So-net無料ブログ作成

“和製ブロンソン”佐藤允を祥月命日に思い出す

トイレ行列の女児順番譲り論争

昭和の映画ファンにとって、“和製ブロンソン”といえば東宝映画やテレビドラマで活躍した佐藤允です。名門俳優座演劇研究所の出身でありながら佐賀訛りが抜けず、いかつい顔で、俳優=素敵なルックスという常識を打ち破った無骨なバイプレーヤーを思い出してみます。



佐藤允は「人相の悪さ」を買われて東宝映画入社後、岡本喜八監督の作品である独立愚連隊シリーズで頭角を現しました。




岡本喜八監督とはその後、袂を分かつのですが、私が同監督作品で好きな『ダイナマイトどんどん』(1978年、大映)には出てほしかったなあと思いました。

私が東宝時代に見た中で面白かったのは、『美女と液体人間』(1958年、東宝)です。

美女と液体人間

当時の東宝映画では、白川由美が出ると、なぜか下着姿のシーンが出てくるのですが、『美女と液体人間』では、佐藤允に下着姿にされていました。

ただ、私の世代ですと、東宝を離れて各社の映画やテレビドラマに出るようになってからのほうが、知っている作品は多いと思います。

『トラック野郎 御意見無用』(1975年、東映)は、東映でシリーズ化されたトラック野郎の第一作目ですが、星桃次郎(菅原文太)のライバルとして出演しています。

トラック野郎 御意見無用

同作は、『男はつらいよ』と競合するのですが、鈴木則文監督は、徹底的にえげつなく作ることで差別化を図り、どこかに品の良さが出てしまうモデル出身の菅原文太を補う意味で、人相の悪い佐藤允を入れたのは興味深いキャスティングだと思いました。

このブログでもご紹介した『透明ドリちゃん』では、主人公の父親役を演じました。

透明ドリちゃん

佐藤允がマイホームパパはミスキャストではと思いましたが、動物に愛情を注ぐ口数の少ない獣医の役で、なんとなく納得しました。

青春学園ドラマ全盛の私の世代では、『ゆうひが丘の総理大臣』に出演したことも触れておかねばなりません。

ゆうひが丘の総理大臣

主人公、大岩雄二郎(中村雅俊)は、小さい時に母親に捨てられ養護施設で育ちましたが、その母親(南風洋子)が北海道で再婚した相手として出演していました。

中村雅俊が佐藤允に託して、実母に名乗りを上げずに帰っていくシーンは、ドラマながらホロリとさせられました。

私がもうひとつ興味深いと思ったのは、佐藤允がほぼ引退状態となってから、新聞の「あの人は今」のインタビューを受けた時、佐藤允は年金生活者で、亡妻の墓も建てていたことです。

根無し草などといわれる役者稼業でも、元映画会社の専属俳優として仕事を積み重ねた者なら、年金で暮らせるのかと失礼ながら意外に思いました。

今、国民年金だけでは暮らせないですよ。

今の非正規雇用者の方が、よほど悲惨なのかもしれません。

私は、冒頭のビールのCMのように、無骨な佐藤允の飾らない笑顔が好きです。

スポンサーリンク↓

鹿児島県種子島産安納芋を餡に使用


今日のオヤツは、『やわもちアイス 安納芋カップ』(井村屋)

やわもちアイス 安納芋カップ

やわもちアイスシリーズとは、ミルクアイスに、あんとお餅をのせた高級感のあるアイスです。

やわもちアイス 安納芋カップ

今回は、鹿児島県種子島産安納芋をトッピングした餡に使用。

やわもちアイス 安納芋カップ

香ばしい黒ゴマもトッピングされています。

公式サイトによると、はちみつを配合して、芋のほっくり感や蜜感を再現しているそうです。

やわもちアイス 安納芋カップ

個人的には、以前ご紹介した『京きなこつぶあんカップ』のように、下に黒蜜が入っているとサイコーでしたが、

京きなこつぶあん
黒蜜

これはこれで十分美味しいと思います。

やわもちアイス シリーズ3商品を食べ比べる

激安スーパーのOKストアで84円(本体)でした。

カップのアイスとしてとくに高いわけでもありませんから、「やわもちアイス シリーズ3商品」とともにこれもおすすめですね。

ただし、期間限定商品だそうです。

安納芋餡のアイスはいかがですか。

【冷凍】井村屋 やわもちアイス 安納芋 1箱(24入) -
【冷凍】井村屋 やわもちアイス 安納芋 1箱(24入) -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(258)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 258

コメント 22

うつ夫

人相悪い?
いかつい中にも優しさが感じられますね。
by うつ夫 (2017-12-06 23:40) 

ナベちはる

やわらかい餅と安納芋の餡の組み合わせ、食感も良くて美味しそうです!
by ナベちはる (2017-12-07 00:42) 

nikki

白黒ということもあり、一見すると怖い感じもしますね。
やわもちアイスおいしそう。
by nikki (2017-12-07 00:52) 

末尾ルコ(アルベール)

“和製ブロンソン”佐藤允を祥月命日に思い出す・・・冒頭のお写真、ブロンソンに似てます!独立愚連隊シリーズはけっこう観てます。ブロンソン自体、なかなかユニークな人気の出方の俳優で、ハリウッドではB級アクション俳優としてのポジションでしたが、フランスや日本では大スターのように見做されていました。日本ではもちろん、『マンダム』のCMの影響が大きかったですね。『美女と液体人間』は、タイトルが邦画史上屈指のおもしろさです(笑)。そもそも「液体人間」とは何なのか?その「液体人間」が「美女」とどうなってしまうのか?このような映画こそ、もっと制作されるべきですね(笑)。タイトルについて言えば、『透明ドリちゃん』も外せません。そもそも「ドリちゃん」とは何者なのか?「NWAのドリーちゃん」と関係はないのか?それがどうして「透明」なのか・・・想像は止めどなく膨らんでいきます。

『やわもちアイス 安納芋カップ』・・・これはまだ近所のスーパーでは見たことありません。見かけたらすぐ買います。このシリーズはレギュラー的にしょっちゅう食べております。

日教組は教育現場を牛耳っていたわけですから、その影響はとてつもなく大きいでしょうね。年配の教職員、あるいは退職した方々はいまだにかつて日教組全盛期と同様の感覚でやっておられます(笑)。ただ、いっぷく様のおっしゃるように、「日教組のみ」に責任を押し付けるのは大きな間違いだとわたしも思います。「価値観」の問題は日本社会そのものの問題だと言えるでしょうね。それにしても電車の中の化粧OKとかとなると、美的感覚とかの問題にもなりますね。
今の日本が「このように」なっているのには様々な要因が絡んでいるのでしょうが、電車の中の化粧にしてもカフェで突っ伏して寝始める学生にしても、「公共の場」という感覚が喪失に近い状況にある感がとても強いです。それこそ見ていて不愉快になる態度の最たるものの一つなのですが。

「合理主義」も人間社会には必要なものなのですが、日本社会の傾向として何らかの風潮が始まれば無際限にその方向へ流れていくところがあり、「無際限な合理主義」、そして「無際限な経済至上主義」などに加え、次々と登場する新テクノロジーのサービスに幻惑されて、「人間そのもの」がそっちのけになっている感があります。あと、本来は生活を営んでいく上で役に立つはずの「合理主義」も、時と場合によって自分らの都合のいいように解釈・運用していくために、どんどんゆがんだ形になってきているというのもあるのではないかと。

>親世代の人が、すでに合理主義の世代であることもひとつの原因かなと思うのです。

まったくその通りだと思います。わたしが進学塾講師をしていた頃の保護者はわたしよりも上の世代の人たちが中心でしたが、既にそのような傾向が感じられました。
少し長いスパンで見れば、戦後日教組などの左傾化は、戦前・戦中の軍部独裁の反動から来ているという要素が大きく、逆に昨今の右傾化・排外主義は戦後左傾化への怨念だという流れも明らかなのですが、単純にそれだけでは説明できない現代的要素も加味されて「今」に至っているのだと思います。まあ、何だかんだ言って、インターネット浸透は大きいですね、わたしもその恩恵に多少なりともあずかっているのですが(笑)、今後はネットの有益性を享受しつつも、いかに「人間」を取り戻していくかが鍵になるのではと思っています。

>すべての行動が全人格的に問われる地続きのこととせず、こことここを頑張ればいい、という考え方はあるのではないかなという気がするのです。

これはもう、まったく同感です。そして「全人格的」という尺度をまったく知らない人たちだけ集めれば、「全人格的」見地が育たないのは当然ですよね。昨今の「学生のグループ」なんか見ていると、つくづくそう感じます。ぶっちゃけたお話、カフェで勉強しているのは医学部の学生がとても多いのですが、(この連中が医者になるのか・・・)とかなり不安になります。医大で教えている友人もいるのですが、学生について、あまりいい話も聴きませんし、まあその中で人間的に成長する人もいるのでしょうが、そうでない人たちもかなりいそうではあります。

>近年いろいろな味を試していますね。

ポテチだと、わたしの中では「うす塩が一番美味しい」という結論は出ているのですが、「変わった味」を試すと、「話のネタになる」そして「時にブログ記事のネタになる」(笑)というメリットがあります。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-07 01:25) 

pn

和製ブロンソンは聞き覚えがあるのですが誰なのかは知りませんでした(^_^;)
by pn (2017-12-07 06:12) 

ヤマカゼ

アイスおいしそうですね
by ヤマカゼ (2017-12-07 06:38) 

Rinko

うちの長女がやわもちシリーズのファンでよく買うんですよ^^
by Rinko (2017-12-07 07:52) 

アールグレイ

名前は知らなかったですが、お顔に見覚えがあります。
やわもち、美味しいですよね。
時々買います。
今も冷蔵庫に一つ入ってます^^
by アールグレイ (2017-12-07 09:20) 

tsun

佐藤允さん、亡くなられていたんです。
先日たまたま観ていた映画『二百三高地』に出演されていました。
昭和9年生まれ、私の父親と同い年です。
by tsun (2017-12-07 09:40) 

Take-Zee

こんにちは!
こんな俳優さんもいましたね。
どんどん懐かし人ばかりになっています。

by Take-Zee (2017-12-07 10:41) 

テリー

ブロンソン、そっくりですが、こちらの方が、男前ですね。
by テリー (2017-12-07 10:53) 

なかちゃん

男だよ、やまちゃん は、憶えています ^^
人相が悪いから役者なんて、今でいう悪役商会みたいなものですかね?

by なかちゃん (2017-12-07 11:13) 

hana2017

C・ブロンソンも、和製ブロンソンこと佐藤允さんにも特に思う事はないのですが・・・。
ドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」←今思うと、スゴイ飛んだタイトルです事!へも出ていたのですね~~
白河由美の若い頃は下着姿に・・・が、晩年の貫録ある姿からは想像できません。
ネットリ系のお芋は苦手なのに、安納芋は美味しくて好きです。
by hana2017 (2017-12-07 12:53) 

makkun

子供の頃の近所の友達(同級生)が佐藤允の良く似てて
男らしくてカッコ良かったです。
和製ブロンソンと言われてましたね~
好きな俳優でしたよ~(@^^)
by makkun (2017-12-07 15:04) 

johncomeback

佐藤允さんのお顔はよく憶えていますが、
出演作品は憶えてないなぁ。「トラック野郎」の
第一作観た筈だけど允さんの記憶がありません。
最近記憶力の低下が加速しています。
by johncomeback (2017-12-07 15:38) 

まお

この夏、きな粉のやわもちアイスを食べ
おもちを噛んだ時
めちゃくちゃ歯に沁みて痛くなり
それ以来食べてません…(>_<)(笑)
by まお (2017-12-07 16:01) 

チャー

井村屋の和アイスシリーズ 美味しいですね
安納芋のとろみが格別美味しそうですね^^v
by チャー (2017-12-07 17:47) 

ヨッシーパパ

ちょっとエッチな土曜イレブンの司会をされていましたね。
中学生ぐらいだったかな?
夜、一人で部屋を暗くして、音を絞って茶の間でコソコソ見てました。^_^
by ヨッシーパパ (2017-12-07 18:57) 

えくりぷす

佐藤允さん、この前アマゾンプライムで見た「二百三高地」にもヤクザ者の役で出てましたね。
全くの素人ですが、個性的なルックスの人は重宝がられるように思います。今の若い役者でも、イケメンは飽和してますが、伊藤淳史とか濱田岳とかに良い役が集中しているような("^ω^)・・・
by えくりぷす (2017-12-07 20:02) 

美美

「若さだよ 山ちゃん」
私には懐かしいCMです(^^;
年代がばれちゃいますね。
by 美美 (2017-12-07 20:31) 

little_me

やわもちシリーズはつぶあんが苦手なので
わらびもちだけ食べました^^
安納芋も美味しそう♪

by little_me (2017-12-07 22:38) 

poko

今、うちの冷蔵庫には京きなこつぶあんカップは入ってるんですが安納芋はまだ食べた事がありません。
これは食べたいです!
by poko (2017-12-08 16:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます