So-net無料ブログ作成

灌仏会(花祭り)が行われた「大田の桜の名所」

桜坂(大田区)

灌仏会(かんぶつえ)。釈迦の誕生を祝う仏教行事が今日4月8日です。東京・大田区の桜も満開となったので、この週末が最後の花見のチャンスと思い、大田観光協会の観光付録パンフレット『大田の桜の名所』のおすすめコースを歩いてみました。



『大田の桜の名所』には、運河のそばの公園、洗足・池上・馬込の町、多摩川流域と大きく3つのエリアに分けて桜の名所が紹介されています。

先日の、「羽田(東京都大田区)、東京南端の桜道・おでかけスポット散策」では、東京と神奈川を隔てる多摩川の最下流辺りのスポットと桜道を歩きましたが、

羽田(東京都大田区)、東京南端の桜道・おでかけスポット散策

今日は、同じ多摩川でも中流に近い、六郷用水遊歩道から桜坂、多摩川台公園までのルートを歩きました。

大田の桜の名所

六郷用水遊歩道は六郷用水を再現した流れに沿っているので、上流から歩く場合は多摩川スタートとなりますが、今回は流れをさかのぼるように進みました。

スタートは多摩川線鵜の木駅です。

東急多摩川線鵜の木駅

鵜の木はあげパンの発祥の地ということで、改札横にあげパンのお店(エトモ鵜の木)があります。

エトモ鵜の木に並ぶ客
エトモ鵜の木の東京あげパン

揚げパン店とは反対側に進み、多摩堤通りを越えて進むと鵜の木松山公園があります。

鵜の木松山公園

何があるかというと、サクラ、クロマツ中心の疎林と、埋蔵文化財である横穴墓(古墳時代末期から奈良時代にかけての有力者の墓)です。

一般公開……というか、簡単な説明の立札があるだけで普通に置かれているんですけど。

名前の通り、松の木だらけですが、桜もきれいに咲いていました。

遊具は何もなく、芝生の広場や水遊びができる人口のせせらぎがありますが、今の時期、まだ水は流れていませんでした。

全体的に緑が多く、古い井戸も残っていて、子どもの遊び場というよりは、大人の散策スポットといった趣きです。

鵜の木松山公園からさらに奥に進むと六郷用水の流路のあとの道に出るので、左に曲がります。


少し進むと小さな広場があります。六郷用水の女堀です。

六郷用水開削時の最大の難所と言われた場所で、今はベンチが置いてあり散策時の休憩スポットとなっています。

石垣の向こうは観蔵院です。

このお寺の境内には紅梅、白梅があり、梅の季節はこちらにも足を運んでみたいものです。

さらに進むと六郷用水の復元水路が現れます。

六郷用水

水路の脇にはずっと桜の木があり、花を見ながらゆっくり散策できます。

水路には鯉や亀がいます。「ヘビに注意」の立て看板もありました。

途中には庚申塔があります。

庚申塔

このあたりはかつて嶺村と呼ばれ、集落の東西南北4ヶ所に庚申塔を立てていました。

これは西向きの庚申塔です。

そしてその先には大田区内最古の庚申供養塔がある密蔵院があります。

密蔵院

今日はお釈迦様の誕生日だったので、花まつり法要が行われていました。

紙芝居やコンサートもある法要で、いつもは静かな境内が賑やかでした。

密蔵院前の遊歩道脇にはしだれ桜が植えられています。こちらもちょうど満開でした。

しだれ桜

復元水路を歩いていると、「この用水は湧水を利用しています」との立て札があります。

ではその湧き水はどこにあるのかと思っていると、密蔵院の先に「東京の名湧水57選」というところがありました。

湧水

そこから湧き出しているようです。

柵の中にコンクリートの四角いプールのようなものがあって、その中に水が溜まっています。

暗くてよく見えませんが、鯉やザリガニのような生き物もいました。

スポンサードリンク↓

桜坂は大田区随一の桜スポット


新幹線のガードをくぐると交差点に出ます。右に曲がって進むと桜坂です。

桜坂

中原街道の旧道の面影を残している区内唯一の場所だそうです。

桜坂の途中にかかる橋が桜橋です。
橋の上から見る景色はまるで桜のトンネルのようで見応えがあります。

桜坂から復元水路に戻ると東光院があります。

ここの水路にはジャバラという足踏み水車の模型があります。

東光院を過ぎると中原街道の下を通るトンネルに行き着きます。復元水路はここまでです。

最古のトンネル1.png

もっとも、水の流れに沿って歩くなら、ここがスタート地点となります。

トンネルに入ると歩道部分が狭く、車と行き違うときは少し怖いですね。

トンネルを過ぎると浅間神社(多摩川浅間神社)があります。

社務所の屋上からは多摩川を一望できます。いつ来ても素晴らしい眺めです。

浅間神社(多摩川浅間神社)

浅間神社の隣は多摩川台公園です。
多摩川にそって丘陵がつづく広大な公園です。

多摩川台公園

この公園には桜の木が300本あり、大田区でも有数の桜の名所です。この時期は連日花見客で賑わいます。

また、紫陽花も7種3000株が植えられており、6月頃には色とりどりの紫陽花が見られる公園としても知られています。

終点は多摩川駅です。

改札前には多摩川の歴史遺産のパネル展示がありました。

以前はここに常設サーキットの多摩川スピードウェイ、温泉施設も備えた温泉遊園地、多摩川園、ローマの円形闘技場を彷彿させる庭球場、田園コロシアムなどがあったのです。

今は静かな高級住宅地ですが、かつてはさまざまな娯楽施設で賑わっていたわけです。

【大田区多摩川関連記事】
大田区、旧用水路緑地公園(東京湾側)特集
東京あげパン、大田区鵜の木のあげパン専門店エトモ鵜の木が開店
多摩川に沿って浅間神社、六郷用水跡、密蔵院を歩く
多摩川台公園 古墳展示室や浄水場跡、どりこの坂をのぼる

持ち歩ける 大田区本 (エイムック 3327)

持ち歩ける 大田区本 (エイムック 3327)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2016/03/15
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(303)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 303

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます