So-net無料ブログ作成

藤谷美和子を忘れないファンによって消息が取り沙汰されていた

藤谷美和子

藤谷美和子のことが、Facebookで話題になっていました。藤谷美和子は、1970~80年代にかけて青春ドラマで活躍した女優ですが、「プッツン女優」とのレッテルを貼られ、芸能界をフェイドアウトしました。しかし、彼女の活躍した時代のコアなファンの眼差しはまだ熱いようです。



あるファンの報告によると、藤谷美和子は現在、小田原のスナックでホステスとして働いているとか。

女優時代よりも今の方が楽しそうで、老若男女問わず、地元の方達とも仲良くしているようです。

マスコミでは、小田原を徘徊している、相変わらず奇行なとど報道があったのですが、それっきり。

まあ、マスコミとしては、ちゃんと暮らしていても、記事としてはつまらないから、報じないのでしょうね。

藤谷美和子とは


さて、藤谷美和子は、1977年に14歳で『カルビーポテトチップス』のCMに出演。いきなり注目されました。

藤谷美和子カルビーCM
CMより

その後、『青春ド真中!』(1978年5月7日~9月24日)、『ゆうひが丘の総理大臣』(1978年10月11日~1979年10月10日)、『あさひが丘の大統領』(1979年10月17日~1980年9月17日)など、たて続けに日本テレビの青春学園ドラマで生徒役を演じて人気者になりました。

小川菜摘
『ゆうひが丘の総理大臣』第1回より

それらは、このブログで何度も書いてきたように、私にとっては大変印象深いドラマです。

そして、1984~85年には、NHK朝の連続テレビ小説の、『心はいつもラムネ色』のヒロインに抜擢。

私は、歴代の「テレビ小説」の中でも、この作品の清廉さが大変好きで、印象に残っています。

1986年には、『のぶ子マイウェイ』という、赤川次郎の小説を原作とした、OLが社長代行で活躍するドラマで初の単独主役をつとめました。

私は、そのドラマに、同僚の会社員という設定で3シーン出ています。

撮影は2日間で、最初の日が三鷹の撮影所(場所や名称は失念)で社内のシーン、2日目が、東京・中央線の飯田橋から市ヶ谷までのお掘りの道を歩く通勤のシーンでした。

神楽坂や東京理科大の側ではなく、三輪田高校や法政大学富士見キャンパスや旧日テレのある方です。

そこで見た限りでは、「プッツン」とか、そんな感じは全くなかったんですけどねえ。

いずれにしても、私は彼女の「いい時代」をずっと見てきたわけです。

スポンサードリンク↓

ただ、女優というのは、女子アナほど顕著ではありませんが、事実上の「定年」のようなものがあります。

みんながみんな、森光子や樹木希林のように、「お母さん」や「おばあさん」としてテレビや映画の世界で残れるわけではなく、多くの女優は、歳を取ると舞台を中心とした仕事になるのです。

藤谷美和子は、新劇出身でもないし、大人の当たり役を残せなかったことで、もしかしたらそうした世代になって、自分の立ち位置に悩んでしまったのかもしれません。

マスコミは、とにかく彼女が「変な人」であるような描き方に熱中していましたが、彼女がたしかに話したであろうと推察できるインタビューなどを見ると、「そうかなあ、変な人とは思えないけどなあ」と私には感じられました。

私も変な人だからかな。

でも、現在ホステスとして楽しく過ごしているということは、コミュニケーションができているということですから、私の感じ方は間違っていなかったのかもしれません。

新陳代謝の激しい芸能界ですから、この先、芸能事務所にも所属していない彼女がカムバックする可能性は低いかもしれませんが、別に女優だけが職業でもないし、今の「楽しい日々」を大切にして生きていっていただきたいですね。

あの頃映画 「海燕ジョーの奇跡」 [DVD]

あの頃映画 「海燕ジョーの奇跡」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(300)  コメント(10)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 300

コメント 10

関谷貴文

100円で?(^_^)??
ポテトチップスのCMが印象的です。
by 関谷貴文 (2016-06-11 03:55) 

赤面症

この人のことはよく知らないけど、営業トーク(プッツン)とリアルは普通別でしょう。
by 赤面症 (2016-06-11 04:35) 

pn

やっぱカラオケで愛が生まれた日歌ってるのかなぁ♪
by pn (2016-06-11 06:12) 

green_blue_sky

ポテトチップスのCMが目に焼き付いています(^_^;)
by green_blue_sky (2016-06-11 06:23) 

isoshijimi

ドラマなどは現役ではございませんでしたが、愛が生まれた日はわりとその当時って感じでした。
カラオケで昔は何度かうたったものです。
by isoshijimi (2016-06-11 12:08) 

たじまーる

いっぷくさん
先日は妻の出産に関しまして温かいコメント
本当にありがとうございます(*^▽^*)
お陰様で6/8(水)吉報が舞い込んで来ました。
男の子です!
by たじまーる (2016-06-11 12:21) 

tsun

私も結婚する前の嫁と「愛が生まれた日」とよくドライブ中のクルマで聞いてました。
ポテトチップスのCMの時が14歳だったなんて驚きです。
by tsun (2016-06-11 14:53) 

しきみ

丁度、打ち上げのカラオケで「愛が生まれた日」を歌った人がいたなぁ~なんてタイムリーな記事。
プッツンというより天然入ってるなーというのが私の印象です。
ポテチのCMは覚えてないです・・・。
by しきみ (2016-06-11 16:31) 

Take-Zee

こんにちは!
可愛い女の子でしたが・・不思議な子でも
ありましたね。

by Take-Zee (2016-06-11 17:09) 

いっぷく

みなさん、いつもコメントありがとうございます。

私も特別なファンというわけではないのですが、
かつて映画やドラマで活躍した人が
フェードアウトしたままだと、今元気で暮らしているのかな
なんて気になってしまうものです。
第二の人生を無事過ごしているのなら何よりと思いました。
by いっぷく (2016-06-12 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます