So-net無料ブログ作成

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼、サクサクかつもスパイシー

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼(かつや)です。先日、4月~5月の期間限定メニューとして、『ガツ盛り野菜のチキンカツ丼』を食べたことをご紹介しましたが、今回はそれに続く5月~6月の期間限定メニューです。山盛りの青ネギと千切りキャベツに山椒ダレがかかっています。



場所は、かつや池上駅前店(大田区、東急池上線池上駅下車)。

ガツ盛り野菜のチキンカツ丼

店頭には、「山椒に痺れる」と宣伝されたポスターが貼り出されていました。

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼

『シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼』を注文。

ごはんの上には、卵でとじていないとんかつがのり、その上に大量の青ねぎと千切りキャベツが覆いかぶさり、さらに山椒を使ったタレがかかっている状態です。

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼

ごはんと山椒の相性はいいですね。

四川料理のような辛さではなく、食欲をそそる適量だと思います。

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼

大量の青ネギと山椒ダレもトンカツに合います。

山椒でピリリ感があったら、千切りキャベツで口直しすると、あっという間にやまほどのっているキャベツも食べきってしまいます。

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼

前回の『ガツ盛り野菜のチキンカツ丼』のときは、

ガツ盛り野菜のチキンカツ丼、ささみカツと塩ダレとご飯の合体

カツが大きすぎる割にソースが足りず、お店に備え付けの調味料のお世話になりました。

ガツ盛り野菜のチキンカツ丼

が、今回はその必要はありません。

6月22日までだそうです。いかがですか。

スポンサーリンク↓

本田圭佑のツイートは軽率だが、どう軽率かは理解されている?


本田圭佑のツイートが昨日から炎上。

Web掲示板でスレッド6つもたっています。

若い世代の死因が自殺最多という記事について、本田圭佑が、「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きていることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やっていることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!」とつぶやいたところ、ネット民にバッシングを食らっているという話です。

「他人のせいにするな」本田圭佑、若者自殺につぶやく

みなさんは、どう思われましたか。

やはり、本田圭佑のツイートは軽率だったでしょう。

バッシングの内容には、なるほどと思うことも少なくありません。

ただ、たった1つのツイートに、2日またぎでスレッド6つも引きずることについては、ネット民だってこの問題を日頃からそんなに真剣に考えていたのか、という疑問もあります?

例によって、著名人の軽率なツイートに、いっつまでも食ってかかり、事の真偽や是非ではなく、「叩くことが目的」になっているのではないでしょうか。

私がツイートやコメントを一通り目を通したところ、本田圭佑の“甘さ”をもっとも端的に指摘していると思った批判ツイートをご紹介します。










持てる者が持たざる者を無自覚に追い詰める社会

この一言が至言ですね。

たとえば、障がい者に対して、「努力が足りない」とか「税金がかかる」といった罵倒も、「持てる者が持たざる者を無自覚に追い詰め」ているのです。

本田圭佑の“追い詰める”ツイートを批判するネット民は、本田圭佑叩きで満足するだけでなく、そのこともわかっていただきたいと思います。

自殺の内景―若者の心と人生

自殺の内景―若者の心と人生

  • 作者: 苗村 育郎
  • 出版社/メーカー: 無明舎出版
  • 発売日: 2015/09/08
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(285)  コメント(20)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 285

コメント 20

yakko

こんばんは。
新ブログになりました。よろしくお願いいたします。(_ _)
by yakko (2017-05-31 21:08) 

チナリ

こんばんは。

今回の本田圭佑さんのツイートの件はいっぷくさんの記事を拝見するまで知らなかったのですが、最近は有名人や著名人のツイッターやブログなどのニュースが増えているように感じます。

昔はわざわざ足を運んで取材をしていたのに、最近ではネットをチェックするのがお仕事になっているみたいですね。

時代が変われば取材スタイルも変わっていっているんだなといつもニュース番組を見て思ってしまいます。

by チナリ (2017-05-31 21:08) 

ヤッペママ

サンショウといえば重慶飯店のマーボ豆腐を思い出します。
by ヤッペママ (2017-05-31 21:17) 

末尾ルコ(アルベール)

シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼・・・山椒と青ネギは魅力的ですね。普段は(食べ切れいないので)かつやにいかないわたしですが、これはちょっと食べてみたくなります。いつしか青ネギとかで食欲がそそられるようになった自分に気づいた時期、(これが大人というものか)などと何気に充足した気分となったあの頃(笑)。それにしても山椒に青ネギに、キャベツ、いいですね~。これから夏に向けてピッタリです。

本田圭佑のツイートが昨日から炎上・・・本だのこの書き方というか、言語表現は好きではないです。かと言って、この程度のツイートをいちいちねちねち話を広げて叩くのは、多くは「誰かを炎上させるの大好き」な人たちで、「叩ける対象」をいつも欲している人たちなのだと推測します。ネットで「誰か(何か)が炎上している」時に見られるのは、「真っ当な考えや怒りを表現している人たち」と「日頃の鬱積を、誰か(何か)を叩くことで少しでも解消しようとしている人たち」なのですが、言うまでもなく、後者の声が影響力を持つのはとても危険なことですね。ただ、本田に限らず、スポーツ選手や芸能人が軽々に社会問題に「ひとこと」言いたがる風潮もいただけません。本田のツイートも同様ですが、到底「しっかりと思考して」の意見には程遠く、「本業に専念しましょう」と言いたくなりますね。

NHKの9時台としては、わたしはけっこう河野憲治・鈴木奈穂子が好きだったんですが、確かに河野憲治は「当たり前のコメント」しかしないというのはありましたね。でもこの二人の時から気象予報士が「春ちゃん」などのアニメキャラ的なイラストとともに天気の解説をしていましたが、(何を考えているんだか・・・)という感じでした。母がなにせテレビがないと生活できないタイプなので、何だかんだでほとんどつけているんですが、NHKが「ポップ路線」に走り過ぎたら、選ぶチャンネルがなくて困ってしまいます。今だと全仏オープンテニス開催中なので、夕方から深夜までWOWOWばかりにできるんですが。スポーツコーナーって、どの番組もテンション高いですよね。そんなNHKも、和久田麻由子と近江友里恵を擁する『おはよう日本』にはひたすら優しい眼差しを注いでいるわたしではありますが。

猪木は馬場よりも早くワールドリーグに出てたんですね。う~ん、確かに他のレスラーと比べれば、格段に恵まれたプロレス人生を若い頃から送っていますね。それだけ馬場の存在が巨大に見えていたのでしょうね。猪木は人一倍欲望も強いタイプでしょうから、最盛期の馬場を超えるポジションには「絶対なれない」という現実が、余計にコンプレックスや嫉妬の炎を燃やす方向へ行ったのではないかと思います。
そして猪木の嫉妬やコンプレックスが生み出したクリエイティヴィティは、当時の青少年にとって、非常に大きな影響を与えていましたものね。と言いますか、もちろん「猪木派」に対してのみとなりますが、わたしなんかも中学の頃は新日本の道場をイメージしながらトレーニングをしてまして(笑)、その基礎があるから、今でもわたしが細マッチョでいられるという、それだけでも(それだけではないですが 笑)猪木に対する感謝の気持ちはフォーエバーなのです。とは言え、もちろん現在では批判的に見ることも多々ありますが、しかしそんな見方の向う側に、(やはり猪木は凄いなあ)と感じる瞬間も多いです。

関係ない話で恐縮ですが(笑)、全仏オープンテニス、女子シングル、6人の日本人女子がアッという間に消えてしまいました(とほほ)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-31 22:49) 

pn

いかんはらへった(^_^;)

どう考えたって他人のせいだし親に感謝とかもできんよ俺は。
by pn (2017-05-31 22:54) 

nikki

かつや、愛知県にも店舗があります。
やすくておいしいですよね。

本田さんほか、批判したい人はたくさんいるのだと思います。

他人のせいにするな・・・。はその通りだと思います。
いやだったらやめればいいだけだし。
親に感謝は微妙なところもあります。
かわった発言はしないほうが得策だと思います。
by nikki (2017-06-01 00:56) 

ミケシマ

へぇー そんなことに(炎上に)なってたんですね。
10代から40代の死因第一位は自殺だっていうのは聞きました。
わたし自身、、自殺、、何度か考えたことがあります。
踏みとどまってきたけど生か死かは紙一重だったような。
「あなたの命はあなただけのものじゃない」
「生きたくても生きられない人もいるんだよ(だから命を粗末にするな)」
等よく言われることですが、わたしには納得できないフレーズです。
本当にそうかな…?って。
でも全部周りのせいにするのは違うかなって思います。
あくまでもわたし個人に関してのことですが。
ずっと理不尽な思いをしてきて、頑張るのに疲れた…そういうとき。
でも親や友人、幼い頃の主治医や信頼できる上司…そういう方たちに支えられ、もうちょっと頑張ろうと思ってここまで来ました。
恵まれてるな と思います。感謝、です…
つい先日、うちのマンションで自殺した方がいました。
10代の予備校生、将来の事に悩み部屋から飛び降りたそうです。
ちょうど上の上の部屋に住む方でしたが面識はなく…
ただ、本田選手が言ったような感想は持たなかったかな。
きっといっぱい悩んで…ご家族もすごく悩んでいたのかも、とか。
もしかしたら突発的に飛び降りちゃったのかな、とか。
やるせないことではありましたが他人のわたしがとやかく言うことじゃない、ということだけは感じています。
それにしても、、コメントつけてる方々は相変わらずですね。
こういう書き込みをしたがる人って相当鬱憤が溜まってるんだろうなぁ。
常に叩く対象を探してるんでしょうね。
誰かがバッシングされたらその尻馬に乗って嬉々として… 
こういう連中にだけはとやかく言われたくないかも。
by ミケシマ (2017-06-01 00:57) 

yamatonosuke

ヘェ〜、とんかつに山椒ですか。
これは一度食べに行かないといけませんね。
by yamatonosuke (2017-06-01 01:19) 

えのみ

山椒のピリピリ感は好きです。
とんかつソースとは違った食べ方があるんですね。
by えのみ (2017-06-01 01:21) 

Rinko

「シビレ山椒」のネーミングと山盛りのネギとキャベツ❤
まさに好みです^^
食べてみたいですね~!!

本田選手の言いたかった事も分からなくもないのですが、おっしゃる通りまさに「持てる者が持たざる者を無自覚に追い詰める社会」を表していますね。「無自覚に」が怖いなー。
by Rinko (2017-06-01 07:44) 

馬爺

おはようございます。
今日から六月になりましたねでも早速雨ですからね梅雨も間近なんですかね。
何時も思いますが行政はすべてそんなものなんですよ、国政にしても叱りですね。
交代する党がいないと読んでやりたい放題ですものね。
by 馬爺 (2017-06-01 09:16) 

アールグレイ

ぶっかけ青ネギカツ丼、山椒の風味もしておいしそう。
元気になれそうな丼ですね^^
食べてみたいです。
本田圭佑さんのツイート、考えさせられます。
人の受け取り方も様々ですし
無意識に追い詰められるという現象は、つらいですよね。
言葉って難しいですね。
by アールグレイ (2017-06-01 09:43) 

muku

美味しそう!
山椒は体調によってきつい時もあるけど、無性に食べたくなるのでいつか・・・p^-^q

本田選手のツイート。
他人の考えや本心は分からないことが多いので、たたく人の気持ちは分かりませんね。ただストレートに入ってくる言葉なので私は凄いな~と思いました。
by muku (2017-06-01 10:26) 

Take-Zee

こんにちは!
完食のどんぶりが美味しかったことを
物語っています!

by Take-Zee (2017-06-01 11:04) 

えくりぷす

山椒は、うなぎかちりめんかしか知りませんでしたが、これは美味そうです。青ネギもたっぷりで、ポスターの写真と実物に差がなさそうなのも嬉しいですね。
by えくりぷす (2017-06-01 11:48) 

kohtyan

いや~これはいけますね。
ぜひ、食したいです。山椒に野菜たっぷりで
いままでにない、カツですね。
by kohtyan (2017-06-01 12:19) 

まめ

自殺率の話はネットニュースで読みましたが・・・
何せツイッターもLINEもインスタもしてませんので全く
知りませんでした。
不寛容な世界というのが一番腹落ちしました。
身近ではやはり妊婦に対することとか、子供に対することとか
凄くきになってますが、それらも同じ原因ですねぇ。
by まめ (2017-06-01 12:34) 

johncomeback

『シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼』ですか、長!
でも美味しそうですね、100円割引券あるし食べてみようかな。
by johncomeback (2017-06-01 14:36) 

makkun

かつやの丼ぶりはカロリーが気になりましたが
血液サラサラにしてくれる野菜が多いので
そんなに気にしないで食べられそうに思いました(^^


by makkun (2017-06-01 15:57) 

うつ夫

価値観やケースによるから、ひとつの結論で説教する時点で間違い。
by うつ夫 (2017-06-02 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます