So-net無料ブログ作成

堀江貴文氏を「心がない」?本当に困った人はそれどころではない!

堀江貴文氏を「心がない」

堀江貴文氏の発言が、松本人志に「心がない」と切り捨てられ、著名人の震災に関する支援や発言を叩きまくる一部大衆に大ウケです。しかし、本当にそうでしょうか。熊本地震ですべてを失った人にとって、松本人志のいう「心」はそれほど意味のあるものでしょうか。



熊本・大分の地震があったので、バラエティ番組を自粛すべきかどうか、というのが論点です。

今回も、ライブドアニュース風に、ポイント3点で概要をご紹介します。

松本人志が堀江貴文氏を「心がない」と批判したことの賛否両論

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏は、震災によって「番組自粛して工夫しようとするのはあまりにも当然!」と、教育者らしくない出鱈目な文法の日本語で自粛に賛成した。

一方、堀江貴文氏は、「熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、バラエティ番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為」とし、「俺たち地震の被害を受けてないものは出来るだけ普段通りの生活をしながら無理せず被災者支援を行うのが災害時の対応だろう」と主張。

松本人志は、「堀江さんはいつもそんなに間違った事は言ってないと思うけど」と一定の支持を見せつつも、「この人の言葉にはいつも心がない」とコメントし、武田鉄矢も同調した。

という経緯です。

ネットでは、にわか「震災評論家」「支援評論家」たちが、例によって、松本人志や堀江貴文氏の好き嫌いを絡めた賛否の書き込みを展開しました。

私は、松本人志も、堀江貴文氏も、別に好きでも嫌いでもありませんが、いずれにしても好き嫌いではなく、あくまで発言の内容のみで判断したいと思います。

結論から述べると、私は堀江貴文氏の言うことを支持します。

そして、松本人志の「心」云々は争点に無関係という意味で支持しない。

ついでに、尾木直樹氏は、タレント扱いで舞い上がっているのか、知りもしないことに首を突っ込みすぎです。

スポンサードリンク↓

地震の被害も日常の事故も命を失うことでは同じだろう


自分が、家族を失うか、もしくは重篤な状態で病院送りされ、家まで失ったらどうなるか、という想像力をはたらかせればわかるはずですが、

本当に困っている人々にとって、バラエティー番組を放送するか自粛するかなど、どーーーでもいいことです。

なぜなら、当事者はそんなものに気をとられている余裕はないからです。

妻子が意識不明の重体となり、一文無しになった私は、5年前に経験済みだからわかります。

バラエティーが放送されている事実すら確認したくない人は、最初からテレビは見ません。

尾木直樹氏や、松本人志や武田鉄矢は、いったい誰の代弁者のつもりかわかりませんが、その「心」は自分の美学や主観に過ぎません。

そうした「心」を持つことは否定するものではありませんが、他人がその価値観に共鳴しないからといって、その人には「心がない」なんて、何とも思い上がった人だなあと私は思います。

ちょっと考えてください。

熊本地震の死者は地震発生して1週間で合計48人(22日現在)

日本の年間死者総数は1,245,000人(平成24年推計)

日本の自殺者、オフィシャルには24,025人(平成27年度)

うち、経済・生活・勤務等社会的な要因が理由と推認できるケースが6,241人

交通事故死者数が4,113人(平成26年度)

殺人事件の被害者(つまり他殺者)数が383人(平成24年度)

住宅火災の死者数が1,006人(平成26年度)

つまり、天災・人災等で「命を奪われた」人は年間約12,000人

それを1日平均にすると32.9人。1週間なら230人という計算です。

それは平均ですから、我が国は1年中、今日も明日も、今週も来週も、そのような状態にあるのです。

では、タレントはそうした「通年の不幸」に何か支援しているでしょうか。

メディアや大衆は、何か通年で自粛しているのでしょうか。

日々のんべんだらりと過ごしているくせに、こんなときだけしめやかにして、他者の不謹慎のレッテル貼りに熱中する。

そして来年以降、年に1度、地震があった日だけ、「私はあの日を忘れない」などと、急におセンチになる自分て何て素敵なのと自己満足(笑)

ジョーダンじゃないです。

怒り.jpg

人の命に貴賎はありません。

どこの誰が、熊本地震で亡くなろうが、東京の交通事故で亡くなろうが、死亡は死亡。

1人死亡した事故より、48人死亡した事故のほうが「48倍重い」わけではありません。

1人死亡した事故が48件あったという解釈をすべきでしょう。

1世帯が家を失った事故より、48世帯家を失った事故のほうが「48倍重い」わけでもありません。

家を失った事故が48件あったという解釈をすべきでしょう。

地震による倒壊は、たしかに打撃です。

土地の人のこだわりや喪失感は否定しません。

しかし、万単位の自殺者は、もう何年も続いている全国的な社会的病理です。

松本人志の「心」とやらは、そこに1度でも言及したことがあるのか。

えげつない番組が、青少年に悪影響を与えるといわれても、「そんなの無関係」と居直ってきた俗悪番組タレントに、その配慮なんかあるわけがないでしょう。

もちろん、バラエティー番組の内容にもよりますけどね。

以前、爆弾事件が起こったばかりだから、『新幹線大爆破』のテレビ放送を延期したことがありましたが、それは放送する側の裁量としてあっていいと思います。

でも、「普段通り」のバラエティー番組なら、そんなに気を使う必要はあるのでしょうか。

気を使うのだったら、そのようなバラエティー番組は、そもそも普段から放送などしないでもらいたいですね。

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

  • 作者: 堀江貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(320)  コメント(10)  [編集]

nice! 320

コメント 10

toshi

私も被災者に対して支援をすべきだが
その他のことまで自粛する必要はないと思います。
by toshi (2016-04-25 05:12) 

pn

やっぱ尾木ママの文って変ですよね?
by pn (2016-04-25 06:26) 

Take-Zee

おはようございます!
東日本大震災のときの自粛を思い出されます。
CMも番組も電気も自粛ムードでしたね。
 同じ震度7なのに・・対応が違いますね。


by Take-Zee (2016-04-25 06:52) 

promethe

おはようございます。
大分在住です。
被害はありませんでしたが、結構揺れました。

大きな自然災害には長期的な支援が必要です。
それを成すためには経済活動が良好でなければなりません。
バラエティー番組などは本当にどーでもいいのですが、
イベント等をいたずらに自粛することは、
良好な経済活動に少なからずよくない影響を与えます。
それを考えれば、
僕らはまだびくびくしながら日々を過ごしていますが、
その他の地域の方々には極力普通に暮らして頂きたいのです。
そうしてこそ、程良い支援が考えられるのだと思います。
それでも何か後ろめたい気持ちを感じるのなら、
『プラス100円運動』を勧めます。
例えば歓送迎会。
会費とは別に100円を徴収してそれを義援金に回す。
二次会、三次会でもそれぞれ徴収する。
缶コーヒー一本にも満たない金額ですから、
実体経済に悪影響を与えずに支援が出来ます。
徒に『自粛、自粛』と言うよりも余程建設的だと思います。

長文、失礼しました。
by promethe (2016-04-25 07:00) 

tommy88

テレビは基本的に録画でしか見ません。バカどもの大騒ぎを見ることはありません。地震の第一報は、テレビをつけて暫くは見ます。それ以降、分析のありそうなものも録画して見ます。同じフイルムを何度も繰り返し流すしか映像を持たない報道番組。底の知れた報道、お涙頂戴の編集報道。知りたいのは、本当のことだから、飛ばす権利を持つ録画でしか見ません。そうやって、イライラを軽減させています。

オネェでもないのにオネェ言葉を使う偽善者が尾木ママです。彼はバラエティー向けのお笑い芸人だと思います。法政大学だから彼も授業させて貰えるのだと思います。夜行バスで法大生が亡くなった時、えらい文句言ってました。しかし、法政大学水泳部合宿所で大麻所持の法大生が逮捕された事件、自身の勤める大学敷地内で、大学生が大麻所持で逮捕されたのは、3週間あまり前だと思いますが、彼は何のコメントも出さない。真の教育者なら、この蔓延するドラッグに、警告を発するべきでした。また、サンデーモーニングに法政大学の総長が、着物を着てレギュラー出演されていますが、この大麻所持逮捕後の2週間、出演しておりませんでした。報道番組を模してはいますが、ニュース構成が毎日新聞寄りですから、もちろん、法大総長に配慮したり、張本に便宜を図ったり、当たり前のことです。朝日と共に偏りを持つ毎日ですから。

基本的に、裏表のあるテレビですから、選択権を持つために、切り捨てる権利を持つために、録画でしか見ないわけです。また、ワイドなショーも録画で見ましたが、ダウンタウンの松本さんは攻撃でも押しつけでもなく、遠慮しながら個人的感想を出しつつ、被災地への配慮を意識していたと思います。その配慮を意識しすぎていたのは武田鉄矢だと思います。

世の中に教育評論家ほど、低レベルな、えげつない連中はいないと思います。まあ、この国の教育行政のトップが、元レスラーだということを考えれば、仕方がないかも知れません。

遠い国の戦災で家も国も捨て、密入国するために地中海を渡り、何百人も難民が溺れ死んでいても、難民を受け入れるために何かをするわけでもなく、放送が自粛されることはありません。遠い国のことは関係ないのでしょう。そういう前提で、ホリエモンが言うことに、逆説を見ることが出来ると思います。

by tommy88 (2016-04-25 07:52) 

ponnta1351

たまにコメントをしたいと思う時がありましたが、今日は空いていたので今回の記事に大賛同で書かせて貰います。

正に私が思っている通りで書いて頂き有難うって感じです。
「心」なんて聞き心地の良い言葉をやたらと発して貰いたくないですよ。皆、上っ面で自分のことしか考えていないんですね。
TVのひな壇に並んでいるヤツはオールロクでもない者達で、大口開けて笑っているのをを見るとぞっとします。
 偉そうなナニナニ評論家と言われる輩達もくだらないTVが
無かったらそれこそおマンマの食い上げでしょうに。

この日本も低俗化しましたね。
by ponnta1351 (2016-04-25 11:55) 

長友

同感です。
by 長友 (2016-04-25 16:55) 

みつ

ぐぅの音も出ぬほど正論だと思います。


by みつ (2016-04-25 20:02) 

jane

よくぞおっしゃってくださいました。
もっと声を大きくしていただきたい。
Tommy88さんのコメントにも心底脱帽。

by jane (2016-04-27 20:39) 

昆野誠吾

いつも思います。
こうしてきちっと文章で表現でき
自分が思っていることが発信されている。
「そうそう!」って溜飲がさがる?ような^^;
by 昆野誠吾 (2016-04-28 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます