So-net無料ブログ作成

『ぴよっちサブレ』を食べながら親子のあり方を考える

ぴよっちサブレ

『ぴよっちサブレ』(コープデリ)という、商品名通りの、ひよこの形をしたサブレをモニター制度で送っていただきました。我が家は、コープ・デリシェ(1都7県のコープネット事業連合)に入っているのですが、そこでは、コープデリ商品を無料で試し、感想をネットに書き込む「サンプルラボ」というモニター制度があります。



その中でモニターを募集していたのが、『ぴよっちサブレ』です。

2002年に発売されており、新商品ではないのですが、なぜか先日募集していました。

バターだけで味をつけたプレーンに加えて、ココア味も今年から出たということで、4月にも募集をしています。

生地は国産の小麦粉、バターは6.9%を使用した、子どもも大人も楽しめる、やさしい甘さの食べ飽きない味わいのサブレ、という商品です。

サブレは、ビスケットの一種のはずですが、ビスケットよりもやわらかい仕上がりです。

ぴよっちサブレ

ぴよっちサブレ

「スイーツをしっかり食べたい」と思うと、物足りないでしょう。

まあ、お子さんや高齢者の胃にも負担にならない、お茶菓子ですね。

あとは、高価すぎないお使い物として手土産にすると、相手は喜ぶのではないでしょうか。

スポンサードリンク↓

溺愛も愛情のうち?でもいつまでできるの


さて、今日の話題は、まだ続いている、というより燃料投下している状態ですが、高畑淳子の息子の件です。

高畑裕太、青年座再就職計画は白紙に

「青年座再就職計画」が事実なら、どこまで恥知らずなのかな、と言う気がしますが。

もしサラリーマンだったら、会社どころか、その業界にいられなくなると思います。

周りも迷惑だし、自分も普通の神経だったら……。

ただ、まあこれは必ずしも悪いこととはいえませんが、「対抗言論」はあるようです。

曰く、「こういうときこそ親の力が大事。自分の手元においておきたい、自分がバックアップしてやりたいというのは、親として間違っていない」

かような意見もないわけではない、ようです。

そこで、ネットで話題になっているのが、中村雅俊のように、しくじりをしでかした息子はきっぱり廃業させてしまうべきか、高畑淳子のようにどこまでも庇うだけでなく「再起」のお膳立てまで強引にしてしまうべきか、という「論争」。

こういう対比は以前もあって、たとえば、淡路恵子と三田佳子の息子への対処の違いが、話題になったこともありました。

私もこのブログで書きましたが、

淡路恵子さんが亡くなって思い出す作品と事件
息子が悪事をはたらいたら親はどうすべきか

淡路恵子の四男・萬屋吉之亮が、2004年5月9日に、淡路恵子の留守宅で金品を物色中に逮捕されました。

いったんは「親族相盗例」で処分保留とされましたが、淡路恵子が厳罰を求めて告訴したため、併合罪の適用で執行猶予だったのが取り消され、萬屋吉之亮はあわせて2年の懲役に服することになりました。

「他人に迷惑をかけるのが大嫌い。刑に服するのが立ち直るきっかけになれば。面会には行きません。刑を終えても1人で生きてほしい。本当に真人間になるまでは絶対に会うつもりはない」(会見で淡路恵子)

結局萬屋吉之亮は自殺しましたが、真人間になれなかったのか、淡路恵子は葬儀にも出席しなかったそうですね。

こうした淡路恵子の振る舞いに対して、「息子がグレたのは親のせいかもしれないなのに、冷たい」という人もいるでしょう。

でもね、私は少なくとも今の自分の立場で、淡路恵子の気持ちはよくわかります。

高畑淳子は、あらゆることをしても息子を庇い立てるつもりのようですが、たとえば、明日、事故や急性の病気で、自分がポックリいってしまったら、息子はどうやって生きていくんでしょうか。

そうじゃなくても、寿命は順繰りですから、親が子どもよりも先に死ぬんです、普通はね。

ですから、息子は親に依存せず、自分で蒔いた種は自分で始末して、自分の人生は自分で切り開かなければならないのです。

それができなければ、できないなりの人生を過ごすしかないのです。

高畑淳子は、そこがわかってない。

勘ぐれるのは、息子は自律できない障害があるのか。でもそれなら、その対応をすべき。

いずれにしても、高畑淳子は、今も息子と真面目に向き合っていないんだろうなあ、と思います。

もちろん、これは私の意見です。

「高畑淳子がかわいそう」と思うのはご自由です。

魂萌え! [DVD]

魂萌え! [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(280)  コメント(19)  [編集]

nice! 280

コメント 19

アフロおやじ

“ぴよっち”なんてかわいらしいネーミングでしょう。
小さなお子さんが喜びそうですね!
by アフロおやじ (2016-10-30 00:20) 

yamatonosuke

ぴよっちサブレってネーミングもかわいいですね。
by yamatonosuke (2016-10-30 00:51) 

うつ夫

親はいつまでも元気でいるわけじゃないのにね。

人のことをとやかく言うのも憚られるけど、
この息子、これからいったいどうするんだろう。
by うつ夫 (2016-10-30 00:54) 

末尾ルコ(アルベール)

「ぴよっち」というまず名前がいいですね。そもそも「ひよこ」という名詞自体が魅力的。しかも「ピヨピヨ」という擬音語がまた素晴らしいです。ちなみにサブレやビスケットはやはりバター味が基本ですね。アイスのバニラのように。  わたしは民放地上波のバラエティは余程でない限り目に入らないようにしているので、高畑裕太を件の「事件」以前はまったく知らなかったのですが、母子でトーク番組へ出演している姿は「最悪」と感じました。あそこまで甘やかしてはいけない。高畑淳子の息子に関する言動からは、「社会通念・社会常識」といった要素がまったく感じられず、お粗末です。   「クリス・マルコフ」のお話、とても興味深く拝読しました。「猪木VSマルコフ」は「歴史」としては知っていましたが、詳細なお話をうかがって、ますます興味が湧きました。リング外のエピソードも「梶原一騎並み」ですね。それと昔は、「ロシア人ギミック」や、「キューバン~」とか「モンゴリアン~」とか、さらに「ナチスギミック」なども多かったですよね。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2016-10-30 00:56) 

HIDEe

鎌倉の鳩サブレが食べたくなりました。
親が子を思う気持ちは仕方ないです。
でも過度に甘やかすのは、良くないですよね。
もう20年ほどファンだった芸能人が、最近自分の娘をゴリ押しし始めて、私はファンを辞めてしまいました。
by HIDEe (2016-10-30 02:58) 

promethe

おはようございます。
後半の話、ピーター・セラーズの逸話を思い出しました。
ピンクパンサーで有名な俳優です。
彼は亡くなるとき、莫大な財産を分かれた奥さんと今の奥さんの二人に大部分を分配して、4人の子供たちにはほとんど与えませんでした。
その時の言葉、『自分の足で立て』。
すばらしい言葉だと感心した記憶があります。
高畑淳子はきっと、子供は産んだけど親にはなれなかったんでしょうね。
『きちんと育てた』と自信があるのなら、成人になった息子をかばい立てする必要は無いと思います。
by promethe (2016-10-30 06:26) 

そら

家はパルシステムなのですが、ぴよっちサブレありますかね?
可愛くて美味しそうです(^^)
by そら (2016-10-30 06:38) 

green_blue_sky

サブレ、おやつによいです(^_^;)
ニャンコはこたつで丸くなっていますが、温まるとクールダウンでベランダに出たがります(笑)
by green_blue_sky (2016-10-30 07:14) 

toshi

サブレ、軟らかいなら
お子さんやお年寄りでも大丈夫ですね。
by toshi (2016-10-30 07:27) 

アールグレイ

名前も姿も可愛いサブレですね^^
美味しそう。
親子関係、親の育て方、考え方は、子どもの人生に多大な力を与えますね。

by アールグレイ (2016-10-30 09:38) 

pn

そーなんですよ順当に行けば親が先に逝くのは当たり前、自分が居なくても生きていけるように育てるのが親の義務ではないかと。
by pn (2016-10-30 10:05) 

アニ

親という漢字は木の上に立って見ると書く、という言葉を思い出します。
by アニ (2016-10-30 11:00) 

makkun

「サブレ」なるものを食べた気がしないのですが
何処かで食べてはいるんでしょうね~(笑)
私は娘を一人しか育てていませんが
良く話していた事は
「普通に生きる事」難しさを知る事でした・・
とに角、直接・間接的にも友達からの誘いが多く
誘い掛けて来る事が多かったので
「欲を出さず、普通に生きる事が難しい世の中だから」を徹底して教えました。
子供を甘やかせたら報いは親に来ると
思ってましたので(笑)



by makkun (2016-10-30 14:02) 

Take-Zee

こんにちは!
今日は朝からとっても寒いですね。
『ぴよっちサブレ』、名前も可愛い。 お味は
いかがでしょうか?

by Take-Zee (2016-10-30 16:19) 

ぱんだはんな

サブレというと、やはり「鳩サブレ」が思い出されます。
子供の頃から大好きで、今でも時々無性に食べたくなります。
子供の言動に責任を持とうとしない親も見かけますが、
いざ責任を持とうとした時に、どう対応するかというのは
なかなかに難しいところなのかもしれませんね。
by ぱんだはんな (2016-10-30 16:51) 

まゆみっふぃ

娘が小さいころはよく購入していました。
素朴な味がくせになります^^
by まゆみっふぃ (2016-10-30 18:17) 

gardenwalker

こんばんは
子供は親の背中を見て育ちますから
正直に正義に生きなければと思います
それが親の責任ですよね
by gardenwalker (2016-10-30 20:25) 

kiki

『ぴよっちサブレ』の可愛さに、
思わずクスッと笑ってしまいました。
by kiki (2016-10-30 21:29) 

Rinko

他人に、社会に迷惑を掛けることなく生きていけるよう導くのが親の務めですよね。
自分の間違った子育てをどう尻拭いしていくのかが、高畑さんと淡路さんの違いですね。
by Rinko (2016-10-31 08:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます