So-net無料ブログ作成

火傷治療、湿潤療法に切り替えて良かったのか2年半後を見る

湿潤療法

火傷(やけど)治療でその是非が議論される湿潤療法。私の妻は2年半前に顔と腕にヤケドを負った時、当初従来の治療を施すクリニックで治療を受けたところ、跡が残ると言われて湿潤療法に切り替えました。では現在どうなったか、湿潤療法をどう考えているかまとめます。



湿潤療法というのは、皮膚のケガについて、水道水で洗い、消毒液は使わず、体液が滲み出てもガーゼのような吸水性のあるものは使わず、つまり消毒も乾燥もさせないで回復を待つ治療法です。

水道水で洗う湿潤療法

従来は、患部を消毒して、かつ通気性のある絆創膏や包帯を使って乾燥させることが常識的な手当てでした。

絆創膏や包帯

しかし、湿潤療法は、消毒液を使うと傷を治す細胞のはたらきを弱めてしまう、乾燥させると傷を治す細胞が死んでしまう、といった理由から使用しません。

従来の治療は包帯を使いますが、湿潤療法でよく使われるのは、家庭用のラップフィルムです。

そこで、ラップ療法とも呼ばれます。

湿潤療法は、傷の治りが早い、傷が痛まない、傷跡が残りにくい、といったメリットがあるとされています。

しかし、消毒をせず家庭用ラップフィルムを使うことから、「家庭で手軽に治療できる」と軽視され、深い傷や汚染された傷など、医療行為の必要なものも適切な治療の機会を失い、結果的に化膿したり、跡が残ったりすることもあり、その是非がネット上でも議論されています。

スポンサーリンク↓

湿潤療法で治療したところ……


さて私の妻は、2年半前に誤って頭から熱湯をかぶってしまい、顔と腕と胸にヤケドを負いましたが、左腕のヤケドははっきりと腫れていて、通常の皮膚科クリニックでは跡が残ると言われました。

そこで、ダメもとで、湿潤療法を標榜する皮膚科クリニックに転院して治療を行いました。

直後と1年後については、過去の記事に書きました。

湿潤療法、やけどの手当て、本当の話
湿潤療法、やけどの経過、本当の話
湿潤療法、やけどのその後、本当の話

湿潤療法
従来の手当てを行う皮膚科受診からは「跡が残るだろう」と言われる

湿潤療法
湿潤療法のクリニックに切り替える

湿潤療法
薬は短期間、ステロイド(リンデロン)と保湿剤(ヒルドイド)を使用

湿潤療法
1ヶ月後

湿潤療法
3ヶ月後

湿潤療法
1年後

そして今回の2.5年後は……

湿潤療法

劇的には変わっていませんが、「1年後」よりはいくぶん薄くなったかな、という程度です。

傷跡は、年単位で見ていくと変化があるそうなので、湿潤療法でどのくらい傷跡が残るのかということを明らかにするために、また引き続き見ていきますが、ここでは湿潤療法について、ネット上の是非論争も踏まえてわかったことをまとめておきます。

1.湿潤療法だから怪しい、いけない、ということはない
2.ただし、湿潤療法を標榜する皮膚科もあるので医師の診察はうけること
3.湿潤療法でも全くの自然治癒待ちではなく、症状によって短期間のステロイドや保湿剤など薬の力を借りる


ネットの論争を見ていると、

医療行為(従来の治療)VS民間療法(湿潤療法)

という対立に見えるのですが、そうではなくて、湿潤療法であっても医師の治療として行う、と考えておいたほうがいいと思います。

やけどを含め、ケガはいつ誰に起こるかわからないアクシデントですが、そのような治療法もあると、記憶にとどめていただければ幸甚です。

キズ・ヤケドは消毒してはいけない―治療の新常識「湿潤療法」のすべて

キズ・ヤケドは消毒してはいけない―治療の新常識「湿潤療法」のすべて

  • 作者: 夏井 睦
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(286)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:健康

nice! 286

コメント 22

mitu

この療法は、寝たきりのためにできる床ずれの症状にも有効のようです、人間の細胞の回復機能って素晴らしいです!
奥様のやけどの後はほとんど残らずに、よかったですね^^
by mitu (2017-06-29 10:38) 

makkun

火傷の処置はそうなんですか~
水道水で洗浄してサランラップを巻く・・
確かの湿潤は保たれますよね~
それで自然治癒を待つ事で治癒するのであれば
知らない人が多いハズですので
もっともっと啓発すべきですよね~。
良い事を聞きました。
奥さんの火傷痕は完治したと云えますね~。

by makkun (2017-06-29 11:41) 

末尾ルコ(アルベール)

湿潤療法・・・お写真では奥様の傷跡、順調に治癒に向かっておられるように感じられます。「治療法の選択」というのは常に当事者の人生のクオリティにかかわるもので、時に大きな悩みとなってしまいます。いっぷく様、そして奥様が湿潤療法を選択し、治癒に向かってらっしゃるということで、本当に何よりだと嬉しく思います。そして素晴らしいのは、どのような症状に対しても、常に「ご自分でできることを模索し、実行してらっしゃる」ことです。もちろん医師を始め、専門家の蓄積には大きな尊重を置くべきですが、まず「自分」、そして「自分の家族など近しい人」について「一番の専門家は自分」であるべきだというのがわたしの目標ですが、いっぷく様の常日頃のお振る舞いには本当にいつも敬服いたしております。奥様のますますのご回復、お祈りしております。


やはりローラ・ボーも「昭和の伝説」だったんですね!アグネス・ラムがティーンの間で大いに話題になっていたのに対して、ローラ・ボーはもっと「大人向け」のイメージでした。ゴルフというスポーツの選手だということが大きかったでしょうが、それにしてもあのミニスカート姿は今見てもかなり(笑)です。特に当時は、今のスポーツ選手のコスチュームと違って、「見せてもいい」という感覚が希薄だったので、「見えてはいけないものが見えている」というプレミアム感(笑)が凄まじかったです。
いっぷく様のおっしゃる通りで、アン・シネに限らず韓国人は「作り過ぎ」で、アイドル歌手なんかも、(ここまでにしなくても・・・)という人が多いですね。どこかに不調和なところがあるのが色気につながるのに、そのあたりが理解されていません。
ルーファス・ジョーンズって、絶対見たことあるはずですが、ぜんぜん覚えてなかったので、「グレート小鹿&大熊元司 vs アブドーラ・ザ・ブッチャー&R・ジョーンズ 78年7月大曲」という動画を見てみました。いや~、おもしろいです(笑)。しかしこういうの見ると、「次の動画」におもしろそうな試合がずらずら並んでいるので困ります(笑)。1日に、50時間くらい欲しくなりますね(笑)。
それにしてもルーファス・ジョーンズ、ふざけたチョップ攻撃が最高ですね~。「テリーファンクvsレイキャンディ ブッチャー乱入 80 March 8thc C Kumagaya Japan」という動画も見てみましたが、レイ・キャンディ、大きいですね~。だいたいがブッチャーとテリーのからみで、キャンディの出番は少なかったですが。
ブラジルと大木では、わたしも子ども心に、ブラジルが遙かに格上というイメージを持っていました。頭突きだけでなく、プロレスラーとして何段階も違うというイメージですね。「ココバット」という響きから来る高級感もよかったです。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-06-29 12:28) 

ワンモア

ほとんど、分かりませんね(´⊙ω⊙`)順調に回復されてきて何よりです。人間の治癒能力ってすごいですね。勉強になりました。
by ワンモア (2017-06-29 13:29) 

pn

自分で勝手にできそうだけどちゃんと医療機関での指導後って事ですよね、民間医療ではないよねこれは。
by pn (2017-06-29 13:33) 

チャー

湿潤療法
聞いたよな気がしますが?
奥様の腕の経過を見る限り 殆ど 跡が分からなく完治しているように思います
もちろん これが全てに通じる訳ではありませんが ひとつの選択になりますね
ありがとうございました
by チャー (2017-06-29 16:56) 

johncomeback

殆ど跡が分かりませんね、大正解のチョイスだったのでは?
by johncomeback (2017-06-29 20:16) 

うめむす

湿潤療法、憶えておくようにします。
奥様は、この療法が体に合っていたようですね。
by うめむす (2017-06-29 20:18) 

kyon

なるほど、綺麗に治られてよかったですね。
by kyon (2017-06-29 23:20) 

nikki

湿潤療法というのがあるのですね。知りませんでした。
名古屋にやけど治療で有名な中京病院という大きい医療機関があります。
そこがどういう療法を取り入れているのかが気になります。
by nikki (2017-06-29 23:31) 

足立sunny

10年ほど前から日常の切り傷(この前草刈り鎌で指を切ったとき等)などは、洗ったまま放っておくことにしていますが、消毒して傷バンを貼るよりも直りは早いようです。ラップをまいたりしませんので、湿潤とも違う感じですが。
奥様の大やけど、湿潤療法がうまくいっているように思えます。
大やけどのような場合とか、傷が深い場合などは、素人考えの治療は危ないとは思っています。
by 足立sunny (2017-06-29 23:43) 

レインボーゴブリンズ

奥様のご不幸に、お見舞いを申し上げます。しかし、湿潤療法によって、すっかりきれいに治ったようにみえます。とてもベストな選択だったのではないでしょうか。
by レインボーゴブリンズ (2017-06-30 00:09) 

yamatonosuke

いつ自分が火傷するかわからないので頭に入れておきます。
by yamatonosuke (2017-06-30 01:22) 

えのみ

人にも治癒力があるんですね。

by えのみ (2017-06-30 01:58) 

kou

軽度の褥瘡の方を皮膚科に連れていった事がありましたが、医師にラップを使った治療法を教わりました。
これは場合によっては良い療法だと思います。
by kou (2017-06-30 07:42) 

チナリ

おはようございます。

「湿潤療法」 ではヤケドの跡がわからなくなるほど薄れていくような効果が出るんですね。


>従来は、患部を消毒して、かつ通気性のある絆創膏や包帯を使って乾燥させることが常識的な手当てでした。

私は昔に熱いアイロンに誤って手を当ててしまってヤケドをした経験があり、どうやって治療したのかは忘れてしまったのですが、ラップを使った記憶がないので、もしかすると従来の手当方法だったのかなと思います。

by チナリ (2017-06-30 08:47) 

Rinko

全くヤケドの痕を感じさせないお写真ですねー!!
諦めずにいろいろな方法を模索すること、大切ですね^^

by Rinko (2017-06-30 09:03) 

えくりぷす

皆さんもコメントしていらっしゃるように、順調に回復されているとお見受けします。湿潤療法を選択された奥様といっぷくさんの決断は素晴らしいですね。
医師もいて健康保険も使える治療法とのことですが、知らない人も多いので、知識は大事だなと思います。ネットで「やけど 治療」で検索しても1ページ目には出てこないようです。
by えくりぷす (2017-06-30 10:21) 

芝浦鉄親父

私は昨年12月中旬、左腕に直径5cm大の火傷を負って、皮膚が剥がれてしまいました。
病院には行かずに、薬局で湿潤療法の絆創膏キズパワーパッドを購入して、約5箇月貼り続けました。若干、赤みが残っている箇所が見られますが、ほぼ綺麗に治りました。消毒などは、一切していません。
無論、火傷の程度にはよりますが、知らない人には、是非、知ってほしい治療法だと思います。
by 芝浦鉄親父 (2017-06-30 12:56) 

little_me

うちの息子も結構ひどいやけどしてしまって
ちょうど病院もやってない時間だったので
キズパワーパッド(の類似品でもうちょっと大きいサイズのもの)で
処置しました。
今はすっかり綺麗になったのでよかったです。
by little_me (2017-06-30 13:16) 

うつ夫

治療法の選択は難しいですね。
by うつ夫 (2017-07-01 00:23) 

いぶさん

手のアトピーでこの方法を知りました。
私の場合は根本が違うようで変化を
感じませんでしたが、快方されたブログの方を
見て色々試すのはいいかなと思います。
やみくもはよくないですけれどね…
でも綺麗になられましたね。よかったです。
by いぶさん (2017-07-15 22:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます