So-net無料ブログ作成

『抱腹絶倒!!プロレス取調室』木村政彦の弟子全日道場破りの真相

抱腹絶倒!!プロレス取調室

『抱腹絶倒!!プロレス取調室~昭和レスラー夢のオールスター編』(玉袋筋太郎・プロレス伝説継承委員会、毎日新聞出版)を読みました。新刊ではないので、プロレスファンには「今更」のレビューになりますが、昭和プロレスファンには楽しい一冊といえます。



『抱腹絶倒!!プロレス取調室~昭和レスラー夢のオールスター編』は、玉袋筋太郎、堀江ガンツ、椎名基樹、水道橋博士らが、1970~80年代にデビューしたベテランプロレスラー、元プロレスラーたちに、これまでプロレスマスコミでもあまり話さなかった新事実をぶちまけてもらう居酒屋インタビュー集です。

登場したレスラーは、

藤原喜明←現役
渕正信←現役
藤波辰爾←現役
天龍源一郎
グレート小鹿←現役
木村健悟
越中詩郎←現役
グラン浜田←ここだけが居酒屋ではない
将軍KYワカマツ
鶴見五郎

といった面々です。

私は、読み物は取材と論考が車の両輪で、一方的にレスラーの話をまとめるだけのものはどうなの、という考えがあるのですが、同書はすでにリタイア、もしくはセミリタイアして、自分のレスラー生活を総括できる人たちの話なので、率直にいろいろなことが語られていて、年末の忙しい時に、じっくり読んでしまいました。

全員面白かったのですが、このブログとの関連では、渕正信の話から抜粋しましょう。

以前、増田俊也氏著の『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)という書籍をご紹介しました。

格闘技の戦後史、力道山と木村政彦の真実

プロレスラー力道山と、柔道家・木村政彦がたたかい、力道山が「引き分け」の約束を破って勝った。

力道山は国民的スーパースターになったが、木村政彦は「力道山に負けた男」との汚名を引きずることになった。

木村政彦を私淑する増田俊也氏はそれが我慢ならなかった。

そこで、力道山がいかに汚い男か、プロレスなんてしょせんちょろいもので、木村政彦が強く、そしていかに愛すべき男かを書き連ね、百科事典のようなヴォリュームで上梓したものです。

たとえば、プロローグにおいて、木村政彦の門下生・岩釣兼生がプロレスに復讐するため、ジャイアント馬場の全日本プロレスに入団が内定するものの、岩釣はメインイベントに出させろと要求して話がまとまらず、契約に至らなかったくだりが出てきます。

そして、岩釣兼生は、当時の若手レスラーであった渕正信と引き分けたことを誇っています。

全日本プロレスは口の重い人が多く、いちいちそれに反論はしなかったのですが、本書ではとうとう当人の渕正信が証言しました。

やりとりを全部引用すると長くなるので、要点を書きます。

・スパーリングは岩釣兼生が上半身裸で下は道着。渕正信は普段のプロレスの格好
・渕は85キロあるかないか、岩釣はl10キロぐらいだったが、渕が終始上になって岩釣は5分で息があがっていた
・相手はアイアン・シークに交代して岩釣は極められた
・岩釣はしょぼくれて帰っていったが、メディアの人たちもいたので証人はほかにもいる

少なくとも、アイアン・シークに極められたことは伏せられていたわけですね。

その後、渕は「あんなの馬場さんがやればよかったですよね」と、馬場が直接手をくださないことを暗に批判したら、渕は馬場とスパーリングさせられ、全く攻めることができず鼻の骨を折られて秒殺、という後日談も披露されていました。

プロレス対柔道の話では、中大や実業団で柔道出身のグラン浜田が、道場で猪木を投げた後、逆に極められる話も出てきます。

「投げたこっちが悲鳴あげてるんだから(笑)。だから、きっと猪木さんは自分から飛んで、投げられてたんだろうな。そういうのか凄く勉強になったね。」(浜田)

柔道は投げたらそれで終わりでも、プロレスはそこから始まる、ということでしょうか。

柔道ファンは不快かもしれませんが、プロレスファンなら読みたくないわけがない書籍です。

スポンサーリンク↓

シナモンシュガー+チーズ風味シロップ+カラメルソース


今日のオヤツは、『シナモンメルツ』(マクドナルド)です。

シナモンメルツ

シナモンメルツは2010年以来、10月16日から復活販売(期間限定)。

私は以前については知らないので、この日が初体験です。



箱を開けると、シナモンの甘い香りが広がります。

シナモンメルツ

シナモンメルツ

ひと口大のパンに、シナモンシュガーとチーズ風味のシロップ、さらにカラメルソースにも浸っています。

これはたしかに、甘いもの好きにはこたえられないでしょうね。

「普段はマクドに行かない人でも、このメニューだけは認めざるを得ないだろう。」(ロケットニュース24)と、褒めちぎっているサイトもあります。

マクドナルドも、近年いろいろメディアに悪いことを取り沙汰されて、今も「行きたくない」という人も多々おられるようですが、まあ、私も正直申し上げて、マクドナルドには何年も行かない期間がありました。つい最近まで。

しかし、材料原産地の公開や、期間限定品、人気商品の復活など、企業努力をしているようなので、たまに足を運んでみるか、という気になりました。

といっても、今年解禁でまだ4~5回ですから、そうエラソーなことは書けませんが。

甘いものがお好きな方は、ハンバーガーなしで、これ単品でもよろしいのではないでしょうか。

抱腹絶倒!! プロレス取調室 ~昭和レスラー夢のオールスター編~ -
抱腹絶倒!! プロレス取調室 ~昭和レスラー夢のオールスター編~ -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(240)  コメント(20)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 240

コメント 20

ゆりあ

シナモンメルツCM見て美味しそう~って言ってたら、息子に「めちゃくちゃ甘いぞ、糖尿病を患った人には自殺行為」とか言われて食べてないままです^^;
でも、ダメって言われるほど食べたくなるものってあるんですよね~^^
そう言えば、マクドナルド何年も行ってなかったです。
by ゆりあ (2017-12-19 23:44) 

deepredcocktail2

昔のプロレスもマックも大好物です。
by deepredcocktail2 (2017-12-19 23:48) 

ナベちはる

マクドナルドは近くにあってもずっと行っていないので、また行ってみたいです。
by ナベちはる (2017-12-20 00:36) 

nikki

シナモンメルツ甘そうで、
マクドナルドに毎週のように行きますが、まだ食べてません。
甘いのは好きですが。
一時期の低迷期を完全に脱して、いつ行っても忙しそうにしてます。
あの女性社長たいしたものです。初動が悪かっただけに。

by nikki (2017-12-20 00:54) 

扶侶夢

>だから、きっと猪木さんは自分から飛んで、投げられてたんだろうな。
(笑)アントニオ猪木って人はそんなところがありますね。
とある知人の合気道師範(俳優の竜雷太さんもお弟子さんの一人で芸能人を多く教えていました)が多少猪木氏と交流があって彼の猪木評をよく聞いたことがありました。もう30年以上も昔の話ですけれど…。
by 扶侶夢 (2017-12-20 00:55) 

末尾ルコ(アルベール)

『抱腹絶倒!!プロレス取調室~昭和レスラー夢のオールスター編』・・・プロレスの本は読みだすと止まらなくなるので困りますよね。柔道家は総合格闘技がある程度成熟してきてからは、ほとんどいい結果を出してないですね。その最たる例が石井慧で、まだ若く、今後も柔道でいくつも金メダルを獲れそうな選手がMMAへ転向したのだからどれだけ凄い選手になるかと思いきや、一線級にはまったく通用しませんでした。総じて言えば、柔道家は打撃に弱く、MMAの世界でも比較的頑張った吉田秀彦でも顔面に打撃が来そうになると、顔を背けたり、目をつぶったりしていました。そしてアマレス選手のように「タックル&パウンド」という極めて有効なパターンを持っているわけでもありません。柔道の試合の基本は、相手の道着を掴みんで投げを狙うのですから、道着を着てない相手に距離を取られ、打撃を狙われたらなかなか対処できないですね。だから力道山VS木村は非常にリアリティのある結果だったと思います。体格差もかなりありましたし、ブック破りで木村がまったく対応できなかったのは当然であり、仮に最初から両者が「セメント合意」で試合をしたとしても、距離を取って打撃を狙う力道山に木村は対処できなかったと想像します。木村はエリオ・グレイシーに勝った事実で再スポットが当たったという側面がありますが、両者道着着用で、打撃なし、エリオは体格的にも細身で、しかもグレイシー柔術の体系も洗練されてなかったという条件では、木村が勝ったのは当然で、それによって神格化してしまうのもとても疑問でした。

『シナモンメルツ』・・・マクドナルドにはずっと言ってないですが、別に食品衛生上の不祥事のためではなく、そもそもマクドナルドに「ヘルシー」など期待しておらず、だから「裏切られた~」とかいう感想もなくて、単にハンバーガー類をあまり食べなくなっただけです(笑)。でもこのお菓子は美味しそうですね。わたしもマクドナルドを選択肢に加えることを検討してみます。

いっぷく様も体操を観戦してらっしゃったとは嬉しいですね。わたしはソウル五輪までかなり熱心に観ておりました。それにしてもソ連を含めて東欧共産圏が崩壊した途端につまらなくなってしまったのには、今振り返ると驚きさえ感じます。真偽のほどは定かではありませんが、東欧共産圏の女子体操選手に関しては、「(女性的な)成長を止める薬物」も取り沙汰されておりました。その話の中にある程度の事実が含まれているとすれば、共産圏が崩壊したのに、そこまでして体操選手になりたい人材が減少するのも当然ではあるでしょうね。
チャスラフスカをオリンピックで観たわけではないですが、やはり「女子体操」と言えば必ず出てくる人ですし、後年、チェコスロバキア革命の時に反共産体制派のオピニオンリーダーの一人としてクローズアップされた時には、(ああ、こんなスポーツ選手がいるのだな)と驚きました。今でもちょいちょいチャスラフスカはドキュメントなどで取り上げられますが、ソ連選手に対する反抗心は凄まじいものがあったようです。冷戦によって無数の人々が命を落としたわけですが、冷戦があったからこそ命の輝きがより強烈に感じられた現実のドラマが生まれたという側面もありますし、コマネチというジャンルを超えた大スターを生んだのもそんなドラマの一つだと思います。
そのコマネチ、当時はネリー・キムというライバルもいて、クラスメートの女子たちが「どちら派」だということで大騒ぎをしていたほど、女子体操にメジャー感がありました。しかも日本女子は一切絡んでないのに。しかしいっぷく様のおっしゃるように、女子選手の小型化がその後世界的に進み、女子体操に対する世の中の関心が薄らぎ、現在に至っているのだと思います。時期によって違いますが、中国選手の小ささなど、(あんまりだな、これは)とどうしても感じることもありました。せめて小さい選手と普通くらいの体格の選手が半々くらいであればまだよかったのですが、「ほとんど皆小さい」というのは、「美」も競うスポーツとしてはかなり致命的な欠陥となっていると思います。
東ドイツは国土面積は小さかったのですが、いろいろな意味で存在感抜群でしたね。数あるスパイ小説の多くで、「東ドイツ」は大きなキーワードとなっていました。
高知でも高校野球は特別なステイタスを持っていましたが、今や見る影もない状況です。甲子園には毎年明徳義塾が出場するし、別に「県外出身部員がほとんど」の高校があってもいいのですが、「ほとんど毎回同じ高校が出場」では県民の興味が薄れるのも致し方ないところです。わたしの父はかつての野球名門高知商業出身でして、当人は別に野球部ではなく、一般生徒として大学へ進学したのですが、高知商野球部に対する思い入れは尋常ではなかったです。なにせ「高知商以外」が代表になると、甲子園のテレビ放送へ合わすのを一切禁じられましたから。もっとも、わたし自身は単に、「父が見ているから自分も見る」という状態だったので、特に当時は特に何とも感じてませんでした。後になってから、(おかしなはなしだったなあ)と思い至った次第です。
牛乳についてですが、わたししょっちゅう「牛乳と合う」ということを書かせてもらってますが、わたし自身はそんなにしょっちゅうは飲んでないのです(笑)。牛乳の味は好きなのですが、子どもの頃にお腹をこわしたことが少々トラウマになってまして、今でも「たまに」という感じですね。でもカステラにはとても合うのは間違いないです。ホットミルクにして蜂蜜を入れたりするととても美味しいのですが、それもしょっちゅうはやりません。価格もリーズナブルだし、「子どもの頃のお腹の件」(笑)がなければ毎日でも飲みたいのですが、過去の克服ができないと言いますか(笑)。
普段に増しての長文、失礼いたしました(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-20 01:01) 

pn

投げたらそこから始まる!ルールの差の様な気もしますが人生を物語ってますね、物事の終わりは一つじゃないと。
by pn (2017-12-20 06:11) 

たじまーる

マクドはぼちぼち行きますが
シナモンメルツは知らなかったです(*^^*)
試してみますね♪
by たじまーる (2017-12-20 06:55) 

Rinko

プロレスファンにはたまらないでしょうね~^m^
マクドナルドのベーコンポテトパイが好きなので、今年も期間限定で出ていたものを買いに行ったら時すでに遅し・・・。販売が終わっていました(T_T)
by Rinko (2017-12-20 07:51) 

hana2017

プロレスラーの力道山、A・猪木くらいは知るものの、プロレスの世界は全く我が範疇外であります。
玉袋筋太郎さんが某国営放送の朝の番組内、略して「たまちゃんさん」と呼ばれるのがオカシクて。。

RUKOさんの書かれた・・・チャスラフスカは東京オリンピックでリアルタイムに見た世代です^^
彼女に限らず東欧諸国の選手たちの活躍ぶりは当然ながら、皆さん当然に大人の女性でした。競技自体もながら、美貌、スタイルの良さ全てにおいて、日本選手が綺麗さで断然劣っていた事実は、子供の目でも明らかでした。
それが若年化するようになって、何時の間にかか細いだけの子供達が競う曲芸大会の様に^^;

シナモンシュガーだけでも買わずにいられないと言うのに、チーズ風味シロップにカラメルソースですか。
絶対に美味しいのは確実ですね!シナモンメルツは食べてみたいな~~♪
by hana2017 (2017-12-20 10:28) 

johncomeback

藤原と藤浪が現役なのは知ってましたが、
グレート小鹿も現役だったとは驚きました。
マックにしばらく行ってないなぁ、職場近くのマックは
昼時に行列だったりするから人気が復活したのかな?
by johncomeback (2017-12-20 12:39) 

クッキー

子供の頃TVで見るプロレス、真剣勝負と思ってみてました
TVを見ながら声援を・・・・・
大人になりプロレスは、「ショー」だと知ってから・・。
by クッキー (2017-12-20 13:27) 

Take-Zee

こんにちは!
ところで・・今はプロレス中継なんて
見ませんね。
 女子プロレスもないですね・・・
人気ないのかな??

by Take-Zee (2017-12-20 15:03) 

makkun

シナモンメルツなのお菓子は食べた事がありませんが
画像を見ただけでヨダレガ出てしまいそうです( ^ω^ )
小学校低学年の頃にテレビが我が家へ届き
大人はプロレスを本気になって観てましたが
私は子供ながらに「本気で殴り合ったら死んじゃう」
と思い自分からはプロレスを観たいと
思いませんでした。
by makkun (2017-12-20 15:22) 

チャー

とろとろシナモンメルツ これ凄すぎ~!^^v
要チェック!です 復活ということは 前にもあったのですね~

by チャー (2017-12-20 16:56) 

arles

今マクドいます☆
by arles (2017-12-20 17:15) 

ヨッシーパパ

大阪の人がマクドと言いますが(東京ではマックかな?)、出身は、関西ですか?
by ヨッシーパパ (2017-12-20 19:09) 

エンジェル

マクドナルド、私もしばらく訪れていませんね(^^;シナモンメルツ美味しそうですね♪久しぶりにマックに行ってみたくなりました!!
by エンジェル (2017-12-20 22:27) 

犬眉母

昭和のプロレスは、詳しくなくても
試合を見ると面白いですね。
Youtubeは名試合の宝庫です。
by 犬眉母 (2017-12-21 00:46) 

えくりぷす

柔道で、「史上最強は、木村政彦か山下泰裕か」という議論がありますが、このお話を読むと、山下泰裕氏はプロレスに行かなくて良かったと思います。
山下泰裕氏のお祖父さんが強く勧めたそうですが、本人が断ったという話です。(山下泰裕氏はお祖父さん子)
by えくりぷす (2017-12-22 11:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます