So-net無料ブログ作成

知的障がい少年の「逸失利益」訴訟、弱者が弱者を圧迫する!

知的障がい少年の「逸失利益」訴訟

知的障がい少年の裁判が、話題になっていたので今回採り上げます。東京・八王子市の施設から行方不明になり、死亡した知的障がいのある少年の両親が、施設が示した「逸失利益」ゼロを不満とし、「命に差別はない」と提訴。施設側も争う姿勢を見せている、という話です。



まとめ記事をリンクしておきます。

知的障害少年が施設死亡「逸失利益」をめぐり両親損害賠償請求

亡くなった方の障がいがどれぐらいの重さで、どんな労働をして、施設がどのようなフォローをして、労働の対価がどのような決め方をしていたのか、といった詳細は報道だけではわかりません。

ただ、原告の請求が、生きていたときと同じ賃金相当を施設に支払え、ということなら、第三者的に見てむずかしいかもしれません。

施設側は、おそらく障がい者を雇用することで、補助金を受けているはずです。

亡くなればそれがなくなるわけですから、生きていたときと同じ金額を施設に支払え、という判決や和解案を裁判官が言い渡すかどうか。

たぶん、ご両親もそれはわかっているけれども、施設側が逸失利益を「ゼロ」としたことにショックを受け、「命に差別はない」という言い分につながっているのでしょう。

言い分はわかりますが、逸失利益は「命の値段」ではないんですよね。

年間、億を稼ぐ人もいれば、100万円ぐらいしか稼げない人もいて、そうした数字で将来を予測している「生産力」の予想です。

いずれにしても、障がい者の尊厳を否定しないような形で決着してほしいものです。

弱者が弱者を叩き落としても世の中は変わらない!


それにしても、私が今回改めて考えさせられたのが、ネット民の本件に対する戦慄を覚える誹謗コメントの数々です。

まとめ記事を見ると、原告は強欲だ、などというのはまだましな方で、まるで障がい者が働いてはいけないような、自分たちが障がい者を生かしてやっている、といわんばかりの読むに耐えないコメントが続いています。

これでは、「がん患者は働くな」と暴言をはいた、某国会議員を非難できるものではないでしょう。

駄目な政治家は、駄目な大衆の合わせ鏡ということがよくわかります。

それはともかくとして、これは、格差的不遇をかこつ弱者が、障がい者という、より弱い者を圧迫して溜飲を下げるという、救いのない、いやな光景ではないかと思いました。

最近は、生活保護受給者とか、弱者攻撃が目立ちますよね。

でもね、かりに、この人たちの望みどおり、弱者福祉を今よりさらに縮小したとしても、そこで「浮いた金」が、この人たちに分配されるわけではないと思いますよ。

より弱いところを叩いても、世の中は良くならないということです。

自分たちが良くなるためには、さらなる弱者に目を光らせて文句を言い叩き落とす後ろ向きなアプローチではなく、社会の仕組み、政治を変えなければならないのだ、という前向きな思考になれないもんかなあと思います。

スポンサーリンク↓

ふわふわで軽いデニッシュの“スイーツ”パン


今日、ここだけの話としてぜひご紹介したいのは、『バニラ香るいやしのマカダミア』(神戸屋)です。

バニラ香るいやしのマカダミア

ふんわりしたデニッシュで2つのクリームを包み、マカダミアナッツを乗せたパンです。

女性目線での商品開発や販売企画の立案を行う女性チームが、「癒やし」をテーマに作ったそうです。

まず、パンの中身は、バニラとマカダミアナッツを使っている点が「癒やし」だそうです。

同社サイトによると、バニラの香りの主成分、バニリンは脳をリラックスさせる効果が、マカダミアナッツは脳の緊張を和らげるトリプトファンや、美容効果が期待できる不飽和脂肪酸が含まれています。

そしてパッケージは、パステルカラーで癒やされ、外袋のさらさらしたマットな手触りでほっとできるとしています。

バニラ香るいやしのマカダミア

食べた感じは、バニラビーンズ入りのホイップクリームがかなり多めです。

バニラ香るいやしのマカダミア

その下にはもったりしたカスタードクリーム、ダブルのクリームで甘党には大満足のパンと言えます。

バニラ香るいやしのマカダミア

マカダミアナッツは細かく砕かれており、量もそれほど多くないので、ナッツを食べているという実感はあまりありません。

時々口の中でプチっとした存在感を感じる程度でしょうか。

デニッシュはふわふわで軽い食感。

たっぷりのダブルクリームで、菓子パンというよりスイーツに分類したいパンです。

開発時にこだわったという「癒やし」の効果は不明ですが、紅茶やコーヒーと一緒にいかがですか。

知的障害・発達障害のある人への合理的配慮

知的障害・発達障害のある人への合理的配慮

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(291)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 291

コメント 18

末尾ルコ(アルベール)

ある種のネット民の考えの愚劣さは目に余りますね。そもそも不特定多数が読む可能性のある「書き込み自由」のスペースに、匿名をいいことに好き勝手なことを書く人たちだからこその無知さや考えの足りなさが如実に表現されていて、(今の日本はこうした思考回路の人間がかなりいるのだ)とつくづく再認識させられます。こうした内容を書き込む人たちの多くは自分たちの生活や人生そのものに不満を持っているのだと思いますが、その「不満」を生み出す根本的原因について知ろうとはせず、何となく「叩きやすい相手」を見つけ、しかも「自分たちの意見が多数派である」という根拠のない自信の下に、そうした書き込みをしているのだと思います。このような人たちは、ある意味「社会的矛盾」を生み出している根本的原因の政治やシステムにとって、非常に都合のいいことをしているんですよね。まったくお粗末な思考回路です。今回お話しくださった件もそうだし、その他様々な問題に対して、実に嘆かわしい反応をする人たちがとても多い。こうした状況は少しずつでも変えていかないと、社会はどんどん危険な方向へ進んでしまいます。

『バニラ香るいやしのマカダミア』・・・バニラもマカダミアも大好きです(笑)!このパンは今すぐにでもお店へ走りたくなる誘惑を私に対して発散しております。

各種ラーメンについての精密なご説明、感銘を受けました!なるほど、『カップヌードル』は贅沢品に近い存在だったのですね。だからわたしの家ではなかなか食べなかったのかなあ(とほほ)。それと、やはり味もどんどん改良されているわけですね。実はわたしも、食べ始めた頃は「美味しい」と感じませんでした。いつしか、(あれ、美味しいじゃん)感じ始めた時期があり、今ではカップ麺のルー・テーズ的存在(?)と敬意を払い続けています。
各種ラーメンの味わい方のご説明を拝読し、ラーメンに対する愛情がさらに増しております。本当に有難うございます。告白しますと、実はインスタントラーメンには多様な愚を入れるという邪道かつ悪徳な食べ方を子どもの頃からしておりまして(笑)、そこでふと思い出したのですが、わたしの家では子供の頃にはなぜか生ラーメンが食卓に載った試しがなかったんです。習慣の問題だったのでしょうが、「生ラーメンは外食で食べるもの」という意識が濃厚だったのかと想像しています。
それにしても、『マルちゃん正麺』が「微妙」だというお話も刺激的です。思えば『マルちゃん正麺』はあまり食べたことなかったような。さらに、ヌードルとカップラーメンの違いとか考えたこともなかったので、目からうろこが落ちた思いです。食べ物も、お話のように、より詳しく見つめると、楽しみはグッと増しますね。新発売のカップ麺にはついつい手を出してしまうわたしですが、スーパーのラーメンコーナーでのワクワク感が大きくアップしそうです。RUKO


by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-23 21:20) 

ミムラネェ

こんばんは
以前に・・・自分を上にしておくために 他人をたたいて下に見る
という人が増えていると聞いた事があり、寒気がしました
もっと優しい世界で過ごしたいです(*゚▽゚)*。_。)ウンウン
ホイップクリームたっぷりで美味しそうなパンですね~♪

by ミムラネェ (2017-05-23 21:35) 

pn

後ろ向きの人が多すぎますからねぇ(弊社だけか?)。自分が一番不幸でないと気が済まないみたいで他人の不幸が目立つと困るんじゃないかな。
by pn (2017-05-23 22:35) 

犬眉母

施設って作業所のことですよね。

重度障がい者の作業は、「労働」か、施設による「お守り」か、
という争点なんでしょうね。
by 犬眉母 (2017-05-23 23:09) 

ミケシマ

↑ルコ様のご意見にいたく賛同します。
ああいった(2ちゃん系の)コメントってもう言い回しが嫌だ。
「~しろよ」とか「~なんだよ」とか。
もう少しキチンとしたものの言い方ができないのでしょうか…?

所謂「社会的弱者」って、この世の中に絶対数存在するものだと思います。
わたしも何故か運悪く不治の病になってしまいましたが、感覚としては「引き受けた」という感じ。
「どうして自分が…」と何度思ったか知りません。
健康な人は健康なことが当然のものと思い込み、自分と同じ働きをしないと「怠けてる」と攻撃してくるんですよね。
人生って、理不尽だなぁ、、なんて思うこともしばしばです。
by ミケシマ (2017-05-24 00:26) 

yamatonosuke

デニッシュパン美味しいですね〜
甘い具材が良く合います。
by yamatonosuke (2017-05-24 00:49) 

promethe

おはようございます。
いっぷくさんのご意見に賛同します。
全面的に。
『駄目な政治家は、駄目な国民の合わせ鏡』、良い言葉ですね。
by promethe (2017-05-24 06:28) 

Take-Zee

おはようございます!
男のくせに、こういうパンが大好きです。
また、探しに行ってきます。

by Take-Zee (2017-05-24 07:58) 

Rinko

「駄目な政治家は、駄目な大衆の合わせ鏡」まさにそうですね。
いろいろ思い当たります。
by Rinko (2017-05-24 08:10) 

なかちゃん

逸失利益に関しては、ホントにそのとおりだと思います。
これが仮に精神的苦痛に対する慰謝料というのであれば、人間の立場や収入による差別などありえないということでいいと思いますけどね。
ゼロが正しいかどうかは資料をもらって計算しなければならないので別として、厳しい判決は覚悟する必要があるのではないでしょうか?

by なかちゃん (2017-05-24 08:29) 

gf487323

私は最近、考え方を改めました。日本国憲法を読むと主権在民とあります。とするとこの世の中は主権者国民を頂点とする逆ピラミッド型社会。この国は、もともと共産主義とかの国で自分たちで民主主義を勝ち取ったわけではないのでその意識が薄いと思います。話が横道にそれてごめんなさい。

言いたい奴には言わせておけばいいんですよ。自分の言った暴言はいずれ自分に跳ね返ってくる。
by gf487323 (2017-05-24 09:47) 

johncomeback

いつも拙ブログへのコメントありがとうございます。
鹿踊りですが<鹿(シシ)とは「山に入って獲ってきた獣の肉」のことを指す言葉でイノシシというのは「亥」のシシであり、鹿(しか)は、「鹿(か)」のシシとよばれていた。ちなみにカモシカは古語で青獅子(アオジシ)とよばれていた。つまり「シシ」とは、山の獣の肉のことだった。>だそうです。ご納得いただけましたでしょうか?
by johncomeback (2017-05-24 10:38) 

馬爺

なんだか世の中狂ってきていますね、へんな議員が多い与党ですね、説明も出来ない大臣なんかを庇うなって言いたいですね。
by 馬爺 (2017-05-24 10:39) 

muku

パンらしくないパン。
これは気になります~
by muku (2017-05-24 11:21) 

utamaroco

誰が誰を生かしてくるとか食わせてるとか、社会ってそんなもんじゃないと思うけど。

たとえば、その施設だって、障がい者に食わせてもらっているわけでしょ。

施設なんて、偉そうな建前言ったって税金で食ってて、

それは「障がい者に生かされている」わけだし、お互い様よね。

病人がいるから病院があって、

目が悪い人がいるからメガネ屋さんがいるのよ。

障がい者がいるから福祉産業がある。

そうやって内需が動いて経済が回っているんだし。

この世の中に、存在を否定すべき余計なものなどありません!
by utamaroco (2017-05-24 12:16) 

makkun

カッコ良く言えば「弱者救済」なんですが
現実にはご都合主義に使われていると思います。
心身伴った弱者が本当に笑顔で生きられる
世の中になる必要があります。
by makkun (2017-05-24 14:23) 

ハマコウ

本当の強さとは何か考えたいですね。
自分中心で考える人が増えているように感じてしまいます。
そのように書き込んで平気でいられることが信じられません。

by ハマコウ (2017-05-24 17:55) 

うつ夫

ネットでしか物を言えない引きこもりは、
社会から切れている疎外感を自覚しているので、
実は社会と向き合っている障がい者に本音では嫉妬している
深層心理から辛くあたるのです。
by うつ夫 (2017-05-26 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます