So-net無料ブログ作成
検索選択

日本人が「SNSを見て嫌な気分になった理由」について考える

SNSを見て嫌な気分になった理由

日本人は嫉妬深いのでしょうか。「SNSを見て嫌な気分になった理由は何か」(複数回答)と尋ねたところ、日本人回答者1000人の一番多い回答は、約54%が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行、休暇)」と答えたという話です。



ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが発表した、アンケート調査の結果です。

要するに、他人の「リア充」なんか悔しいから見たくない、ということですね。

これが、まとめサイトです。

他人のSNS投稿、日本人の半数が“嫉妬”「自分よりもいい人生に見える」

日本以外の国も含めた回答結果では、トップが「迷惑な広告」(72%)で、以下「誰かから『友達削除』をされた」(61%)、「誰かが自分のタイムラインやプロフィールに批判的/否定的なコメントを書いた」(59%)と続いているそうです。

日本人の回答は、全体の中でも“嫉妬”の感情が目立った、と記事ではいいたいようです。

みなさんは、SNSについていかがお考えですか。

私は、嫉妬という負の感情が苦手です。

アントニオ猪木のように、嫉妬をバネにとにかく自分を前に進められるような人はごく一部。

たいていの人は、せいぜい不毛な悪口をいうぐらいで、何も生み出さないどころか、他者を傷つけ自分の心も真っ黒にしてしまいます。

まあ、そんなSNS「イヤならやめれば?」という話ですが、横並びしていないと不安な人は、みんながやっているのならやめることもできない、というわけです。

そもそも、本当に投稿主が「よい人生」なのでしょうかね。

Facebookで、一見華やかな「リア充」を披露している人の多くは、Facebookをビジネスで使っているために、自らをブランディングするプロモーションの一環で投稿しているのです。

それ以外の“一般”の人だって、投稿しているごちそうをいつも食べているわけではないし、旅行のために普段の生活を切り詰めているかもしれないし、仮面夫婦かもしれません。

まとめサイトのコメントにあるように、いずれにしても「見栄張って、いいところだけ見せようとする虚飾の世界」ですから、そんなものに嫉妬したり落胆したりすることもないでしょう。

あらゆるメディアがそうですが、発信されているものは、全体の中の一面に過ぎず、その背後には見えない真実があるのです。

それがわからないと、いつまでたっても“情弱”のままなんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク↓



薄皮餃子専門渋谷餃子のワンコインランチ


『薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店』に行ってきました。

薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店

文字通り、渋谷で人気の餃子店が、大田区蒲田に進出したものです。

薄皮餃子専門渋谷餃子の『売り』は、

1.午前4時まであいていること
2.ニンニクやニラを使った古典的な特製餡(抜きも選べる)は肉汁がジュワー
3.独自開発の薄皮

とのことで、蒲田店の『売り』は、ランチタイムのワンコイン餃子定食というので、ちょっと行ってみたのですが……

正直に書きますと、まだこなれてないな、という感じです。

行った時は、お客さんをさばききれなくて、随分待たせていたようです。

私が行くと、席につくかいなかというときに、いきなり注文を聞いてきました。

初めての店なので、メニューをゆっくり見たかったのに……。

しかたないので、「ワンコイン餃子定食」を注文しましたが、注文し終わってから、他にもいろいろあることに気づいて、ちょっと後悔。

薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店

そして、出来上がった餃子定食は、

薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店

ネットで見たものより焦げている感じ。

薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店

食べても、「肉汁がジュワー」とはなりませんでした。

薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店
食べかけを失礼

比較するのもナンですが、バーミヤンの餃子のほうが「肉汁がジュワー」でよほど良かったなあ。

急いで作ろうと、火を強くしたため、外側が焦げているわりに、中まで熱が通らなかったのかもしれません。

たぶん、どのくらいのお客さんが来て、そのためには、どのくらいのペースで作業するかが、まだわかっていないのだと思います。

大田区内で開業する飲食店は、毎月50店舗ほどといわれています(食べログより)

ということは、一方でそれに近い数が閉店・廃業しているのでしょう。

他の地域に比べても、この新陳代謝は「活発」な方だと思いますが、せっかくお店を始めたのですから、ぜひ栄えていただきたいものです。

餃子Walker (ウォーカームック)

餃子Walker (ウォーカームック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(310)  コメント(24)  [編集]

nice! 310

コメント 24

pn

うん、いつも食わない物だから投稿するんだけどねぇ。
隣の芝は青い事をみんな分からんのかなー?
by pn (2017-01-27 20:26) 

chima

ご無沙汰していました
SNS始めたころは劣等感を刺激され
もやもやしましたー
今は慣れましたけどね
by chima (2017-01-27 21:18) 

そら

ですねぇ、見栄っ張りなのでしょうね!
自分は自分なのですから、素のままを表現すればいいのだけれど
やっぱり閲覧数を気にしちゃうんでしょうね(^^;
by そら (2017-01-27 21:23) 

センニン

他のことを気にしすぎるのかなと感じます。
自分の価値観をしっかり持っていれば良いかと。
羨ましく思うのは仕方ないでしょうが、それにとらわれてしまわないように。
by センニン (2017-01-27 21:29) 

末尾ルコ(アルベール)

わたしなんかは、「SNS」という3文字を目にしただけで嫌な気分に(笑)。意義のあるSNSの使い方をしている人も多くいると思いますが、その遥かに多い人たちがSNSで時間を空費しているのは間違いなく、いまだに「困ったものが出回ったものだ」との気持ちは消えません。単に時間を空費するだけでなく、今日のお記事で言及してくださっているように、非常にネガティブな感情空間が醸成されていますものね。わたし自身は人を「羨ましい」と思う感情は一切なく、よって嫉妬もない、と言う以前に、人のSNSを見たりしませんが、メディア経由で「こんなSNSの投稿がある」的な内容を見たり聞いたりした時に、(美意識ゼロだ、この人たち)などと呆れはしています。「横並び~嫉妬」という感情のワンパターン、本当に嫌ですね。 『薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店』・・・この店名、「漢字のシャワー」(笑)という感じ(←あ、
期せずしてダジャレに♪)で逆に目を引きます。わたしがちょいちょい行く「餃子の王将」は、日によって微妙に焼き加減が違うような。個人の感想ですが(笑)。 ドリーとテリーでは圧倒的にドリーが格上ですよね、どの要素を見ても。日本ではブッチャー・シーク組との例の試合の後にテリーのミーハー人気が炸裂したものだから、きっとドリーは(ま、それもアリか)という感じで合わせていたのだと思います。ただ、テリーのお涙頂戴路線に付き合わざるを得ない展開は、『最強幻想』時代のドリーを知るファンにとっては複雑でした。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-01-27 22:11) 

うつ夫

今はあっちこっちでワンコインランチやってますからね。
「ご祝儀」で繁盛してるうちに体制を整えないと・・・。
by うつ夫 (2017-01-27 22:42) 

nikki

こんばんは。
東京で飲食店をやるのはかなり厳しいと
聞いたことがあります。
by nikki (2017-01-27 23:40) 

藤並 海

言われてみれば
何かにつけて比べたがる人が多いように思います
比べて自分が相手より優位にいることで
優越感を感じて安心したり落ち着くんでしょうね

隣の芝は青いとはよく言ったものだなぁと思います
by 藤並 海 (2017-01-28 00:28) 

ナベちはる

他の人の投稿を見て「いいな」と思うことは良くあるのですが、「よそはよそ」なので半ば諦め(?)ています。
by ナベちはる (2017-01-28 00:37) 

yamatonosuke

ちょっと残念な餃子でしたね。
量を捌こうと雑になったのかな。
客を待たしても流行ってる店はたくさんありますね。
by yamatonosuke (2017-01-28 00:56) 

えのみ

人の見栄なんて気にしなくても良いのに。
餃子って今流行っているみたいですね。
肉汁ジュワ~がなくて残念。
by えのみ (2017-01-28 02:04) 

sasorimodoki

こんにちは^^
私はSNSはまったくやってないですね~
興味もないし、なんか怖いです^^;
by sasorimodoki (2017-01-28 02:07) 

toshi

餃子に御飯、ランチに最適ですね。
by toshi (2017-01-28 07:22) 

johncomeback

確かに頻繁に海外旅行に行ったり、高級レストランでの食事を拝見して
羨ましく思いますが、嫉妬はないなぁ。
僕は鈍行列車で貧乏旅行、食べるのは安いモノばかり、
誰も嫉妬しないでしょうね(^-^)
by johncomeback (2017-01-28 09:17) 

ゆきち

所詮虚構の世界に嫉妬する暇があったら自分を磨けと言いたいです^^;
氾濫する情報に振り回されずに見極める力をつけるにはそれしかない気がします。
餃子、ちょっと残念ですね。
近所にオープンした餃子の王将、チェーン店なので同じ味を期待していましたが、チャーハンがベチャベチャで美味しくなかったです。
調理する方の技量の差かもしれませんね。
by ゆきち (2017-01-28 11:02) 

追いかけっ子

SNSは登録こそしておりますが使っておりません。
やはり慣れないし必要性がないのでついついそのままです。。
それに確かに広告がちょっとうるさいかもしれませんね。
まあ様々なアプリにも広告は付き物ですが
使用時間が長いとなると余計に気になりますからねぇ。。
by 追いかけっ子 (2017-01-28 15:21) 

makkun

私はSNSは全くしていませんが
世間からのネタで知る限りでは
私の「煩わしい事」の中の筆頭は
SNSとなっているかも・・・
上手に利用している方は多いのでしょうけど
「してみよう!」の興味も湧かない人種の私です(笑)

バネ指の件は、台所作業をしながら
「痛い!」の言葉を発しているのですが
聞こえているのか・・・関知せずの相方ですので
私としても「もっと言う」の元気が無くなってます(笑)
by makkun (2017-01-28 16:03) 

hasseyおやじ

蒲田で餃子といえば、你好。よく行きました。また食べたいですが、宿泊で出張する機会が少ないので実現できておりません。。
by hasseyおやじ (2017-01-28 17:18) 

HIDEe

SNSはリア充記事ばかりですが、やはりほとんどの人は不快だったんですね。
私はブログに旅記事や食べ物記事ばかり載せてますが、普段はスーパーのお勤め品ばかり食べてます。
by HIDEe (2017-01-29 01:20) 

えくりぷす

私は、SNSに限らず「人は人、自分は自分」という考えなので気にしないようにしています。
とはいえ、世の中には、比べたがりが多くて、毎度毎度、自慢話や噂話につき合わされるのは、かなわんなぁと思います。
コメントに自分はSNSをやってないというカキコも結構ありますが、ブログメディアでも同じことが言えると思います。
by えくりぷす (2017-01-29 11:52) 

たじまーる

SNSですが
はじめの頃は投稿を載せた人のことを
とても羨ましく思ってしまったことが
ありますが・・・
今は自分は自分ということで
気にしなくなりました。
by たじまーる (2017-01-29 20:38) 

Rinko

「リア充」のポストに嫉妬する気持ちも分からなくはないです。
SNSで繋がらなければ、ただの「良い人」で終わっていたのに「リア充」アピールぶりに辟易した事があります。
by Rinko (2017-01-30 08:25) 

昆野誠吾

人は人、自分は自分が普通だと思うけど
多くの日本人がそうでないことが仕事を
通しても実感できます。
山あり谷ありなんだしSNSにアップされている
内容だってもし本当の内容だったとしても
その人の山の部分なんだからと思えば
微笑ましいことじゃないですかね^^
by 昆野誠吾 (2017-02-02 15:30) 

伊閣蝶

コメント欄やトラックバックもあるので、その意味ではソネブロも広義ではSNSの範疇に入るのでしょうか。
しかし、これは、ある意味不特定多数の方々に向けて公開しているコンテンツですから、ちょっと違うのでしょうね。
facebookやLINEを、私は全くしていませんので、このアンケート結果についても、「ふーん」くらいの感じしか持ちません。
しかし、こうした嫉妬などの感情による書き込みは、例えばヤフコメにもみられますから、ネット全体に蔓延しているのかもしれません。
by 伊閣蝶 (2017-02-03 15:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます