So-net無料ブログ作成
検索選択

平塚の碑とバーミヤン荏原店

バーミヤンタイトル

平塚の碑を見てきました。平塚というと、神奈川県平塚市をまずイメージされるかもしれませんが、東京都品川区平塚です。中原街道を少し入ったところにあります。すぐとなりには、ファミリーレストラン(中華料理)のバーミヤン荏原店があります。

平塚の碑は、それを目的に行ったというより、バーミヤン荏原店に行った時に、階段の案内板に誘われて初めて知ったというのが、実は本当のところなのですが。

バーミヤンの階段にある「←平塚の碑」という案内板
バーミヤンの階段にある「←平塚の碑」という案内板

国道一号線(第二京浜国道)の大崎広小路あたりで西に分かれる中原街道という大きな道路があり、そののぼり車線を少し入ったところにあります。

平塚の碑

平塚の碑の説明板を書き起こします。

平塚の碑の説明板

平塚の碑
所在地 荏原四丁目六番四号
 古くは鎌倉へ通じる古道で、江戸時代には東海道の脇街道として往来の盛んであった中原往環(中原街道・相州道)沿いに「平塚」と呼ばれる大きな塚があった。
 伝承によると、後三年の役(一〇八三~八七)において八幡太郎源義家をたすけた弟の新羅三郎源家光は奥州からの帰途、この地において夜盗のため多数の部下を失った。その霊を祀ったのが、この塚の由来とされている。
 時の流れとともに、この塚は取り壊されたが、地域の人たちによって昭和二十七年(一九五二)三月、「平塚の碑」が建立され、伝承は受け継がれている。
昭和五十九年四月三十日
品川教育委員会


「後三年の役」は今から1000年近く前の話です。

なぜそれが今も祀られているか。

戦後、整地した際、鎧や兜、刀剣などがたくさん発掘され、付近に住む人々がしばしば不吉なことに出会ったので、新羅三郎源家光の祟りではないか、といわれて、地元有志の手でこの碑が建てられたといいます。

1958年からは、毎年5月3日に慰霊祭が行われているとか。

各地に、こういう話はあるのでしょうね。

平塚という町


通過する新幹線をのぞいても、8本の鉄道が走る東京・品川区。

町名は平塚ですが、最寄りの駅は戸越銀座、もしくは荏原中延(いずれも東急池上線)です。

東急池上線
東急池上線

とくに、戸越銀座駅の住所は「平塚」です。

以前、このブログでは、戸越銀座を舞台にした映画『友情』(1975年、松竹、宮崎晃監督)をご紹介しました。

友情メインタイトル

ダム工事の現場作業で知り合った、中年(渥美清)と青年(中村勘九郎→中村勘三郎)の交流を描いた話で、中村勘九郎と松坂慶子が同棲していたアパートが戸越銀座でした。

「荏原」という地名は、品川区・大田区・世田谷区・川崎市などにまたがった、武蔵国(今の首都圏)22郡の中の1つである荏原郡がはじまりです。

現在も、品川区南部と大田区北部ではその名称を使い、品川区の住居表示として荏原1~7丁目という町名が残っています。

【戸越・荏原関連記事】
荏原七福神、品川区南部を横断しませんか!
『友情』(1975年、松竹)十八代目中村勘三郎の初々しい演技

スポンサードリンク↓

隣にはバーミヤン


平塚の碑は、民家(アパート)の間の、私道か公道かも判別の付かないところにあります。

そのアパートの向かいには、中原街道ののぼり車線から見える、すかいらーくグループのバーミヤン荏原店(中華料理)があります。

バーミヤン荏原店(中華料理)

すかいらーくグループと言っても、もうその名称のお店を見かけることはなく、ファミリーレストラン「すかいらーく」のお店は、すべて廉価店の「ガスト」になってしまいましたが。

ジョナサンや夢庵、藍屋、chawanなども同じ系列ですね。

バーミヤンもガスト同様、安く提供するお店です。

北海道と九州以外の各地方には、最低1店舗はあるようですね。

産地情報は公開されています。

たとえば、「中華おこわの蓮の葉包」「中華ちまき」が中国産米である以外、定食やチャーハンなどは国産米(栃木県産・北海道産のブレンド米)とのことです。

ネットの掲示板では、外食産業は国産米と言っても、汚染された福島米だろうとよく書かれます。

それをいうなら、福島北東部ではなく会津米だと思いますが。

ファミリーレストランなど外食産業は、バーミヤンがそうであるように、いろいろな理由でブレンド米を使うことが多いです。

そして、米は一般に、食材(植物)の中で最も放射能汚染度が低いといわれています。

もちろん、産地だけでは質までわかりませんが、いずれにしても、昨日も書いたように、今の時代、少なくとも材料の産地ぐらい情報を堂々公開することが当たり前であって欲しいですね。

バーミヤンラーメン、半チャーハン、餃子3ケで959円

バーミヤンラーメン、半チャーハン、餃子3ケ

野菜タンメン646円

野菜タンメン

つけ麺754円

つけ麺

などを注文してみました。

安く提供、と書きましたが、これまでのファミレスの相場よりは安い、ということで、まあ普通のラーメン屋さん並みということです。

つけ麺は魚介ベースで、中にチャーシューも入っています。

餃子は、皮が厚め。タレを付けなくても味がついていて、そのまま食べると肉汁が大量に出るので、下に皿を置く必要があります。

本当は、同店はチャーハンが一押しで、定食類も、おかずもご飯も盛りがよくて、試しに食べたかったのですが、前の食事と時間があいてなかったので、またこの次ということにしました。

まあ、地元の常連の方には「今更」の話かもしれませんが、同店に立ち寄る機会があれば、1度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気店の「おうち外食」完コピレシピ (別冊週刊女性)

人気店の「おうち外食」完コピレシピ (別冊週刊女性)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2014/06/26
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(294)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 294

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます