So-net無料ブログ作成
検索選択

『アイスフェスティバル2016』や世田谷八幡宮など宮の坂界隈

世田谷線

『アイスフェスティバル2016』という催しが、二子玉川ライズのイベントスペース「ガレリア」で行われていました。今日はその様子とともに、世田谷八幡宮や世田谷線など、東京都世田谷区の二子玉川や宮之坂界隈について画像でご紹介いたします。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

今日は長男のインソール(靴の中敷き)を作りに、高次脳機能障害の専門医のところに行きました。

長男は受傷直後は、右足が尖足(つま先立ちで膠着している状態)となり、

尖足
Google検索画面より

左足は逆に全く力が入らないぐにゃぐにゃした状態でしたが、自力歩行を回復してからは、見た目には問題なくなりました。

ただ、専門家から見ると、まだ左側のバランスが悪いので、現在もインソールで矯正しています。

ということで、乗った電車は世田谷線。

世田谷線

久しぶりに乗りましたが、綺麗になりましたね。

でも、線路は相変わらず、軒先がすぐ近くにあり、線路内に雑草が生えているところは、江ノ電もびっくりでしょう。

宮の坂駅には、かつての車両が置かれています。

世田谷線かつての車両

運転席です。マスコンが右側にあるんですね。車掌さんは女性でした。最近多いですね。

世田谷線マスコン

アイスフェスティバル2016



東急電鉄公式サイトより

二子玉川ライズのイベントスペース「ガレリア」では、『アイスフェスティバル2016』が23日、24日と2日間行われます。

国内外で活躍する氷彫刻家を招聘し、氷彫刻のライブパフォーマンスを実施。

氷ジョッキ作りや、キャンドルナイト、ステージイベント等、ファミリーで楽しめるコンテンツにくわえ、協賛各社のブース出展を行うそうです。

24日の展示は、「氷の動物園」だそうです。

私が行った時は、まだ開場後すぐのため、以下の2点のみ展示でしたが、24日にはもっと増えているでしょう。

氷の像

氷のジョッキ

氷の像の撮影も順番待ちで、氷の前でポーズをとっている少年の次は、左に写っている赤ちゃんです。

ということで、いつ順番が回ってくるかわからないので、一歩下がったところから撮りました。

スポンサードリンク↓

世田谷八幡宮


世田谷線沿線では有名な八幡神社です。

正面は赤い鳥居(朱塗り)ですが、二の鳥居が白い鳥居です

世田谷八幡宮

私はてっきり、赤い鳥居(朱塗り)は稲荷神社と思っていましたが、そうとは限らないようですね。

たとえば、大野湊神社の公式サイトの説明によると、
http://oonominato.or.jp/knowledge/20130822/

朱色は生命の躍動を現すとともに、古来災厄を防ぐ色としても重視されてきました。このため古くは御殿や神社の社殿などに多く用いられており、稲荷神社の鳥居の朱色もこの影響によるものと考えられます。
つまり、赤色(朱色)の意味としては、

朱色が魔力・災厄を防ぐ色と考えられていた
神様のお力を高める役割りがある
と、いうことが言えそうです。


ということです。

そして、「朱」の原材料は「水銀=丹」であり、木材の防腐剤として使われてきたそうです。

つまり、稲荷神社だから鳥居が赤いのではなく、赤い鳥居を稲荷神社も採り入れた、ということだと思います。

世田谷区公式サイトによると、世田谷八幡宮は、寛治5年(1091)に源義家が奥州からの帰途、この世田谷の地に寄り、戦勝を感謝し創建されたと伝えられているそうです。

社殿は1964年に建築されたものだそうです。

社殿

鳥居のすぐ右側には、境内社厳島神社と弁天池があります。

境内社厳島神社と弁天池

日露戦役記念碑というのもありました。

日露戦役記念碑

なお、この神社は東京農大に近く、毎年9月の例祭に奉納相撲を行う土俵と観覧席もあります。

近くには、豪徳寺という招き猫由来の有名なお寺もありますが、それはまた次の機会に行ってみたいと思います。

まとめ


今日勉強になったことは、鳥居の色です。

鳥居の色は、神の種類(稲荷神)をあらわしているわけではない、ということです。

白い鳥居と赤い鳥居が混在している神社はよく見かけます。

その場合、八幡神社の中に稲荷神が同居していて、稲荷神社としての赤い鳥居が建っていることがあります。

たとえば、以前ご紹介した、羽田七福いなりのひとつである東官守稲荷神社は、八幡宮である萩中神社内にあり、境内に赤い鳥居があります。

羽田七福いなりめぐり、8神社を歩いた日曜日

しかし、世田谷八幡宮のように、赤と白が混載していても、それは鳥居の腐食防止に朱塗りしているだけで、八幡宮の場合もあるのですね。

その神社が何の神を祀っているのかは、事前に調べなければならないですね。

世田谷ライフマガジン 58

世田谷ライフマガジン 58

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(308)  コメント(11)  [編集]

nice! 308

コメント 11

yamatonosuke

アイスフェスティバルは涼しげですね。氷のジョッキでビール飲んでみたい^_^
by yamatonosuke (2016-07-24 00:16) 

t-yahiro

今の電車はおしゃれですね。もう20年くらい電車には乗っていないのでちょっとびっくりしました。
by t-yahiro (2016-07-24 00:37) 

みかん

アイスフェスティバルなんて、涼しそうですね(^^)

鳥居の色まで気にしてなかったかも・・(^^ゞ
そういえば、朱と白がありますね。
by みかん (2016-07-24 00:41) 

Take-Zee

おはようございます!
かつての世田谷線の車両は”世田谷線の顔”とも
言える車両でした。 

 でも1度も乗ったことがないんです。

by Take-Zee (2016-07-24 06:18) 

旅爺さん

田舎にいるとみることの無い電車ですが綺麗ですね。
運転席にあるマスコンなんてよく知ってますね。
鳥居の色は神社の印かと思ってました。
by 旅爺さん (2016-07-24 06:28) 

green_blue_sky

きれいな車両。
ポケモン、ぶるっときたらスマホをみると便利。
歩きながらスマホ、これはできないです(^_^;)
by green_blue_sky (2016-07-24 06:45) 

pn

アイス食いに行ったのかと思っちゃった(笑)
石の鳥居は白で木の鳥居は赤だから何気で源平が絡んでるとか?無いか(^_^;)
by pn (2016-07-24 09:00) 

やおかずみ

路面電車はやはり情緒がありますね。
by やおかずみ (2016-07-24 11:04) 

hatsune

氷のペンギンさん、涼しそうです(*^_^*)
by hatsune (2016-07-24 16:58) 

JUNKO

名前を見た時はどんなものか想像が尽きませんでした。夏らしい企画で楽しいでしょうね。
by JUNKO (2016-07-24 19:31) 

みかん

アイスフェスティバル!
私はてっきりアイスクリームのほうかと思ってしまいまして。。。
食いしん坊ですね(笑)

by みかん (2016-07-24 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます