So-net無料ブログ作成

杉田かおる母親介護報道で考える、子はなぜ毒親でも介護するのか

杉田かおる

杉田かおるが、母親を「心身ともに限界」と、介護施設に預けたことをブログで明かしたことが話題になっています。ネットのコメントは、「よく今まで我慢した」という意見もあります。杉田かおるがそうだというわけではありませんが、親はその子にとって、必ずしも良い親とは限りません。でもやっぱり、どんな親でも親は親なのかもしれない、などと考えさせられました。(画像はGoogle検索画面より)



今回のまとめ記事にリンクします。

杉田かおる「心身ともに限界」母を介護施設に

杉田かおるが、慢性閉塞肺疾患の母親を介護していることは、以前この記事の後半で書きました。

「たぬき」といえば、うどんかそばか、どちらでしょうか

そして、とうとう「限界」と感じて、介護施設に預けたという話です。

まとめ記事では、おおむね杉田かおるに対して好意的です。

>自分を売っぱらった鬼母をよく介護したよ 見直したわ。
>別に恥ずかしくもなんともない介護は介護のプロに任せるのが一番だわ
>今までよく頑張ったよ。それでいいんだよ。限界まで頑張ったんだから誰も助けて文句は言わないよ。


まあ、中には、

>何があっても親を見捨てる奴は人間じゃないよ。

などと罵倒しているコメントもありますが、親で苦労したことがないお幸せな人なんだろうな、と思います。

一方、杉田かおるはむしろ頑張り過ぎで、もっとはやく決断しても良かったのではないか、という意見もありました。

頑張っちゃったのは、親孝行だからでしょうか。心が優しいからでしょうか。

それも否定はしませんが、では介護施設に預ける人が冷血漢かというと、そういうもんでもないですよね。

では、どうして?

杉田かおるの両親は、小さい時に離婚。

子どもにとって、片親より両親揃っている方がいいに決まっています。

自分は親代わりになって働いて妹を美大まで出してやり、でも母親にはずいぶん苦労させられた告白は、杉田かおる自身が行っていたはずです。

もちろん、親子間の感情は、当事者にしかわかりません。

でも気になります。

どうして、杉田かおるはそこまで頑張れたの?

やはりそのまとめ記事のコメントの中に、私の心を捉えるこんな書き込みがありました。

毒親の方が、子どもが親のために色々しちゃうんだよ
愛情が不足してるから、介護することで親に承認してもらおうとする
だから、しんどい


つまり、悪い親ほど子どもは親孝行になる、ということです。

なるほどなあと思いました。深いですよね。

スポンサーリンク↓

子の「ほしのもと」は親に責任があるが……


よく、親離れできていないように見える子について、子どもの方が悪いように見る向きがありますが、私はそうではないと思っています。

子が親離れできないのは、親が悪いのです。

兄弟仲が悪いのも、親のせいです。

ただ、「被害者」の子どもが、仕返しに親を見捨てるかというとそうとは限らず、逆に、自分に冷たかった親だからこそ、自分を認めてもらいたくて親孝行をすることもある。

これは、自分にも当てはまることなので説得力があります。

人間の業とは、なんて哀しいのでしょうね。

今になってマスコミは、感動の話としてこのことを報じていますが、ひと頃は、杉田かおるのうわべのキャラクターをもって、ずいぶん彼女を叩いていましたよね。

その情報に引っかかって、杉田かおる嫌いって思いませんでしたか。

そのとき、芸能界で唯一、彼女をかばっていたのは石立鉄男でした。

生前最後のラジオ番組で石立鉄男は、当時バッシングのさなかにあった杉田かおるが、複雑な家庭環境でどれだけ苦労しているかという話をしていました。

私は、彼女の書籍や石立鉄男の話をもって、杉田かおるが苦労人ということを知ったので、芸能マスコミの彼女に対する中傷など全く問題にしていませんでした。

まあ当時だけでなく今も、芸能マスコミの「印象操作」なんか、引っかからないようにした方がいいですよ。

杉田かおる女優ごっこ -
杉田かおる女優ごっこ -
すれっからし (小学館文庫) -
すれっからし (小学館文庫) -
スポンサードリンク↓



nice!(284)  コメント(20)  [編集]
共通テーマ:芸能

nice! 284

コメント 20

ナベちはる

親に認められたいがゆえに奮闘する…深いですね…
by ナベちはる (2017-12-25 00:33) 

ゆりあ

親の介護問題、かなり考えさせられる問題ですね。
私の母の場合、4月末に心臓が止まってペースメーカーの手術するのにほぼ初めての入院をして、そのせいでパニックになって痴呆症状が出て毎日のように病院に行ってたんですが、自分が病院にいる事さえわからなくて本当に大変でした^^;
でも、症状が落ち着くにつれ痴呆症状もほぼなくなって退院したんですけど、兄は同居でも自分が離れて暮らす分退院後近くに自分だけアパート借りるかまで家族と話し合いました。
幸い、退院して自宅に戻ったら入院時のようなことはなかったので落ち着いていますが…
時には、人の力を頼ることも必要だなって思いました。
家族だからこそ、手を貸せない(貸しちゃいけない)部分ってあったりするので。
by ゆりあ (2017-12-25 00:41) 

末尾ルコ(アルベール)

杉田かおる母親介護報道で考える、子はなぜ毒親でも介護するのか・・・わたしの母に対する考えはいつもお話させていただいております通りですが、まだまだピアノ発表会などへ出場できる母でも日常の中で、(転ばないか)(食事を喉に詰まらさないか)(寒さなどの影響で脳や心臓に突発的な症状が出ないか)など、毎日なかなか気は休まりません。わたしの母が自己管理できるタイプではないだけに、そうした重荷はほとんどすべてわたしの肩にかかってきます。十分に日常生活を送れる母でさえこれだけ気を遣わねばならないのだから、「介護」しておられる方々がどれだけ大変かもよく理解できます。
人間の身体も、そしてそれ以上に感情も一人として同じものはなく、まして感情はそれぞれの「家族史」とともに成長するものでありますから、百の家族があれば百の異なった姿があるのが当然であり、人間関係にはいかなる公式も存在しません。だから「介護が必要な親がいる」という状況が同じように見えても、その内実はそれぞれがまったく異なっているはずです。杉田かおるの場合は世の中から「毒親」と見做される母でありながらできる限りの介護をしたことで注目されているようですが、その理由は杉田かおるにしか理解できない感情、あるいは杉田かおる本人にも説明できないような情動によって成されているのかもしれないし、あるいは、人間としての「意地」とか「矜持」とかによって突き動かされていたのかもしれません。いずれにしてもいっぷく様のおっしゃる通り、マスコミの印象操作には絶対乗らないことですね。

メールソフトからWebメールへ、GmailからInboxへ・・・拝読させていただきながら、今一つピンと来ていないメカ音痴のわたしがおります(とほほ)。なので当然、「xxx@gmail.com」は使っておりませんが、今後の検討対象にはしたいと思っております。

Youtube利用されてますか・・・少し前テレビのニュース番組で、「子どもが職業として、ユーチューバーを目指すと言ったらどうする?」というテーマで特集されていました。また別のニュースでは、ユーチューバーと言うのかどうか分かりませんが、「親の治療費を稼ぐために」建物の高いところでの危険な撮影などの動画で広告費を得ていた中国人が墜落死したという話題もありました。しかしカップラーメンを一つの鍋で、ですか。う~ん(笑)。
まあブログなどもそうですが、ネットの普及によって、大きな組織に所属していなくても様々な発信が可能になったのは原則よいことだと思います。ただ、「発信内容」があまりに低レベル化・愚劣化してくる傾向はどうしても否めず、そうしたものばかりで時間を浪費する人たちが多数化し、社会的雰囲気が弛緩してしまうという事態が既に進行しているという問題はありますね。
それはさて置き、「YouTubeの利用」というのは検討対象の一つではありますが、まだやってはおりません。やるのであれば、自分の活動の中でどのような位置づけにするのかしっかりさせておかねば、あたら時間を浪費してしまう可能性もあり、やや慎重に検討しております。

わたしは大相撲を熱心に観戦しているわけではないので特に注文を付けるつもりはないのですが、朝青龍や白鵬のマナー問題は、そもそも若手時代にしっかり教育できてない相撲協会や各部屋の親方にも大きな問題があるのではと、これは以前から感じているところです。
北尾は相撲の止め方が悪過ぎたのでしょうね。そしてまともにプロレスを修行する気もなければ、総合格闘家として通じるわけもなく、一時は「スポーツ冒険家」(笑)を名乗っていましたが、そもそも人間性があの様子では、どこからも呼ばれなくなるのは当然でしたね。いっぷく様がお書きくださったエピソードを拝読させていただくと、(何という阿呆を横綱にしていたんだ)とあらためて驚きます。「横綱の品格」とか言いますが、モンゴル人力士だけでなく、北尾を見ても、相撲界の人間教育はどうなっているのだという感が強くなります。しかしなんだかんだで、一時的に人気が落ちても、すぐに観客がかえってくるあたり、根本的な改革ができない大きな原因なのかもしれません。
曙はそんなにプッシュされているのですね!曙と馬場元子夫人との関係は、わたしの想像の及ばぬ世界(笑)ですが、曙のネームバリューには惹かれているのかなという気もします。夫が馬場という、「日本人なら皆知っている」ほどのビッグネームでしたから、「それが当然」の世界にずっといた夫人にとって、今のどんなレスラーもマイナーな存在でしかないのだろうと思いますし。

>離脱直後の後楽園ホールに天龍があらわれたときは、私も近年なかった感動をしました。

そういうところをわたし、観逃してしまっておりまして、残念なことをしました。どんなジャンルでも、「観続けていたらからこその感動」というのはありますよね。

>真剣勝負鑑賞と腹をくくっているのですが、肝心の番組のほうが、そこまで気合を入れられるものがありません。

本当はテレビもそんな一発勝負の視聴の方が心に残るものですね。プライドの全盛期は必ずスカパーで生中継を観ておりました。現在は、山田姉妹出演番組とテニスグランドスラム中継くらいです。しかしこれらも、放送中を観ながら録画もしているので、「一発勝負」とは言い難いのですが(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-25 01:24) 

pn

施設に入れる=見捨てるって構図が分からんが「何があっても親を見捨てる奴は人間じゃないよ」って言える人はある意味幸せなんでしょうね。それとも自分は頑張って介護してるのにみたいな嫉妬なのかな?
by pn (2017-12-25 06:13) 

斗夢

悪事を働いたらそれは批判していいと思いますが
人間性を批判するのは嫌いです
by 斗夢 (2017-12-25 06:15) 

ヤマカゼ

バラエティでしかみたことないのですが、ずいぶん苦労された方なんですね。
by ヤマカゼ (2017-12-25 06:43) 

kou

家で最後まで介護をするのは美談とされていますが、症状によっては大変過酷で、介護者の人生をも奪ってしまいます。
個人的な意見ですが、介護は施設のプロに任せて頻回に面会に出かけるのがベストではないかと思います。月の半分を施設利用するのも良いでしょうし、利用料が心配という方は所得に応じて行政からの補助もありますし。
でも、いざとなったら自分はどうするかは分かりませんけど・・・。
by kou (2017-12-25 07:39) 

チャー

杉田かおるさんと母親の毒親ぶりは 有名ですね 杉田さん 子役から名を上げ 苦労の絶えない人生です 彼女の気性からでしょうね
母親って父親との関係とは違う様に思います
穏やかな人生を送られると良いですね
by チャー (2017-12-25 09:32) 

Take-Zee

こんにちは!
良いクリスマスを迎えられたでしょうか?
杉田かおるさんは子役で燃焼仕切って
しまいましたね。

by Take-Zee (2017-12-25 09:37) 

犬眉母

介護施設は賛成です。
ただ一般の人は、施設の空きなど問題がありますし、
何より認知症の場合は病識がないので、「本人の意思」を
確認することもひと苦労です。

by 犬眉母 (2017-12-25 09:51) 

johncomeback

僕の母は34歳で夫(僕の父)を亡くし36歳で再婚しました。
夫婦仲は良くなく、母は僕だけが生きがいと思っていました。
義父が他界して北海道で一人暮らしだった母を10年前に
呼び寄せ同居しましたが、嫁vs姑というより僕と母が上手く
いかなくなりました。それで拙宅から車で5分程のアパートを
借りて母を住まわせる事にしました。80歳を超えた実の母を
家から追い出した親不孝な息子と思われているんだろうなぁ。

by johncomeback (2017-12-25 10:14) 

makkun

普通に考えて
「親を介護施設にお願いするには勇気が必要です」
親子関係が破たんしている人も居るでしょうが
それでも「自分の親」が鬼畜のようでなければ
涙を流しながらの施設入りを思いたいです。
因みに私の姉が施設に入ったのですが
息子(2人)と連れ添いさんは死ぬ思いで・心を鬼にして
母親の幸せを願ってお願いしたようてす。
by makkun (2017-12-25 14:39) 

hiroryn

杉田さん よくここまでがんばった
あとは 自分自身の養生に努めてください
介護も病気の世話も一度でも経験した人ならみんなわかってる
現実は本当に厳しい
親の枯れ木に水をやって子の若木が全滅する
そんなことあっていいはずがない
介護は意地でやるもんじゃないし金があるなら施設やデイケアをうまく使えばいい

by hiroryn (2017-12-25 18:26) 

テリー

介護施設に、親をいれるのは、悪いこととは、思いません。
狭い自宅に、無理に、同居して、面倒を見ると、お互いに、ストレスが、たまるだけです。
by テリー (2017-12-25 18:39) 

nikki

どういう親でも介護はするでしょうね。
限界がくれば、施設に入れることも悪くはないと思う。
by nikki (2017-12-25 18:57) 

ヨッシーパパ

「ちーぼう」頑張ったね。
by ヨッシーパパ (2017-12-25 19:04) 

utamaroco


makkun>>涙を流しながらの施設入りを思いたいです。

施設ってどんな所を想定してるの?
泣きの涙で入れなければならないほど
高齢者施設ってひどいところかしら。

「施設」というだけでネガティブなイメージが
あるのかもしれないけど、
ご近所の高齢者施設なんて初めてみた時、
高級マンションかと思った。

ほかにも同じこと書いてる人がいるけど
狭い段差だらけの家の中より、
バリアフリーで人の目が行き届く施設のほうが
安全安心ということだってあるんだし。

親だから何が何でも自分が看なくては、というのは
どっちにとっても不幸なんじゃないのかなって思うけど。
by utamaroco (2017-12-25 19:22) 

うつ夫

杉田さんが結論を出したのなら、それが一番だと思います。
綺麗事を言うのはだれでもできます。
だったら杉田さんがどうすればよかったのか、対案を出すべきですね。
by うつ夫 (2017-12-26 00:15) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。
色々ご意見拝見しました。

親を思う「情」と、どうすれば一番いいかという判断は、
きちんと区別しなければならないと私は思います。
いつまでも「情」に溺れていると、親離れも子離れもできず
結局何も決められない、誰も幸福になれない結末しかないでしょう。

ちなみに私の身の上は、ある意味杉田かおるよりもっと悲惨ですけどね。
それはまた別の機会に。
by いっぷく (2017-12-26 00:19) 

もじ

鬼畜じゃなくても毒親はいますよ。
http://blog.esuteru.com/archives/20024060.html

by もじ (2018-01-07 20:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます