So-net無料ブログ作成

白井義男、日本初のボクシングチャンピオンになった日を振り返る

白井義男

白井義男、という名前をご存知ですか。今日は、ボクシングの白井義男が、後楽園球場特設リングで、宿敵ダド・マリノに判定勝ちし、日本人として初めて、ボクシングの世界チャンピオン(フライ級)になった日(1952年)です。(画像はGoogle検索画面より)



戦後、敗戦にうちひしがれた日本国民に、夢と希望を与えてくれたプロスポーツヒーローというと、街頭テレビの力道山がしばしばとりあげられますが、力道山がシャープ兄弟に空手チョップをふるった前年に、白井義男はチャンピオンになっています。

力道山の方は、残念ながら私は、直接話をすることは出来ませんでした。

ただ、もう一方の雄である白井義男については、1989年に本人と話をし、白井義男に深い関心を持っていた村松友視氏と寺内大吉氏からも話を聞く、大変光栄な経験をさせていただきました。

『週刊SPA!』という雑誌が今もありますが、その前身である『週刊サンケイ』という雑誌が、ちょうど創刊した時に、白井義男がチャンピオンになっています。

そこで、『週刊SPA!』にバトンタッチする『週刊サンケイ』最終号では、過去に同誌が報じた出来事や人物を改めて振り返る特集を組み、巻頭記事に登場したのが白井義男だったのです。

白井義男
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w67009648 より

つまり、それを書いたのが私でした。

私は週刊誌の記者ではなかったのですが、ある編プロに頼まれて書いたところ、有名人の方々が取材に好意的だったこともあり、望外の出来に仕上がりました。

ちなみに、同号で巻末の記事を書いたのが、女優・松原智恵子の夫である黒木純一郎氏(が代表を務める会社)でした。

あいつと私.jpg
チャンネルnecoより

松原智恵子の『あいつと私』で思い出す「もりそばの『借り』」

黒木さんは新進気鋭のジャーナリストとしてメディアに名前が出ていたし、私も知り合いだったから、

「えー、黒木さんに勝った―っ」と、それはちょっと嬉しかったですね。

私の人生の、ほんの一瞬のハイライト(笑)

かわしながら攻撃する新しいタイプのボクシング


村松友視さんは、白井義男についてこう話をしてくれました。

とにかくボクシングのチャンピオンというと、まず強いということがイメージとしてありますね。白井選手も強かったわけですが、彼の場合には、それに加えて“優しさ”という要素もあったのです。ライバルのダド・マリノと試合後に健闘をたたえて抱き合ったり、バンテージに四つ葉のクローバーをはさんだりしたというエピソードや、カーン博士という師匠との師弟愛など、その温かさが非常に魅力的なボクサーだったのです

ピストン堀口など、それまでの我が国のボクシングヒーローというのは、とにかく攻めて攻めて攻めまくる直線的なボクシングをよしとされていました。

が、白井義男は、相手に攻めさせるけれども、それをなんとかかわしながら自分が攻撃をするという、非常に深いボクシングだったそうです。

白井義男さん本人からも直接うかがっています。

これはあとになって分かった話なんですがね、実はその時、女房はトレーニングパンツの中に、お守りを縫いつけておいたらしいんですよ。私の母親と相談して、私に内緒でやったことなんですけどね。隠れた親切は美しいっていうけど、これには泣かされたなあ」 

その後、白井義男は5回目の防衛戦でパスカル・ペレスに敗れ、リターンマッチでも雪辱できずに引退します。

そのきっかけを教えてくれたのは、寺内大吉さんでした。

試合が終わり帰宅して、夫婦でお茶を飲んでいる時、突然白井選手が、"あれ? 今日は試合じゃないか、お茶なんか飲んでいられん!"と奥さんに言ったというんですな。それで奥さんは、"もう試合は終わったのよ"と悲しそうに言ったわけです。白井選手は、奥さんの悲しそうな顔を見て、引退を決意したと言っていましたね
今日現在、日本のジムに所属する世界チャンピオンは11人だそうです。
http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/chanpion.html

正直なところ、私はその11人の試合を見ていないのでわかりませんが、白井義男のように、いつまても語り継がれるようなファイトをしていただきたいですね。

スポンサーリンク↓

小倉あんとマーガリンでまろやかな甘さ


今日、ここだけの話としてご紹介するのは、『黒糖スナックサンド小倉&マーガリン』(フジパン)です。

黒糖スナックサンド小倉&マーガリン

すでに「黒糖スナックサンド」シリーズは、これまでにもご紹介したことがあり、中が「小倉&マーガリン」というのもめずらしくありませんが、「黒糖」と「小倉&マーガリン」の組み合わせは、今回が初めてです。

黒糖スナックサンド小倉&マーガリン

袋を開けると、例によって黒糖の香りがします。

マーガリンの塩気、小倉餡の甘さ、黒糖生地の苦さ、この絶妙のバランスがいいですね。

黒糖スナックサンド小倉&マーガリン

マーガリンは、小倉餡に比べると量が少なく、トーストすると、パンに染み込んでほどんどわからなくなったしまうかもしれません。

食パン部分に、イーストフードや乳化剤の使用はないそうです。

コッペパンタイプに比べると、全体として量が少ないように見えますが、スナックサンドのパンは密度が濃く、歯ごたえもあります。

おやつでも食事でもいいと思います。

ザ・チャンピオン (この道シリーズ)

ザ・チャンピオン (この道シリーズ)

  • 作者: 白井 義男
  • 出版社/メーカー: 東京新聞出版局
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(248)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 248

コメント 16

末尾ルコ(アルベール)

白井義男の名はもちろん知っておりますが、試合を観たことはありません。力道山がシャープ兄弟と対戦するより前にチャンピオンになっていたのですね。

>私の人生の、ほんの一瞬のハイライト(笑)

まだまだ、これからどんなハイライトがあるか分かりませんよ!
ボクシングは攻撃武器がパンチだけという特殊な格闘技だけに、高い技術を持ったボクサーの試合はとても美しく感じる場合がありますね。白井義男はそんなタイプだったのかなと想像しています。ボクシングは過酷なスポーツだけに、多くの選手が比較的若い年齢で引退してしまいます。特に米国ではボクシング文化が根強くて、映画でもボクシングを題材にした作品がとても多いです。一番好きなボクシング映画は言うまでもなく、ロバート・デ・ニーロ主演の『レイジング・ブル』です。ちなみに日本人以外で好きだったボクサーは、フェリックス・トリニダード、ナジーム・ハメド、レノックス・ルイス、そしてマイク・タイソンです。モハメッド・アリは残念ながら、VS猪木戦以外はリアルタイムで観てないのです。明日は村田諒太の世界戦がありますね。久々に日本人のスターチャンピオンが生まれるかどうか注目しています。

『黒糖スナックサンド小倉&マーガリン』・・・スナックサンドって、いろいろ出してくれるから有難いですよね。食生活、バラエティ豊かにチョイスできるに越したことありません。マーガリン+甘味って、とても相性がいいんですよね。このスナックサンドもぜひ試してみます。

リンリン・ランランって、多分子どもの頃、そんなに何度も見たわけではないのだと思いますが、「一度見たら焼き付く」タイプのインパクトではなかったかと。歌詞もかなり覚えてました。しかし今、その歌っている姿を見てみると、子どもの頃とは違ったインパクトがあります(笑)。(え?こんな体型だったの?)というのもあるし、曲の間ずっと貼りついたような笑顔で、「笑顔でいながら無表情」という最近のアイドルでは見かけない表情です。アイドルって、特に熱心に見ていたわけではないですが、YouTubeでぞろぞろと出て来るわ、出て来るわ、昭和はトンデモアイドルてんこ盛りですね。ある意味、おニャン子クラブやモーニング娘など、プロデューサーが無駄に目立つようになってから、アイドルの平板化に繋がっている感も受けています。秋元康プロデュースなんかより、昭和のトンデモアイドルの方が笑える分、世の中の役に立っているのではないかと(笑)。
マギー・ミネンコは、『燃えるブンブン』という歌の印象が強く、こちらもそう何度も観たわけではないと思うんですが、歌詞もかなり覚えています。『うわさのチャンネル』はあまり観た記憶がなくて、ただ、デストロイヤーの特集番組みたいなもので和田アキ子が証言していた話の内容とかはよく覚えています。「ミネンコ」という名前の音も、子どもにはちょっと可笑しいものでした。しかし「ゴールデンハーフ」って、スゴいグループ名ですよね(笑)。
シリア・ポールという人は知りませんでしたが、ネットで写真を見ると、ちょっとアグネス・ラムに共通する顔立ちのように見えます。アグネス・ラムの人気もなかなかでしたよね。中高生(あるいは小学生も?)の男子の多くがあの胸に釘付けになってましたから(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-19 22:34) 

pn

うーむ、俺の人生のハイライトってあったのかなぁ(^_^;)
by pn (2017-05-19 23:14) 

utamaroco

ボクシングはよくわかんないけど、サッカーよりいいわね。

サッカーはチームだから、選手の名前覚えるの大変だし\(^o^)/
by utamaroco (2017-05-19 23:27) 

うめむす

いっぷくさんが、文章がお上手な訳が分かりました。

村松友視さんといえば「私プロレスの味方です」。
私がプロレス関連の記事を書くとき、
自分の事を「プロレスファン」ではなく
「プロレス者」と称しているのは、この本の影響です。

それにしてもすごい交友歴をお持ちなのですね!

by うめむす (2017-05-19 23:33) 

うつ夫

力道山と白井義男は、社会の教科書に出てきても良い伝説の人です。
力道山は非業の死を遂げましたが、白井義男さんは比較的普通の余生でよかったですね。
by うつ夫 (2017-05-19 23:40) 

nikki

雑誌のライターさんみたいな文章の理由がわかりました。

本社が名古屋のフジパンだから
小倉マーガリンなんでしょうね。
by nikki (2017-05-20 00:04) 

yamatonosuke

明日(もう今日)は奈良のヒーロー村田諒太さんの世界戦ですね。
チャンピオンになれるかな〜
by yamatonosuke (2017-05-20 01:06) 

えのみ

「小倉&マーガリン」・・・
2つの組み合わせが合うなんて信じられないですね
by えのみ (2017-05-20 02:04) 

Take-Zee

おはようございます!
小倉あんとマーガリンの入ったパンは
おいしいです!
白井義男さん知っています、現役時代は知りません。

by Take-Zee (2017-05-20 07:35) 

いっぷく

コメントありがとうございます。
自己弁護しておくと(汗)、ライティングの心得が、ブログの出来に反映しているとは限りません。

紙媒体とネットでは、求められる文章の条件が違いますし、
商業媒体は、整理記者や編集者の手や意見が入るので、
推敲しなくても、ワンクリックで更新されてしまう個人ブログとは
完成度も、狙ってるところも、全く変わってきてしまいます。
by いっぷく (2017-05-20 07:42) 

KENT0mg

私は1980年代のミドル級の全盛まで熱烈なボクシングファンでした。白井さんは日本人選手の中では知的なイメージがありますね。教育者的な一面もあって、謙虚な解説が好きでした。今は昔の劇画的なボクシングを漫画っぽく感じながら、たまに見ています。
by KENT0mg (2017-05-20 09:50) 

伊閣蝶

白井義男さんといえば、私たち世代にとっては正に神がかり的なヒーローでした。
いっぷくさんが白井さんのことをこのような形で取材なさり記事を発表されていたと知り、本当に驚いております。
私は残念ながら、その記事を拝読しておりませんが、奥様がパンツにお守りを縫いこんだエピソードや引退の決意に至るお話は胸にしみました。
こうした、人格的にも高潔なチャンピオンの再来を待ちたいと切に思いました。

by 伊閣蝶 (2017-05-20 12:53) 

makkun

私は高校生の時に大塚のアパートで
一人で住んでいたのですが
直ぐ近くに「海老角ボクシングジム」があり
良く覗いていたのですが
その時にジム関係者やスパーリング中のボクサーが
良く白井義男の名前を出していたのを覚えてます。
日本のボクシングには「白井あり!」でしたよね~(^^
by makkun (2017-05-20 20:58) 

Rinko

小倉あんとバター、意外な組み合わせですが合いそうですね~!!
by Rinko (2017-05-22 08:15) 

chibacandy

小倉餡とマーガリンの組み合わせは50数年前からありましたね。パンもコッペパンか食パン、選べました。その時は黒糖パンはなかったですね。
by chibacandy (2017-05-22 12:21) 

クッキー

ボクシング=白井義男でしたね、それと力道山さんの試合を
テレビで見て大騒ぎしてました、翌日は空手チョップ

by クッキー (2017-05-22 15:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます