So-net無料ブログ作成
検索選択

『福島県民お断り』中学生が作文に綴った「偏見」と「共感」

福島県民お断り

今日は3月11日ということで、ネットも東日本大震災について取り沙汰されていました。とくに盛り上がっていたのが、昨年12月3日に『河北新報』に掲載された、宮城県女川町中学3年生の「福島県民お断り」という作品です。震災で「偏見」と「共感」を経験したと書かれている著者の作文は、仙台法務局長賞を受賞したそうです。



福島県南相馬市出身の著者は、震災で栃木県に避難。

ところが、「福島県民お断り」と書かれたステッカーを貼った車を見たり、熊本地震の際に支援物資を届けに行っても「福島の物資はいらない」と拒否されたり、といった風評被害を経験したそうです。

それが、小学校5年生になって宮城県女川町に引っ越すと、津波で家や家族を亡くした人がたくさんいた同町の小学校では、自分を温かく迎えてくれたそうです。

著者は、「あの人はテストの点数が悪いから頭が悪い」とか、「あの人は口数が少ない人だから暗い人だ」など、ちょっとした偏見(要するに合理的な根拠なしの思い込み)で他人を見ることが、無意識のうちに人を傷つけるということを忘れてはならないと結んでいます。
http://brandnew-s.com/2017/02/02/fukushima/

福島県民お断り

福島差別に限らず、人や物事の評価に通じる重い教訓ですね。

風評被害の原因は?


風評被害の原因は、いろいろな面から考えられます。

私はその中でも、一部の「反原発」の、科学を無視した「怖い怖い」論が、風評被害につながっている面は否めないことを述べておきます。

原発再稼働反対者は2派ある

原発再稼働反対者には、

1.科学的根拠から放射能汚染を判断しつつ、総合的に考えて再稼働に反対する立場と、
2.科学もへったくれもなく、とにかく放射能は問答無用に怖い怖いと煽る反科学的立場

があります。

反原発のあなたは、どちらの立場ですか?

後者の中には、食品添加物、電磁波、水道水、この世の中のありとあらゆるものについて頭から危険煽りをしている人たちが混じっています。

『放射線被曝の理科・社会』“信ずべきこと”とする合理的精神とは

福島の食べ物を罵倒した自称作家の話も以前書きましたが、まさに後者の立場なんでしょうね。

福島の麺で作ったTOKIOのラーメンに暴言ツイート炎上4つのお粗末

TOKIOのラーメンに暴言ツイート炎上

“福島嫌い”の人たちは、福島の人が、何か特別な猛毒でも持っていると思っているのでしょうか。

福島産ではない食材でも、放射性物質が含まれていないものは皆無なのです。

主観として、福島産を避けるのは自由ですが、社会的に危険扱いするのなら根拠を示すべきです。

もともと日本人は、原発事故がなくても自然界から年間2.1ミリシーベルトを被曝しており、原発事故由来の被曝があった2011年でも、それを桁違いに上回るとは考えにくい。

福島県民お断り

が、放射能とにかくキケン派は、大気の放射線は「外部被曝」だが、原発事故による被害は「内部被曝」だから参考にならない、などと喧伝してきました。

しかし、「年間2.1ミリシーベルト」の中には、「外部被曝」だけでなく、大気中に浮遊する自然放射性物質の吸入や、自然界の食物摂取による「内部被曝」が1.47ミリシーベルト含まれていることにその人たちは触れません。

私自身は、安倍首相の発言を聞く限り、原子力行政や原発事故への対応を信用していません。

ただ、原発や、原子力行政に懸念を抱いて批判や反対をすることと、根拠もなく、「フクシマは気持ち悪い」と決めつけることは、全く次元の異なることです。

原発に反対したいからといって、福島をスケープゴートにする了見は、科学的にも倫理的にも容認しがたいことです

スポンサードリンク↓

メープルとカラメルが香る蒸しケーキ


今日告白するおやつは、3月1日に発売されたばかりの、『たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味』(第一パン)です。

たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味

外袋は、全体にプリンが描かれ、

たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味

さらに右下に小さくプリン描かれています。

たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味

中は、何も入っていません。

たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味

大小のプリンを描いているだけあって、生地はプリン風味のカスタードやカラメルを味わえます。

蒸しケーキだけに、しっとりしており、ホロリと崩れます。

卵もふんだんに使われています。

メープルはもちろん使われています。

何しろ、袋を開けると、カラメルとメープルの香りがするのです。

菓子パンよりもふた回りぐらい小さいのに、425kcalあります。

近所のスーパー、オーケーストアで本体価格90円でした。

蒸しケーキで、プリンの味を堪能してみませんか。

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (角川文庫)

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (角川文庫)

  • 作者: 門田 隆将
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(300)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 300

コメント 22

utamaroco

反科学は宗教みたいなもんだしねえ。

by utamaroco (2017-03-11 21:24) 

pn

反原発は替わりの発電力を考えて発言して無い様な気もします、ひたすら原発反対と。その人たちは原始生活する気があるのかな?火力発電だって永遠では無い。
by pn (2017-03-11 21:45) 

粋田化石

日本にある原子力発電所の殆どが稼働していなくても電力は不足していない、という事実にも注目しなくてはなりません。
by 粋田化石 (2017-03-11 21:57) 

末尾ルコ(アルベール)

そもそも同じ日本人、そして同じ人間です。科学的知識云々以前に、どんな状況であろうが、「福島県民お断り」はない。「ある県民全員が組織的に凶悪犯罪を犯した」という事件でも起これば別ですが、そのようなことはありえません。「福島県民お断り」などと平気で表現する人間は、何かあったときにそれが簡単に「自分たちに返ってくる」ことが想像できないのでしょうね。無知であるというのと同時に、人間としての品性が著しく欠けていますね。わたしも原子力行政などは信用していませんが、お書きになっている「2つの潮流」の「2」の人たちは困ったものですし、もう一つ、原発問題を政治利用している人たちにも辟易します。「危険煽りをしている人たち」とかなりの部分、かぶっているのでしょうけどね。

『たまごを贅沢に使った蒸しケーキプリン風味』・・・見た目のあっさり感とは裏腹に、なかなか濃厚なパンなのですね。小さく描かれたプリンのアップのお写真にグッときます。このようなパンは、ビターなコーヒーとダークなチロルとともに(笑)。

確かにロード・ウォーリアーズというのは一発芸という要素が大きかったですね。じっくり試合を組み立てることが難しいタイプのレスラーでした。ブルーザー・ブロディあたりと喧嘩すると、秒殺で終わりそうでしたね。例えばホーク・ウオーリアーズの道場(?)に道場破りが来ても、とても迎え撃てないでしょう。余程の素人が相手なら別ですが。「道場破りを黙らせる」という神話もプロレスの大事な要素だったと思いますが、安生洋二がヒクソン・グレイシーの道場へ行ったために(笑)、日本プロレス史が揺らいでしまったというのもありました。無理な相談ですが(笑)、あの時安生が勝っていれば、といまだに創造することがあります。マイティ井上は、あの体であれだけ動けるのもスゴイなあと。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-03-11 22:31) 

うつ夫

そうですね。「反原発」なら味噌でも糞でも良いとは私も思いません。

by うつ夫 (2017-03-11 22:46) 

藤並 海

よくわからないものに対して
闇雲に差別的な発言をしたり態度をとったりする人がいますね
世間で認知が少ない障がいなどに対しても同様だと思いますが
正しい知識を持たないで批判や反対をしている人が
一番始末に悪いのだと思います
by 藤並 海 (2017-03-12 00:04) 

yamatonosuke

あれから6年、教訓は忘れません。
プリンの蒸しケーキは中にシロップが入ってるのかと思いました。
by yamatonosuke (2017-03-12 00:58) 

えのみ

福島県産のものはきっちり検査しているようですが
他のきっちり検査していない、数値未発表の方が
怪しいかもしれませんよね。
by えのみ (2017-03-12 01:44) 

ナベちはる

地震から6年経つのに、未だに差別的な発言を出す人を見ると、どこか幼稚だなと思ってしまいます。
by ナベちはる (2017-03-12 02:11) 

HIDEe

震災以前だってチェルノブイリやら東海村やら、原発関連の事故はたくさんあったのに、自分の足元に火がついた途端、盲目的に反原発を掲げ始めて私は滑稽に感じてます。
原発が停止してから、とっくの昔に廃炉となったいくつもの火力発電所が再稼動したという事実、反原発の人は知っているんでしょうか。
たぶん知りませんよね。
なんだ原発がなくてもなんとかなるんじゃないか、と軽々しく思っている人がほとんどと思います。
反原発の人は、エアコンなど一切使用せず、ロウソクの火で夜を過ごすとかしてほしいものですね。
なんてことを書くと、いっぱい敵作るんだろうなぁ……。
メープルシロップを使ったプリン風蒸しパン、それ絶対美味しいと思います。
でも、第一パンは宮城じゃ買えないんですよねぇ、残念。
by HIDEe (2017-03-12 03:39) 

斗夢

福島県の風評被害を撒き散らす人達は原発再稼働を
どう見ているんでしょうね。
by 斗夢 (2017-03-12 06:22) 

そら

風評被害、ほうんとうに悲しいです。
自分が逆の立場になったらどういう事になるのか考えないのでしょうか・・・。
by そら (2017-03-12 08:17) 

toshi

原発に限らず、科学的合理的判断に従いたいですね。
そうでないと、偏見と独断の塊になってしまいます。
by toshi (2017-03-12 09:02) 

大型中年

いっぷくさん

毎回考えさせるコンテンツありがとうございます。
炉心溶融という、人類がこの大事故を経験したのは2回目です。チェルノブイリは石棺という根本を見ない対策で、今も苦しんでいます。 福島は奇麗に戻すという意味で、壮絶なリスクと困難に立ち向かおうとしている。

この経験から原発は、どのくらいリスクがあるのであろうか? 全く人類は経験がないので、知る由もありません。
でもこれに立ち向かっている人がいるのが事実で、少し感情的ですが、それを否定するのは民度が低いとしか思えません。

仕事柄、放射能を扱うこともあるのですが、バックグラウンドという自然由来の放射能は、日本は欧州の30分の一です。なので日本に輸入する放射線機器は調整が大変だそうです。でも、日本人も欧州人も、生きており繁栄しています。


by 大型中年 (2017-03-12 11:03) 

makkun

この風評被害の事を考えた時に
同和地区・部落民が脳裏に浮かんできます・・・
私が小学校低学年のころ、
当時、村内にあった地域の同級生数人が
大人たちに虐められているのを見て
意味も分からず「可哀想」で大人に石を投げて
追い払ったりした事がありました。

「自分が何か悪い事をして起こした
原発事故じゃありません・・」
子供たちまで迷惑を被っている訳ですので
まだまだ「国家総ぐるみ」で対応すべきだと思います。
by makkun (2017-03-12 14:21) 

kiki

熊本での支援物資の受け取り拒否には、心が痛みました。
淋しいことです。
by kiki (2017-03-12 14:36) 

johncomeback

あの日の前まで僕は原発は必要だと思っていました。
原発の安全神話を信じていたんです。
震災で得た教訓の1つは「絶対」は無いって事です。
by johncomeback (2017-03-12 14:50) 

ムサシママ

戦後すぐに広島の人が受けた苦しみが70年以上もたった今、再現されているんですね
悲しいことです
by ムサシママ (2017-03-12 15:43) 

伊閣蝶

全くの私事になりますが、私の連れ合いは会津の出身です。
そのこともあって、私は福島県に特別な思い入れがあり、大人の世界にまで蔓延している福島県出身者に対する偏見や苛めに対して、正に度し難い怒りを覚えます。
私は心情として反原発の立場を取っておりますが、徒に放射能汚染の危険性を云い募り、原発事故の被害者にまで拒絶する行き方には全く同調できません。
また、福島県の農業生産物などに関していえば、恐らく全国でも最も厳しいチェックが施されていると聴きます。
だから私は率先してこれらの生産物を購入しています。
もちろんこれは私の勝手な判断です。しかし、私は自分の判断を信じて止みません。
by 伊閣蝶 (2017-03-12 16:54) 

Rinko

差別される筋合いのない子ども達までがこうして心を痛めている事に憤りを感じます。

by Rinko (2017-03-13 11:40) 

まめ

最近は全くなくなりましたが、当時は近くの電力会社前で
うるさい人たちがいました。
一部、お金をもらって仕事としてやってたとかなんとか?
逮捕までされてましたが...
そして、20時までうるさいので、近所迷惑なことは棚に上げる
おかしな思考の人が多いと思うのでした。
by まめ (2017-03-13 12:34) 

furitann

 飛行機一回乗るほうが被爆量が多いそうですがね。2015年3月31日には日本に人が住めなくなるなんて本を出して煽った人は今は何をされているのでしょうね?
by furitann (2017-03-13 16:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます