So-net無料ブログ作成

「頑張れば必ず報われる」という“努力信仰”が弱者を追い詰める

「頑張れば必ず報われる」という“努力信仰”が弱者を追い詰める

「頑張れば必ず報われる」という信仰についてです。先日の「いい人」をやめるという記事について、勉強になるコメントありがとうございました。なかでも、「(介護は)『頑張れば必ず報われる』という信仰」とのコメントが大変印象に残りました。


スポンサーリンク↓



というのも、「頑張れば必ず報われる」というのは、介護に限らず信仰だと私も思うからです。

「いい人」などやめた方が幸せという臨床心理士の話から考える

「努力」に対する過大な期待は、キケンな考え方だと思います。

といっても、一所懸命頑張って自己実現を目指すこと自体を、否定するものではありません。

客観的情勢も法則も無視して、努力すれば地球ですらも回せるといわんばかりの、自己啓発セミナー的世界観は合理性がない、という話をしたいと思います。

Youtubeで、「起業家」の動画を見ていたら、BLOGOSという、LINEが運営しているブログのある記事が紹介されていました。

その中で、LMというハンドルのブロガーが、「人生の成功に重要なことは何か?」という質問を、「金持ち」「中流」「貧乏人」の3つの階層に行ったとする結果を書いています。(ただし、その階層を分ける基準は不明です)

金持ちと貧乏人を分断する決定的な意識差
http://blogos.com/article/216712/

それによると、金持ちは、「人生の成功に重要なこと」を

1.努力、
2.学歴、資格、
3.企業家精神、勇気

の順に重視しているのに、貧乏人は、

1.人脈、
2.狡猾さ、ズル、
3.初期資本の存在

などを重要視しているというのです。

それをもって、著者は、貧乏人は「自分の置かれている良くない状況の原因」を他人のせいにしてサボったから不遇のままで、金持ちは「自らの成功の要因を自らの資質や努力に求め」たから成功したなどと、自己啓発セミナーの教科書のような結論でまとめています。

つまり、努力するかしないかで「富」と「貧」は決まるというのです。

私は、こういう安易なまとめ方を困ったものだと思いました。

といっても、自己啓発セミナーを信じ切って自己暗示をかけ、必死に努力して、何らかの自己実現をすること自体を全否定しているわけではありません。

それでうまくいったのなら、おめでとうございますです。祝福しますよ。

ただし、それはたんに、その人の動機づけや主観に、たまたま「自己啓発」が噛み合って結実しただけにすぎないものであり、決して客観的・合理的に社会を見たわけではないので、その点は注意が必要です。

例えるなら、医者や科学者が、生きる支えに信仰を持つことはかまわないけれども、その診察や論文が、客観性を担保しない特定の宗教的世界観に貫かれたものでは困るということです。

さて、同記事のカラクリですが、そもそもその「調査」は、日本人のアンケート調査ではありません。

元記事の国ドメインは、「.ly」です。

ね、ちょっと国際情勢をご存知の方なら、そんな考察が逆立ちしたものであるかがすぐおわかりになると思います。

まあかりに日本であったとしても、そもそも根本的にすべてを「個人の努力」に還元するという価値観自体に無理があります。

我が国が言われている「格差社会」とは、“貧困層”が怠惰や責任転嫁をしたから生まれたんでしょうか。

そうではないでしょう。

もっとはっきりしているのは障がい者です。

障がい者といわれる人は、何らかの機能が失われたり弱かったりするだけでなく、周囲の差別や偏見・無理解などもあり、本来もっている能力すら全面開花できない立場です。

ですが、そうした不遇な状況は、果たして「努力が足りない」からでしょうか。

そうではないでしょう。

そういう弱者が、「努力」を第一義的に掲げなかったからといって、怠惰や不作為といえるでしょうか。

それは、「努力」したくないからではなく、「努力」で打開できない社会の仕組みが根本にあるからでしょう。

なぜこんな話を書いたかというと、昨今のネットなどにもはびこる排外主義には、「努力」幻想が悪い意味で反映しているかもしれないと思ったからです。たとえば、

生活保護の受給にすがっている奴は努力が足りない
親のしつけ(という努力)が足りないから発達障害になる

というふうに。

「個人の努力」に根源的な責任がある問題と、「ほしのもと」や「社会の情勢」に根源的な問題があるものは、きちんと区別した上での研鑽を求めていただきたいと私は思うのです。

スポンサーリンク↓

でん六は「豆」だけではなかった


今日のオヤツは、5種の果実の寒天もち(でん六)です。

5種の果実の寒天もち

でん六といえば、山形にある『でん六豆』の会社です。

原材料には、さくらんぼ、ラ・フランス、ぶどう、レモン、マンゴーを使っています。

5種の果実の寒天もち

それぞれ、たしかに“その味”です。

5種の果実の寒天もち

山形だからゼリーと言わずに「寒天もち」と表現するのかな、と思ったら、「寒天もち」とついた商品は他社も結構あるんですね。

来月は、節分があるので、これからは『でん六豆』のCMがたくさん流れるかもしれませんが、こちらの寒天もちもおいしいですよ。

さくらんぼやラ・フランスの「寒天もち」召し上がってみませんか。

でん六 でん六豆 110g×12袋 -
でん六 でん六豆 110g×12袋 -
スポンサードリンク↓



nice!(259)  コメント(25)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 259

コメント 25

ナベちはる

本当に「頑張れば必ず報われる」なら、然るべきことをやった人が全員報われるべきですよね。

ただ、実際にはそれがない。ということは、その考え方は「まがい物」なのだろうなと思います。
by ナベちはる (2018-01-08 23:43) 

nikki

でん六さん、井村屋製菓みたいにあずきだけではなく肉まんも出しているみたいな感じですね。
by nikki (2018-01-08 23:49) 

末尾ルコ(アルベール)

「頑張れば必ず報われる」という“努力信仰”が弱者を追い詰める・・・BLOGOSは以前よく記事をチェックしていましたが、ほとんどの記事が読むだけ無駄の内容だとよく分かったので、最近は月に数回というところです。池田信夫がやっているアゴラなども同様ですが、「ためになった・おもしろかった」という記事はごく稀で、世間をおかしな方向へ導こうとするかのごとき、「害毒」としか言いようのない記事が満載です。BLOGOSの多くの記事はコメント欄を開けていますが、ほとんどの投稿は「わかってるつもり」の頭でっかちなネトウヨ的な内容です。しかしBLOGOSなどに限らず、現在の日本は極めて危険な知的・精神的状態に置かれていると、わたしは危機感を持っています。今朝の新聞には、「自己啓発市場が大きく拡大している」という内容の記事がありました。(困ったものだなあ)と感じていたところの今夜のお記事、わたしのとってもとてもタイムリーです。
まず、「必ず」という言葉を安易に使う人間や企業、団体などを信用してはならないと、この意識を広めたいものです。そして最も大切なのは、「自己啓発などというものは、まず眉唾で見なければならない」という認識こそ「啓発」されるべきです(笑)。

>たまたま「自己啓発」が噛み合って結実しただけにすぎないものであり

おっしゃる通りです!いかに努力しても報われない人もいるし、「強く念じ」ても何も叶わない人もいます。「強く念じれば何でも叶う」なんて、本気で信じている人が多くいるので困ります。ここは、「念じないより念じた方がまし」くらいにしておくべきですね(笑)。

問題はこの「LM」なるブロガーだけでなく、ネットで大きなアクセスを上げているブロガーや著名人のかなりの部分が、これに近い出鱈目な内容で人をおかしな方向へと促している現状です。彼らは単純化や乱暴で時に下劣な言葉づかいでアクセスを稼ぎ、私腹を肥やし、知名度を上げる(人気者になる)ことのみに腐心しています。この状況は、「絶対に」変えねばならないと考えています。
ちなみにBLOGOSは長谷川豊を「人気ブロガー」として抱えていましたが、件の問題の際にあっさり切ってしまいました。

5種の果実の寒天もち(でん六)・・・でん六の商品は美味しいものが多いですね。お菓子でもフルーツ味で生き返った気分になることがあります。

『紅白』については、わたしが即席演歌ファンになったもので、そちらに思い入れを持って観たことによる、いささか期待過剰という感じだったのかもしれません。そもそもずっと『紅白』に興味を持ってなかったわたしがどうこう言うのも可笑しな話ではあります(笑)。「大晦日にじっくり歌を」なんていうのはまったくの幻想になっていたのですね(笑)。「視聴率稼ぎのための長時間バラエティショウ」といったところでしょうか。あのコント時間の長さは、昨年の『シン・ゴジラ』コラボほどではないけれど、早々と観る気を減退させるに十分な内容でした。
「瞬間視聴率」という概念が『紅白』だけでなく、すべてのテレビ番組をおかしくしてきたという感もあります。まあもちろんわたしも観たくない歌手の番になれば、(『RIZIN』は何やってるかな)とチェックはしますが。でも『紅白』自体、出演順を発表しているので、「あなたの好きな歌手の時間だけ観てください!」と言っているのと同じような気もしますが(笑)。そしていっぷく様のおっしゃるように、「リモコン」になったのはとてつも大きかったですね。チャンネルならいちいちテレビまで行ったり来たりするのが面倒で、そうしょっちゅうは局を変えないでしょうからね。それにしてもNHKもそうですが、「瞬間最高視聴率」の悪影響で民放は最早まともな番組が滅多にない有様のように見えます。例えば『RIZIN』を間違って放送時間にそのまま視聴したら、印象に残るのはCMと煽りのビデオだけ・・・ということに普通はなります。

Perfumeは動画などを何曲か視聴するのは、悪い気はしないパフォーマーだとわたしも思います。ただ、西野カナなどと同様に、「見た目」は嫌いではないので(笑)WOWOWでライブをやった時に観始めたことがあるんですが、1時間半から2時間はとても持ちませんでした。わたしにとっては・・・ですが、「2~3曲たまに視聴」というのが正しい鑑賞だという感じです。あ、ルックスはいいと思いますよ(笑)。
デジタル技術を含めた「作品」としてのパフォーマーがいろいろと提供されるのは悪いことではなく、わたしもおもしろいなと思うのも多くあります。ただ、いつになっても「人間が人間の力を発揮する」パフォーマンスを最上位の置きたい気持ちは強いです。日本ならその場所に、山田姉妹や優秀な演歌歌手たちが位置していると考えています。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-01-09 00:35) 

うつ夫

某スポと同じで、正しいかどうかではなく
面白いかどうかのコンテンツがネットには多いですね。
裏付けのない啓蒙は、長続きしないと思います。

by うつ夫 (2018-01-09 01:30) 

ゆりあ

でん六さん、豆菓子だけじゃなくていろんなものを作られているんですね^^
確か、チョコレートもあったと思います。
by ゆりあ (2018-01-09 02:55) 

pn

自己啓発セミナーもとどのつまり催眠暗示の詐欺まがいな気がして(^_^;)
by pn (2018-01-09 06:14) 

タンタン

そうですね。仕事やスポーツでの努力は必要かと思いますけど、全ての物事に当てはめるのはちょっと違うように思います。
by タンタン (2018-01-09 06:37) 

ヤマカゼ

でん六まめに、かんてんもちは両方ともずいぶん昔に食べた記憶あります。両方とも同じ製造元なんですね。

by ヤマカゼ (2018-01-09 06:39) 

kou

私は自分なりに努力していますが、正直もうこれ以上は無理です。実際にはそうは行きませんが、投げ出したいくらいです(^^;)
人それぞれ、限界値違いますからね。

でん六豆は山形なんですね。山形って有名なお菓子処が多いのに驚きました。
by kou (2018-01-09 07:48) 

扶侶夢

>それは、「努力」したくないからではなく、「努力」で打開できない社会の仕組みが根本にあるからでしょう。

正義の代弁者を目論むのなら、もっと大きな相手や力の強い者に挑みなさいと言いたくなりますね。立派な事を言っていても、要するに権威に媚びて弱者に対して強がるしか出来ない評論家もどきが多過ぎますね。
本当に社会と闘っている人は少ないです。
by 扶侶夢 (2018-01-09 10:30) 

Rinko

どんなに頑張っても報われない事・叶わない事があると20代の半ばで気づきました。
頑張りすぎはツライですよね。。。
by Rinko (2018-01-09 12:45) 

ゆきち

天賦の才に恵まれた人でも何もしなければ花開くことはない、努力は大切なことです。けれどもう限界ぎりぎりまで頑張っている人に、さらに「努力が足りない」と追いつめるのは酷だと思うのです。
さんざんうんちくを述べた結論が個人の努力次第では、自己啓発セミナーもあやしいものですね^^;
by ゆきち (2018-01-09 12:47) 

馬爺

ソコソコ頑張ればなんとかなるもんですよ、しゃかりきに勉強しても駄目な時は駄目なもんです。
人間持って生まれた運というものも有りますね。
by 馬爺 (2018-01-09 13:06) 

makkun

「頑張れば必ず報われる」・・・
私も良く使ってた言葉ですが
頑張っても報われない事もあるので
「身の丈」の頑張り方を言う事にしました(笑)

温泉仲間に天童の熟女さんがいたので
山形の温泉巡りをした時に
「でん六豆」の会社に行きましたです。
by makkun (2018-01-09 14:00) 

yossy

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します
by yossy (2018-01-09 15:33) 

Take-Zee

こんにちは!
でん六豆大好きでしたね。
最近は見かけないなあ、寒天餅とあわせて
探して来ましょう!

by Take-Zee (2018-01-09 16:25) 

ミケシマ

努力することは大事なことだと思ってます…個人的には。
でもそれは強いるものではなく自発的なものであることが大前提です
そして努力すれば「必ず」報われる というのは100%違うと思います
努力すれば報われる確率が上がる ってとこかなぁ。
可能性の問題。
わたしの病気は努力なんかしたって治らないし、
そのせいでたくさんのことを諦めてきました
一見健康そうに見えるから、怠くて体が動かないと「怠けてる」と思われるのが辛かったですね
そういう人の指摘には「もっと頑張れ=努力しろ」の言葉が隠されているだろうから。
どうしようもない状況が理解されない社会、そこに問題があるんですよね。
by ミケシマ (2018-01-09 16:45) 

Mashiro

こんばんは!
「頑張れば必ず報われる」・・についていろいろ考えされられました。
考え方も感じ方もその他いろいろなことも人それぞれですし・・。
自分はあまり頑張りすぎると、結果、気がつかないうちに自分を追い詰めたりしてしまっているので、ほどほどに頑張るようにしています^^;
本年もよろしくお願い致します。
by Mashiro (2018-01-09 18:49) 

チャー

頑張れば報われる 忍耐 努力 根性
以前は 当たり前のようでしたが 先ごろは 少々無くなってきましてね
でんろく豆 美味しい〜〜(^^)
by チャー (2018-01-09 18:54) 

森田惠子

努力することに価値を置くのは日本の教育の場で多いと感じています。
そういう発想だと、できないことに目が行くという習性が自然と身に着いてしまうような気がしてなりません。
できないことができるようになることに価値があるという考え方。
同じエネルギーを掛けるのなら、できることをさらに伸ばす方が、本人ものびのび楽しくできると思うのだけれど・・・。
by 森田惠子 (2018-01-09 19:17) 

ヨッシーパパ

♫でんでんでんろく豆上手い豆♫は、山形だったのですね。
寒天も、山形らしいラ・フランスやサクランボ味があって、美味しそうです。
by ヨッシーパパ (2018-01-09 19:21) 

johncomeback

努力すると報われる確率は上がると思いますが、
絶対ではないですね。
仙台から蔵王エコーラインを走って山形(上山)に下りると
「でん六」の工場があります。「でん六まめ」すきなんですが、
歯がガタガタで食べられなくなりました。
by johncomeback (2018-01-09 20:11) 

rappi

報われない努力って多いですよね。
自分も何度も悔しさを味わってます。^^;
遅れましたが今年もよろしくお願いいたします。^^

by rappi (2018-01-09 21:35) 

sana

本人の意識は大事だし、努力する意味はあると思います。
でも、目に見える形で、目的が達成されるとは限らない。
「必ず」報われる、というのは、自分が何か一つの目標にするのはいいけれど、一般論にするのは無理がありすぎ。
世の中の動きというのは、そういうことでは決まらない‥
そういう偏見や不平等を減らすように、なくすように、変わってきた歴史があるんです。
何か苦しみを抱えていたり、知識が片寄っていると偏見は育ちます。
試行錯誤しつつも、良い方へ変わっているところもあると思います^^


by sana (2018-01-10 16:31) 

うりくま

様々な事情を抱えて頑張れないこともある。
「もう頑張らなくていいよ」と言ってもらえ
たら、どんなに良いか。「頑張れば報われる」
という言葉に追い詰められる事、あると思います。
そういう観点から「だからあなたも頑張って」
という本が嫌いだと友人が言っていました。


by うりくま (2018-01-10 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます