So-net無料ブログ作成

張本勲氏の『サンデーモーニング』発言はそんなに問題なのか

harimotoisao.png

張本勲氏の『サンデーモーニング』(TBS)における「放言」が話題にされています。芸能界の話題といえば、相変わらず「ベッキー」が一番盛り上がっているようですが、こちらも「堅調」です。しかし、私にはネット民が叩くほど、深刻なものとは思えません。(上の画像はGoogle検索画面より)



張本勲氏放言問題については、まとめサイトがあります。

田中ねぃ氏(コンテンツプロデューサー)の寄稿に、コメントがついています。

張本勲氏の「サンモニ」“暴言連発”を支える黒幕とは?

概要をいつものように3点にまとめます。

張本勲氏の『サンモニ』発言は矛盾した傲慢な発言ばかりである

張本勲氏自身が知らない他のスポーツに関しても偉そうに切って捨てるため反発も大きい。

張本勲氏を含めて出演者人選は関口宏の趣味嗜好であり、番組は「団塊サヨクのおもちゃ」である

結論から書くと、私は、逆に

『サンモニ』は「ネトウヨのアンチおもちゃ」になっている

のだな、と思いました。

事前にお断りしておくと、張本勲氏はたしかに、観念論でものを語っていることもあるし、発言に矛盾も散見されます。

ですから、張本勲氏の個々の発言に私が賛成できるかどうかは全く別問題です。

ただし、世の中はいろいろな考えの人がおり、万人に好かれる発言などあり得ないのですから、大事なのは、賛成できるか反対か、視聴者に対して論旨をはっきりさせること。

その意味においては、張本勲氏の仕事は、きちんと成立していると思います。

そもそも、Web掲示板で叩いている連中の大半が、掲示板にコピペされた報道で、その片言隻句を知るだけで、番組自体を観ていないように思われます。

張本勲氏の発言は、やりとりの流れの中で出てくるもので、実際には、記事で叩くほど際立っているわけではありません。

たとえば、サッカーの三浦知良について、「カズのファンには悪いけどね、もうお辞めなさい。J2は野球でいえば2軍。2軍で頑張ってもねえ」と発言して炎上しました。

が、この発言は、立派な指導者になれるんだから、早く後進に道を譲りなさいよ、という意図で出てきている発言であり、それを付言しなかった報道には悪意を感じました。

卓球の石川佳純に、「2位でも女の子だからアッパレ!」という発言に至っては、ほとんどジョークと善意の雰囲気で、出演者も笑って「それは喝ですよ」と言っていた場面から抜き出したものです。

そして、張本勲氏には、サッカーでも野球でも、海外よりまず日本国内スポーツを取り上げるべき、という考えで一貫しており、「海外軽視」の発言はその意味で全くブレていません。

それから、亡くなった人を悪く言うのもアレですが、野球に関しては、大沢啓二氏よりもまともだったと思います。

たとえば、私情で野村克也氏を快く思っていなかった大沢親分ですが、張本勲氏は現役時代はともかく、評論家としては野村野球を私情抜きで評価していました。

だいたい、そんなこというのだったら、

テリー伊藤や、マツコ・デラックスや、西川史子らならいいのでしょうか。

テレビのコメンテーターなんて、発言をくまなく調べれば、例外なく、無知と自己矛盾に満ちています。

少なくとも、張本勲氏は、野球の実績を引っさげて、野球の話をしていますが、タレントコメンテーターの発言に、いったい何の裏付けがあるのでしょうか。

では、なぜ張本勲氏や『サンモニ』が、ネットで定点観測されて毎週炎上するのか。

ひとつは、張本勲氏が在日韓国人だから、ネットでは叩きやすい対象なのだろうと思います。

これは、和田アキ子にもいえることです。

そして何より、田中ねぃ氏が書いている通り、「団塊サヨクのおもちゃ」であるから、番組そのものが気に喰わないのです。

しかし、この番組は、私に言わせれば、ちっとも左翼的とは思いません。

そもそも、ネット民の言う「左翼」って、定義もはっきりしないし。

ただ、権力者に露骨に媚びるような作り方ではないから、ワイドナショーとは違い、リベラルではあるのかもしれません。

でも、それでもだめなんでしょうね。

張本勲氏の意見に間違いがある。だから叩く。

一見もっともな行為のようでも、その目的まできちんと読み取っておく必要がありそうです。

スポンサードリンク↓

張本勲氏と江川紹子氏の騒動をどう見るか


張本勲氏は、6年前に江川紹子氏との諍いがありました。

張本勲氏の意見に「逆らった」江川紹子氏が降板させられたとする騒動ですが、詳細はこちらで

http://r25.jp/entertainment/00002699/

私は、記事に出ているアルファブロガーの切込隊長氏とは考えが違います。

張本勲氏は、先発完投を原則とする「昭和のプロ野球」の観点で物を言っているわけです。

それはいつもかわらぬスタンスだから、それで無問題だし、江川紹子氏に異論があること自体も構いません。

出演しなくなった真相はわかりませんが、問題は、江川紹子氏が、内幕を自分の側から一方的にツイートしてしまったことです。

江川紹子氏は、齟齬があると、相手に絶交含みの攻撃的な手紙を入れると、以前も『噂の眞相』というスキャンダル雑誌に暴かれていましたが、私信なら当事者の関係が壊れるだけ済みます。

しかし、やはり不特定多数に、自分の側からの一方的な意見で業務上のことを拡散させるツイッターはまずいでしょう。

そんなことをする人は、経緯はともかく、使わないようにしたことが正しかった、ということになります。

余談ですが、私は江川紹子さんの講演に関わったことがあり、誌上再録で原稿チェックのやりとりなどもしたことがありますが、テレビで見るよりも、実物のほうがずっときれいな人で、隣りに座っていてドキドキしました。

メールのやり取りも、横柄なところも全く無く、『噂の眞相』の記事が実感できなかったので、ツイッターについては残念に思ったものです。

これはビックリ!ワイドショーの裏側 (YELL books)

これはビックリ!ワイドショーの裏側 (YELL books)

  • 作者: 荒川 恒行
  • 出版社/メーカー: エール出版社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(302)  コメント(8)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 302

コメント 8

関谷貴文

張本氏は暴言ながらも、ネットで「ハリー」と呼ばれて
楽しく弄られていたはず。
ネットもいよいよ、余裕がない怖い世界になってきましたね。
by 関谷貴文 (2016-05-16 00:16) 

うーさん

私は張本さん、好きですね。全てに同感というところのものではありませんが、許容範囲だと思ってます。大沢親分の時から見ていますが、分をわきまえるところも見ているし、あのコーナーは、ああいうものだから、あれが嫌なら、見ないという選択肢もあるので、特段、騒ぐようなものでもないと思いますね。
by うーさん (2016-05-16 00:58) 

うつ夫

テレビ番組をショウとして楽しむ余裕もないんですかね。
by うつ夫 (2016-05-16 01:43) 

pn

張本は実績それなりにあるので暴言は意見として聞けますよ俺は。ただ和田アキ子の暴言はわがままにしか聞こえないのは偏見か(^_^;)
by pn (2016-05-16 06:33) 

Take-Zee

おはようございます!
このコーナー、亡き大沢親分とコンビでしたね。
親分のブレーキ役的だったと思いますが、いまや
お一人・・言いたい放題に見えてしまうのでは。

by Take-Zee (2016-05-16 06:33) 

がり

ネットで反対派の意見が多数書かれていると、
一概にはそうだとは言えないと思うけどなぁと感じても
怖くて異論を唱えることができません。
実際のところ、反対派が本当に多数なのか、少数の方が多数の反対論を投稿してるだけなのかは不明だとも思ったりもしますが。
by がり (2016-05-16 11:40) 

なかちゃん

大変ご無沙汰してしまいました。
件の張本さんの番組は、好きでよく観ます。
若干言葉が強いかな?と思う時もありますが、ほとんど許容範囲内です。
あれでウジャウジャ言われたら、『そこまで〇っていいんかい』なんて見られないと思います。
批判しているのは、ネットでだったら何でも言えるという程度の人だと思うので、特に問題視もしてません ^^;

by なかちゃん (2016-05-16 16:02) 

伊閣蝶

全く同感です。
異なった見解が存在するからこそ思想は思想として成り立つわけですし、自分の考えに反する意見こそ、自分の思想をより発展させる源となりうるのではないかと思います。
張本氏は、その実績やこれまでの姿勢から鑑みても、発言自体は全うだと考えます。
ぶれない点も含めて筋が通っていますし。
ただ、それに満腔の賛意を示すかといわれれば、それはちょっと違うかなと、私自身はあの番組を見て感じております。


by 伊閣蝶 (2016-05-20 12:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます