So-net無料ブログ作成
検索選択

市川海老蔵の“ディズニーランド目撃”で考える「喪に服す」とは

喪に服す

市川海老蔵が、お子さんをディズニーランドに連れて行ったのではないかというツイートが、事実であるかないかと話題です。たしかに、事実でないことをツイートすることは過ちですが、それだけでなく、「喪に服す」という考え方にそぐわないという意見が前提にあるようです。



ディズニーランドで市川海老蔵父子を見かけた、という目撃者のツイートが話題になったものの、客観的に見て限りなくデマに近い情報だという意見と、事実(かもしれない)という前提でのコメントでネットが賑わっています。

芸能人を見かけた情報など、本当のことも嘘も見間違いも含めてありふれたものですが、今回それが話題になっているのは、「喪に服す」というテーマがそこにあるからです。

つまり、市川海老蔵は、夫人が亡くなっても喪に服すことなく、ディズニーランドに遊びに行った、薄情で不謹慎な人間である、ということを世間に思わせるツイートというわけです。

日本人、そういう話が好きですよね。

これが関連まとめ記事です。

市川海老蔵ディズニーランド行きの是非が激論だが激論すること?

まとめ記事のコメントで分かるように、「喪に服せ」「不謹慎だ」という反応が少なからずありました。

配偶者が亡くなリ、喪失感でいっぱいの時期なのに、有名人というのは大変だなあと正直思います。

ただ、私の意見としては、ツイートの信憑性以前に、かりに市川海老蔵が子供のためにディズニーランドに行ったとしても、それをもって咎める必要はない、という考えです。

市川海老蔵のお子さんは母親が重篤な病気で、長い闘病の末に亡くなった。

闘病中は、色々我慢することもあっただろうし、子供としてはかりしれないストレスも溜まっていたと思います。

そんな子供のために、ディズニーランドに連れて行ったとしても、誰が責められるでしょうか。

喪に服す⇒とにかく我慢して全てを慎む

そういう考えが、いまだに多いですね。

いったん喪に服すと、じゃあいつなら解禁できるのでしょうか。

喪に服すというのは気持ちの問題で、たとえば「ディズニーランドに行ってはいけない」という規則があるわけではありません。

ということは、いつなら「喪が明ける」のか、つまりディズニーランドにいつから行ってもいいのかも定めがあるわけではありません。

しょせん、合理的な理由もないことですから、一旦始めることで今度は区切りをつけにくくなることがあります。

たとえば私は、子供の頃父親が亡くなったのですが、亡くなってから正月までそんなに間がなかったので、「喪に服して」翌年正月の初詣は、それまで毎年行っていたのに行かなかったのです。

が、子供でしたから、いったんその習慣をやめると、もし初詣を復活したら、今度は母親も亡くなってしまうのではないかなどという恐怖にかられ、結果的に40年たったこんにちまで、初詣に行っていません。

こういう心理って、幼くして親を亡くした人じゃないとわかりにくいでしょうね。

もとより、合理的な理由もその後の計画もないまま慎んでも、ただただつまらない人生になるだけです。

最近は、葬式も見栄を張った大々的なものではなく、「家族葬」が増えてきたといいます。

義理参列の迷惑をかけない点で、私はそれはいいことだと思っています。

「喪に服す」というのも、自分の気持ちの中でそうしたいことを自主的に行うようにして、他者が何でもかんでも不謹慎だと事情も知らずに眉をひそめるような社会はいいかげん変わってほしいと思います。

スポンサーリンク↓

シンプルだから朝食にも使える


『カスターレーズン』は、木村屋總本店の6月の新商品です。

カスターレーズン

商品名通り、カスタークリームと、レーズンを生地に折り込んだパンです。

カスターレーズン

レーズンの量はぎっしりというほど多くはありませんが、レーズン好きな人でもほぼ満足できる量が入っていると思います。

カスターレーズン

パンはクリームの甘い香りと味が感じられるしっとりした柔らかさです。

このパンだけでも美味しいですが、レーズンがよいアクセントになっていますね。

表面に何かがトッピングされていたり、中にいろいろ入っていたりする主役級の印象をもつパンに比べると、こうしたパンはシンプルというか地味というか、とりたてて特徴はないのですが、それだけに、毎日食べても飽きないだろうなと思わせます。

副菜やスープを添えて朝食に、小腹が空いたときの軽食に、ほっと一息つきたいときに、いろいろな場面で使えるパンです。

子供に迷惑をかけないお葬式の教科書 (扶桑社新書)

子供に迷惑をかけないお葬式の教科書 (扶桑社新書)

  • 作者: 赤城 啓昭
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/07/02
  • メディア: 新書

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(297)  コメント(34)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 297

コメント 34

pn

喪に服せって言うなら舞台にも立たせない方が良いような。
仕事は良いけど遊びはダメっておかしくないっすかね?
by pn (2017-07-03 23:08) 

末尾ルコ(アルベール)

市川海老蔵の場合、国民の注目があまりに過度であるという点が一番の問題でしょうね。「喪に服する」という点に関してはあくまで当事者の「心」の問題であって、他者がどうこう言うようなことではまったくないと思います。「いかにも喪に服しているような行動」でも、心の中で喪に服していなければまったく意味がないし、そもそも喪に服そうが服すまいが、すべて当事者の自由です。特に家族の中の精神的なつながりを外部の人間が理解できるわけもありません。葬儀や墓地の問題にしても、「立派な葬式」とか「参列者が多い」とか、わたしの感覚ではほとんど意味がなく、誰かが亡くなったときに、本当に哀しむのは、ごくごく少数の「本当に親しい人たちだけ」だと思います。人生を通して多くの人々を救ってきたような人などはまた別かもしれませんが。
市川海老蔵の場合、夫人が亡くなった後に、「ブログ更新し過ぎ」なんて批判する人たちもいて、こういう人たちは、「有名人と自分の距離」をまったく勘違いしてらっしゃるとしか言いようがありません。市川海老蔵を自分の親戚か何かのように思い込んでいるのでしょう。そもそも「海老蔵、海老蔵」と言っている人たちの中のどれだけの人が、海老蔵の舞台を観たことがあるのかという疑問も以前からあります。
ただ、市川海老蔵のマスメディアへの露出も過度でして、歌舞伎の人たちって、「伝統芸能の普及」などの意図もあるのでしょうが、テレビへ出過ぎではないかと。

>結果的に40年たったこんにちまで、初詣に行っていません。

「幼い頃」ではありませんが、比較的早く父を亡くしたわたしにもいくらかは理解できる気がします。大き過ぎる哀しみなどの経験が、人生の中にある種の固定した世界を作り上げてしまうことがありますよね。

『カスターレーズン』・・・レーズン、大好きです。カロリーが低ければ、ずっと食べていたいくらいです。このパンは確かに、スープなどと一緒にゆったり楽しみたいですね。

わたしの現在の家は築20年弱というところですが、新築の頃は一切虫には縁がなかったのに、今ではすっかり虫花盛りです。先ほども洗面台の下の方でゴキブリ君が元気に這ってました(とほほ)。あと、よく分からない小さな虫は、飛ぶやつも這うやつもなかなかフレキシブルに現れてくれます。そう言えば、今はなくなったんですが、子どもの頃は隣町に養豚場があって、家からはけっこう離れてましたが、それでも風向きで臭いが漂ってきました。養鶏場も学校まで行く道の途中にありました。県庁所在地の高知市の中心地に近い場所にもそうしたものがあったというのが昭和っぽい感じもします。

一般スポーツであれば、かなりの確率で、「成績」や「実力」によって起用が決まってくるのでしょうが、その点プロレスは難しいのでしょね。名前だけで明らかに観客動員に貢献できるくらいのレスラーは一握りですし、どうしても感情やいきさつが入り込んでくるのでしょうね。子どもの頃は単純に「海外武者修行」と思っていた「海外に出す」という方法にもいろんな意味があったんですね。
馬場は確かに、独特の「人間関係観」を持っていた感じで、ジャンボ鶴田のように特別扱いされていれば別ですが、そうでないレスラーたちには実に面倒な上司だったのでしょうね。だからこそ『タイガーマスク』の爽やかで高潔な人間性の馬場先輩が輝いて見えます(笑)。う~む、また今すぐに読みたくなりました(笑)。

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-07-03 23:20) 

caveruna

芸能人だから…というのがあるのか、
あれこれ皆言い過ぎな気がします。
少しそっとしてあげたいな〜
by caveruna (2017-07-03 23:24) 

nikki

お子さんのためにディズニーに行ったのではと思います。
なんでも批判したい人はいますからね。
by nikki (2017-07-03 23:40) 

うめむす

市川海老蔵さんについては、
「子供のためにディズニーランドに行ったとしても、
それをもって咎める必要はない」
という、いっぷくさんの意見に賛成です。

でも、最近増えているという「家族葬」ついては批判的です。
父が亡くなったとき、私が喪主を務めました。
告別式の段取りをしたのは、私です。
出来るだけ多くの人に、見送ってもらいたいと思いました。
身分不相応かとも思われる、大き目の会場を段取りしました。
結果、思ってた以上に多くの方々が参列して下さいました。
不謹慎な表現かも知れませんが、その時は嬉しかった。

多くの人は、「義理」とか「付き合い」で参列したのかもしれません。
でも、わざわざ時間を取ってくれ、参列してくれる、
その行為に、心から感謝致しました。

そんな思いをして以来、
知人の身内などの不幸を知ったときなどは、、
そんなに濃い付き合いが無かったとしても、
極力告別式等に参列するようにしています。

何事においても、合理的を良しとする風潮の昨今、
このような「義理」「人情」に振り回されたような行為には、
批判的な目を向ける人が多いかもしれません。

しかしそれは、私の中では「絶対的に」正しいことです。
そして故人を、人知れず寂しく見送る葬儀は、「絶対的に」不正です。
by うめむす (2017-07-03 23:45) 

ナベちはる

外部があれこれ言わずに、そっとしておいて欲しいと感じます。

自分がいなくなってもこれまで通りの生活をすることが、故人の最後の願いではないのかと思います。(もちろん、故人を忘れろということではありませんが…)
by ナベちはる (2017-07-04 00:50) 

藤並 香衣

たとえ本当に行かれてたとしても
とがめられることではないと思います
「こうあるべき」を押し付けるのが好きな人いますよね

そんな議論で盛り上がれるなんて
暇な人が多いんだなぁ

by 藤並 香衣 (2017-07-04 00:56) 

yamatonosuke

麻央さんが子供を連れて行きたかったディズニーランドに、
供養という形で行く考えもアリだと思います。
by yamatonosuke (2017-07-04 00:56) 

kyon

海老蔵さんは本当に素敵な父親に成長されたと思います。
これは、非常識とかいう問題じゃないでしょう。
本当に非常識な行動をとる人と、海老蔵さんのこの行動を一緒にして欲しくないですね。
by kyon (2017-07-04 01:55) 

えのみ

長い闘病生活を支えて来たのですから
子どもたちも色々制約があって我慢してきたのでしたら
TDLに連れて行ってあげても良いと思います。

by えのみ (2017-07-04 02:20) 

kinkin

これまでの海老蔵さんの行動に何一つ曇りは無いと思います
故に亡くなった奥様のことも一番想っているだろうし
且つ一番母親に甘えたかった子供達が甘えないことに対して
TDLに連れてってあげたと言うのが素直な見方なのかな
喪に服すは当事者がどう考えるかで、他人があれこれ
言えるものでは無いと思うんですがね、自分も今年は喪中
親が亡くなって常に親の姿を偲んでいますが、どんなに色々
なこと楽しもうが、これだけは忘れていません。
海老蔵さんも同じではないかな。
by kinkin (2017-07-04 05:16) 

green_blue_sky

子供を楽しませる親の気持ちを分かっていない。
喪に服しているから行動が凛々しい。
父親として子供を大切にしているのがわかります。
by green_blue_sky (2017-07-04 06:56) 

チナリ

おはようございます。

海老蔵さんの件ですが、仮に本当にディズニーランドに行っていたとしても、お子さんに少しでも楽しんでもらおうと思っていっていたのでしょうし、批判される理由がよくわかりません。

こういった批判をされる人たちには 「では、どのくらいの期間が経てば許されるのですか?」 と聞いてみたくなりますね。

ただニュース番組を見ている限りでは、現在は舞台で忙しいようなので、デマなのではないかと思いました。

by チナリ (2017-07-04 08:22) 

タンタン

私はツイッターをやってませんので話の詳細は見てませんが、忙しい中で時間を割いて、お子さんの心の傷を癒すためにディズニーランドへ連れて行った、ただそれだけの事かと思いますけどね。
こういう事で批判を書込む人達にとっては、例えばですがお通夜、葬儀後に久々に会った親類と酒を酌み交わしたりするのは、不謹慎で絶対に許せない事なんでしょうか?ひたすら悲しみに臥してなければならない?私はそうは思っていませんけど、それを批判するのと同じ事のように思いますが違うかな…。
by タンタン (2017-07-04 09:44) 

johncomeback

拙ブログへお祝いコメントありがとうございます。

いっぷくさんのご意見に同意します。
海老蔵さんがお子さんをディズニーランドに連れて行って
麻央さんは喜びこそすれ、怒ったり悲しんだりしないでしょう。
それにしても有名人はホントに大変ですね。
by johncomeback (2017-07-04 09:59) 

kou

子供とディスにーランドへ行ってお母さんを偲んでいるのでしょう。非難されるべきではないと思いますね。

昨年同級生が亡くなりましたが、故人の希望で家族葬でした。ごく親しい友人や親族で営まれましたが、自分も願いが叶うならそうしてもらいたいと思いました。っでも、うちの親父は友人も多く賑やかな場が好きなので、そうなったら考えます。
by kou (2017-07-04 10:36) 

ミケシマ

もう~、またですかぁ?
何かを、誰かを叩いていなければ気が済まない連中が絶対にいるんですね。
家族を亡くして悲しんでいる人をネタに叩いたり盛り上がったり、あなたたちの方が不謹慎だよ!!って思います。
父が闘病の末に亡くなった時、わたしと母は精神的にも身体的にもヘトヘトでした…
「ゆっくり温泉にでも行ってきなよ」という言葉を嬉しく感じたものです。
結局どこにも行きませんでしたが、たとえ本当に温泉に行ったとしても不謹慎だなんて誰も責めなかったと思うなぁ。
アレコレ言う人はそれまでの家族の大変さを知らないんでしょうね。
by ミケシマ (2017-07-04 11:14) 

ワンモア

お子さんを想ってのことですよね。
今は静かに見守ってあげたいなぁ。
by ワンモア (2017-07-04 12:09) 

なかちゃん

麻央さんの文字が違っていたので、訂正して再度書き直ししました。

今日の感想は、あくまでボクの勝手な想いです ^^
読んでないけど、そのツイートは読む必要もないほどアホらしいお話なのでは?なんて思います。
喪に服するなんてのは故人を偲んでのことなんだけど、いっぷくさんの書かれているとおり期限も規則もないんです。
自分が出来る範囲でやればいいだけのことで、例えば小さな子供をディズニーランドに連れて行くことが何でダメなの?ですね。
亡くなったお母さん(麻央さん)は、尚更喜んでおられると思います。その光景を笑顔でご覧になられていると思いますよ。
故人と家族との関係なんて、それでいい。世の中は故人のためでなく、現世を生きている者のためにあるんです。
こんなところに自分の宗教観や価値観を押し付けるなんて、ロクな奴じゃないと思います。
きっと、ヒマでヒマで仕方がない、哀れな奴なんだろうな(^^;

by なかちゃん (2017-07-04 12:29) 

チャー

喪に服す
人それぞれ 家族それぞれ 喪の服仕方は違うと思います 何がいいのか?悪いのか?遺族の気持ちは誰も分からないと思います とやかく言う事はないと思いますね
by チャー (2017-07-04 12:29) 

まめ

子供の心の寂しい、やりきれない気持ちを多少でも忘れられるのであれば行くことを他人が責める謂れは無いと思います。
特に、ご自身の心の整理も出来ているかわからない状態なのに、我が子のメンタルも考えないといけないのは本当に親として、残されたパートナーとしても辛いですよね。

今は静かに報道も一切しないでいてほしいです。
by まめ (2017-07-04 12:39) 

makkun

子供をディズニーランドへ連れて行き
亡き母親と楽しく過ごした想い出を募らせる・・
これも形を変えた「喪に服し方」と考えたいです。
今の時代・・・・
人それぞれ「喪の服し方」があっても
良いのではないでしょうか・・。
by makkun (2017-07-04 14:01) 

ゆきゆき

私の両親は子供の頃に病死しました。
海老蔵さんの我が子を想う優しい気持ち、素敵な行為と拝察いたします。
「喪中につき年末年始のご挨拶なんとかかんとか」」と連絡がありながら、
新年の飲み会に付き合う方が不見識と思います。
by ゆきゆき (2017-07-04 15:51) 

ミムラネェ

喪に服すやり方は 亡くなった人へそれぞれが考えるべきで
他が口出しすべきことでは無い気がします
明るい事が好きだった故人に対し 明るく送るというやり方もあり
それらは残された人たちの気持ち次第ではないでしょうかねぇ
by ミムラネェ (2017-07-04 17:54) 

Take-Zee

こんにちは!
無宗教になった日本人です。
悲しみを癒す、亡き人を想う・・・
色んな形があって良いとおもいます、他人が
とやかく言うものではありません。

 そもそも喪に・・は不吉な・不幸なことにあった家や
家族を外に出さない、出させないことです。

 ディズニーランドにいた人が不快、忌み嫌う感情が
出たなら・・一考すべきでしょうが・・

by Take-Zee (2017-07-04 18:13) 

ヨッシーパパ

懐かしい給食で出たレーズンパンを思い出しましたが、かなり美味しそうな出来上がりですね。
by ヨッシーパパ (2017-07-04 19:05) 

ぱんだはんな

世界中を見てみれば、葬儀の仕方や気持ちの表現も
実に多種多様。
みんながみんな、同じ考え方になる必要はないと思います。
他者に不快な思いや迷惑を掛けたのであれば
考えや行動を改める必要はあるのでしょうが…。
by ぱんだはんな (2017-07-04 20:23) 

utamaroco

本人はツイートに反応する気もないと思いますけど。

by utamaroco (2017-07-05 00:33) 

レインボーゴブリンズ

喪に服すという行為は、個々人の心の問題だと思います。私の場合は、父が他界した時、悲しくて何もする気が起きませんでした。仲のよい家族を亡くせば、そうなるものではないかと思います。海老蔵さんは、そういう意味では強い人間です。
by レインボーゴブリンズ (2017-07-05 00:35) 

永訣

お初でございます。

本件についての個人的見解でありますが、
『一つの供養の形として見守るのみ』でしょう。

今のこの国のあり方こそが問題かと。

『喪に服す』即ち
『全ての活動を自粛すべし』の考え方を
同調圧力を以って押し付けるとか
論外でしかありません。

ちなみに小生は、過去にこの事由により
『年賀状』及び『新年の挨拶』の習慣を完全廃止し、
『忘年会』『新年会』に
顔を一切出さなくなりました。

これを際限なく要求する今の日本人については
考える限りにおいて最悪な国民と
断ずる以外に無さそうです。
by 永訣 (2017-07-05 06:24) 

Rinko

そんなツイッターが出回っていたんですね。
海老蔵さん親子が麻央さんの他界でどれだけ心を痛め悲しんでいるか、それは誰が見ても想像しても明らかなことで、例え本当にディズニーランドに子どもを連れて行っていたとしても、きっとその裏には沢山の苦しい悲しい思いがあったと感じます。
人の気持ちを考えずに正論(?)を振りかざすだけの意見、残念すぎますね。
by Rinko (2017-07-05 07:43) 

がり

今まで大変だったんだから、私なら家にいたいです。
でもお父さんだから、お子さんの事を考えて連れて行かれたんでしょうに。
取りざたされて大変ですね。
by がり (2017-07-05 20:40) 

そらへい

私の住んでいるところは旧態依然の田舎なのですが、
身内に不幸があると神社に行ってはいけないと言う風潮があります。
神社に行かなければいけない用事があってもそのことを立てにいかない人もあれば気にしないで行く人もあります。
身内のというのはどこまでなのか、曖昧です。
そして行く人、行かない人をとやかく言います。
ご紹介の海老蔵さんの話題を読んでいると
都会とかネット社会も、
日本という国は、大きな田舎なんだなぁと思います。
by そらへい (2017-07-05 21:03) 

うつ夫

お子さんの笑顔よりも、「喪に服す」ことが大事と思ってる人がいるとは。
人生つまんなくないんですかねえ。
by うつ夫 (2017-07-06 00:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます