So-net無料ブログ作成

Evernoteに移行かGoogleドライブか、データ管理を考える

Evernoteに移行かGoogleドライブか、データ管理を考える

Evernoteを最近は意識的に使っています。OSやマシンに依存しないクラウドサービスでデータの同期や共有化を行えるようにするためです。しかし、これまで使ってきた『知子の情報』からの移行ができず、Googleドライブも使いやすいサービスだと思っています。



私は、MS-DOSの時代からパソコンを使ってきましたが、25年以上一貫して使い続けたアプリケーションソフトが、文書型データベースを標榜する『知子の情報』(テグレット技術開発)です。

知子の情報.png

テキストの文書をデータベース化して、素早く検索できるソフトです。

しかも、データベースとエディタ機能が一体になっています。

文章を書くとそのデータがすぐにデータベース化されます。

大変便利です。今も使っています。

ただ、今やネットに繋ぐのが当たり前の時代です。

すでに『知子の情報』のバージョンアップもなさそうですし、将来のことを考えたら、OSやマシンに依存しないクラウドサービスで、いつでもどこでも、どのマシンでもデータを扱えるよう、置きかえることも考えなければなりません。

そこで近年、必死に慣れようと取り組んでいるのが、Evernoteです。

Evernoteは、ご存知のように、

・何でも保存できる
何でも保存できる
・どこからでもアクセスできる
どこからでもアクセスできる
・整理・検索が簡単
整理・検索が簡単

という3拍子揃ったウェブサービスです。(以上画像3点はevernote公式サイトより)

インターフェイスも洗練された、非情に使いやすいソフトだと思います。

evernote
パソコンから

evernote
タブレットから

ただ、Googleドライブも捨てがたく、時間と手間を考えると効率的ではないのですが、併用の状態が続いています。

Googleドライブ


ご存知、Googleのファイルストレージサービスです。

Evernoteとの大きな違いは、Evernoteがそれ自体ワープロになっていますが、Googleドライブ自体はあくまでもファイルストレージサービスで、データ作成はGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートといった連携する別アプリが行います。

マイ ドライブトップ - Google ドライブ.png

Googleドキュメントは、以前ご紹介したように、音声を文字に変換したり、画像中の文字をテキストデーテにしたりと、データ作成は無料とは思えない高機能です。さすがGoogleです。

Googleドキュメント

音声入力

Googleドキュメントで音声入力の記事作成
GoogleOCR機能(無料)で画像データからテキスト情報を認識

もちろん、検索機能もついているので、すでに作ったファイルを放り込んでおいて、非定型データベースソフトとしての使い方も可能です。

たとえば、画像やPDFから、特定の文字列を検索することも可能です。

スポンサーリンク↓

まとめ


Googleドライブを無償で使える容量は15GBで、それ以上使いたかったら有償となりますが、文書と静止画像データだけならしばらく無償で使える容量です。

一方、Evernoteは月間アップロード容量がベーシック(無料版)なら60MBで、1ノート(ファイル)のサイズ上限が25MB。

これだけですと、Googleドライブが圧倒的に良さそうですが、Evernoteは「月間」ですから、月が変わるとまたゼロからカウントし直しなので、月間の容量さえクリアすれば、事実上無制限に使えます。

Evernoteのワープロ機能と、GoogleドライブのGoogleドキュメントでは、機能の点で決定的に後者に軍配が上がります。

ただ、『Evernote』のように、右側にノート(データベース化しているデータ名)一覧、左側に編集・閲覧したいデータが表示されるのに比べると、GoogleドライブとGoogleドキュメントが別々の画面であるので、使いやすさの点ではEvernoteの方が勝っているように見えます。

そして、使える機能が広がる有料版も、個人ベースならEvernoteの方が安い価格になっています。

そうして考えると、EvernoteとGoogleドライブは、使う人の目的や価値観で評価が分かれるような気がします。

みなさんは、マシン間の情報管理や作成データのデータベース化はどうされていますか。

4コママンガで誰でもわかるEvernote超入門 impress QuickBooks -
4コママンガで誰でもわかるEvernote超入門 impress QuickBooks - Google無料サービス早わかりガイド 増補改訂版 -
Google無料サービス早わかりガイド 増補改訂版 -
スポンサードリンク↓



nice!(245)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 245

コメント 16

ヤマカゼ

便利なクラウドがありますね。
by ヤマカゼ (2018-03-23 23:44) 

ナベちはる

上限が最初から決まっているか、「月間」の上限は決まっていてもそれをクリアすれば実質無制限か。悩みどころですね…
by ナベちはる (2018-03-24 00:12) 

nikki

ソニーのブログで書くのもなんですが、ソニーって新しいサービスをよく展開しますが、やめてしまうサービスも多いのが現実です。
グーグルならそれほどサービスをやめてしまうことはないでしょうから、いいかもね。
by nikki (2018-03-24 01:04) 

ゆりあ

マシン間で情報を移動したりすることがないので、こういった便利なものは使ったことがなくて…^^;
スマホを持ってたり、別にパソコンがあったりすると一括で管理出来てとっても便利なんでしょうね^^
by ゆりあ (2018-03-24 01:05) 

末尾ルコ(アルベール)

Evernoteに移行かGoogleドライブか、データ管理を考える・・・『知子の情報』という名前も初めて知りました(とほほ)。もちろんEvernoteのこともぜんぜんです。そんなわたしも、泣けてくる『ジャイアント台風』のエピソードについてはいささか理解が及びまするが(笑)。
とは言え、すべて拝読いたしましたが、なにせこうしたアプリを利用した経験がないものでして、どうにもピンと来ないことを告白いたし(とほほ)、今後の課題とさせていただくことをお約束させていただきます。

ドン・ジャーデンとかカール・ハイジンガーとか、目にも耳にも心地よい固有名詞にワクワクしてきます(笑)。超A級からC級以下まで、分厚い外国人レスラーがプロレスの魅力だったですよね。(こいつ、何考えてレスラーやってるんだ)的なレスラーにプロレスファン同士でツッコミ入れたりする愉しみがとても大きかったものです。その点今のプロレスは(←どうしてもこれが出てしまう 笑)、外国人も日本人も市場調査の下でキャラクターが決定している感がります、と書けば、やや偏見のような気もするのですが、どんなにアクロバティックな技を繰り出しても、どうしても味気ないのですよね。
ブッチャーの日プロ時代の動画もちょいちょいチェックしていますが、動き速いですよね~。ビックリしちゃいます。まさに、「逸材発見」という感じだったのでしょうね。日プロ時代の映像を観ると、どうしても全日時代の「太り過ぎ」が目立ってはしまいますが。
そう言えば、『タイガーマスク』の「ミラクル3」のエピソードにもブッチャーが出てきますね。突如スーダンから現れた恐るべき悪役で、馬場も猪木も形無し。しかしミラクル3には歯が立たず、結局ロメロ・スペシャルで泡を吹いて失神してしまいました。バリバリ活躍中のレスラーを漫画の登場人物のダシに使うのがまたすごい!
球場でのプロレスというのもまたすごい!同時代に海外ロックバンドも休場コンサートをやっていたのだと思います。プロレスと同様に、現在では海外ロックスター、だけでなくヒップホップのスターなども日本は観客が入らないからスルーされる時代になっております。日本のアイドルはドームコンサート、平気でやってますけどね。昭和のプロレスと海外ロックスターというのはまったく関係ないようで、日本の観客論的にはかなり共通点があるのではと思います。つまり「海外に対する関心」ですね。海外ロックスターは言うまでもなく、昭和のプロレスも「外国人レスラーに対する畏敬の念」あってこそ成立していたのですものね。だからこそ大きな会場にも観客が押し掛けた。しかしやはり長州ブームあたりから流れが変わりましたね。「国内だけ」で自己満足するようになってしまった。もちろん総合格闘技隆盛などの要素も複雑に絡んではおりますが。

>(新日本のドーム興行は、相当前から戦略をねってますね。)

そうですよね。そして、そんな「臭い」がプンプンしているからこそノレないし、味気ないんですよね。

>勝った方にいちいち勝利者賞のトロフィーが渡されるのです。

このようなセレモニーって、子どもにはこたえられないんですよね。(いつか自分があのトロフィーを、そしてチャンピオンベルトを)という夢が膨らみます。もちろんそのリングは決して地域おこしプロレスではなく(笑)、世界の強豪が集うリングでなければなりませんが(笑)。

>「リーグ戦の前哨戦」とか自分で勝手に位置づけて熱くなっていました。

こ、こ、これはわたしにも同様な精神作業の記憶がございます!この勝手に妄想を膨らませる作業こそが「贅沢」なんですよね~。決して内藤哲也が自分が棚橋に礼をしたことを、「その意味を創造するのがプロレスファンの贅沢な時間」と自分で言うようなショボい話ではないんですよね~。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-03-24 01:09) 

うつ夫

ウェブクリップの機能はいいですよ、evernote
by うつ夫 (2018-03-24 01:22) 

斗夢

Evernoteを使っていますが、メモやネット上の情報のコピーだけ
です。私がPCを使うのはほとんどブログ作成だけです。
面白い記事などを見つけたらEvernote を呼び出して、メモったり
出来ますから便利ですね。
Evernoteはいろいろ使い方があるようですが、勉強していません^^。
by 斗夢 (2018-03-24 06:10) 

pn

このあいだグーグルドライブに誘われ?て登録したけど使ってない(^_^;)
by pn (2018-03-24 06:10) 

johncomeback

今から山奥の温泉に向かいます(^▽^)/
by johncomeback (2018-03-24 07:30) 

Take-Zee

こんにちは!
MS-DOSなんて懐かしいですね。
この時代に比べると今の製品は別世界の
ものになりました。

by Take-Zee (2018-03-24 07:51) 

チャー

便利な物が色々ありますね

一杯のコーヒー NICE〜♪(^^)
by チャー (2018-03-24 13:23) 

ヨッシーパパ

どれも使ったことがありません。
by ヨッシーパパ (2018-03-24 18:22) 

そらへい

evernote、使いこなしたいと思ったのですが
難しくて、ほんの一部の機能だけしか使えていません。
by そらへい (2018-03-24 21:16) 

なかちゃん

写真に関してはNikonのフォト蔵というのを使用していて、保存の際は『非公開』としてます。そしたら、自分で見る分にはいつでも何処でもOKって感じですね。
個人情報等は会社の『ああしろ、こうしろ』に従っておけば一切の責任には問われないと思うので、その通りにしてます。
情報をUSBメモリに入れて持ち出して紛失…だけはやりたくないですね(^^;

by なかちゃん (2018-03-24 21:49) 

werewolf

うーむ、クラウドがいまいち信用できなくて使ってなかったのですが、かなり便利そうですね。
勉強になりました♪
by werewolf (2018-03-24 23:07) 

makkun

恥ずかしながら「Evernote」ってナニ!
こんなレベルの私です((●≧艸≦)プッ
by makkun (2018-03-25 13:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます