So-net無料ブログ作成

発達障害は食品添加物で「作られる障害」か

食品添加物

発達障害について、また根拠のない迷惑な主観がテレビやブログで出回っているようです。自殺は発達障害であるからとか、発達障害は親の育て方が悪いといったことを「教育評論家」が述べているというのです。発達障害について書いてきた私としては看過できない話なので、お付き合いください。



まず、10月20日放送の『バイキング』(フジテレビ系)です。

担任らからの厳しい指導や叱責で追い詰められ自殺した(第三者委員会の見解)福井県の中学2年生について、自殺の背景はよくわからないとしながら、亡くなった生徒に発達障害の可能性があったことを大きく取り上げました。

要するに、第三者委員会の調査を否定し、担任のせいではなく、本人が発達障害だから自殺したんだろうという、亡くなった人に対する侮辱となりかねない主観を報じています。

さらに、親の育て方が悪いから、発達障害になったことを示唆する「教育評論家」のコメントにより、二重の暴論を行ったとしてネットで叩かれています。

福井自死生徒は発達障害がありそれは親の教育の責任とTV番組暴論

「教育評論家」曰く、

幼い頃に激しい叱責を受けることで脳が萎縮してくる。それが発達障害につながる
アメリカの報告では、食品添加物の摂取で多動性が増えている。それが3割4割にも及ぶ

食品添加物や、しつけ由来の発達障害と診断されたなどとは、私は聞いたことありません。

平成16年に制定された「発達障害者支援法」によれば、発達障害というのは、先天性、もしくは中途障害等による「脳機能の障害」を言いますが、もし、「脳が萎縮」や「食品添加物の摂取で多動性が増えている」というのが検証に足る事実なら、それによって脳機能がどう障害されているかを立証する責任が、「教育評論家」にあります。

それは、挙証責任というものです。

でも、たぶん、それはできないのでしょう。

そもそも食品添加物というのは、ADI(一日摂取許容量)という基準があり、それを生涯摂り続けても影響が出ないと考えられる一日あたりの量を、体重1kgあたりで示した値があります。

動物実験をもとにした算出ですが、実験動物とヒトとの種の違いを考慮して10倍をとり、さらに個人差を考慮して10倍を乗じた100倍を用いた数字を使っています。

つまり、安全だろうと思われる値の、さらに100分の1という数字を上限にしているのです。

少なくとも、その食品添加物を摂った10人のうち、3~4人にも多動性障害が発生するような、甘い基準ではありません!

そんなことがあったら、とっくに社会問題です。

だいたい、「脳が萎縮」だったら、医学者を呼び、萎縮した脳とやらの検証でもすればいいと思いますが、番組は「教育評論家」の主観を垂れ流すだけで、そんな証拠は全く出てきません。

フジテレビ、ふざけすぎ。

そして昨日は、Facebookの発達障害のグループで、その「教育評論家」のブログが問題になっていました。

「石川幸夫の教育ブログ」というタイトルのプログにある、この記事です。

作られる発達障害
https://blogs.yahoo.co.jp/apple_ishikawa/36428475.html#36428475

現代は、「当たり前の子育てができない現状が生まれています」として、「発達障害は作られる障害もある」と断じています。

またしても、親の育て方の悪さが、発達障害を作っていると述べているのです。

このブログのコメントには、当然のことながら批判が入っていますが、今のところブログ執筆者は回答していません。

この石川幸夫という人が言っているのは、おそらく愛着障害のことで、発達障害とは異なるものであると指摘されています。

でたらめな発達障害の「診断」は、発達障害に対する誤解や偏見を生み差別の温床となるだけでなく、医学的、科学的にアプローチする研究者たちの努力をも踏みにじるものです。

発達障害を研究する、児童精神科医・目白大学教授の山崎晃資氏は、次のように述べています。

最近,「発達障害」という言葉が安易に使われる傾向にある。発達障害がどのような経緯で登場し,どのような問題を抱えているのかを考慮せずに,慎重な鑑別診断も行わずに,発達障害と診断することは厳に慎まなければならない。
https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/csken/pdf/63_04.pdf

この山崎晃資氏の言葉を、そのまま「教育評論家」に送りたい。

そして、ネットやテレビでこうした情報を目にした人々が、鵜呑みにするような情弱に転落しないことを願うものです。

スポンサーリンク↓

パンとシチューの合体商品


今日のおやつは、3種のきのこシチューパン(第一パン)です。

3種のきのこシチューパン

上から見ると、きのこのかさの部分に似ていますね。

3種のきのこシチューパン

表面はかためで中はしっとりやわらかいパン生地に、ホクトのマイタケ、エリンギ、ブナシメジが入った、ミルクたっぷりで甘みの強いとろっとしたクリームシチューを包んでいます。

3種のきのこシチューパン

シチューでパンを食べることはありますが、それが一緒になってしまったわけです。

よく似た名前の『3種のきのこシチューパン』(山崎製パン)という商品がありますが、今回の第一パンの方は商品名に「の」が入っていません。

ちょっと紛らわしいですね。

どちらもリニューアル商品のため、どちらが先かわかりませんが、いずれにしても名前の似た商品が出てくるということは、ニーズがあるということなんでしょうね。

いかがですか。シチューパン。

発達障害支援の実際 診療の基本から多様な困難事例への対応まで -
発達障害支援の実際 診療の基本から多様な困難事例への対応まで -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(279)  コメント(23)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 279

コメント 23

nikki

最近のフジテレビ批判されまくりですが、
これは批判されて当然です。
ものごとを公平公正に報道しなければならないという
放送法違反の疑いが濃厚です。

放送法違反だからと言って、放送免許がはく奪されたことは一度もありません。
もうどこかの放送局に免許はく奪を宣告しないと。
by nikki (2017-10-24 00:14) 

うつ夫

いまだにそんなトンデモが公共の電波にのるとは。
被害者が可哀想です。
by うつ夫 (2017-10-24 00:26) 

足立sunny

一昨日22日付のブログで、参考文献を挙げてあれこれと弁解していますが、単なる一過性知識の詰め込みのようですね。
何かコメント評論しないといけない立場の出演としても、かなりひどい暴論と思います。
たぶん子供の頃の家庭内環境のせいで発達障害になったと思える人物が同僚:身近にいますが、それはそれは聞くほどに奇妙な環境でした。
もっとも自分も小学校2年ぐらいまでの記憶がほとんどなく、もちろん成績もオール1で養護学校への転出を強く勧められていたようでしたので、 何らかの発達障害だったのかもしれません。3年時に治ったみたいですけれど。
by 足立sunny (2017-10-24 01:20) 

末尾ルコ(アルベール)

石川幸夫なる教育評論家については知りませんでしたが、わたしの中ではバラエティ的番組に浮かれて出てくる「識者」や「学者」は、その時点で人格などを疑うことにしています。この教育評論家のいい方は、この前にわたしのブログで少し触れましたが、「食育専門家」の言い方と共通点を感じます。件の食育婦人は、人間の精神的トラブルも、ひいては社会問題も、すべて食育の適正化によって解決するというファナティックな考えが基本にありましたが、この教育評論家も食品添加物などに対するファナティックな予断が持論の基本となっており、すべて「それが原因」にしたいのではないでしょうか。そしてわたしの観察では、きわめて多くの「識者」や「学者」たちは、「ファナティックな予断」によって持論を持ちびき出すという過程を取っていると見ています。

それと同時に、テレビを中心として、ネットを含むほとんどのメディアがウケ狙いや炎上狙いの「逆張り」などを使うことが普通になっており、さらに坂上忍や松本人志など、もともと「無知」な人間がこともあろうか社会問題などを扱う番組の司会を務めてかなりの視聴者を集めていることにより、出鱈目な情報が出回る危険性がどんどん高まっているのだと思います。

>ネットやテレビでこうした情報を目にした人々が、鵜呑みにするような情弱に転落しないことを願うものです。

まったく同感です。情弱が大多数を占める社会は転落の一途とならざるを得ません。特に昨今の「マイノリティ叩き」の風潮には代替減の警戒が必要だと思います。

3種のきのこシチューパン・・・シチューときのこはとても合いますよね。寒さも感じられる季節となりつつある昨今、きのこ入りのシチューや鍋物、そしてもちろんカレーがフル回転しそうです。

昨日は本当にSo-netで無駄な時間を費やしてしまいました。すぐには「何が起こっているのか」分からないのが困ります。しかも高知は台風ぜんぜん上陸してないのに延々と強風が続きまして。夜はずっと陰惨な気分でした。消耗しただけでは業腹なので(笑)、22日の顛末は後日記事にしようと思ってます。

>四川料理と北京料理ぐらいの違いでしょうか。

だいたいそんな感じかもしれません(笑)!実はわたしもロシア料理自体に詳しいわけではなく、「ロシア料理が好き」と言うよりも、「日本のロシア料理店が好き」と言う方が正確かもしれません。そうしたお店では確かに、ウクライナ料理や中央アジア料理もメニューにありまして、お土産用にマトリョーシカなども置いてますが、お料理のバラエティは「ソ連料理」と言うべきかもしれません。思えばソ連はバルト三国まで含む広大な領土を抱えていたのですから、かつては多くの国の美味しいところを搾取していたのだろうと思います。


焼肉は食べたいのですが、「もっともっと」と食べているうちに会計が上昇していくプレッシャーが(笑)。もうかなり前ですが、東京のコリアンタウンでコリアン料理店へ入った時、どうやら店員もお客さんもコリアンの人たちで、店内に日本人はわたしだけという状態になり、やはりちょっと「独特の緊張感」がありました。
木村健悟は、身長は藤波や長州よりかなりあったですよね。やや試合展開が一本調子になるきらいがあった気がします。でも今で言えば、棚橋とかよりはかなり大きかった気も。「プロレスラーの大きさ」は、以前に記事へも書いたように、「テリー・ファンクを触った衝撃」ですね。まがりなりにもプロレスラーを志していたわたしが、(これは無理だ)と悟った瞬間でした。身体の厚さ、骨の太さが常人とはまったく違ってまして、その頃毎日トレーニングとを積んで多少マッスルになり、クラスメートを腕相撲で完膚なきまでに叩きのめしていい気になっていたわたしでしたが(笑)、自分がどう鍛えても、プロレスラーの体にはなれないとはっきり理解できました。

わたしはどちらかと言えば、いろんな国の料理を試してみたい方なのですが、それでも珍味的なものは苦手なのです。これも以前に記事で書きましたが、ホヤとか、あるいはなまことか、生涯食べそうにないですね(笑)。ちなみに「いろんな国の料理」と言っても、高知にはそんな料理店など滅多にありませんので、リーズナブルなレトルトとかカップ麺の「~味」などでその雰囲気を味わってます(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-24 01:34) 

ミケシマ

ええー!!びっくりです! まだそんなことを言う人がいるとは…
「発達障害」という言葉がなかった頃は育て方に問題があるという誤解もあったようですが
発達障害について広く知られるようになった現代で未だにそんなことを言う人がいるなんて。
わたしのような一般人でも知ってる知識なのにメディアで堂々とそんなことを発表するなんて恥ずかしくないのかしら。
by ミケシマ (2017-10-24 01:38) 

タンタン

私はカレーパンの方がいいなぁ^^;
by タンタン (2017-10-24 06:33) 

斗夢

TVは有識者や学者、評論家を登場させて番組を作っていますが、
その内容について責任を取る覚悟があるのかなと思います。
偉い人が云っていても自分でフィルターを通すことを心がけなければならないと思っています。
by 斗夢 (2017-10-24 07:43) 

Rinko

食べ物で?!!!しつけで?!!!
素人が考えてもおかしい・変だと思うようなことをよくこうして公の場で・・・。

by Rinko (2017-10-24 07:50) 

kou

テレビでは視聴率ありきですから、視聴者が興味を引きそうなコメントをしてくれるコメンティーターが重宝されています。
間違ったコメントを訂正するならまだしも、垂れ流し報道ですから困りものです。
しつけで能が萎縮してるんなら、自分もそうなっておかしくなかったはずですよ!
by kou (2017-10-24 08:17) 

なかちゃん

自分では知りもしないくせに、しかもよく考えもしないで聞きかじったことを垂れ流すのは脳の空調設備に問題があるのかもしれませんね ^^
単なるオバカみたいです(^^;

by なかちゃん (2017-10-24 08:22) 

johncomeback

死者及びその親を冒涜するような発言は断じてゆるせませんね(怒)
シチューパンですか、レンチン必須かな?
by johncomeback (2017-10-24 09:25) 

makkun

公共の電波を利用して「教育評論家」や「学者」が
色々と言葉を発してますが
私の件は「発達障害の家族」の身になっての発言とは
到底思えない「他人事」の発言と思ってます。
発言を促されると「自分を守る発言」や
「自分をカッコ良く見せる」発言にしか思えません。
by makkun (2017-10-24 11:55) 

チャー

発達障害といって 色々な事を 一括りにしているように思います 極度の叱咤で脳が萎縮?医学的にはよくわかりませんが 心の萎縮も考えられるのでは?押さえつけの教育により 自我が目覚めきれないこともあるように思います
今回の自殺の原因も 単に関連づけているように感じます 心の闇は 誰にでも 持っています テレビでの発言は きちんと 正しいことをだけを言ってもらわないと迷惑します
by チャー (2017-10-24 12:00) 

まめ

評論家という人は信じないことが重要ですね。
まぁ、教授とかいうのも怪しいこと多々ですが。
by まめ (2017-10-24 12:32) 

poko

このパン、温めると美味しいかも!?
でも、シチューパンよりカレーパンの方を買うだろうなぁ。
by poko (2017-10-24 14:35) 

ヨッシーパパ

子供の頃は、我が家では、シチューの時にご飯で食べていました。
今では、パンの方が合うと思いますが。
by ヨッシーパパ (2017-10-24 19:09) 

sana

そんなことがテレビという視聴者の多い媒体で‥
暴言ですね。
発達障害という言葉は意味が広く、まだ目新しいので、いろいろなことが発達障害なんじゃないか、と言われる時期かもしれません。
幼児期に虐待された人の脳は一部が萎縮していることが多いそうですが、それはものすごい虐待の場合。
自殺に結びつけるのは‥
自殺の原因は一つではないかもしれません。
でも本人のせいのように言うのは、一時はよく言われた「いじめられる子にも原因がある」的な発想かと。
「原因があっても、いじめてはいけない」んですよ。
by sana (2017-10-24 19:24) 

うっかりくま

障害児の親はただでさえ「何が原因なのか」
と悩んだり「あれがいけなかったのか」と自分
を責めているものなのに、数少ない症例から
都合よく結論付けたいい加減な発言やそれを
鵜呑みにした人に指摘されたりすると、かなり
不愉快な気持ちになりますよね(><)。
だいぶ慣れてきたので以前のようにいちいち
深く傷つくことは減ってきましたけれど。
母親同士の会話でも食事が原因という話が
出たことがありました。食品添加物のお話、
勉強になりました。有り難うございます。
by うっかりくま (2017-10-24 22:37) 

pn

やっぱ「自称」の障がい者は怪しいですよね?
by pn (2017-10-24 22:38) 

ナベちはる

HOKUTOのキャラクター、久し振りに見た気がします。
今はパンとコラボしたのですね…
by ナベちはる (2017-10-24 22:39) 

hana2017

マスコミってまず結果ありき…で、自分達の都合の良さ優先、テレビはスポンサー優位で、その思惑にそった番組作りがされているものと思っています。
所謂バラエティに登場する評論家や学者、ただ騒ぐしか出来ないか、私生活を切り売りして稼ぐしかないバカなタレントたち。
そうした連中のもっともらしい発言をそのまま受けとるなんてしませんけど…。未だ特ア三国に毒された新聞各社にしても然り。
今の世の中、確かな情報かどうかは自分の頭で考えて選ぶべきと、常に疑う癖が付いてしまっています。
・・・因みに我が脳も、受傷した箇所から萎縮が始まっているとの事ながら。。
by hana2017 (2017-10-24 22:57) 

arles

おはようございます

by arles (2017-10-25 01:49) 

su-nya

発達障害、メディアで多く取り上げられるようになりました。線引きはどこ?といつも思います。
診断されるのを怖れる親もいれば、安心する人もいる。

紛らわしいネーミングのパンですね(^^;)
ファーストキッチンの、パンに入っている?スープが気になっています。

by su-nya (2017-10-25 09:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます