So-net無料ブログ作成

反則金納付期限切れ、遅延支払いか、不起訴か、裁判後有罪罰金か

ドーナツアイスミニ

交通違反反則金納付の、期限切れに気が付きました。警視総監名による、反則金本納付の通告(督促状)が届いていたのですが、忙殺されて期限までに納付せず、またその忙殺のため中身も詳しく読まずに、納付延長の手続きもしませんでした。ネットを見ると、検察に送致されて刑事訴訟法での続きになるそうですが、果たしてどうなることやら……。



実は、今日もまた交通違反をやってしまいました。

六本木ヒルズ近くの道で、一時停止のところに警官が潜んでいて、ひっかかってしまいました。

「今日もまた」というのは、前回もこのブログでご報告しましたが、

この記事の前半に詳細を書きました
菅野美穂の関西弁が下手というツイートからドラマの方言を考える

昨年10月に、長男を高校説明会に送っていった帰りに、渋谷駅前で、やはり警官が見張っているところ、ミスミスひっかかってしまいました。

今回も、長男のリハビリ療育で広尾まで送っていった帰りに、道に不慣れな私は回り道をしてしまい、挙句に検挙です。

不慣れな道で、警察官の点数稼ぎの場所に気づきませんでした。

まあ、これだけなら、「仕方ない、向こう1年間、運転はいつもにもまして緊張しよう」で終わる話ですが、その際、昨年10月の違反を思い出し、反則金本納付の通告(督促状)の確認や、その後のことを調べて、「あ、ちょっとまずいかも……」という気になりました。

というのも、昨年10月の違反は、定められている反則金納付のフローにおいて、12月の催促がラストチャンスだったからです。

違反から刑罰までのフロー


交通違反から刑罰、もしくは不起訴までのフローは、まとめるとこんなところです。

簡単にご説明すると、交通違反をすると支払うのは「反則金」です。

払えば、そこで終りとなります。

しかし、支払わないと、刑事訴訟の手続きを行い、有罪(罰金)か不起訴かが決まります。

つまり、罰金と反則金は別のものです。

それをお含みおきの上、御覧ください。

1.違反、青切符切られて、7日以内に反則金納付といわれる

2.それを忘れる、もしくは拒否する

3.約40日後、所轄警察本部長名の催促が配達証明で来る

4.それを忘れる、もしくは拒否する

5.警察電話やはがきによる催促……があるかもしれないしないかもしれない(ここは警察側の任意)

6.簡易裁判所の分室などに出頭呼び出し

7.それを忘れる、もしくは拒否する←まれに逮捕あり

8.検察官からの呼び出し(略式起訴か、本式訴訟かを選択する)

9.略式起訴なら罰金払って前科がつく、拒否して起訴される確率は0.1%(多くは不起訴、ただし起訴されたらたぶん裁判は有罪)

私が受け取った、反則金本納付の通告(督促状)によると、違反が昨年10月、反則金納付期限が12月末に設定されていました。

が、私の母親がその時期入院していたため、毎日実家に行って少しずつ掃除をしていたので、忙しくて年末年始は、新聞すら読んでいないありさまでした。

通告(督促状)もきちんと目を通しておらず、期限切れだけは後から気づきましたが、その後どうなるのか(刑事事件手続き)までは、確認していませんでした。

そもそも、その後どうなるかは、文書の下に、虫眼鏡で見るような小さい字で書いてあるのです。

催促

見えねーだろ

見えねーだろ

と思いましたけどね。

以前、駐車違反で車をレッカーで持っていかれたときも、何度か催促があり、随分時間がたってから遠方に行って支払ったことがあるので、今回もそれほど深刻には考えていませんでした。

ですから今回も、たんに納付期限を忘れてしまっただけで、別に警察の取締のあり方を問う、などという大仰な気持ちはなく、要するに反則金納付の意志はあります。

が、よもや、警察・検察が紋切り型の略式裁判コースに私をのせるのなら、みすみす前科者になる気はないので、略式起訴は拒否して、面倒ですが、本訴訟に進むしかないでしょう。

東京都(警視庁)の場合には、なんだかんだで2年ぐらい送致せず、反則金の催促を続けるという話もありますが、私に対してもそうだとは限りません。

要は、その時々の警察側の担当者の裁量や、反則金徴収のノルマ達成状態如何なのだろうと思います。

一般には、略式起訴を拒んでも、たかが軽微な交通違反、起訴される(つまり裁判になる)確率は0.1%だそうですが、私は、これまでの人生経験から、0.1%を「少ない数字」とは解していません。

私は、その家系で200年に1度といわれる火災を経験していますし、妻はその前にも0.02%の確率と言われる癒着胎盤で死にかけたことがありますから、確率0.1%が現実的な数字になってしまう「ほしのもと」のようです。

ですから、面白い裁判官にあたり、まかりまちがって本訴訟にまでなったら有罪、ということも絶対にないと否定しきれるわけではないと腹をくくっていますが、まあ、それならそれで、右折禁止を守らなかったから前科者になったという、ある意味、不運もそこまでくると清々しい状態というのも、こうなったら経験してやるかな、という怖いもの見たさの気持ちもどこかにあります。←これがいけないのか

ネットに関連ページは結構あるのですが、具体的な体験談は意外と少ないので、この件、新しい展開がありましたらまた書きます。
スポンサードリンク↓

3つの味が楽しめるバニラミニドーナッツアイス


今日のおやつは、『ドーナツアイスミニ』(オハヨー乳業)です。

ドーナツアイスミニ

ドーナツアイスミニ

チョコ(バニラアイス+スイートチョコ+ワッフルクランチ)、
キャラメル(バニラアイス+キャラメル風味チョコ+ワッフルクランチ)
ストロベリー(バニラアイス+ストロベリーチョコ+苺顆粒)

でコーティングした、ドーナツ型のバニラアイスが6つずつ。

ドーナツアイスミニ

ひとつひとつは個包装になって小さいものです。

単4電池と比べました。

ドーナツアイスミニ

一口、せいぜい二口でいけちゃいますね。

今日のような“しょぼん”としてしまうような日は、これを口の中に放り込んで、気を取り直すことにしています。

これまでの中で一番小さいアイスですが、ま、たまにはこういうのもいいですよね。

オハヨー乳業 ドーナツアイス ミニ 10ml×18個×8個

オハヨー乳業 ドーナツアイス ミニ 10ml×18個×8個

  • 出版社/メーカー: オハヨー乳業
  • メディア: 食品&飲料

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(328)  [編集]

nice! 328

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます