So-net無料ブログ作成

『歯医者が難病になってわかったこと』先住民食で歯の健康も予防

歯医者が難病になってわかったこと

『歯医者が難病になってわかったこと』(三五館)を読みました。著者は歯学博士の長尾周格医師。虫歯や歯周病のメカニズムではなく、糖質制限や牛乳・ヨーグルトの忌避によって、口を含めた健康を指南。具体的な現代版先住民食のメニューを紹介しています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

我が家は、現在みんな歯科治療を受けています。

中でも私は、奥歯の詰め物がとれたのに、2年ぐらい放っておいたので、しばらくかかりそうです。

一方、妻も同じ状況でしたが、私よりもはやく治療を受けたので、軽く済みそうです。

長男は、きょう3ヶ月に1度の歯科検診で、虫歯が見つかったようです。これも簡単な治療で済みそうです。

次男も、3ヶ月に1度の歯科検診を行っています。

私も、はやく治療を受けておけばよかったと思いました。

ということで、今更ですが予防歯科に関する本を読んでみました。

ご紹介するのは、歯科医の書籍『歯医者が難病になってわかったこと』です。

あらすじは、以下のとおりです。

著者が、潰瘍性大腸炎という難病にかかり困っていた。

それが、先住民食を食べるようになったら病気が改善した。

食事の改善によって、口を含めた全身の健康を実現できることがわかった。

その経験を活かして、予防歯科として自費専門の歯科医院を開設している、ということです。

先住民というのは、アイヌ民族やエスキモーなど開拓前の原住民です。

その人々が何を食べていたかといえば、肉や魚であり、私たちのように、お菓子やインスタントラーメン、加工や精製した食品などは食べていませんでした。

つまり、著者は、

糖質、保存食、加工食品、インスタント、ファーストフード、スナック、植物油、牛乳、ヨーグルトなどを控えろと述べています。

歯科医なので、それを虫歯や歯周病予防にも適用しているのです。

先住民のすべてが良いとは限らない


糖質制限論争や牛乳是非論争は、これまで医学者や栄養学者などによって、さんざん行われてきました。

私は医療従事者ではありませんが、医学的に決着のついていない問題なのに、医師免許のある人が、一方の「仮説」を前提として一般の人に喧伝することについては懐疑的です。

著者は、先住民食に回帰しろ、として、砂糖断ちを指南しています。

制限ではなく、やめろと述べています。

しかし、食事療法でやむなく制限をしている人ならともかく、なんでもない人に、「砂糖断ち」というのはどうなんでしょうか。

糖質、保存食、加工食品、インスタント、ファーストフード、スナック、植物油、牛乳、ヨーグルトなどは、弊害はあっても、現代社会には否定できない食文化です。

公害が出るから良くないと言って自動車を今から廃止できませんよね。

情緒的な世相の責任にされているネットをやめますか。

そうはならないですよね。

まさに医療の世界で言われる「リスクとベネフィット」を考えて、上手に使うことが求められますよね。

それと同じではないでしょうか。

たまにはケーキだって食べたいじゃないですか。

同書では、「先住民食」の現代版として、クジラのハリハリ鍋、ぼたん鍋、ローストベニソン(鹿肉のロースト)などを紹介しているのですが、そもそも先住民はそんな洒落た食べ方はしていなかったと思います。

それに、主たる材料だけ真似しても、環境が破壊された「自然」のものや、もしくは農薬たっぷりの餌で育った家畜の肉や付け合せ、添加物たっぷりの調味料で作ったものなど、先住民食とは条件が違うのではないでしょうか。

スポンサードリンク↓

また、著者によると、先住民は虫歯がなかったと言っていますが、でも寿命はどうなんでしょうか。

先住民の食生活による弊害は、実はよくわかっていません。

なぜなら、私たち日本人のように長生きしていないから。

先住民の寿命である50歳頃までに、私たちが三大疾病に罹患する確率はほんの数%です。

平均寿命が80年以上だから、いろいろ出てくるのです。

それなのに単純に、先住民に比べて今の日本人のほうが病気が多い、だから食べ物も先住民の真似をしよう、という捉え方は、科学的ではありません。

つまり、部分的に過去の「いい部分(と思えるところ)」を真似しても解決にはならず、現代社会の実情に噛み合った対策を考えなければならないのでは? と私には思えるのです。

食べ物にいろいろな取組をすることは否定はしませんし、著者の体験としてそれは事実なのでしょう。

が、やはり現在客観的と思われる真の予防は、たとえば3ヶ月に1度の歯の検診を行い、歯石や初期の虫歯をきちんと治療することではないか、つまり「早期発見・早期治療」という私の考えはかわることはありませんでした。

あとは、歯磨きの時にどんな歯ブラシを使えばいいかとか。

そういうことが知りたかったですね。

みなさんは、歯の予防や検診をされていますか。

歯医者が難病になってわかったこと

歯医者が難病になってわかったこと

  • 作者: 長尾 周格
  • 出版社/メーカー: 三五館
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(311)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 311

コメント 14

yamatonosuke

いつまで健康な歯でいたいものですね。
歯ブラシは早めに交換するように心がけています。
by yamatonosuke (2016-07-28 00:55) 

utamaroco

ワンタフトブラシというのを使っています。
鉛筆の先のような形しています。
歯の隙間磨きにと歯科医に勧められました。
by utamaroco (2016-07-28 01:17) 

うつ夫

食後すぐの歯磨きは歯が痛むと聞き、今は朝晩だけですね。
by うつ夫 (2016-07-28 01:25) 

講習研究家

口臭を予防するためにはオーラルケアが非常に大切です。口臭がする人の大半はオーラルケア不足だといわれているので、今からでも意識して行ってください。

オーラルケアで最も大事なことは歯磨きです。歯を磨かないと口の中が臭くなりますし、虫歯になるリスクも高まります。

虫歯になると口臭を悪化させる原因になるので、注意しましょう。綺麗に歯を磨く時のポイントは、以下の通りです。
・食事の後にきちんと磨く
・寝る前は必ず磨く
・歯を1本1本磨く
・力を入れず優しく磨く
まず、食事の後に磨くクセをつけることが大切です。

仕事をしていると昼間は磨けないかもしれませんが、朝と夜は絶対に磨くようにしましょう。

また、寝ていると唾液の分泌量が少なくなるので、口の中で細菌が繁殖してしまいます。

そのため、細菌の増殖を防ぐためにも、寝る前には必ず歯を磨くようにしてください。

歯を磨く時の基本は、1本1本丁寧に優しく磨くということです。

力を入れ過ぎると歯や歯茎を傷つけることになるので、力を抜いてそっと磨くようにします。
by 講習研究家 (2016-07-28 04:16) 

green_blue_sky

歯は大事ですね。
長持ちをさせたい。
by green_blue_sky (2016-07-28 06:04) 

pn

エスキモー(今は違う呼び方でしたっけ?)さんたちはアザラシを生で食ってたんじゃなかったっけ?さすがにあれの真似はちょっとなぁ(^_^;)
by pn (2016-07-28 06:14) 

Take-Zee

おはようございます!
若いころから歯のケアをしっかりやっておくべきだったと
反省しています。
 来月奥歯を抜くはめになっています(悲)

by Take-Zee (2016-07-28 06:54) 

馬爺

おはようございます。
歯は一応四本無いだけなんですが、現在の食文化では難しいですね、砂糖を絶ちたくても食品には入っていますし外食は一切出来ないですね。
by 馬爺 (2016-07-28 08:10) 

えんや

痛くなって歯科へ虫歯に、、、。
今は数か月ごとに通院して診察・掃除等しています。
歯とは一生の付き合いです、大事にしないとです。
by えんや (2016-07-28 08:35) 

yossy

日本の医療は歯に対して遅れていますね
もっと小さいころから歯に対して意識を持つように
国全体で考えていくべきだと思います

保険適用になるもの、ならないもの
かなり歯の治療に対しては厳しすぎます
by yossy (2016-07-28 08:48) 

makkun

我が家も現在夫婦揃って歯医者行きなんですが
妻は3月から通っててまだ・・・・
私は3月から通っててお願いした部分の治療は
終わっているのに「次は◯◯日に」と
勝手に予約を入れられてるので頭に来ています・・
次(8/3)に行った時に「もうお願いした所は完治したので終わりにして下さい」と言うつもりです(笑)
妻が言うには「文春に記事が出てから」
優しい態度になったと言ってます((●≧艸≦)プッ
by makkun (2016-07-28 14:45) 

tachi

歯が痛くなると何も手につかなくなりますね
定期的に歯医者にはいっています。
虫歯から大きな病気につながることは多いようなので
虫歯になった原住民のかたは
単純に早く亡くなり、虫歯のない方のデータが多く残っているかもですね
by tachi (2016-07-28 15:29) 

赤面症

たとえ虫歯になっても一度しかない人生美味しいものを食べたいですね。究極の選択。
by 赤面症 (2016-07-28 19:51) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>by yamatonosuke さん
そうですね。私も歯ブラシはよく取り替えています。

>by utamaroco さん
あれは穴の空いた虫歯にも有効ですね。
もっとも穴が空くほどなら、まず歯科に行くべきですが。

>by うつ夫 さん
食べ終わった後の歯磨きは賛否両論ありますね。

>by HIDEe さん
私も糖分は摂り過ぎかもしれません。

>by 講習研究家 さん
私の場合、結構磨き方にムラがあるかもしれません。

>by green_blue_sky さん
そうですね。私はまだ32本あるのですが
あと10年後、20年後のことを考えると
今のうちにケアしておこうと思います。

>by Take-Zee さん
私も親知らずの抜歯を勧められております。

>by 馬爺 さん
そうなんですよね。
我慢すると、ストレスが溜まるので
それはそれで不健康ですしね。

>by えんや さん
私も今回治療が終わっても、
定期的に検診をすることにしました。

>by yossy さん
私はいつも最初に「保険で治療したい」としていますが
いろいろなオプションが非保険であることを
今回知ったので、仰るとおりだなあと思います。

>by makkun さん
なるほど。歯医者さんも患者確保が大変なんですかね。
私は気が弱くて断れず、予定入れられたらズルズル通いそうです。

>by tachi さん
そうですね。私の場合治療の前後1週間ぐらいがひどかったです。
放っておいても虫歯は進むだけなので
これからはすぐに行こうと反省しています。

>by 赤面症 さん
砂糖を使った美味しいものはずいぶんありますからね。
by いっぷく (2016-07-29 17:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます