So-net無料ブログ作成

砧公園は今日も雨だった、明日は秋のバラを観る会

砧公園

砧公園(きぬたこうえん=東京都世田谷区砧)に行ってきました。戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていましたが、現在の公園として開園したのは1957年です。391,777.35平方メートルが、一部の運動施設区域をのぞくと、芝生と樹木で構成されたファミリーパークになっています。



東京世田谷区にある砧公園です。



ブログ記事は撮って出しをモットーとする私ですが、以下の画像は先週のもので撮って出しではありません。

そろそろ咲いてもいいはずの金木犀が咲いておらず、紅葉もまだで、中途半端なときに行ってしまったため、記事にしようかどうしようか迷い、今日まで寝せておりました。

砧公園は、行けども行けども、芝生と樹木だけです。

砧公園

しかも適度に坂道まで。

さすが、元ゴルフ場だけのことはあります。

ヒマラヤスギという木の松ぼっくりは、小玉スイカぐらいありました。

砧公園

こんなのがおっこってきたら、南の島の椰子の実並みの衝撃ではないかとも思いましたが、松ぼっくりだから軽いんでしょうね。でも頭の上に落ちてきたら困ります

ごく一部、サッカー場と遊具の置いてあるアスレチック広場がありますが、

砧公園

それ以外に芝生ではない所は、公園西部にある吊橋だけです。

砧公園

砧公園

ここは、しっかり作っているように見えますが、揺れるので怖かったです(汗)

砧公園

さて、砧公園では、明日22日13時~15時(雨天中止)に、秋のバラを観る会が、アスレチック広場東側バラ園で行われます。

砧公園

砧公園

雨天中止なので、明日はむずかしいかもしれません。

関心のある方は、お問い合わせ下さい。

★お問い合わせ
TEL 03-3700-0414
砧公園サービスセンター
〒157-0075
世田谷区砧公園1-1

東京23区にも、特に面積の広い新興住宅地の世田谷はこういうところがあります。

たとえば、近くには等々力渓谷というスポットもあります。

環状八号線の下を通っている、谷沢川に沿って700メートルほど続く緑に囲まれた、夏でも涼しい川沿いの遊歩道です。

等々力渓谷の上は環八
等々力渓谷公園、駐車場を閉鎖された時は困りましたけどね

1985年までは、四谷軒牧場という牧場もあり、今も牛魂碑が残っています。

牧場の跡地はファミレスができて、私が妻と最初に食事をしたところなので、個人的にも気になる場所ですが、今はマンションになっているようです。

近いうちに、そちらも訪問したいと思います。

スポンサーリンク↓

変身人間シリーズの常連・白川由美


砧緑地公園を少し西に歩くと、東宝スタジオ、かつての東宝映画撮影所があります。

ということで、今日が誕生日で、東宝映画で活躍した女優・白川由美(1936年10月21日~ 2016年6月14日)を思い出します。

白川由美
Google検索画面より

東宝映画の好きな私が思い出すのは、やはり変身人間シリーズです。

妖星ゴラス・タイトル
『妖星ゴラス』池部良、上原謙、白川由美、水野久美、志村喬

電送人間タイトル
『電送人間』鶴田浩二、平田昭彦、軍国キャバレーも登場

美女と液体人間・タイトル
『美女と液体人間』白川由美と平田昭彦、佐原健二、佐藤充

白川由美は常連で、必ず下着姿のシーンが出てきました。

昭和30年代ですから、なかなか刺激的なシーンだったと思います。

『水戸黄門』における、由美かおるの入浴シーンのようなものでしょうか。

タッパもあり、そういう役も絵になったんでしょうね。

亡くなった時は、元婿だった郷ひろみが弔問に来ないことで話題になりました。

郷ひろみ、白川由美さん葬儀不参列で考える元義親の見送り方

少なくとも白川由美は郷ひろみの理解者だった。郷ひろみは確執があったと言われる二谷英明の葬儀には出席したのに、なぜ白川由美の葬儀にはこないのか、という話です。

「離婚した配偶者の親の葬儀に出るべきか」というのは、一般の人でも自分のこととしてあてはまる人がいると思うので、たんなる芸能ゴシップ以上の切実さがあったのでしょう。

まあ私の場合、血縁の親類でも葬儀に出る気のない人が結構いる複雑な人間関係にあるので(笑)、人には事情がある、当事者の問題だからほっとけよ、という意見ですけどね。

変身人間シリーズは、東宝が製作した、科学技術によって変質、変形あるいは特殊能力を手に入れた人間が登場する特撮映画の総称(wiki)であり、科学技術発展の方向性をその時代なりに心配した社会風刺的な側面があり、今見ても面白いので、鑑賞をお勧めします。

美女と液体人間  [東宝DVD名作セレクション] -
美女と液体人間 [東宝DVD名作セレクション] -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(256)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 256

コメント 16

pn

こここんな広かったんだ!かなり前仕事でこのそば行ったけどサボろうかどうしようか迷ったんだけど入ってたらサボりどころではなかったな、半日以上使いそう(笑)
by pn (2017-10-21 23:29) 

末尾ルコ(アルベール)

砧公園・・・高知もずっと雨でございます。もううんざりでございます(とほほ)。
東京の「公園文化」はいつも羨ましく感じています。東京の場合、公園が寛ぎの場、散策の場、自然と触れ合う場、そして文化の根幹を育む場の一つであると感じます。わたしはつい高知には厳しくなりますが(笑 愛憎半ばと言うよりもさらに激烈な感情が・・・)、公園文化は実質存在せず、自然は確かに豊富ですが、それは必ずしも多くの県民に愛されているとは思えないのです。
それにしても、松ぼっくりは大きいですね。松ぼっくりとか団栗とか、そんな感覚ももっと取り戻したいものです。
薔薇はもちろん大好きで、わたしは以前、けっこう長期間、フラワーデザイン講座を受けておりまして、当時は薔薇のさばき方も手慣れたものでした。もう忘れてしまいましたが(笑)。

『変身人間』シリーズのタイトルを見ただけで、気持ちが上がりますね!しかもキャストが豪華ですし。特に『妖星ゴラス』の、池部良、上原謙、白川由美、水野久美、志村喬は素晴らしいですね。池部良、邦画史でも屈指のカッコいい俳優だと思います。

>必ず下着姿のシーンが出てきました。

これは極めて重要な要素ですね(笑)。
『美女と液体人間』とか、タイトルだけでも気持ちが解放されます(笑)。これ、特に近々観たい気分です。江戸川乱歩もかくやと言いたくなるような、素晴らしいタイトルです。今の邦画界には、『美女と液体人間』的感性が喪失しております!

山田姉妹・・・落ち着いた佇まいで、「ミス鎌倉」経験のある令嬢風の華の髪をなぜかいつも「食べる」と言い、しかも『金八先生』出演経験もある麗という、双子でありながら見事に対照的な性格の二人が絶妙のバランスを醸し出しています。
テレビ出演の時なども、ゆったりと構える姉に対して、常にキョロキョロしてしまう妹の姿に、わたしの口元も緩みっぱなしです。
「超いいね」・・・有難うございます!
わたしも山田姉妹のごとく、首は常に温めております。

高知も雨ばかりですが、湿度が高いときは凄かったので、その時期と比較すると乾燥しています。しかしそもそもわたしは敏感肌なのかもしれません。2年ほど前から体が鈍っていたというのもあり、現在本格的に鍛え直しております。実はヒンズースクワット、現在でもけっこうやってます(笑)。

プチ睡眠、いいですね。わたしもぜひ取り入れてみます。まとまって7時間も8時間も眠れるにこしたことないですが、毎日やっていることの進行状況の都合などで、どうしてもぶつ切りの睡眠になってしまいまして、仮眠は重要な時間と位置付けております。しかしいっぷく様のように、数分でもOKの「プチ寝」を取り入れることで、心理的にも心理的にも楽になれそうな気がします。(ここで1時間半は仮眠を~)とか力んだら、逆にすぐ眠れないことがしばしばです(笑)。

『太陽にほえろ!』は確かに、末期はほとんど意味不明でした(笑)。どこまで引っ張るかというのは難しいのでしょうね。しかしショーケンと優作の殉職シーンは今でも語り継がれるテレビドラマの名場面でしたが、渡辺徹のプロレスでも見られないような流血ドバ―!は、まあある意味珍場面として語り継がれているのかもしれませんが、(ここは笑わなきゃならないのか?)と首を捻らざるを得ませんでした。まあ、笑いましたけど(笑)。

又野誠治のお話で思い出したんですが、松田優作に目をかけられていた古尾谷雅人も自殺しておりますね。自殺の理由はひとそれぞれでしょうが、これはちょっと不思議な感はあります。  RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-22 00:02) 

ナベちはる

>こんなのがおっこってきたら、南の島の椰子の実並みの衝撃ではないかとも思いましたが、松ぼっくりだから軽いんでしょうね。

サイズだけ見ると、相当な大きさですね。
松ぼっくりで良かったと思いました。
by ナベちはる (2017-10-22 00:33) 

ゆうのすけ

都内は意外と公営の緑地が多いんですよね。
砧公園 等々力渓谷や緑地は 行ってみたいと思いながら
あまりに遠すぎて千葉に住んでいる私は なかなか行くことも
無いんですが・・・お弁当を持ってピクニックがてら いつか出かけてみたいです。^^
道路や賑やかな街並みの喧騒を忘れることが出来る場所が
沢山あることは羨ましいですね。^^☆
砧公園の西のはずれの首都高3号線を渡った界隈には ニューミュージック界の女王Yさんの御自宅もあるんですよね。♫~
by ゆうのすけ (2017-10-22 01:48) 

斗夢

白川由美さんは東京都出身ということですが、山形県米沢市に
関係あるように記憶していました。疎開していたのか親戚が
あったのか。

by 斗夢 (2017-10-22 05:12) 

土芽

小玉スイカぐらいある松ぼっくりが気になります。
by 土芽 (2017-10-22 06:35) 

チャー

昔の映画のポスターって 迫力がありますね
手書きの味がたっぷり (^^)
by チャー (2017-10-22 08:07) 

Take-Zee

こんにちは!
本社(八丁堀)に通勤していたころ・・
この公園に隣接する世田谷美術館に”世田谷ワイン”を
よく飲みに行きました。 (女子同伴です)

by Take-Zee (2017-10-22 08:37) 

nikki

5月にいってきた一般公開のNHK技術研究所南側にある大きな公園ですね。
雨天中止なら残念です。

砧はまだドラマスタジオがありますよね。
むかしのタイトルはストレートなものがおおい。
by nikki (2017-10-22 09:31) 

su-nya

たっぱがある、という言葉の意味がわからず
調べました。
by su-nya (2017-10-22 10:44) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>たっぱがある、という言葉の意味がわからず
>調べました。
>by su-nya (2017-10-22 10:44)

失礼いたしました。
身長が高いという意味で、当たり前のように
使っていたので意識せず書いてしまいました。
by いっぷく (2017-10-22 11:05) 

johncomeback

いつも拙ブログへコメントありがとうございます。
多賀城駅前の「日本酒まつり」で丼のように見えてる
のは、近くのコンビニで調達した「おでん」です(^-^)
by johncomeback (2017-10-22 11:25) 

えんや

こちらでは金モクセイ、銀モクセイが咲き香っていますよ。
ヒマラヤ杉に実がなるんですね、
これからは注意して見ます。
by えんや (2017-10-22 14:06) 

makkun

とっても懐かしい公園~
SAKURA系の現像所時代に
砧公園界隈を良く車で走ってたのですが
夏場の昼寝の場所として利用してました(笑)

by makkun (2017-10-22 14:08) 

えくりぷす

砧公園は、世田谷美術館に時々行きました。
こちらに所蔵しているルソーの絵が目当てです。
by えくりぷす (2017-10-23 19:57) 

ともち

砧公園、懐かしいです。
東京に住んでいた時、車で10~15分の距離でした。
旦那さんがここの屋内プールが好きで、よく行ってました。
by ともち (2017-10-24 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます