So-net無料ブログ作成

村野武範のがん報道で考えた2つの準備と『飛び出せ!青春』

村野武範

今日は、久しぶりに「村野武範」というトピックのタイトルを見かけたので、なんだろうと思ったところ……何とステージ4の中咽頭がんを治療していたという話でした。私の子供の頃の青春スターだった人が、そのような経験をするのは時の移ろいを感じます。



村野武範が一昨年の5月、首の小豆大のしこりに気づき診察を受けたところ「風邪」といわれたが、別の病院で診察を受けたら「ステージ4で余命いくばくもない」中咽頭がんと診断され、陽子線治療で復帰した、という話です。

「一度は風邪と診断」村野武範、がん治療告白

このニュース、考えさせられたことが2点です。

1.セカンドオピニオンの大切さ
2.治療を諦めないこと

しこりがあるのに、何の検査もしないという最初の診察は疑問と戦慄ものですが、医師も人間ですから、そういうこともあるかもしれません。

問診で、自覚症状がうまく伝わらなかったのかもしれません。

納得いかないことがあったら、後悔しないよう納得いくまで調べる、というのは大切だと思いました。

私がよく聞くのは、セカンドオピニオンは同じ科の医師にしないこと

診断の確認だけでなく、治療方法の選択肢も調べるためです。

たとえば、最初内科医に診てもらったら、次は放射線医にするとか、別角度からの治療があることを知っておくのです。

そして、治療を諦めないこと。

ピンピンコロリなんていいますが、実際にそのような人生の終わり方をする人は、まずいません。

たとえ高齢でも、重篤な病気になれば、姑息治療や対処療法も含めて、何らかの処置は受けるはずです。

ただ、問題は、

どうすればそうした医師の診察や高度先進医療をうけることが出来るの?

ということですね。

私の場合は、というか火災で意識障害になった私の長男の場合は、通常の病気や怪我と違い情報が少なかったので、ネットに出ている「遷延性意識障害からの回復例」という報告にある全国の医師に、片っ端から治療をお願いしまくりました。

それだけでなく、関連書籍を出している著者にも連絡を取りました。

長男が入院している病院の、ソーシャルワーカーに間に入ってもらったこともありました。

その結果、おかげさまで、その世界では第一人者といわれている、医師や看護学者のアドバイスや診察を受けることができました。

ただ、私のとった行動は、セールスで言えば飛び込みドブ板営業と同じですから、同じことをしたからといって、必ずしも適切な施術者と出会えるとは限りません。

やはり、日頃から人脈とか情報ネットワークを持っている人にはかなわないですよ!

打算的に聞こえるかもしれませんが、どうせ人付き合いをするなら、そういうことも意識した方がいいんだろうなあと思いました。

みなさんは、いざというときのネットワーク、ありますか。

スポンサーリンク↓

時は移ろう


村野武範というと、私はやはり青春学園ドラマの『飛び出せ!青春』(1972年2月20日~1973年2月18日、東宝/日本テレビ)の河野先生を思い出します。

飛び出せ!青春

飛び出せ!青春
『飛び出せ!青春』より

1965年~1981年まで、主役の先生と設定を変えて続いた、日本テレビの青春学園ドラマの中でも、最高傑作といわれている作品です。

脚本は鎌田敏夫でした。

私の学園生活とリンクしたのは、最後の方の中村雅俊が主演だった頃ですが、『飛び出せ!青春』は子供の頃見ていても面白かったですね。

青い三角定規のテーマソングや劇中歌も良かった!

青い三角定規.jpg

石橋正次、頭師佳孝、保積ペペ、剛たつひと、森川正太、火野正平、水谷豊……

生徒役が、子役出身で出来上がった人ばかりで、みんなで無名の村野武範を支えている感じでした。

村野武範もそう思ったか、人とのつながりを大切にし、別のドラマで若い俳優を探していた岡田晋吉プロデューサーに、文学座研究生後輩の松田優作を推薦。

そして、松田優作は一期後輩の中村雅俊を推薦し、以後宮内淳、山下真司、渡辺徹、又野誠治など、青春学園ドラマや刑事ドラマ『太陽にほえろ!』などの日本テレビのドラマに、文学座の若手が続けざまに出演のチャンスを獲得しました。

村野武範は、本名を三浦というのですが、もともと戸籍は村野だったのに、配偶者の名字を名乗ったんですね。

理由は、配偶者の両親が、三浦姓を名乗ったら家を建ててくれると約束したからとか(笑)

公務員官舎で育ち、自分は食えない新劇役者の村野武範にとって、家が魅力だったそうです。

個人的な好みですが、実利的な理由の前には、旧弊な家制度も気にしない村野武範にはシンパシーを感じました(笑)

村野武範には、これからも元気で頑張っていただきたいですね。

名作ドラマBDシリーズ 飛び出せ!  青春 Blu-ray-BOX(5枚組 全43話収録) -
名作ドラマBDシリーズ 飛び出せ! 青春 Blu-ray-BOX(5枚組 全43話収録) -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(273)  コメント(20)  [編集]
共通テーマ:芸能

nice! 273

コメント 20

makkun

村野武範がテレビに出始めた頃から
素朴で好感が持てて好きでした。
私もこの事を知ったばかりなんですが
「ステージ4」と知りガックリ・・・
何とか再起できるような体調になて欲しいです。
by makkun (2017-09-23 19:57) 

yamatonosuke

セカンドオピニオンって大切なんですね。
そして諦めずに治療することも^_^
by yamatonosuke (2017-09-23 20:04) 

えくりぷす

セカンドオピニオンの大切さがよくわかるお話です。
村野武範さん、去年の今頃テレビCMを見た人が、Yahoo!知恵袋でがんじゃないですか?と質問していますね。
うーん、思いもしなかったなぁ。
by えくりぷす (2017-09-23 20:41) 

そらへい

青春シリーズは夏木陽介の「青春とはなんだ」
からずっと見てましたね。
竜雷太、村野武範、中村雅俊
と言う順番でしたか。
夏木陽介さんもガンだとか・・・
by そらへい (2017-09-23 21:25) 

pn

人脈かぁ、ほぼ無いなぁ(^_^;)
by pn (2017-09-23 21:33) 

nikki

セカンドオピニオン大切なのですね。
人脈ないです。

青春学園ドラマのころは、放送時間が決まっていた番組があったのに今は、長時間編成ばかりで残念です。

頂いたコメント、
マクドナルドは完全に復活しましたね。
by nikki (2017-09-23 22:09) 

末尾ルコ(アルベール)

セカンドオピニオンというのは今現在でも一般の医療利用者には案外高いハードルの場合が多いような気がします。この部分を改善させることが日本の医療問題の中でも大きなポイントになるでしょうね。特に地方なんかではまだまだセカンドオピニオンというコンセプトも頭にない人が多い感があります。知識として知っていても、ではどこへ何を尋ねに行けばいいのかまでは分からないとか。そして医師の中にもまだまだセカンドオピニオン的動きに対して悪い意味で神経を尖らせている人も少なくないと思います。この辺りをもっともっとオープンに語り合える社会的雰囲気が必要になるでしょうね。それんしてもご長男様が意識障害になられた時のいっぷく様のご努力には頭が下がるばかりです。いざとなれば、「あらゆることを試みる」、そしていっぷく様のおっしゃる通り、「諦めないこと」は何事においても最も大切なことですね。

『飛び出せ!青春』はわたしも観ておりました。が、細かなことは覚えておりません(笑)。キャストを見れば、やはり石橋正次に惹かれて観ていたのだと思いますが、青い三角定規の歌はこのドラマのテーマ曲だったのですね。けだし名曲です。わたしはベタ~ッとした日本のフォークが苦手なのですが、昭和の時代には青い三角定規のこの曲のように時代を超えてワクワクする歌が多くありますね。そういう歌はどんどん語り継いでいきたいものです。

70年代から80年代への、日本の社会心理的変化のお話、とても興味深く拝読させていただきました。芸能やプロレスといったジャンルごとではなくて、社会全体の変化に多くのジャンルが連動していて、猪木の台頭もその文脈の中にあるということですね。確かにわたしが子どもの頃は、「偉い人は偉いということにしておこう」という社会的お約束がありました。天地真理もそんな70年代ならではの王道アイドルだったのですね。だから今見返してみれば、「どこかヘン」という印象になるのかもしれません。天地真理は発声も他の歌手からはあまり聴いたことないようなものがあり、今だったらツッコミどころ満載のキャラクターのような気も(笑)。案外林寛子の方が普遍的な魅力があるような気がします。若い頃の林寛子なら、平成にデビューしていても全然OKのような。これもいっぷく様のおっしゃるように、わたしが子ども時代に見たアイドルなので、絶対視してしまっているのかもしれませんが(笑)。

>楽屋で下着姿のままあぐらをかいでタバコを吸っていた

このエピソード、わたしも記憶があります。芸能誌か何かだったですが、リポーターか誰かがその話を本人に質問したら、「茉莉ちゃんが涙を流した」とか、そんな記事だったですね。天地真理には特に思い入れはなかったので何とも感じませんでしたが、林寛子なら(そんなバカな!)と衝撃を受けていたかも(←既にわたしの中で「林寛子ネタ」というジャンルができつつあるような 笑)。
ある程度「格」や「予定調和」を破壊する動きというのは社会を活性化するのに必要だと思いますが、猪木のように本当に才能と野心のある人がそれをやるのはいいけれど、中途半端な人たちまで「格なんて関係ないぜ~」としゃしゃり出てき過ぎたのが平成日本のつまらなさに結びついているのかもしれません。「予定調和」でも磨かれたものは非常に心地よい作品となるものですものね。   RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-09-23 23:19) 

チャー

村野武範さん 飛び出せ青春!昔は青春物が人気でしたね 夕方になると 再放送も何度もやって いました 懐かしいです 今回の報道は知りませんでした 頑張って欲しいと思います
by チャー (2017-09-23 23:32) 

ナベちはる

1人だけの意見を聞いてそれを鵜呑みにしないこと、大切ですね。
by ナベちはる (2017-09-24 01:19) 

うめむす

「飛び出せ青春」大好きでした。
どちらかというと、夕方にやっていた再放送で、濃いファンになった気がします。
これに続く。「われら青春」は、はまりませんでした。
確か、半年で終了したのでは!?
ゲット・アップ より レッツ・ビギン!、
ふれあい より 太陽がくれた季節 です!
by うめむす (2017-09-24 03:06) 

arles

うちの父も色んな方法で生きてましたが、ずいぶんお金かかりました。今はもう亡くなったけど、次は母が心配です。
by arles (2017-09-24 05:40) 

kou

「太陽がくれた季節」、懐かしさのあまり先日Craving Explorerでダウンロードしてナビにいれたばかりです。

ピンコロって理想ですが、なかなかそうはいきませんね。親も手術をしたりしてるので、この先心配です。
by kou (2017-09-24 07:27) 

Take-Zee

こんにちは!
5~6歳年上の諸先輩が倒れていくのが
辛いですね・・・
by Take-Zee (2017-09-24 08:47) 

うつ夫

人脈欲しいですね。
by うつ夫 (2017-09-24 10:21) 

エンジェル

村野武範、ファンでした。最近見かけないなぁと思ってましたが、病気だったのですね。ガンで亡くなった家族、友人を見ているのでガンの恐ろしさは分かっているつもりです。でも実際のところ信頼できる医者が周囲にいるかと言うと見当たりません。今のうちに探しておきたいものですね。
by エンジェル (2017-09-24 11:49) 

JUNKO

セカンドオピニオンは今や常識になりつつありますね。いいことだと思います。あまりの診断の違いに驚くことがあります。
by JUNKO (2017-09-24 14:26) 

johncomeback

「飛び出せ青春」観てました。
今思い返すと生徒役は各々個性的で味があったなぁ。
特に穂積ぺぺが好きでした。
by johncomeback (2017-09-24 15:09) 

レインボーゴブリンズ

レッツ・ビギン!という言葉を、思い出しました(^^♪
by レインボーゴブリンズ (2017-09-24 18:03) 

サザエ

ピンピンコロリをするには、健康であるか?或いは心臓や高血圧或いは事故で。。運よく?みたいなことがない限り難しいですものね。。
ただ、セカンドオピニオンも、いっぷくさんの様にやっぱりキチンと自分で情報収集したうえで臨まないと、
ただ、高い料金を払っただけになりそうですが。。
by サザエ (2017-09-24 18:17) 

ヨッシーパパ

青春シリーズは、家族揃ってみていました。
by ヨッシーパパ (2017-09-24 18:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます