So-net無料ブログ作成
検索選択

障がい児を育てるということはどういうことか率直に述べよう

障がい児を育てる

障がい児を育てるということはどういうことか。いきなり直球の障がい者話で恐縮ですが、Facebopkのタイムランを見ていたら、出生前診断について議論するバラエティー番組(しかもかなり前の)がたて続けに紹介されていたので、その番組のご紹介とともに自分の意見を述べてみます。



投稿は埋め込みができなかったので、画像でご確認ください。(画像はFacebookより)

障がい児を育てる

投稿は、Youtubeにアップされているテレビ番組にリンクされています。

関心のある方は、こちらからどうぞ。
https://youtu.be/FwUk3KSvnAg

番組では、奥山佳恵夫妻が出ていて、自分の子はダウン症だと告白。

周囲が涙目になって、松野明美まで「実は私の下の子も……」と告白しています。

そして、スタジオでは、出生前診断で堕胎する人が多いことについて、その是非を議論しています。

障がい児を育てるということはどういうことか


私の子どもは、先天的な障がい者でもダウン症でもないのですが、火災で高次脳機能障害になってしまった中途障害者であり、もとより私の妻は高齢出産でもありました。

その経験から、障害児と出生前診断について、個人的な意見を簡単に述べてみます。

障害児を育てることは、健常児を育てるよりも苦労するので覚悟は必要


きれいごとを言っても始まりません。

障害児を育てるのは大変です。

重度はもちろん、軽度だって大変なんです。

育児・子育ての苦労は、健常児のほうがよりましに決まっています。異論は認めない(笑)

ただし、想定できる人生の苦労の中で“最悪な苦労”というほどではない


だからといって、一家で首くくるほど追い詰められるような苦労ではないと思います。

なぜなら、どんなお子さんも成長がありますし、何より家族の一員としての存在感はかけがえのないものです。

苦しいけど、お金では買えない幸福な見返りもあるのです。

はっきりいって、認知症の介護のほうがよほど大変で辛いと思います。

高齢出産をムキになって反対する人は、「もしダウン症児が生まれたら育てるのが大変だろう」と、もっともらしい理由をおっしゃいますが、心配ご無用。

苦しくても楽しいこともあるのですよ!

最後は自分で結論を出す問題


まあ、しょせん育てるのは自分たちですから、よそさまの意見を参考にするにしても、自分が結論を出せることです。

出生前判断は、陽性が出たら出産をやめるためのものではありません

ダウン症児が生まれる可能性を知り、その準備をするための告知だと私は思っています。

検査結果次第で、生む産まないを決めるなどというような、成り行き任せのいいかげんな気持ちなら、障害児であるなしにかかわらず、生まれてからの子育ては大変でしょう。

スポンサーリンク↓

ホタテの味がする細打ち麺


奥山佳恵の実家は中華料理店なので、今日はラーメンの話題を。

みなさんは、袋入りの生ラーメンは利用されていますか。

私は、いろいろ作ってみましたが、いまのところ、シマダヤの『細打ちラーメン和風醤油味』が一番気に入っています。

細打ちラーメン和風醤油味

「北海道きたほなみの小麦粉を使用した、のどごし滑らかな細麺」と、「煮干しの風味を利かせたスープ」が売り物です、

細打ちラーメン和風醤油味

「煮干し」もあるのかもしれませんが、「ホタテ」もひとしずく程度は使っているような感じがしました。

423g(めん110g×3)なので、特別多いわけではないのですが、細麺だからか、たくさん入っている印象があります。

スープは、予め丼に入れて、お湯を加えるものですが、私は別に小鍋で加熱して作りました。

麺は、茹で上がったら、つけ麺でもないのにいったん水で締めるので、スープがぬるいと美味しくなくなってしまうからです。

具材は1袋100円ぐらいで売っているカット野菜を予めごま油で炒めておいて、

細打ちラーメン和風醤油味

手元不如意の私にピッタリの魚肉ソーセージ……

は、撮影に気をとられて入れ忘れてしまいました。

あとは煮玉子も、あ、ネギも……。ま、いいか(汗)

袋の油であげた麺や、カップ麺など、即席麺もいろいろありますが、麺のコシが感じられる生ラーメンはいいですね。

ダウン症のこどもたちを正しく見守りながらサポートしよう!

ダウン症のこどもたちを正しく見守りながらサポートしよう!

  • 作者: 玉井 邦夫
  • 出版社/メーカー: 日東書院本社
  • 発売日: 2012/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(258)  コメント(25)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 258

コメント 25

green_blue_sky

花粉症などで鼻が炎症がひどく、夜は口呼吸で、寝不足です。日中は電車の中で座ると、口呼吸にはならず、寝てしまいます(^_^;)
by green_blue_sky (2017-05-17 22:04) 

末尾ルコ(アルベール)

>苦しくても楽しいこともあるのですよ!

これが人生の「真実」の一つですね。そして様々な苦難をご経験しておられるいっぷく様がおっしゃることで、説得力がさらに大きくなります。わたしの場合も、いっぷく様とは異なることですが、人生の中で普通の方々がしてらっしゃらない困難を経験しており、そのただなかにいる時は苦しさしか感じなかったことでも、今となっては「その経験がなければどうしようもなかったかもしれない」という気持ちになっています。

>お金では買えない幸福な見返り

これも本当に大切なことですね。そして人生でこれ以上の「見返り」はないとさえ言えるかもしれません。同時に言えるのは、「お金で買えること」のほとんどは、「単なる消費」と化してしまう場合が多いものです。苦しいからこそ、人生の本当の姿が見えてくる。そして心はいつもその境地を求めているものではないでしょうか。

『細打ちラーメン和風醤油味』・・・これは便利な商品ですね。このタイプの生ラーメンはあまり利用してないので、今度探してみます。魚肉ソーセージの彩りがなくても、グッとヘルシーな雰囲気が漂っております。

実はわたし、最近は漫画の『タイガーマスク』の方ばかり見ていて、で、昨夜アニメの方を確認すると、画がまったく違いますね。アニメの方はいわゆる劇画タッチで、表現がとてもハード。こちらも大好きだったんですが、ユリ子先生は断然漫画の方がいいですね。おっしゃる通りです。余談ですが、『タイガーマスク』動画をチェックしたために、「次の動画」という部分に出ていた『妖怪人間ベム』と『北斗の拳』もチェックする羽目に(笑)。『妖怪人間ベム』の歌がまた好きなんです。
漫画のルリ子さんは絶妙のバランスの上に造形されていますよね。あからさまなセクシーさとは無縁だけれど、本人(ルリ子さん 笑)も意図せざる色香が漂っている。辻なおきがそこまで計算して描いていたとは思えませんが、結果的にそうなってしまうのが「画」のおもしろいところです。あの身体のバランスが絶妙で、近年の漫画やアニメに、(どこの世界の人間だ!)と言いたくなるようなワザとらしい脚の長さとか表情とは無縁です。
しかしアニメでは伊達直人と「そんな関係」だったとは記憶にありませんでした(笑)。そうですか、アニメルリ子はホテルまで行って、そんなことを!それは「偽ウルトラセブン」ならぬ、「偽ルリ子さん」と呼びたいですね。

>夜空の星で我慢する

そうなんです!「我慢」無くして「真の恋愛」は無く、「我慢」無くして「真の官能」はありえません!! RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-17 22:35) 

うつ夫

>「ホタテ」もひとしずく程度は使っている

ひとしずくでよくわかりましたね。
それなら包丁人味平の「汗の味」を見破れますね。
by うつ夫 (2017-05-17 23:24) 

nikki

いろいろな考え方の人がいるので、
これでなければいけないということも。

袋入り生ラーメンよりカップラーメンかな。
by nikki (2017-05-17 23:27) 

たじまーる

障がい児を育てるよりも
認知症の老人を介護するほうがつらそうですよね。
確かにそう思いました。
あとは気持ちの持ちようだと思いますね。
by たじまーる (2017-05-17 23:43) 

utamaroco


>>汗の味
鼻田香作と勝負させたいわね。
by utamaroco (2017-05-17 23:52) 

ナベちはる

ひとしずくほどしかないホタテの味を見極める。凄いです…
by ナベちはる (2017-05-18 00:18) 

yamatonosuke

野菜たっぷりのラーメン美味しそうですね。
やっぱりモヤシは欠かせません。
by yamatonosuke (2017-05-18 01:00) 

pn

確かに最後は自分で決めないとですよね、障がいあるなしにかかわらず子育てって大変だと思います。
by pn (2017-05-18 07:33) 

Rinko

どんな子育ても山あり谷ありですよね。。。

ラーメンのお写真見てたらお腹が鳴りました。笑
by Rinko (2017-05-18 07:48) 

Take-Zee

おはようございます!
無職になってじきに半年・・・
これでいいのか? 戸惑いの毎日です。
子育て大変でしょうががんばって!
by Take-Zee (2017-05-18 08:12) 

muku

障がい児、軽はずみはコメントは出来ませんし、母親になってみないと分からないことがありすぎて。。。
ラーメン、その味のは食べたことがありませんが、シマダヤ製品は割とはずれなしですよね^^
by muku (2017-05-18 09:04) 

tachi

出産前判定の結果でどうするかは難しい判断ですね。
障害はありませんでしたが、膝が固いとか
卵アレルギーなどはありました。
これだけでも、お弁当など大分時間がかかります
by tachi (2017-05-18 09:38) 

犬眉母

一般に勘違いがあるようですが、高齢だから障害児が生まれるわけではありません。

高齢だと、いくらかその確率が増えるだけで、若くても、健康でも、親類にそういう人がいなくても、誰でも妊娠したらその可能性はあります。出産というのはそういうものです。

ですから、障害児でも出産するかどうかは、妊娠を希望する段階で結論を出しておかければなりません。

検査次第で決めるなんて言っていたら駄目です。

そうなったら雑念や周りの雑音で、自分の判断がきちんと出来なくなります。
by 犬眉母 (2017-05-18 09:43) 

johncomeback

カップ麺ばかりで生ラーメンは食べませんね。
シマダヤは出汁が美味しいイメージがあります。
by johncomeback (2017-05-18 10:13) 

little_me

私もラーメンの時は、野菜を一緒に煮るのではなくて
ごま油で炒めてのせるのが好きです。
シマダヤ3食入りはいいですね。
今度買ってみよう^^
by little_me (2017-05-18 11:49) 

まめ

ご意見、その通りです。
事前に知ることが大切だと思います。
結局、まめの場合は診断許可が出る前の出産でしたので
生まれる時まで実はドキドキしてました。

by まめ (2017-05-18 12:14) 

なかちゃん

認知症の介護のほうがよほど大変で辛い…ホントにその通りだと思います。
命を振り分けるために検査を行うんじゃないってことが分かってないんでしょうね。
ただ、医者の中にもその選択(堕胎)を受け入れる人がいるのも問題だと思います。
ラーメンがとても美味しそうですね。
ボクもスープは別鍋で加熱して作ります。
そして入ってるスープの他にいろいろと混ぜて使うんですよ(^^)

by なかちゃん (2017-05-18 13:45) 

ミムラネェ

こんにちは
野菜をたっぷり入れて、健康的なラーメンですね♪
やっぱり生麺は美味しそうです!( *´艸`)
by ミムラネェ (2017-05-18 13:48) 

花好き人

「苦しくっても楽しいこともあるのですよ」の言葉に心打たれました
by 花好き人 (2017-05-18 17:59) 

makkun

奥山佳恵夫妻のYouTubeのコメントを見て
心ない人(だと思った)のコメントにガッカリ・・。
「どんなお子さんも成長がありますし、何より家族の一員としての存在感はかけがえのないものです。」に
気持ちがホッ! としました。
生まれて来ようとする命・・・・
どんな状況であろうとも摘んではいけません。

by makkun (2017-05-19 14:02) 

りょ〜さん☆

授かりたくても授からない身としては「贅沢な悩み」とも受け取れてしまいますが,逆に言うと「子育ての大変さ」を知り得ないので「人の気も知らないで」と受け取られてしまう可能性も否めません。
苦労や辛さなどの負の部分は,その境遇に直面した或いは経験した人間にしか分かりません。その上で,当事者が視点や思考や価値観を変換することで,受け入れられるのか拒絶するのか,受け入れられるだけの器量なりなんなりが備わっているのか…
色々考えを巡らす度に,「普通」とか「当たり前」とかを個々の判断基準にして押しつけてくる相手や,その「普通」や「当たり前」の状況に身を置けながら感謝の念を抱かない相手と接すると,ものごっつぅイライラ指数が上昇してしまいます…
by りょ〜さん☆ (2017-05-19 17:39) 

utamaroco

そうそう。

育てた経験もないくせに、障害児は育てるのが大変だとか利いた風なこといってる奴の人格はみんな嘘っぱち。
by utamaroco (2017-05-19 23:30) 

伊閣蝶

>ダウン症児が生まれる可能性を知り、その準備をするための告知だと私は思っています。

この下りがすべてではないかと感動しました。
私にもダウン症の友達がおりましたが、本当に純粋で優しい男でした。
こんなに無垢な人間がいるのだなと、彼と向き合うと自分の至らなさを痛感したものです。

by 伊閣蝶 (2017-05-20 12:58) 

四辻の狸

人はパンのみに生きるに非ず」と言われる。然し、吾が子に他に生きる楽しみを見つ付け出す事は難しい。まして生きる励みなど尚更だ。見出しもせず、与えもせず、唯、パンのみで生かすのは、哀れで悲し過ぎる。
時に、瞳を交わし嬉しそうに頬笑む瞬間が有る。ハッとして、何とも言い様の無い気持ちになる。断片的でも良い!何とか生きる「楽しみ」を見出せないか?と、試みるが、上手く行かない。と云って、彼の人生だ、親や兄弟や支援者の理想や思惑に偏ったものではいけないと思う。本人の発する僅かな光を丹念に観察し続け、生きて行くスパイスになるものをチョットでもいい、見出し、身に付けて遣りたいと悩んでいる。
by 四辻の狸 (2017-05-22 15:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます