So-net無料ブログ作成

インクルーシブ教育からインクルーシブな世の中を目指して

インクルーシブ教育

インクルーシブ教育ってご存知ですか。最近注目されているインクルーシブ(inclusive)とは、「包括的な」「包み込む」という意味です。 すべての子どもたちが障がいの有無にかかわりなく、誰もが望めば自分に合った配慮を受けながら、みんなで地域の通常学級で学べることを目指す、教育理念と実践プロセスのことをいいます。



現在、我が国では、障がい児に対しては、特別支援学校、特別支援学級、通級などでの指導が行われています。

しかし、中途障害の親である私が率直に感じているのは、「障がい児の学校は、障がい児として生きていく教育を行うところにすぎない」ということです。

もちろん、障がい児が障がい児として、どう生きていくかを考え、学ぶことは必要です。

しかし、障がい児を、健常児から分離した教育を行う限り、健常児と障がい児の格差と差別の温床とはならないのでしょうか。

健常児と障がい児を分離する教育ではなく、すべての子が共に学ぼうではないか、というのがインクルーシブ教育です。

健常児と、障がい児を同じ場所で教育することは、以前から統合教育(とうごうきょういく)という名で呼ばれてはいました。

しかし、こちらは、ただたんに“同じ空間で学ぶ”というだけのこと。

健常児と障がい児で、できること、できないことに違いがあるのは事実ですから、“同じ空間で学ぶ”だけでは、やれることは限界があります。

インクルーシブ教育とは、健常児と障がい児の違いは受け止めた上で、障害のあるなしに関わらず、みんながそれぞれの教育的ニーズに応じて学ぶという教育概念です。




発達障害児、インクルーシブ教育と学校選び


前置きが長くなりましたが、インクルーシブ教育の講演を聞いてきました。

タイトルは、ちと長めですが、『発達支援ワークショップ~学校選択とインクルーシヴ教育~高校支援級設立へむけての提言』です。

講師は、Q-U(学級集団の状態を把握するための心理検査)や、特別支援教育を専門とする逗子市教育研究所の井ノ山正文氏です。

まず、インクルーシブ教育は、障がい児も健常児も「みんな同じ」という悪平等で、障がい児にプレッシャーはかけません。

たとえば、椅子をガタガタさせたり、机をバンバン叩いたりする発達障害児がいたとします。

それは、過去にあった嫌なことが、突然フラッシュバックしているなど、理由があってやっているのです。

そんな時は、「みんなが勉強できない、静かに座りなさい。健常児と一緒にやりたかったらルールは守りなさい」などと紋切り型の説教をするのではなく、クールダウンできるよう、静かな別室で過ごせるようにする、といった配慮を行います。

発達障害には、短期記憶が保持できないために、板書を写すことが間に合わず、いつもノートが白紙のままの生徒・児童もいます。

そういう場合には、もちろん切り捨て放置ではなく、さりとて、書き終わるまで待つのでもなく、黒板を撮影保存するデジタル機器の使用を認める、といった配慮をします。

それによって、障がい児も健常児も、なるべく同じ学習機会を得ることができるのです。

こうした、障がいによる障壁(バリア)を取り除くための配慮を「合理的配慮」と言います。

インクルーシブ教育では、この合理的配慮がポイントとなります。

障がい児の学校選び、大切なことは


障害者の権利に関する条約や法律が、近年随分かわっていますね。

東京都でも、障がい者を取り巻く状況の変化に対応するため、特別支援教育推進計画が策定されています。

たとえば、平成30年度から、都立高校にも支援学級ができます。

障がい児は、健常児の学校から邪魔者扱いされ支援学校に追いやられ、これまでは支援学校高等部しか進めなかったのですが、少しだけ進路の選択肢が広がりました。

また、先日、私が訪問した八洲学園高校のように、単位制高校、通信制高校としての特性をいかして、3年制の高校課程を5年間で学ぶようなカリキュラムを用意し、知的を含む障がい児を受け入れるところもあります。

八洲高等学校新宿キャンパス
八洲学園高等学校(東京都新宿区)作品展2017 IRO(いろ)

進路選択、学校選びは健常児でも悩みや迷いがつきものですが、障がい児ではなおさらです。

たんに学歴だけの問題でなく、社会で健常者とともに生きていけるための教育という「質」が今、問われていると井ノ山正文氏は仰っていました。

スポンサーリンク↓

まとめ


しかし、考えてみると、これは教育機関だけのことではなく、社会そのものがそうあるべきだと思います。

障がい者を差別する。これは論外です。

かといって、障がい者の言い分をすべて正しいものとし、その能力や価値観を前提に社会を動かす。

これも私は違うと思います。

心ある真面目な障がい者は喜ばないでしょう。

たとえば、横断歩道があるとしましょう。

障がい者の手を引く健常者の善意を否定はできませんが、障がい者が自力で渡れることこそが本来求められるのではないでしょうか。

障がい者がころんだ。

周囲がかけよって助ける善意は美しい。

でも、本当は、障がい者が自力で立ち上がり事なきを得、周囲もその人を特別な目で見る「同情」はない方が社会としては成熟しているのだと思います。

そうしたことが実現するための「合理的配慮」が、これからの社会で物質的、精神的にできていけばと私は思っています。

付記


どですかでん

『どですかでん』(1970年、東宝)は、世界のクロサワ凋落の作品と酷評する人もいますが、それは障がい者のことを何も知らないからいえるのであり、主人公の知的障がい者、六ちゃんを特別視も差別もせずありのままに接する近所の人達の描き方は素晴らしい!

きれいごと抜きのインクルーシブ教育 -
きれいごと抜きのインクルーシブ教育 -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(268)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 268

コメント 22

ナベちはる

インクルーシブ教育、それが当たり前の教育になると理想ですね。(理想であって、そう上手くいかないのですが…)
by ナベちはる (2017-10-17 00:11) 

藤並 香衣

「なんでもかんでも助けて欲しいと思ってない。
自分でできることは助けを借りずにやりたいんだ。」
ある障がい者の方の言葉です。
ハッとさせられました。
by 藤並 香衣 (2017-10-17 00:18) 

末尾ルコ(アルベール)

インクルーシブ教育からインクルーシブな世の中を目指して・・・困難な課題であるからこそ、ぜひ社会の中の多くの人を巻き込んでいきたい道のりですね。「インクルーシブ教育」という概念についてはほとんど知りませんでしたが、お記事を拝読し、今後は大いに注目し、わたし自身も何かできることがあれば、やっていきたいと思いました。「合理的配慮」という考えと方法も、とても興味深いものですね。
そしておっしゃる通り、誰しも「いつも助けられて生きたい」とは思ってないはずです。障がい者の方々ができる限り自立し、その自立している姿がまったく自然に感じられる、そんなインクルーシブ社会へどんどん近づけるためのインクルーシブ教育・・・注目していきたいです。
『どですかでん』についていっぷく様が折に触れ取り上げておられるのは、それこそ「素晴らしい!」ことだと思います。どうも日本の映画評論家は、中期以降の黒澤作品に対して思考停止的に「ダメ」のレッテルを貼っている人が多い気がします。黒澤の政治的スタンスはいささかシンプル過ぎるところがありますが、中期以降でも、『どですかでん』を含め、鑑賞すれば観応えのある作品がほとんどです。

>山田姉妹はそういう打算がなくて自由に発信してていいですね。

ほとんど一般人のようなノリで発信してますよね(笑)。人気はどんどん出てほしいですが、今の雰囲気もずっと持っていてもらいたいものです。
山田麗(妹)は特技がいっぱいある旨豪語しておりまして、ひょっとしたら「舌出し」も本人の中ではそうなのかもしれません(笑)。普通、若い女性歌手はしょっちゅう舌出しませんよね(笑)。ご指摘のように、山田姉妹は妹が「落ち着きがないひょうきん」タイプで、姉(華)はおっとりお嬢様タイプです。麗の方はカツオ漁へ行って、取れたてのカツオとポーズを取ったりしているんですが、華はその場に行きもしてないという(笑)。

>山田姉妹の画像つきツイートを、ブログ記事に埋め込まれてはいかがですか。

アドバイス、ありがとうございます!検討してみたいと思います。
いっぷく様のひし美ゆり子についてのお記事はよく記憶しております。ひし美ゆり子ご本人にとっても、心から嬉しいお記事だったのでしょうね。素晴らしいです。
しかしひし美ゆり子はフォロワーが2万人以上なのですね。山田姉妹はデビューして間もないこともあるでしょうし、「声楽デュオ」という特殊性もあるでしょうが、まだ2千人台です。ひし美ゆり子は根強いファンがいるのでしょうね。
わたしよく、「子ども時代の憧れ女性」として、林寛子を持ち出させていただいてますが、よく考えたら、ひし美ゆり子に憧れたのが先ですね。アンヌ隊員・・・まさに理想のウルトラ警備隊隊員でした(笑)。ただ、個人的には番組開始当初の髪型が断然好きだったです。とは言え、ダンとの恋も、伊達直人とルリ子先生のそれと似て、とても美しいものでした。

「舞姫」のエリスとボブ・エリスを重ねましたか!何と文化度の高い学校生活を送られていたのかと、羨ましい限りです。わたしの周囲はと言えば、「舞姫」にもボブ・エリスにも縁のない者ばかりで、どんな分野でも、「ツッコんだおもしろさ」を共有できる人材が滅多にいないのが地方の辛いところです。

>これは倉持アナと山田隆氏の責任重大ですね(笑)

そうなんです(笑)。さすがにわたしも、中学くらいになると放送にツッコミを入れてましたが、小学時代は実況内容をまるまる信じておりました。だからバリバリ全盛期のマードック、ローデスのアウトローズを観て、(凄いなあ)と思っても、『プロレス入門』と実況内容で「ブルーザーの方が上」だとすり込まれていましたから、(やっぱり生傷男は迫力が桁外れだなあ~)と感嘆しておりました。
倉持アナの「テリーが死んだああああ!」は、いまだに耳の中で響いております(笑)。それと、「もうテリーは立てないでしょう」とかワザとらしく言った数分後にテリーの反撃が始まるというお約束のパターンも、いつしか余裕をもって味わえる自分になっておりました(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-17 01:13) 

arles

こんばんは
by arles (2017-10-17 03:50) 

Take-Zee

おはようございます!
”どですかでん”・・たしか電車の走る音
ですよね? これも懐かしい!

by Take-Zee (2017-10-17 07:15) 

kou

人々の考えも変わり社会も動き、世の中は間違いなくソーシャルインクルージョンへ(社会的包摂)進みつつあると思います。
by kou (2017-10-17 07:54) 

Rinko

インクルーシブ教育、とても大切だと思います。
それが実現するよう、それに必要な制度・設備が多くの自治体で整っていくことを願いますね。
by Rinko (2017-10-17 08:14) 

なかちゃん

資本主義社会の中で、出来る人=秀れた人 のような考え方が幅を利かしている限りはなかなか難しい問題かもしれませんね。
だから弱者=ダメな人で、お荷物みたいな感覚でいるんです。
そんな奴が障がい者施設で殺傷事件を起こしたり、弱者を差別するような発言をするんです。
資本主義が100%ダメとまで言うつもりはないけれど、仕事をたくさん出来る人はお金を儲けてもいいという考えと、弱者保護とはなかなか同居出来ないんじゃないでしょうか?
母性保護の重要性どころか、そういう言葉があるということさえ分かっとらんようなアンポンタンどもがたくさんいますからね(^^;

by なかちゃん (2017-10-17 11:36) 

makkun

インクルーシブ教育の事は全く知りませんでしたが
私が思っている健常者と障がい者の教育の在り方は
これが然るべき姿じゃないかと思ってます。

>中途障害の親である私が率直に感じているのは、
「障 がい児の学校は、障がい児として生きていく
教育を 行うところにすぎない」ということです。

<全く私も同意見です(v^ー°)

by makkun (2017-10-17 14:04) 

johncomeback

インクルーシブ教育ですか、一緒に学ぶ健常者は勿論、
健常者の親の理解が大切だと思われます。難しいなぁ。
by johncomeback (2017-10-17 15:21) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

一つ訂正させていただきます。

>平成30年度から、都立高校にも支援学級ができます。
正しくは「支援学級」ではなく「通級」でした。
「通級」とは、通常の学級に在籍していながら、個別的な特別支援教育を受けることの出来る制度です。
by いっぷく (2017-10-17 17:16) 

森田惠子

医療的ケア児を撮影しました。
ご両親も撮影させていただきました。
撮影していると、目の前で転んでも私はすぐには手を出せず、傍の人の反応も含めて撮影することなります。
手出し、口出し、はできないけれど、見ているというポジションは色々なことを気付かせてくれます。

子どもには、ちやほやされたい子も居れば、かまってほしくない子も居ます。
それは変わらないのではないか・・・と思いました。
by 森田惠子 (2017-10-17 19:10) 

pn

黒板写すの遅かったな俺・・・
by pn (2017-10-17 20:31) 

nikki

今のテレ朝系昼ドラが黒柳徹子さんの半生を描いてますが
トモエ学園に転校した徹子さんが軽度の身体障害者と同じクラス。
一部フィクションも含まれているようですが先進的な学校があったようです。
by nikki (2017-10-17 21:38) 

犬眉母

私も、お友達が興味を持っていたので、
本を借していただき読んだりしただけの者ですが、
一部の方にもしかしたらインクルーシブ教育について、
誤解があるかもしれませんね。

> 障がい児も健常児も「みんな同じ」という悪平等

これは障害児にも負担が多いし
健常児はレベルの低い授業につきあわされたり
「お世話係」にさせられたりして、
どちらにもいいことなしですね。
そうした「健常児の足をひっぱる」イメージがあると
インクルーシブ教育に難色を示す親御さんもいるでしょう。

でも本来、インクルーシブ教育は
障害児のためだけのものではないはずで
健常児だってニーズに合わせた教育を
するというものですよね。
その中でお互いの違いを認めることが
できるようになればいいわけで。
「みんなちがってみんないい」と
言いながら同じことをさせたり
お説教じみた人権教育をしたりするよりもずっと
いじめ防止に効果的なのではと思います。
by 犬眉母 (2017-10-17 22:21) 

うっかりくま

今の学校に求められるのは、かつてのような
軍隊式統制教育ではなく、それぞれの生徒の
ニーズに合わせた個別対応であり、それは
「余計な負担」ではないと学んでから教職に
就いてほしいと思ってしまいます。授業も
画一的に進めるのではなく、パソコンソフトで
習熟度別、興味別の学習環境は作れそうです。
が、制度を作る官僚やお役所の方々は幼少期から
神童と褒めそやされ、高学歴者だけの狭い世界で
育ったりする逆差別環境にあるため、親族などに
障害者がいないと理解できないのかも・・?
高齢者施設でも今や個別対応の時代ですが、
予算と人手が足りないとスタッフが疲労困憊し
せっかくの理念が役立たず措置時代の対応や
全部纏めた方が楽、となってしまいがちなのは
似ています。本来そういう仕事ではないのに。
出産前に通う母親学級でもインクルーシブの理念
ぐらい学んでほしいのですが、「そういう話を
聞くだけで障害児が生まれそうで嫌だ」と拒否
する人もいて、そういう人には何を言ってもダメ。
私の頃よりは社会の理解も進んだかと思ったら
あの殺傷事件が起こり、人の考えを変えていく
のは容易ではないと思い知らされました。
いっぷくさんのようによく学ばれ、現状を踏まえ
た上で発言され続けて下さる方は貴重な存在です。
by うっかりくま (2017-10-18 00:30) 

うつ夫

記事もさることながら、コメントからその人の障がい者に対する本音が露呈するのが興味深いです。
by うつ夫 (2017-10-18 01:48) 

風の友

大変勉強になりました。
改めて、視点が開けた思いがします。
私も障害者ですが、障害者になって初めて
気づくことが多々ありました。

by 風の友 (2017-10-18 02:17) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>でも本来、インクルーシブ教育は
>障害児のためだけのものではないはずで
>健常児だってニーズに合わせた教育を
>するというものですよね。

そうです。
今回はたまたま「障がい者への合理的配慮」という視点で書いていますが、不登校とか、何か事情があって現状のルールや社会生活と折り合えない人の「ハンデ」をすべて含めた話です。

まあインクルーシブ教育に反対の人は、よほどご自身に自身があるんでしょうね。
自分は世間に対して何も弱みはない、と思っているのでしょう。

でも私はそういう人は信用しません。
「私は嘘をついたことがない」というのと同じぐらい説得力がなく現実味のない主張だから。
by いっぷく (2017-10-18 08:56) 

hana2017

インクルーシブ教育からインクルーシブな世の中を目指していく…バリアーのない世界は理想ながら、多くの困難がつきまとう問題に思います。
記事の中身は当然ながら、私も皆さんがどのようなコメントをされるかが気になって最後になってしまいました。
人の考えはそれぞれです。インクルーシブ教育を受ける側の子供達、そしてその親たちにしても、個別な思いがあるはず。
お互いになんのわだかまりもなく、自然な教育の場があり、違和感のない日常生活が出来るなら良いのですけど。
私個人に限ったら、他所の人からの過剰な言動はいらない。
こんなに優しい、親切な自分に酔っていると感じられる場が往々にあった為かもしれません。たとえそれが医療に携わる職業の人であっても。
しかし自分は病気だから、身体が不自由だから、人に何かをやってもらって当然としている人たちが実際に居て、甘えて生きているのも多く目にしてきました。
こんな歳になった人間の気持ちなど、ここでは的外れに過ぎないかもしれませんけれど。本当に難しい問題ですね。
by hana2017 (2017-10-18 10:23) 

sana

世の中にはいろいろな子がいる、色々な人がいる、ということを子供の頃から知っておくのはいいことだと思います。
友達の子供の一人は小学校のときは普通学級でしたが、何度も特殊学級(というのか正確かどうかわかりませんが)を勧められて悩んだそうです。
私は障がい者のことはあまり知らないので、町で見かけても何をしてあげたらいいのか、余計なことしちゃいけないのか‥
判断ができないことも多いです。
ですから 具体的に発信していかれることはありがたく、大事だと思います。

うちの母はリウマチでだんだん歩けなくなりましたので、中年以上の女性が歩きづらそうにしていると、はっとして見守ります。
歩けても、転ぶと一人では立ち上がれないことがあるから。
でも父は私より頑丈だったので~
見るからに高齢の男性がそばに立っているのに、席を譲るのを忘れていたりします^^;
by sana (2017-10-18 19:33) 

su-nya

インクルーシブ教育、はじめて知りましたが
子どもたちの通った幼稚園は、そういう側面が
ありました。よそでどこも受け入れてくれなかった
多くの子どもを受け入れていました。
ただ専門の教育を受けていない担任の先生にかかる負担は
大きく、またキリスト教の愛の理念、のようなものだけではトラブル発生の時のほかの保護者への説得も難しいようでした。
ただ、多くの子どもたちは、障がいのある子ども達と
色々なトラブルや経験をしながらもうまく共生していたと思います。
それを大きな気持ちでみんなが見守ることができる為には、でも、やはり確固とした理念が必要だと感じていました。これがそうなのかも、と読んでいて思いました。

私も、障がいとはいえなくとも諸事情で
生きにくさを感じてきた一人です。
また、産後うつという経験を通して、社会に生きにくさを覚える全ての人が、追い詰められずにガス抜きしながら生きられる社会になればいいなと思います。

うっすらそう感じながら生きていたら、そういうことに携わる仕事に就く機会が、向こうからやってきました。色々このブログで読んで勉強させていただきたいと思います。
by su-nya (2017-10-19 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます