So-net無料ブログ作成

藤田ニコルを餌食にした「私刑」というイジメ正当化

藤田ニコル

藤田ニコルというキーワードがネットで急上昇です。テレビ番組における、いじめ自殺事件に対する不十分な発言が不興を買い、Web掲示板で餌食になっているのです。しかし、そこには藤田ニコルへの罵倒だけで建設的な意見はほとんどなく、何より問題なのは、いじめの加害者は「私刑」することが当然という前提にあることです。



4日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)の中で、茨城県取手市で発生した、いじめ自殺についての話題になりました。

その際、藤田ニコルが、「ネットで犯人探しとかあるんじゃないかなと、すごく心配です」と、いじめ加害者の今後を心配したところ、さっそくWeb掲示板にスレッドが立ち、ネット民から罵倒の嵐となった、という話です。

まあ、ネットにおける炎上やこき下ろしのたぐいは、今に始まったことではありませんが、今回気になったのは、争点が「私刑」であり、「ネットで容疑者晒し」の何が悪いんだ、というネット民の反発です。

つまり、いじめ加害者は「私刑」されてもしかたない、もしくは「私刑」は当然である、という前提でコメントがなされていることです。

まとめ記事にリンクします。

藤田ニコル「ネットで犯人探しとかある」いじめ自殺で加害者心配

私は、不寛容な人間なので、藤田ニコルのように、加害者に“心優しい”ことは間違っても言えません。

藤田ニコルは、「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」とも言っていますが、そんなもん、加害者として当たり前だろうと思います。

ただ、意図や自覚はどうあれ、結論の部分、すなわち「ネットの犯人探しの弊害」を心配している点については、一理あると思います。

私が、リンクしたまとめ記事のコメントの中で唯一、なるほどと思ったのは、これです。

>イジメに関わってない子もイジメっ子としてネットに広まる可能性もあるからね
>私刑ごっこもいい加減にしろ


このコメントに、ネットで犯人探しをしたり、個人情報を晒したりする「私刑」の問題点のすべてが凝縮されています。

まず、コメントを書き込んでいるネット民は、「私刑」を肯定している点で私とは根本的に立場が異なります

お前ら、いつから裁判官や検察官になったの?

ずるい大衆は、「私刑」と称して、自分は安全な立場から、匿名でターゲットを集中攻撃する。

でも、それによって、自分たちに名誉毀損等の責任が発生しても、一切責任を取るつもりはない。

ましてや、「私刑」の対象がそもそも「冤罪」であったらどうするのか、ということについて何も考えていません。

これは、「いじめ」の責任を(当然ですが)何らかの形でとる、もとの事件の加害者以下です。

ある「いじめ」を利用して、別のイジメを陰湿に再生産しているだけに過ぎません。

「私刑」を正当化したがる有象無象は、そのへんどう考えているのかな。

何度も書いてますが、私が6年前に火災を経験した時のことをもう1度書きます。

ネットの有象無象は、Web掲示板で、私が火をつけたと「仮説」を立ててはしゃいでくれました。

そのおかげで、それを見た近所の人達がそのままマスコミや警察に話したため(←こちらは警察に届けました)、NHKや共同通信は、勝手に事件の予感を膨らませた報道を行い、私は事故当日、心肺停止や深昏睡でいつ絶命するかわからない妻子の搬送先にも行けず警察に留め置かれました。

おまけにマスコミには張り込みをされ、長男の学校は何日も保護者同伴の集団登下校をせざるを得なくなり、大変なご迷惑をかけました。

私には「私刑」される口実すら何もないはずですが、いずれにしても、有象無象はそれらに対して何の責任も取っていません。

もちろん、藤田ニコルが、叩かれてなんぼの商売であり、冒頭に述べたように、多くの人を共鳴させにくい物言いをしたことは事実です。

でも、だから「私刑」が正しい、ということにはならないのです。

いくらジコマンの義憤を並べ立てようが、「私刑」の実態である名誉毀損は、民事だけでなく刑事的に罰せられます。

「私刑」を正当化するあなたにその覚悟はありますか。

スポンサーリンク↓

薄皮饅頭の皮がモチモチだったら……


今日、久しぶりにこっそりお伝えしたいおやつは、亀屋万年堂の『黒糖饅頭』です。

黒糖饅頭

一見、ありふれた薄皮饅頭ですが、皮が違います。

黒糖饅頭

黒糖入りであるだけでなく、歯につくほどのもちもちした生地なのです。

あんは多めのこしあん。和菓子らしいやさしい味わいです。

黒糖饅頭

亀屋万年堂では、ナボナとともに古くからのレギュラー商品です。

パンのもちもち生地は、めずらしくなくなりましたが、薄皮饅頭もモチモチ皮の時代なんですね。

モチモチ薄皮饅頭、いかがでしょうか。

ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)

ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)

  • 作者: 安田浩一
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2015/07/02
  • メディア: 新書


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(295)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 295

コメント 22

たじまーる

「いじめ」といい「私刑」といい昔からなくならず存在していて嫌です。
これはやられた方はたまったものではございません。
この世に人間がいる限り「いじめ」が完全に
なくなることはないのかもしれませんが
戦争と同じで無くなってほしいものの
ひとつです。
by たじまーる (2017-06-05 20:14) 

犬眉母

自分は安全なところにいて好き勝手なことを言う
ネット民が一番汚いと思います。

by 犬眉母 (2017-06-05 21:01) 

伊閣蝶

私も、サンデージャポンを見ていて、彼女の発言には違和感を覚えた一人です。
いじめたことに対する罪悪感を一生背負うような気持を持つ人間は、そもそも陰湿な苛めなどしないだろう、とおもいますし。
ただ、ネットでの犯人探しの危惧に関しては、全く同感です。
下手をすると無関係な人間が冤罪でさらし者にされる可能性があるのですから。
さらに、それを暴き立てる人間が歪んだ「正義感」を振りかざすことにやり場のない嫌悪感を感じます。

「いずれにしても、有象無象はそれらに対して何の責任も取っていません」

いっぷくさんのこのお言葉に全てが現されているように思われました。
by 伊閣蝶 (2017-06-05 22:47) 

末尾ルコ(アルベール)

わたしもこうした件に関しては、いっぷく様とほぼ同様の見解を持っています。まず「加害者に寛容」という気はまったくありません。よほどの事情がない限り、誰かの心身を傷つけた加害者には、「できるだけ重い罰を」といつも考えます。何か事件が起きた時によく、「まず加害者の更生の話」をする「いわゆる人権派」の方々の跋扈は困りものだと考えています。「人権」はもちろん大切ですが、「まず加害者の人権」を考慮する人たちが、「人権」の意義を歪めているのではないでしょうか。その文脈において、

>そんなもん、加害者として当たり前だろうと思います。

というご意見にまったく同意です。
そして「加害者は生涯罪悪感を背負って当然だ」、あるいはわたしが書いたように、「加害者にはできる限り重い罰を」という考えとまったく矛盾することなく、「私刑」には反対です。と言いますか、「私刑が横行する社会」が一気に暗黒時代へ突入してきたことは、あらゆる歴史によって経験されていることですものね。

『黒糖饅頭』・・・黒糖の味は夏にまた相応しいような気がします。逗子出身の山田姉妹の歌声などを聴きながらつまむには最適のような・・・(←かなり無理のある展開 笑)。

立花隆の「プロレスディスり発言」には当時、(別にここまで言わなくても)と驚き、呆れました。プロレスだけでなく、プロレスファンまで念入りに侮辱したその神経は(普通じゃないな)と強く感じたものです。同時に、「何でも知っている」という顔をしているけれど、「世の中のこと」を知らないし、性格的には「実に狭量でセコい」というイメージをしっかり持ちました。まあ、著作の中にはおもしろく読んだものもあるのですが、あの発言はいただけなかったですね。
猪木は「イラク訪問→人質解放」(真相についてははっきり分かりませんが)という流れもあって、都知事選出馬表明の頃は政治家としての人気絶頂でしたが、出馬取り消しで一気に人気凋落しましたね。このあたりも猪木らしいと言えば、猪木らしい顛末でした。
佐藤元秘書、ワイドショーも賑わしてましたね~。このあたりも猪木らしいと言えば、猪木らしい展開でした(笑)。『議員秘書、捨身の告白』のエピソードを拝読しても、どこか猪木は無防備で必ずヘマをしてしまうところがあって、ひょっとしたら、そんな性格も魅力になっているのかもしれませんね。
「アリ モンスーン」の動画、見ました。モンスーンの方が強そうですね(笑)。パンチがタイミングよく顔面へ当たれば、アリのKO勝ちでしょうが、モンスーンが捕まえたらもう終わりですね。「猪木VSアリ」は何度観ても興奮します。この試合もどんどん評価が上がっていますが、当然だと思います。なにせスポーツ界だけでなく、「世界の英雄」アリにこんな試合をさせたのですから。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-06-05 23:03) 

pn

書き込みは読んでる分には面白いんだけどいざ当事者になった時へこむだろうなぁって思う内容も多々ありますよね。
by pn (2017-06-05 23:12) 

nikki

私刑ですか。すごい言葉があるのね。
もしその情報が間違ってたらどうするのでしょう。
by nikki (2017-06-05 23:54) 

yamatonosuke

ツライ思いをされたんですね。
それに対してご近所からの謝罪なんてもちろんないでしょうし…
発言に責任を持てないなら言うべきではないと思います。
by yamatonosuke (2017-06-06 01:28) 

うめむす

いっぷくさんのご意見に同意です。
私は、こういった事を考える事があっても、
うまくまとめて文章化できません。
わが意を得たり、です。
なんか、すっきりした。
by うめむす (2017-06-06 01:45) 

taro-u

トランプ大統領のようにツイッターで政治をする時代に、
現在の国会の独裁運営状態に何もできないマスコミを見て
、記事のような国民の生の意見の発露の場所としてネットを使えば、ましな社会を創れるのでは?
意見の喧嘩も強い人としなければ、ただの弱いものいじめ。
by taro-u (2017-06-06 05:36) 

kou

現在の「いじめ」は自分の時代とは違って、かなり陰険になってなったように思えます。やはりネットなどツールの普及が影響しているんでしょうね。
自身はいじめを受けた経験は無いですが、小学生低学年の時に担任に嫌われていたようで、他の生徒の前で嫌なことを言われたり、強いられた経験があります。今の時代だったら大問題になっていただろうと思われますね。嫌われていた理由は未だに解りませんけど。

by kou (2017-06-06 08:09) 

Rinko

ネットの匿名性の怖さですね。。。

by Rinko (2017-06-06 08:13) 

johncomeback

僕もイジメ加害者は相応の罰を受けるべきだと思いますが、
確かにネットでは冤罪の可能性が少なからずあるでしょうね。
学校や教育委員会が保身的な対応じゃなく、しっかりとした対応すれば、
私刑は減るんじゃないのかな? 甘いかな?
by johncomeback (2017-06-06 09:14) 

馬爺

ネットという隠れ蓑を纏って勝手な発言をする事は許されないことですね。
正々堂々と姿を現して発言すべきですね。
虐めは最近は陰湿になってきましたね、ネットを介在してやる手口などもあるようですからね。
虐めはしても遣られても惨めになるだけですからね。
by 馬爺 (2017-06-06 10:29) 

みぃにゃん

イジメ問題実は兄たんの通うバレー部でも一年以上にわたるイジメがあって兄たんではないのですがチームメイトの一人がイジメ複数人数にイジメにあい顧問の先生に何度か相談してもイジメられる原因もあるから的なこと言われ一時は退学も考えたようですが兄たん始め仲間のサポートもあり一時は立ち直りしたのですが一人だけイジメを続けていたらしくシャーペンで顔を突こうとしてかばった腕に突かれた跡が2ヶ所。流石に親がこんどは担任に言うとやっと校長も出て来てイジメしていた生徒は無期停学になりましたがそれでもイジメられていた子が環境がよくなった訳でなくまた以前にイジメした生徒がお前のせいで停学になったと言葉の暴力を受けているそうです。一番悪いのはイジメした子だとは思いますがずっと知っていたのに黙認していた顧問に責任があると思うのですが顧問は責任逃れするかの様にこれから何も俺に言ってくるな的なことを言っています。周りの一部は私刑にしてそれを見ないふりする顧問。ひどい話です。イジメられていた子は三年生なのに実力もあるのにコートにすらいれてくれません。推薦で入学して張り切っていたのに。イジメした子もある意味可愛そうです。わだ若いのだからチャンス与えても良いかと思うのですが。長々になり申し訳ありません。いまは応援に行っても心から応援できない気持ちです。
by みぃにゃん (2017-06-06 10:51) 

まめ

加害者を擁護する必要はありませんが、全くの赤の他人が
詮索をして正しいかどうかも明確に判断できないにもかかわらず
犯人特定してイジメる(しかも、匿名で)のは最低ですよね。
by まめ (2017-06-06 12:23) 

なかちゃん

ボクは小・中学校時代はいじめられっ子でした。
ですから?というのも変ですが、いじめっ子だった奴がその後どんな一生を過ごそうと“心優しい”ことは絶対に言いません。というか、意地でも言いません。当然一生贖罪の日々を過ごすべきと思っています。
だけど、それを想っていいのは被害者だけではないでしょうか?
ネットの匿名性に隠れて全く無関係な人が他人を糾弾するなんて、それはそれでひとつのいじめですね。
加害者は糾弾されるようなことをしたのだから、それで私刑されても当然…なんて、いじめの本質そのものです。
そんな輩にいじめを語る資格はないと思います。
↑ でtoro-uさんがおっしゃっておられる、『意見の喧嘩も強い人としなければ、ただの弱いものいじめ。』というのはホントにその通りだと思います。

薄皮饅頭、とても美味しそうですね。一度食べてみたいです(^^)

by なかちゃん (2017-06-06 12:57) 

muku

そんな話があったんですね。
ネットは間違えた正義感が強いような気がしますね。
語彙が少ない私はコレ以上言えませんけどね。
by muku (2017-06-06 14:53) 

ミムラネェ

こんにちは
イジメは先頭でイジメている後ろに 同調し増長させる
烏合の衆がいて、実のところはその人たちも同様に卑怯だと思っています。
ネットでの顔を見せない状態での一斉攻撃は、なにやらそれと
似ている気がして 寒気がしますね~( ̄^ ゚̄)
by ミムラネェ (2017-06-06 15:01) 

makkun

Rinkoさんのコメントにもありますが
匿名でネット上での匿名虐めは無視したいですが
そうも言ってられないのが現実ですよね・・。
正義感で書き込むのなら
堂々と名を名乗れと言いたいです。



by makkun (2017-06-06 15:25) 

こじろう

匿名だと気が大きくなっちゃうってことってあるよなぁ・・・。
ただ,私刑はどうかと思う。
とは書いたものの,自分だって知らないうちに私刑に参加してないとは限らないんだよなぁ。
・・・・・発言には気を付けないといけないな。
by こじろう (2017-06-06 21:48) 

クッキー

饅頭大好きです、特にこしあんがいいですね
美味しい饅頭は、餡の艶が違いますヽ(^o^)丿
by クッキー (2017-06-08 17:09) 

うつ夫

藤田ニコルが加害者を思いやった反発もあるんでしょうね。
by うつ夫 (2017-06-08 21:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます