So-net無料ブログ作成
検索選択

『審判は見た!』プロ野球審判に特化した知られざる話

審判は見た!

『審判は見た!』(織田淳太郎著、新潮社)という本を読みました。プロ野球の判定を巡るトラブルで、メディアはユニフォーム組の言い分を伝え、審判の言い分は詳しくとりあげられず、また審判自身も最低限必要なことしか述べません。そんな審判の、知られざる駆け引きや、命がけの行動などがまとめられています。

審判は見た!

球場やテレビで野球観戦をしていて、ジャッジを巡るトラブルが生じた時、どんなふうに思われますか。

激昂する監督や選手の表情が、画面いっぱいにうつります。

ひいきのチームだったら、その「表情」に感情移入してしまうかもしれませんね。

でも、考えてみると、どんな「名監督」といわれた人でも、勝率十割はいません。

打者だって3割で一流。

投手も失投はあります。

守備率は、名手ほどパーフェクトはありません。

なのに、審判だけに完全が求められ、監督や選手から一方的に暴力や暴言を受ける。

全く間尺に合わない仕事だなあと思いませんか。

本書『審判は見た!』では、著者が、いろいろな審判や選手、監督らから話を聞き、審判の話をルポとしてまとめています。

たくさんのエピソードが書かれており、詳細は本書をご覧いただくとして、一部ご紹介します。

血の気の多い広島のファンもアンタッチャブルだったのは……


たとえば第1章では、ある試合でジャッジの変更したため広島球場が殺気だち、審判団が本気で生命の心配をしてあれこれ逃げる方策を考えた様子が、仮名や名無しではなく実名入りで、事細かに書かれています。

今はだいぶ変わったかもしれませんが、少なくとも川上巨人のV9当時は、とくに広島市民球場のヤジは強烈で、ラジオごしに聴いていても雰囲気が伝わり怖くなる時がありました。

当時の審判団は、広島で使うタクシーの会社が決まっていたそうです。

なぜなら、その会社以外のタクシーに乗ると、血の気の多いファンにタクシーをボコボコにされてしまうからだそうです。

では、なぜ「その会社」だけはボコボコにされなかったのか。

それは、その会社の社長が、山口組組長の舎弟であり中国支部・打越会の会長だったからです。

打越会が『仁義なき戦い 広島代理戦争』の一方の組であるとともに、

仁義なき戦い・代理戦争タイトル

打越会長は今も語り草となっている樽募金など、チームのために貢献した人だったので、血の気の多いファンも打越会長の会社だけは狙わなかったのです。

仁義なき戦い・代理戦争
『仁義なき戦い 代理戦争』より。映画では加藤武が演じた

審判を「食わせてやっている」と思い込んでいるユニフォーム組


元阪急・日本ハム監督の上田利治氏は、「人間なんだから間違うことはある。だけど君らは間違ってはいかんのだよ」と審判に言ったといいます。

それはすなわち、審判は人間以下なのか、と審判は落胆しています。

人間以下と見ているかどうかはわかりませんが、少なくとも自分たちがいてこそ審判の生活も成り立っている、という思いがあることは間違いないようです。

気に入らない審判を解雇するよう、コミッショナー事務局に圧力をかける監督もいるそうです。

しかし、その監督もファンあっての存在であり、また審判なしでは試合は成り立たないのです。

ファンにとっては本来、観戦する試合に金を払っているのであり、ユニフォーム組も、審判も、試合に欠かせない大切な人たちという意味では同じなのです。

審判は石ころ、なんて言われることもありますが、同書は審判は良くも悪くも人間であることがわかります。

審判の最高年俸は1800万円、1試合で1週間は寿命が縮む、皆が嫌がった野茂のジャッジ、有力選手に判定が影響を受けることもある「Oボール」「Nボール」など、興味深い話もいろいろ書かれています。

スポンサードリンク↓

まとめ・審判も“プレーヤー”である


私は、同書に記載されている江夏豊氏のコメントが至言だと思いました。
以前、審判の不要論が出たことがあったやろう。コンピュータに判定させようというわけやけど、コンピュータなんて、俺は大反対だね。野球そのものが味気ないものになる。野球というのは、人間がやっているから面白いんや。ミスジャッジもあるかもしれない。選手とのトラブルだって派生してくるだろう。だからこそドラマや感動というものが生まれてくるんや。

審判は、ユニフォーム組とは別のステージで試合を裁いているのではなく、ユニフォーム組と同じで、一緒に試合を構成している「プレーヤー」だというわけです。

すなわち、誤審はエラーや失投などと同じで、プレーのうちなのです。

一流と言われる選手は、「ヒューマンエラー」はあるものだと認識し、むしろそれを利用したり操ったりすることで、自分のプレーや試合の盛り上げに還元する、と江夏豊氏は言いたいのでしょう。

私は、今の選手や監督にこうした認識があれば、審判を不当に扱うようなことはないのに、と思いました。

プロ野球ペナントレースはいよいよ佳境に入りますが、これからは、そのような視点で審判にも注目するとより面白く観戦できるかもしれません。

審判は見た!(新潮新書)

審判は見た!(新潮新書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/08/20
  • メディア: Kindle版

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(308)  コメント(12)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 308

コメント 12

ナベちはる

どのスポーツでも「審判の判断は絶対」というところがありますが、審判も人間である以上はミスもありますよね。

スポーツ選手の中にはそれを解っていない方もいるようなので、もう少し理解して頂ければトラブルももう少し減るのではと思います。
by ナベちはる (2016-08-21 00:39) 

yamatonosuke

その審判のクセを読むというのもプロの技術のうちですね。それでも抗議するのは昔に比べて減ってきた気がします。
by yamatonosuke (2016-08-21 00:44) 

犬眉母

ビデオとかコンピュータで判定したら、正確すぎて却って試合が壊れます。

ダブルプレーの時、二塁手がセカンドに足がついていなかったとか、
アウトの流れとタイミングなのに、
厳格にセーフにされるなんて容易に想像できます。
暗黙の了解みたいなのって、人間の審判だからできることです。
by 犬眉母 (2016-08-21 02:15) 

green_blue_sky

機械判定にすれば今とは違うことになるでしょうね(^_^;)
ニャンコ、冷房の風が嫌なだけで、暖房や扇風機の風は大丈夫です。
by green_blue_sky (2016-08-21 06:20) 

pn

巨人の星で審判の話があったなぁ。試合当時は誤審だとヤジを飛ばされたけど翌日のスポーツ紙の写真で正解と分かると言う話なんですが細かい設定が覚えていない(^_^;)
by pn (2016-08-21 08:07) 

プー太の父

たしかに審判の誤審もプレーの
ひとつと考えるのが正しいかと思います。
いちいちビデオ判定やコンピューター判定なんか
していたら試合の流れが止まってしまって
試合の面白さがなくなってしまいますね。


by プー太の父 (2016-08-21 08:58) 

釣り好きアウトドアマン

勝負毎は見ているファンも興奮状態になるんで、いろいろあるんですね~。審判目線で考えたことはなかったのですが、面白いですね。確かに殺気だったファンをみたら怖くなるかも知れませんね^
by 釣り好きアウトドアマン (2016-08-21 11:23) 

やおかずみ

面白そうですね。読んでみたくなりました。
by やおかずみ (2016-08-21 12:50) 

makkun

こんにちわ~ん!
Pu~ちゃんの誕生日への祝コメ
ありがとうございました~(*^-゚)v♪
ワンちゃん(中型犬)の場合の7歳と言うのは
人間だと44歳に相当するんですよ~
15歳前後までの寿命ですので
真剣に育てて行かないと後悔しそうですので
愛しく愛しく一緒の生活を楽しみたいと思います・・。
by makkun (2016-08-21 14:41) 

ファンファン

審判という仕事は、命がけなのですねー。
タクシー会社の社長が、山口組組長の舎弟であり中国支部・打越会の会長ってとこで、ちょっと笑ってしまいました。
読んでみたくなって、図書館に予約しました。
楽しみです。(^^♪

by ファンファン (2016-08-21 21:11) 

tai-yama

学生の試合で審判をやったことがあります。(バスケット)
ボロカスにヤジ(文句も)を飛ばされました(笑)。
プロだともっと大変なんだろうな。と思います。
by tai-yama (2016-08-21 22:45) 

アフロおやじ

私も審判の経験があります。
「審判の言うことは絶対」と言われていますが、
微妙な判定には必ず難癖をつけられます。

では機械で判定させたらさせたで、
新たな問題で出てきそうですし、何より味気ないような気がします...
by アフロおやじ (2016-08-21 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます