So-net無料ブログ作成

鎌倉コロッケ、裏ごししたやわららかいポテトを使った昭和の味

鎌倉コロッケ

鎌倉コロッケ。文字通り、鎌倉のご当地名物とうたわれているコロッケです。名前の由来は、神奈川県鎌倉市にある肉惣菜店の駿河屋本舗が作っているからだそうです。通常のコロッケよりも小さく、ソースを付けなくても食べることが出来るよう味がついています。



ご当地シリーズとして鎌倉に行きまして……と言いたいところですが、先日ご紹介した、イトーヨーカドー大森店で売っていました。

イトーヨーカドー

鎌倉コロッケ

駿河屋本舗公式サイトには、鎌倉コロッケについてこう説明されています。

神奈川県の鎌倉で豚カツ屋を営んでいた二代目店主が先代から受け継いだ、開店当初のレシピをもとに、昔ながらのコロッケを今に復活させました。昔懐かしい味付けを大切に、印象深い味わいの「湘南新名物」鎌倉ご当地コロッケです

鎌倉コロッケ

鎌倉コロッケの特徴は

・国産の甘みが強いじゃがいもを使う
・裏ごししたじゃがいもや、じっくり炒めた玉ねぎをふんだんに使うことで、クリームのようななめらかさと深みのある生地
・食べやすい小さめサイズでソースがいらない

といいます。

鎌倉コロッケ

今は、コロッケといっても、お店によって形や具材などにいろいろ趣向を凝らすこともあるようですが、鎌倉コロッケは、ポテトと、時間がたってもサクサクしてきめ細かい衣が売り物の、昭和のコロッケという感じです。

シンプルだから、逆に存在感が出るということもあります。

裏ごししたポテトだけに、口当たりも柔らかくていいですね。

鎌倉コロッケ
中に入っているのは豚肉

でも小さいから、その点でちょっと物足りないかな。

お弁当に入れたり、主菜の皿に添えたりすると、いいかもしれません。

コロッケといえば、どこにでもある食べ物です。

よほど自信がなければ、「ご当地」と喧伝などできません。

鎌倉コロッケ。今度は本当に鎌倉に行った時に食べてみようと思います。

スポンサードリンク↓

妻にとって夫の親族とは何なのか


今日、面白そうだなと思ったトレンドな話題は、「死後離婚」です。

死後離婚

夫の死後、夫の親族との関係を解消する手続き(姻族関係終了届)をする人が増えている、という話です。

まあ、その主たる対象は姑でしょうね。

民法では、義理の父母に対して扶養義務を課しているため、法的に縁を切るなら、姻族関係終了届を出せばよいのです。

まとめ記事をリンクします。

「死後離婚」とは何か、考えさせられる亡夫の親族

夫と一緒のお墓に入るのはごめんです、と、もとの記事の冒頭には書かれています。

生きている時は一緒だったが、死んでからまでまっぴらだ、と、夫に対する決別の気持ちを表しているわけですね。

夫ですらそうなのに、夫の親族なんかと付き合ってられるか、という話です。

夫と別の墓に入りたい、という話は最近良く聞きますね。

私は、夫婦なんて他人ですから、そういうこともあり得ると思います。

自分の妻がそうなったら、きっと寂しいでしょうね。

結婚生活を否定されたようなものですから。

でもそれはもう、人の気持ちだから、仕方ないのではないでしょうか。

もっとも、そんなに苦痛だったら、生きている時に別れたほうがお互いのためになおよかった。

仮面夫婦は本当に良かったのか、という疑問も生じますけどね。

姻族関係終了届についても、冷たい、という意見もあるのですが、私はそうは思いません。

あくまでも夫と結婚したのに、夫の親族まで責任持てない、というのはもっともな話ではないでしょうか。

なのに、無理に親族との関係を義務付けても、誰も幸せにはならないでしょう。

やはりこうした記事が出てくるのは、我が国には「家制度」の呪縛が残っている、ということだと思います。

私は、○○家に嫁いだのだから、夫が亡くなっても○○家の人間として、○○家の親族の面倒を見なければならない」という考え方ですね。

私も、祖父の戸籍を取った時に見たことありますが、昔の戸籍は、両親、兄妹、そしてその配偶者までがすべて記載された、まさに一族郎党の体裁でした。

組長、アネさんに子分も舎弟もいる、ヤクザ一家じゃあるまいし。

でも今はもう、家制度は否定されて、家族制度の時代です。

たとえ実子だって、結婚すれば親の戸籍から外れます。

現代の戸籍は、三代続かないようになっています。

強いて言うなら、○○△△(戸籍筆頭者のフルネーム)家であり、○○(名字)家なんていうのは存在しないのです。

以前も書いたように、『渡る世間は鬼ばかり』というドラマで、岡倉大吉(藤岡琢也→宇津井健)・岡倉節子(山岡久乃)の子ども5人が、みんな娘のため、誰が養子を取って岡倉家を継ぐかという話で、第一部の多くのエピソードが展開されていました。

いくら娘婿と養子縁組したって、しょせん別戸籍です。

「岡倉家を継いだ」ことにはならないのに、実態のない自己満足の極みだなあ、などと失笑しながら私は観ていました。

でも、まだそれが「大真面目」である方々もいらっしゃる、ということなんでしょうね。

誤解のないように一言しますと、これは、親族・姻族と他人行儀になれ、縁を切れ、と勧めているのではありません。

あくまでも現代は、個人の人生や家族の価値観が優先されるいい時代になった、という話なのです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(327)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 327

コメント 21

うつ夫

来年は「死後離婚」が流行語になったりして・・・
by うつ夫 (2016-12-26 00:14) 

yamatonosuke

コロッケはパンにサンドして食べるのが好きです。関西では大阪天満宮の中村屋のコロッケが有名です。
by yamatonosuke (2016-12-26 00:25) 

藤並 海

死後離婚とまではいかなくても
夫の死後に親戚関係を続ける義理はないと思います
○○家に嫁いだという感覚はもう古いでしょう
△△さんと結婚して自分たちの家庭を築いた
僕はそういう感覚でいてます

伯父や叔母で程よい距離感で気にかけてくれる方は
本当にありがたいと感謝していますが
年賀状だけのお付き合いみたいな親戚なんて
何かあった時にも頼れないし
最初からいないと思っていたほうが気が楽です
by 藤並 海 (2016-12-26 00:25) 

末尾ルコ(アルベール)

コロッケと言えば、子どもの頃は大御馳走の一つでしたね。しかし今はどうかと言うと、ややどこでもかしこでもコロッケ出回り過ぎの感が。ドーナツもそうですが、「取り敢えず、置いときゃいいや」という雰囲気のコロッケが散見される中、鎌倉コロッケのようにプライドを持って作られているものには頑張ってほしいですね。鎌倉コロッケのように裏ごししているものも美味しいですが、「じゃがいもゴロゴロ感」が強いのも好きです。  「死語離婚」の話題ですが、おっしゃる通り、「夫と同じ墓にだけは入りたくない」ほどであれば、生きてるうちに離婚すべきだと思います。そこまで嫌な人間と生活を共にしているというのは、「自分の心を殺している」のとほぼ同じではないかと。夫の親族との関係に関しては、「面倒をみたくなるような関係」が築けておれば面倒をみたらいいし、そうでなければ姻族関係終了届などもありでしょうね。一番大事なことは、夫婦であれ親子であれ、常に「いい関係」を築く努力をしていなければ、「いい関係」はできないということなのだと思っております。   RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2016-12-26 00:46) 

pandan

コロッケ大好きです〜
今日買って帰ろうかな。
by pandan (2016-12-26 05:56) 

そら

うちはどうなんだろう?
人ごとでは有りません。
by そら (2016-12-26 06:02) 

pn

金目鯛コロッケとかご当地名産入りなら言いやすいよね(笑)
by pn (2016-12-26 06:19) 

green_blue_sky

コロッケ、おしいものを食べると、最高です。
鎌倉コロッケ、買って食べなくては~
by green_blue_sky (2016-12-26 07:00) 

馬爺

なんだかはかないですね、別に跡を継いでもらわなくとも子供たちは自由にと思っております、我が家は離婚なんてありえません、コロッケそういえば最近食べていないですね。
by 馬爺 (2016-12-26 08:05) 

HIDEe

コロッケはシンプルな味付けが一番好きですね。
そのままでも、ソースをかけてもご飯に合いますし。
今日はちょうど母の命日ですが、義父は母との婚姻をさも黒歴史であるような言動をし、その恨みを私に対してブツけてきてるので、正直さっさと死後離婚してほしいなと思ってます。

by HIDEe (2016-12-26 08:57) 

扶侶夢

「死後離婚」のテーマに限らず、多くの問題が「古い制度からの呪縛」に囚われているように思えます。
過去にはそれなりに意義があったとしても、いつまでもそれによって新しく異なった価値観に目覚められなければ社会は腐ってゆくということを理解しなければ…ね。^^)
by 扶侶夢 (2016-12-26 09:45) 

追いかけっ子

裏ごしして味もついていて小さめなコロッケ。
何となく上品なイメージですね。
美味しそうな予感はしますが、コストパフォーマンス重視の
我が家としてはちょっと難しい1品ですね(^^;
by 追いかけっ子 (2016-12-26 12:11) 

Take-Zee

揚げたてアツアツのコロッケたまりませんね~!
小町通を齧りながら歩きます。

by Take-Zee (2016-12-26 13:56) 

poko

裏ごししてなめらかでクリームのようなコロッケを食べてみたいですね!
by poko (2016-12-26 14:56) 

yossy

鎌倉コロッケおいそうですね
自分はジャガイモくさいコロッケが好きなんですが
最近めっきりそういうのがなくなってお目にかかることが少なくなりました。
by yossy (2016-12-26 17:26) 

さゆりんご

ご無沙汰しました
コロッケ 定番コロッケも好きですが
私はカボチャコロッケが一番好きです♪
死後離婚
最近私は お墓やお寺の話題や病気の話題が増えました。
そんなお年頃です。
by さゆりんご (2016-12-26 18:00) 

kiki

『姻族関係終了届』とは初めて聞く言葉です。
知らないことがたくさんあります。
by kiki (2016-12-26 22:00) 

makkun

いっぷくさん!
こんばんわ~(*^-゚)v♪
決断に至るまで辛い事でしたが
諸事情で今日の更新でブログを休憩する事にしました。
若しかしたら何かの機会に
私の本当の事情をお話する機会が
あるかとも思いますが・・・・・・(笑)
数ケ月先に違い形で再出発をするかも知れませんが
その際にはまた宜しくお願い致しま~す。
風邪などに掛からぬようにして下さいね~


by makkun (2016-12-26 22:13) 

U3

 うちはある程度歳をとって夫婦仲が良くなったという感じです。お互いが思い遣りを持って配偶者と接すれば死後離婚などせずともと思います。ですがそれは人それぞれ他人がどうこういう問題ではないというのはいっぷくさんと同意見です。
 今年一年お世話になりました。コメントを頂きながらもお返事できなかったこと心苦しく思っております。いっぷくさんにとりまして来年も良い年であります様に。
by U3 (2016-12-27 09:52) 

伊閣蝶

「死後離婚」の話がクローズアップされて、私個人としてはなるほどなあと思います。
いっぷくさんのおっしゃる通り、人それぞれですし、夫婦の数だけ異なった事情もあるのでしょうから。
私の場合は、連れ合いを通じて新しい出会いがあったことを心の底から感謝しています。
結婚しなければ出会うことのなかった人たちと出会い、その人たちが私たちのことをとても大切にしてくださる(実際、たくさん助けてもらいました)。
そういうつながりを持てたことは、やはり結婚による喜びの一つだと思います。
これは決して「家制度」などでくくられるようなものではなく、もっと温かな思いやりに基づくもののような気がします。
by 伊閣蝶 (2016-12-27 17:33) 

Rinko

コロッケって、急に食べたくなる時があります。
あの熱々、サクサク感がいいですよね~^^
by Rinko (2016-12-27 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます