So-net無料ブログ作成

杵屋麦丸大森ベルポート店の自家讃岐製麺で年末のひととき

Youtuber

杵屋麦丸・大森ベルポート店(品川区南大井)に行ってきました。地元の方はお気づきと思いますが、杵屋麦丸がある住所は「品川区」南大井なのに、建物の「大森」というのは大田区です。しかし、。これは、「大森ベルポート」が区境にあるため、そのようにつけたのだと思います。



以前、大森にアサヒビールの大きな工場があり、屋上がビアガーデンだったので、そのうち行ってみたいと思っていたら、イトーヨーカドーになって行きそびれてしまった、という話を書きました。

イトーヨーカドー

リンガーハットの長崎ちゃんぽんを食べて大森ベルポートに

このイトーヨーカドーの前の道路が、大田区と品川区の区界になっています。

そして、イトーヨーカドーの対角線上、すなわち道路の反対の品川区側に、大森ベルポートという建物があります。

大森ベルポート

では、どうして「南大井」ではなく「大森」ベルポートと名付けたか。

たぶん、そこから徒歩3分で、JR線の大森駅があるからだと思います。

大森駅

ちなみに、ビルに入っている横浜銀行も、大森支店と名乗っています。

1階、2階はレストランがあり、その中の一つが杵屋麦丸です。

いつものように、私と妻と長男の“ランチ食べ隊”の3人で行ってきました。

大森ベルポート

店内はセルフの流れ作業で、注文⇒おぼんを持って移動⇒うどん受取り⇒天ぷら希望者は揚げたての天麩羅を選び⇒寿司希望者受取り⇒会計、という順番です。

以前、多摩川の『源八』というお店をご紹介しましたが、同じシステムでした。

源八

讃岐うどん 源八、神奈川県に最も近い東京大田区南端のうどん店

てんかすとネギもセルフです。

山盛りはお約束らしく、みんなうどんが見えなくなるほど入れていきます。

で、注文したのはぶっかけうどんと寿司5貫。基本メニューです。590円

ぶっかけうどんと寿司5貫

これに、天ぷらや様々なトッピングを加えたり、うどん玉を1.5玉にふやしたりします。

おろし醤油うどん1.5玉と寿司7貫。830円

おろし醤油うどん1.5玉と寿司7貫

うどんタレをかけて食べるそうです

おろし醤油うどん1.5玉と寿司7貫

釜玉うどん1.5玉と寿司7貫。830円

おろし醤油うどん1.5玉と寿司7貫

生卵を絡めていました。

うどん単品でもいいし、寿司はネタを別のお好みのものにチェンジできます。

食べ終わると、入り口とは別の出口から出ることになっています。

つまり一方通行を徹底しているお店です。

杵屋麦丸

安い値段で自家製麺のなかなかおもしろい店ですが、慣れないと戸惑うかもしれません

ちなみに、車で来られる場合、イトーヨーカドーが、2時間以内なら無料です。

近くには、鈴ヶ森刑場跡や

鈴ヶ森刑場跡
鈴ヶ森刑場跡(品川区)、大経寺境内にある東京都指定文化財

大森・美原通りなど旧東海道の史跡

大森・美原通りなど旧東海道の史跡
大森・美原通りなど旧東海道の史跡

しながわ水族館などがあります。

しながわ水族館
しながわ水族館(品川区勝島)水中ショー、イルカショー

惜しむらくは、杵屋麦丸ではそばを扱っていないので、年越しそばをここで、というわけにはいきません。

スポンサーリンク↓

年越しそばか、うどんか


と書いたところで、気が付きました。

年越しそばではなく、うどんを食べる地域もあるそうですね。
讃岐、水沢、稲庭など、うどんが名産の地域では、年越しにうどんを食べる習慣があったといわれています。因みに、讃岐は香川県、水沢は群馬県、稲庭は秋田県と、偏った地域性ではなく、全国の小麦粉の産地で年越しうどんを食べることが多いようです。http://atsushino1.com/4426.html

そもそも最近は、大晦日だからと言って、そうした縁起を担がない人も増えてきたと聞きます。

みなさんのお宅では、年越しそばですか、うどんですか、それとも別のものですか。

讃岐 うどん 200g×12袋 -
讃岐 うどん 200g×12袋 -
スポンサードリンク↓



nice!(258)  コメント(25)  [編集]

nice! 258

コメント 25

kiyokiyo

いっぷくさん
こんばんは!^^
年越しそばの代わりに、うどんを食べる地域があるんですね。
そういえば、最近は年越しラーメンなんて方もいるそうですからね^^
僕は麺類が好きなので、けっこう頻繁に食べています。
品川には仕事で時々行くので、今日の画像はすぐわかりました^^
by kiyokiyo (2017-12-29 23:30) 

ゆりあ

おうどん、コシがあって美味しそうですね^^
でも、家族で出かける時はたいていお蕎麦になってしまいます^^;
ですから、年越しも必ず蕎麦です^^;
by ゆりあ (2017-12-29 23:32) 

ナベちはる

コシのあるうどんにお寿司が7貫。食べごたえがありますね!!

値段もお手頃なので、一度食べてみたいです。
by ナベちはる (2017-12-30 00:22) 

末尾ルコ(アルベール)

杵屋麦丸大森ベルポート店の自家讃岐製麺で年末のひととき・・・“ランチ食べ隊”←これは素敵な「隊」ですね!わたしも「隊」、作ろうかな~(笑)。そしてぶっかけうどん、大好きです。お寿司も食べられてこのお値段はお得ですね。もっともわたしの場合は、冬場はどうしても鍋焼きなどが中心となります。

年越しそばか、うどんか・・・わたしはまったく縁起はかつぎませんが、大晦日はそばを食べます。どこかしっくり来ますね、やはり大晦日にそばを食べると。と言っても、スーパーで売っているゆでそばと、安上がりうどんスープなどで作りますが、それで十分です。普段うどんをよく食べるので、そばで特別感が出るというのもあります。

わたしの場合、一度もスマホを持ったことありません(笑)。現在使っているガラケーが少なくとも15年以上、これがなかなか頑丈で、壊れたらスマホにしようかなとは思っているのですが、何度も硬い床に落ちているのにしっかり機能し続けております。そのガラケーはネットには繋がるのですが、ほとんどのサイトには繋がりません(笑)。原則、「使えるものは使い続ける」がポリシーです。危険なエンスト連発の日産マーチを使い続けていたのは経済的理由によるものでしたが。
まあそれと、スマホなんてあってもなくても本当は同じなのですよね。どこかに手間や時間が多少変化するくらいで。ところがスマホ中毒になると、下手をすれば人生を狂わせてしまいますから、そちらの方がずっと要注意だと思います。LINEなんかその最たるものですよね。
炎上芸は様々なリスクも伴うものですね。ここ1~2年の炎上芸で、と言ってもその芸を連発している人たちを細かくチェックしているわけではありませんが(笑)、「マジョリティの立場から、マイノリティを愚弄する内容」が、わたしの気が付く範囲では目立ちました。そういうのはホント、ネット民の罵詈雑言と実質的に変わらず、しかし炎上芸を得意とする人たちの書くものはかなりの人たちに読まれている上に、しかも彼らはそれで金儲けをしているのだから、罪は重いと思います。
リスクの件は、「あるリスクに囚われ過ぎると、全体性を見失い、思ってもいなかったリスクに足をすくわれる」ことは往々にしてあり得ると考えています。常に俯瞰で全体を見つつ、デリケートな部分は徹底的にデリケートにすると、なかなか難しいのですが、わたしの思う一つの心理的理想の境地です。

>お膝元のSo-netでの反応

いや~、そんなことはないと思いますし、ファンも多いと思うのですが、確かに「頭がお固い」方々もけっこう存在しますね。それとわたし、粘着質の方は苦手です。わたしがブログカテゴリーを「アート」にしていて、数年間カテゴリー1位だった時期、おそらく「写真」も「絵」も掲載しない「言葉だけ」のブログなのにと反発を喰った可能性大ですが、わたしをシカトしようとしてくださった(笑)方々も少なからずおりました。わたしの文章自体も、自分としてはかなり抑え、神経を使いながら書いているつもりなのですが、この内容でも(何書いてるんだ!)と憤慨する方もいるのだと思います。ま、それ以前に、「よく分からない」という人が多いのかもしれませんが(笑)。でも「ソネブロ村」の外の方が重要ですから、まあこれはこれでいいのだと思います。

>先行者利益といいますか

これは特にネットの世界では極めて顕著ですね。大きなアクセスを集めているブロガーの人たちも同様だし、かなり「先にやった者勝ち」という様相です。

>バカッターなどといわれる変な使い方

どうしてもこのような手合いが出てきますね。それと、ネットの世界はいっぷく様もおっしゃるように、「広げていく」おもしろさが醍醐味なのに、ブログでもSNSでも「すぐに閉じて、その中でぬるぬると居心地よく過ごそう」としているのが見え見えの人たちもいて、そういうタイプともお近づきにならないようにしております(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-30 00:41) 

yamatonosuke

昨年の夏に大森駅に行きましたが変わってませんね。
懐かしい〜

今年もお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
では良いお年を^_^
by yamatonosuke (2017-12-30 00:48) 

タンタン

おはようございます。
大晦日は蕎麦ですね。
by タンタン (2017-12-30 06:16) 

pn

トッピングが美味そうに見えるんだよねー、で、ついあれもこれもと。かえって高くなりそうで怖い(笑)
by pn (2017-12-30 06:19) 

土芽

おうどんを久しく食べていないことに気が付き
食べたくなりました。
by 土芽 (2017-12-30 06:53) 

kou

大森のイトーヨーカドーは近所だったのでよく行ってました。懐かしいです。
明日は、キス天で年越し蕎麦かな。
by kou (2017-12-30 07:16) 

furitann

 アサヒビール時代には地下にビヤレストランがありそちらには行った事があります。ヨーカドーの駐車場は本当に有り難いですね、私は車を停めてむかいのやまやで買い物をしています、なるべくヨーカドーでも買い物する様にしていますが。
by furitann (2017-12-30 10:08) 

kiki

年越しそばは、年を越す時に食べたい夫です。
18時の夕食後23時半頃からそばの準備、夜遅くにエビを揚げるのは辛い(笑)でも、揚げたてが食べたいのは自分、仕方ない。
面倒なこれを45年続けてきましたが、
今年は夕食に年越しそばを食べることに決まりました(笑)
by kiki (2017-12-30 10:54) 

johncomeback

ちゃんぽんと言えば長崎ですが、
長崎の人も「リンガーハット」で
食べるってTVでやってました。

by johncomeback (2017-12-30 11:05) 

猫またぎ

俺は北海道生まれなので
田舎では年越しは蕎麦ですね
地方によって色々特色があるので
その地方のを食べるのがベストと思います。
by 猫またぎ (2017-12-30 11:43) 

みな

私は大阪なので多分、うどんを食べる地域ではないと思うのだけれど毎年大晦日にうどんを食べてます。
元々ゲン担ぎなどそういった類のものを重視する家ではないからか気にしてません。
by みな (2017-12-30 12:58) 

Take-Zee

こんにちは!
我が家では22時ころ、天ぷらソバとなって
います。 一気に10人分作る家内は大変です。
 今年もお付き合いありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
佳いお年をお迎えくださいね!!
by Take-Zee (2017-12-30 15:45) 

チャー

年越し蕎麦
家庭によって 味も 具材も違いますね
我が家は 翌日の お雑煮のつゆにもなるように
沢山作ります ほうれん草 鶏肉 大根 などなどです

うどん美味しそうですねぇー(^^)
by チャー (2017-12-30 17:33) 

ヨッシーパパ

両親の実家のあった岐阜県は、蕎麦ですね。
by ヨッシーパパ (2017-12-30 18:47) 

ヤマカゼ

年越しはいつも近所の蕎麦屋さんの売り子さんの声につられてパック蕎麦ですませてます。うどんでもいいですね。
会社に名古屋出身の社員がいて、関西では離乳食はうどんが一般とききびっくりしたことがあります。
6年ほど前に滋賀に2年ほど出張して以来、お雑煮も自分で作るときは、白みそ仕立てになってしまいました。
by ヤマカゼ (2017-12-30 19:17) 

えんや

いつも勉強させて貰っています。
来年もよろしきお願い致します。

by えんや (2017-12-30 20:51) 

そらへい

我が家は年越しそばですね。
妻はうどんでも良いと言うか
うどんの方が良さそうですが
私がこだわっています。
こんな時でないとそばを食べる機会がありません。
by そらへい (2017-12-30 21:29) 

nikki

南大井より大森のほうがブランドがいいのでしょうね。
千葉にあるのに東京ディズニーランドと言っているようなもの?

自分は、年越しそばですね。

by nikki (2017-12-30 22:06) 

gardenwalker

こんばんは
大晦日は何も疑問も持たず
ウン十年蕎麦を食べています
うどん美味しそうです^^
by gardenwalker (2017-12-30 22:07) 

うつ夫

山手線外にこんな立派なビルがあるとは。
by うつ夫 (2017-12-31 02:56) 

Mrブラックアウト

1年間何かとお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

by Mrブラックアウト (2017-12-31 20:08) 

okina-01

新春のお喜びを申し上げます・・・
訪問、nice!&コメント有難う御座います。
旧年中は、拙いブログにお立寄り頂き有難う御座いました。
本年も相変わり無くお付き合いの程・お願い致します。
by okina-01 (2018-01-02 17:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます