So-net無料ブログ作成
検索選択

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』10秒にこだわる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』(藤由達藏著、青春出版社)という本が売れているそうなので読んでみました。同書では、やらなければならないことをつい先送りにしてしまう人、考えすぎて行動にうつせない人などが、「すぐやる人」になるためのノウハウを紹介しています。



本書には、チャンスや情報を目の前にしたら、10秒のうちに行動を起こせる人はすべてを手に入れ、10秒たっても行動できない人は何も手に入れられない、としています。

回転寿司の美味しいネタは、1回逃すと、2度目は回ってこないわけです。

もしくは、10秒で「決められない」グズなやつは、きっと3年たっても決められない、ということでしょう。

私は、著者が「すぐやる人」がすべてを手に入れられると考えた、その根拠や実例を知りたいと思いました。

それは、著者が学んだコーチングメソッドと心理学、多くのビジネスの現場を見てきた経験から発見した『人間の行動の法則』として、10秒が明暗の分かれ目なのだといいます。

大仰に書いていますが、要するに著者の主観ですね。ちょっと期待はずれ(笑)

立場と発想を変えること


それはともかく、「すぐやる人」になるためのポイントは、まず「気分と視座を変えること」。

視座とは視点や立場のことで、要は別の角度からみてみましょう、ということです。

やる気が出ないつまらない仕事だと思っていても、上司あるいは会社から見てどういう意味を持つのかを考える、というのです。

そこで組織全体にとって必要な仕事だと理解できれば、当事者としての自覚が生まれ、取り組み方もおのずと変わってくるとしています。

他人に気分を支配されない人になろうという提案も行っています。

周りの誰かが、イライラしていたり、落ち込んでいたりすると、そこに引きずられてしまい、なかなか前向きになれなかったり、集中できなくなったりするのですが、それではだめだ、ということです。

これは、私も思い当たるフシ、オオアリです。

余談ですが、私は、その場にいない人の話(要するに陰口)をする人たちとは、仲良くしないようにしようと思っています。

陰口の達人というのは、私から見ると器用な人が多いですね。

Aさんの話をしていて、Aさんが来ると、さっと態度を変えてAさんに愛想を振りまき、今度はBさんの棚卸しを始めるというように。

私は、Aさんの陰口を聞かされると、なかなかその余韻が抜けず、結果的にAさんからは私一人がうらまれるという損な結末になるのです(汗)

時間の効率的な使い方


しかし、気分と視座を変えるだけでは、なかなかすぐには行動できないこともたくさんあります。

その一番大きな理由は、「時間がない」ことではないでしょうか。

私も「あれもしたい、これもしなければ」と思っていても、時間が決定的に足りなくて結局身動きがとれないことが多々あります。

これについても、同書では解決法を提案しています。

それは「すぐに行動しすぎないこと」。

なんだ、矛盾しているじゃないか、と思いましたが、要は「思いつきで行動しない」ということです。

時間がないときほど、よく考えもせずにバタバタと行動し失敗する、ということが起こりがちですが、まず行動する前に10秒使って、いろいろな解決策を考えてみることを勧めています。

ここでもまた10秒がキーワードです。

そして自分の力だけで解決しようとせず、自分以外の力、他力を借りること。

「モノ」「カネ」「知識・情報」「スキル・ノウハウ」などです。

私のように人にも頼れず、モノもカネもない人間は、あとの2つを活用するしかありませんが、そう言われればそうかもしれません。

この本のミソ


正直なところ、本書は特に新しいことが述べられているわけではなく、結局「心がけ」の話です。

ただ、「10秒で変わる」「10秒考える」など、「10秒」という具体的な数字ににあえてこだわることが新機軸です。

昨今、魅力的なタイトル作りのコツとして、ブログのタイトルも、数字を入れろ、などといわれています。

「○○のために必要な3つの方法」とか、「××、7つの法則」とかね。

わかりやすく、かつ具体的であることで、読者が自分でもできそうな気がしてくるんですね。

本書は、タイトルにこそ入っていませんが、本文のキーワードとして、「10秒」にこだわっているのです。

なかなか行動できない自分を変えよう、と新たなノウハウを求めて読むと、がっかりするかもしれませんが、やる気が出ないときにパラパラめくり、役に立ちそうな部分を拾い読みする、という使い方なら、判断や行動を助けてくれることがあるかもしれない本ではないかと思います。

スポンサーリンク↓

スイートコーンとマヨネーズとの相性が抜群


今日、ここだけの話としてご紹介するおやつは、『コーン&コーンパン』(Pasco=敷島製パン)です。

コーン&コーンパン

コーン好きなら思わず手にとってしまいそうなパンです。

まず上から見えるコーン入りマヨネーズには、粒のままのコーンがたっぷり入っています。

コーン&コーンパン

食べてみると、シャキシャキとした甘いスイートコーンとマヨネーズとの相性が抜群です。

コーン&コーンパン

パンにもコーンが練り込まれているので、うっすら黄色く、甘みも感じられます。

生地の中のコーンは、ちょっと硬めですが、粒のまま入っていて、パン全体にコーンの風味が感じられます。

コーンはシンプルに、それだけを食べても美味しいですが、マヨネーズとパン、2つの味と組み合わせることで、さらにグレードアップした美味しさになるように思いました。

コーンの入ったパン。いかがですか。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 作者: 藤由 達藏
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(278)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 278

コメント 15

johncomeback

僕の経験ではプライオリティを的確に把握できる人が成功するように思えます。
by johncomeback (2017-05-20 20:25) 

末尾ルコ(アルベール)

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』・・・カフェとかでもノウハウ本を読んでいるお客さんは多いです。わたしもたまに目を通すことがありますが、結局このタイプの本は、「真に受けず、よさそうなことがあれば試してみる」というスタンスです。『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の場合、タイトルに「すべて」という言葉が付いていて、「10秒」というキーワードが強調されているというお話を拝読し、近年の「よく売れる本」にありがちな「分かりやすい単純化」はきっちりされているなという印象です。ただ、「すぐやる」というポイントはもちろんいいことだし、わたしもかなり考えすぎる傾向はあるので、(やはり「すぐやる」という要素は大切だな)と、殊勝にも今少し感じています(笑)。それにしてもいつも的確なご書評、楽しませていただいております。

『コーン&コーンパン』・・・コーンとパンの愛称が抜群なのですよね~。などと書きながら、今、村田諒太の試合をちらちら観ています。先ほどダウンを奪いましたが、村田って、もう31歳なんですね。ふ~む。

やはりジョー樋口は突出した存在でしたよね!けれど「レフェリー強い説」までにはわたしの考えが至っておらず、(なるほど)とうなずかさせていただきました。ジョー樋口は見た目も、「十分インパクトはありながら、レスラーを食ってしまうほどではない」という絶妙の存在でしたね。「狸寝入り」が出た時は、子どもの頃は(何やってんだ、早く起きてくれよお~~)と素朴にハラハラしていましたけど、プロレス文脈が分かるようになってからは、いつも心で、(いよっ!大統領!!)と概ね叫んでました。ジョー樋口が息子を黙らせたエピソードもスゴイですね。ハードボイルド小説の登場人物みたいですね(笑)。でも考えてみれば、プロレスのレフェリーは一般スポーツの審判とは違って、「いろいろなこと」をやらねばならないから、「普通」じゃ務まりませんよね。ジョー樋口はあの「狂気攻撃、見て見ぬふり」も大好きで、レフェリングをこなしながら、ちょうど「狂気が見えてないはずと思われる空間」に視線を移動させるんですよね。思い出しただけで今でも微笑がこぼれそうになります。ニコ動も含め、「昭和プロレス再評価」をもっと広めたいものです。ノスタルジーという切り口ではなく、「昭和の方が凄くておもしろいものがいっぱいあった」という文脈で。もちろん平成のよさはよさとして積極的に認めるべきですが、プロレスもそうだし、他の分野も「昭和の方が絶対おもしろい」と断言できるものがいっぱいあります。どうも最近の「若手論客」的人たちは、「無知なるが故」の発言が多いような気がして。
レッドシューズ・ドゥーガンは試合に箔を付ける意図でちょいちょい来てましたが、スポーツライクと言いますか、やや事務的に感じることも多かったです。やはりジョー樋口が当時の「世界最高レフェリー」だったかもですね(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-20 20:46) 

green_blue_sky

早く決断し、行動が迅速な人が成功しますね。
by green_blue_sky (2017-05-20 20:58) 

makkun

松戸の市役所に「すぐやる課」が誕生しましたが
市民への評判も良かったと聞いてます。
私は先手行動で失敗しても
後手で失敗して後悔するよりも良いと思いますので
私の生き様も「直ぐやる!」事にしています。

by makkun (2017-05-20 21:03) 

よいこ

タイトルがいいですね
すごくひきつけられるし、言いえています ^^
by よいこ (2017-05-20 23:55) 

うつ夫

人なんて、大概陰口好きですよ。
生き辛いですね。
by うつ夫 (2017-05-21 00:22) 

藤並 海

躊躇している間に出遅れて
「すぐ行動すればよかった」ということはよくあります
けれども迷っている間に難を逃れたこともあるので
結局はその時のタイミングかもしれません
by 藤並 海 (2017-05-21 00:30) 

yamatonosuke

すぐやるがなかなか出来ません…
時間をうまく使わないとですね。
by yamatonosuke (2017-05-21 00:34) 

nikki

1枚目の画像が誰なのか気になる。
by nikki (2017-05-21 00:35) 

うめむす

私にとって耳が痛い教訓です。
「何事もすぐやること」
と自分に言い続けて、どれぐらいたったことでしょうか。
by うめむす (2017-05-21 01:42) 

えのみ

10秒で即決しないといけないのですね。
私は陰口を言われていた方なので・・・。
パンはコーンが少ないな~と思いましたが
コーンが練り込んであるって味しそうですね。
by えのみ (2017-05-21 01:46) 

pn

すぐにやりすぎてやり直す事が多かったので慎重になりすぎました(^_^;)
by pn (2017-05-21 08:51) 

足立sunny

いつも先延ばしにして機会を逃すので、すぐやることは大事だなあと実感はしています。できるだけ、自分ひとりで決めないようにはしていますけれど。
by 足立sunny (2017-05-21 08:59) 

なかちゃん

すぐやる人、分かります。ボクはダメでした ^^;
他人の陰口を言う人とは付き合いたくないですね(^^)

by なかちゃん (2017-05-21 19:03) 

Rinko

10秒ですか。
結構決断は早い方だと思っているのですが、全てにおいてそう言う風にはいきませんね~^^;

by Rinko (2017-05-22 08:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます