So-net無料ブログ作成
検索選択

『科学がつきとめた「運のいい人」』運は心がけだけで良くなるか

運と子ども

『科学がつきとめた「運のいい人」』(中野信子著、サンマーク出版)を読みました。自分が運がいいと思えるために、どういう心理状態であるべきか、どんな発想や実践を行ったら良いか、著者の考えを書いています。たんに、著者の経験や個人的意見であるならいいのですが、「科学がつきとめた」とまでタイトルに記してしまったのは、誇大表示、場合によっては疑似科学扱いされるかもしれません。



以前も書きましたが、私は自分を、あまり運のいい人間ではないと思っています。

といっても、「だから絶望する」というのではなく、「だからいい方向に持って行きたい」という前向きな気持を持っています。

そこで、「運」に関する書籍は積極的に読んでいます。

このブログでは、「運」についての話は、先日の、萩本欽一や、『運のいい人の法則』(リチャード・ワイズマン著、矢羽野薫翻訳、角川書店/角川グループパブリッシング)などについて書きました。

『ばんざい またね』萩本欽一が語る3つの「運」論
『運のいい人の法則』は、運がいいと自分が思っている人の法則?
運は存在するのか

本書の著者の中野信子という人は、「脳科学者、医学博士。東日本国際大学客員教授。東京大学工学部卒業後、2004年東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了。2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。2008~2010年まで、フランス原子力庁サクレー研究所で研究員として勤務。」という華々しい経歴を誇示しています。

だからなのか、自分の書いたものは、たんなるエッセイとしての扱いでは我慢ならなかったらしく、「運」というテーマに、「科学がつきとめた」と思い切ったタイトルをつけています。

しかし、これはどうなんでしょう。

「運」というのは、一口にまとめると、

偶然および合理的真実の示唆を含む経験、に対する価値観的表明

であると思います。(私が考えた定義)

つまり、運というのは、「偶然」「価値観」という、科学が直接解明できないことを2つも抱えているのです。

なのに、「運」という概念全体を、科学で解明なんて、脳科学者だかなんだか知りませんが、そりゃ、言い過ぎだろうと思います。

怒り.jpg

同書の内容は、目次でだいたい想像がつくと思います。

運のいい人はいまの自分を生かす
運のいい人はいい加減に生きる
運のいい人は積極的に運のいい人とかかわる
運のいい人はあえてリスクのある道を選ぶ
運のいい人はひとり勝ちしようとしない
運のいい人はライバルの成長も祈る
運のいい人は他人のよさを素直にほめる
運のいい人は具体的な目的をもつ
運のいい人はゲームをおりない
運のいい人は自分の脳を「運のいい脳」に変える

これは要するに、すべて「心がけ」ですね。

人と協調して、ポジティブシンキングになって、欲をかかず、さりとて希望も捨てない、ということです。

そうすれば、いいことがあるし、精神的にも落ち込まないですよ、ということですね。

この内容自体は、とくに否定しません。

採り入れられるものは採り入れたほうが、ハッピーになれることもあると思います。

でも、それを実践したところで、「運がいい」ということにはならないし、「運」とは何か、という答えにもなっていないでしょう。

スポンサードリンク↓

「運」はこころだけでは良くならない!


本書についても、「運」について述べているブログなどでは、しばしば引用・参考にされています。

が、私の感想を率直に述べると、この書籍に書かれている内容だけでは、「運のいい(悪い)人」を「つきとめた」とは到底言いがたいし、やはり主語を「科学」にしてしまったのは最悪だと思います。

なぜなら、いったん「科学の話」にした以上、科学的な検証や評価が行われるからです。

たとえば、先日、ご紹介した萩本欽一の場合は、決して自分の「運」論を、「科学」などと述べていません。

あくまでも、自分の人生経験や実践の一端を紹介しているだけです。

本書の著者は、少し調子に乗りすぎたのかもしれません。

Amazonのレビューにこう書かれているのも、もっともです。

「著者に御聞きしたいのですが、東京大空襲や広島・長崎の原爆で亡くなった方々は単に運が悪かったのでしようか。著者の考えは似非科学の類としか思えません。」

つまり、「不運」と一口に言っても、本書に書かれている「心がけ」だけではどうにもならないことがあります。

「運」以外の社会的責任という「必然」についても考えなければならないことなどもあります。

戦争なんて、まさにそうですよね。

にもかかわらず、そういった区別も本書は全く行っていないのです。

著者の主張では、心がけが悪いから原爆に被爆した、という解釈もできてしまいます。

私が、本書に書かれている通りの「心がけ」に徹していたら、その家系で200~400年に1回の確率と言われる火災にあわずにすんだのでしょうか。

nattokuikanai.jpg

そんなことはないでしょう。

少なくとも「せずに済」む論証は本書には書かれていません。

本書の発行出版社は、あの船井幸雄氏の本を出した「サンマーク出版」。

出版社だけで書籍の評価を決めつけてはいけませんが、結局、根っこは同じ本でした。

「運」を解明する書籍。また探して読んでみます。

科学がつきとめた「運のいい人」

科学がつきとめた「運のいい人」

  • 作者: 中野信子
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2013/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(284)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 284

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます