
優しさが詰まっていますね。
by ようこくん (2017-04-26 22:37) 

アールグレイ

ど根性ガエル、知ってはいますが、あまり話は詳しくはわからないです(^-^;
ビッテミルクショコラ、食べたことはないですが、チョコは時々買うので、試してみたいと思うことです。
珈琲がついているのは、嬉しいですね^^
by アールグレイ (2017-04-26 23:12) 

末尾ルコ(アルベール)

『ど根性ガエル』は、わたしも好きでした。「ど根性」という言葉に影響を受けて、やらずもがなのことをいろいろやってしまいましたよ(笑)。ヨシコ先生がどちらを選んだかは覚えていませんでしたあ、南先生と梅さんでは、梅さんの方が好きだったので、お記事を読んでホッとしました。『ど根性ガエル』には近頃はやりのイージーな「癒し」などとは違った、いい意味での「人情物」のよさがあったのだと思います。ところで『ど根性ガエル』の話題を読み、(そう言えば、あの漫画は・・・)と記憶が蘇り、指が勝手に(笑)『トイレット博士』などを検索してしまいました。『トイレット博士』の画など久しく目にしてませんでしたが、今見るとスゴイですね(笑)。小細工なしの漫画の原点に帰ったような気がしましたです。

『ビッテ ミルクショコラ』・・・美味しいですよね~。でもインスタントコーヒーは、わたしの買った『ビッテ アイボリーショコラ』には付いてませんでした(笑)。キャンペーン期間の特典なのでしょうか。わたしもお店でチェックしなくては。グリコのサイトを見てみると、東京駅先行販売を謳った「TOKYO FUSION」なる『ビッテ』も載っていました。これまた美味しそうで、早く全国販売してほしいところです。

実はわたしも今のプロレスをぜんぜんワクワクせずに観ておりまして(笑)、それよりも昭和のプロレス、日本マットだけでなく、米国マットの試合も、(うわ、こんなの観られるんだ)という感じでずっとワクワクしております。この差はノスタルジーとはまた違う、「質的」な要素が大きいのかなと考えたりしております。今のプロレスにワクワクしないのはレスラーたちが自分より年下中心だという理由もあるのかなと思ったりもしましたが、しかしMMAでは20代のロンダ・ラウジーに極限までワクワクさせられていたわけで、年齢の問題でもない。考えてみれば昭和の魅力的なレスラーたちは、高知での巡業なんかけっこう手抜きっぽい試合も多かったんですが、それでも満足していました。この違いっていうのは、少々大袈裟な言い方かもしれませんが、「昭和と平成そのものの違い」にとても共通する部分があるような気もしており、そうした思考も深めるべく、ネットで過去の試合にワクワクしつつ、今のプロレスは極めて客観的に(笑)観ている状態です。でも「いつ死者が出ても不思議はない」ような技の連発はもう控えるべきですよね。いくら危険な技の大盤振る舞いをやっていても、お客さんも飽きてくるし、「飽きられたら、次は何を?」という話になりますものね。

>こちらも初心に返って観戦しようと教えられました(笑)

このお言葉、いいですね~。
あのエリックを刺した客、狙ったのが頭部ですし、画面からもものすごく力を入れているのが伝わってきます。ほとんど殺人未遂に近いような気も。こんなとんでもない事態があり、しかもテレビで放送されたのに、特に大騒ぎにならなかったのも昭和らしいと言えば言えますね。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-04-26 23:18) 

tai-yama

空き地に土管、ガキ大将の存在とか今の時代に無くなった物
がたくさんあった気が。セリフの問題とかもあって昔のアニメ
の再放送も無くなってしまいました・・・・残念です。
by tai-yama (2017-04-26 23:30) 

ナベちはる

外から中までチョコを堪能できるお菓子、美味しそうです!
by ナベちはる (2017-04-27 00:29) 

yamatonosuke

ど根性ガエル懐かしいです。
いつも梅さんの作るお寿司が食べたかったです。
by yamatonosuke (2017-04-27 00:58) 

Rinko

ド根性ガエル、TVのアニメで観ていましたがあまり詳細までは記憶になく・・・。
いっぷくさんのこの記事を読んで、漫画を読みたくなりました^^
by Rinko (2017-04-27 08:24) 

馬爺

懐かしい漫画ですがたまに見た程度ですね、梅さんやりましたね(^_-)-☆
このチョコ買ってみょうかな?
by 馬爺 (2017-04-27 09:41) 

やおかずみ

『ど根性ガエル』ですか。私はアニメをあまり見ないので、
申し訳ないですが・・・・。
by やおかずみ (2017-04-27 10:30) 

johncomeback

『ど根性ガエル』のTV放映が始まった頃、
我家も母一人子一人の母子家庭でした。
主題歌の1番は今でも歌えます(^^)

by johncomeback (2017-04-27 11:13) 

chibacandy

Bitte美味しそうなので買ってみよう!どの種類になるかな?
by chibacandy (2017-04-27 11:32) 

muku

Bitte美味しそう~
週末買いに行かなきゃ^^
by muku (2017-04-27 12:05) 

little_me

ド根性ガエル、南先生は記憶に薄いです。
梅さんはよく覚えているのですが・・・。
最近のドラマ版でも梅さんと結ばれていましたね^^

by little_me (2017-04-27 12:11) 

追いかけっ子

ど根性ガエル♪好きでしたねぇ!いつも見てました(*^.^*)
その当時のアニメやドラマは嫌みがなくて
素朴でほのぼのとしたものばかり♪
いつの頃からかひねくれた人間関係や裏の裏あり~の様な
解りにくいさっぱりしないものばかりが
画面から流れているような気がします。
と言ってもここ数年はほとんどテレビをまともに見ておりませんが。。
by 追いかけっ子 (2017-04-27 12:24) 

Take-Zee

こんにちは!
先日の記事のアイス・・探して買って
来ました。 あとで食べます!!

by Take-Zee (2017-04-27 12:36) 

ミケシマ

えーっ、以前このビッテ、買ったことありますがコーヒーなんてついてなかったよ!
期間限定なのか??
「コーヒーにビッテ♪」のCMに惹かれて白いのを購入したのですがちょっと甘かったかな(^^;
次回はこのブラウンバージョン買ってみます☆
by ミケシマ (2017-04-27 16:48) 

たじまーる

新ど根性ガエルでしたら再放送で観てました(*^^*)
とんねるずが歌を歌ってたことは良く覚えてますね^^;
by たじまーる (2017-04-27 20:12) 

うつ夫

弱者の味方は、さすが昭和の漫画ですね。
by うつ夫 (2017-04-27 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます