So-net無料ブログ作成
検索選択

ターザン後藤『新婚さんいらっしゃい』出演でキーワード急上昇

ターザン後藤

ターザン後藤が、『新婚さんいらっしゃい』に出演したことで、ネットで「ターザン後藤」を取りざたすキーワードが急上昇しています。プロレスラーがバラエティ番組に出演することなど、めずらしいことではないのですが、すでに“過去の人”だったターザン後藤が出演しただけで、あっという間にキーワード急上昇というのは、ただただびっくりです。(上の画像は『新婚さんいらっしゃい!』より)



ターザン後藤ご本人には失礼ですが、そんなに有名人だったのでしょうか(笑)







こちらは、ツイートのまとめ記事です。

ターザン後藤がトレンドワードに!どうなってんだ2017年!!
https://tr.twipple.jp/y/cb/ac/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E5%BE%8C%E8%97%A4-img.html

ホント、「どうなってんだ」ですね。

そしてこちらはWeb掲示板のまとめ記事です。

ターザン後藤が「新婚さんいらっしゃい!」に新婚さんとして出演

ターザン後藤というのは、後藤政二といって、九重部屋の力士を廃業して、1981年にジャイアント馬場の全日本プロレスに入門。

私の父の実家があった、福島県霊山(りょうぜん、と読みます)の町民体育館でデビューしています。

その後、しばらく前座でやっていたのですが、ターザン後藤というリングネームが付いた頃、アメリカ遠征に。

ところが、ジャイアント馬場は、いつまでたってもアメリカから呼び戻してくれない。

島流し→リストラを悟ったターザン後藤は、やはり全日本プロレス出身で、新団体FMWを興した大仁田厚の誘いで日本のリングに復帰します。

有刺鉄線デスマッチで、血だらけになりながら長髪を振り乱して相手に襲いかかるファイト内容が「鬼神」と呼ばれましたが、大仁田厚との確執から1995年に退団(理由未だに不明)。

以後は、いわゆるインディ(零細)団体に出場していましたが、ダン・スバーンのNWA世界ヘビー級王座に挑戦したことぐらいで、この20年、プロレス雑誌で注目されるような活躍はほとんどなかったはず。

今の、オカダカズチカや、DRAGON GATEのファン世代は、たぶんターザン後藤と言ってもご存じないのではと思います。

スポンサーリンク↓

なぜターザン後藤は全日本プロレスに帰ってこれなかったのか


キーワード急上昇ということは、少なくともプロレスファンが、ターザン後藤のアメリカから呼び戻してもらえなかった不遇な経験を覚えているのではないでしょうか。

1980年代、日本のプロレス界は、新日本プロレスと全日本プロレスだけでしたが、どちらもアメリカ武者修行と称して、若手レスラーを劣悪なテリトリーに放り出し、プロレスでも、生活自体も苦労させます。

そして、日本の団体が、いかにすばらしいかと認識させて、帰国後は恭順を誓わせていたのです。

その中で、なぜか呼び戻してもらえないレスラーもいました。

当時の全日本プロレスでは、ミスター桜田(一男、後のケンドー・ナガサキ)、佐藤昭雄、伊藤正男、そして後藤政二などがそうでした。

理由は謎とされてきましたが、私は、「結婚」ではないかと当時から思っていました。

佐藤昭雄は、ベティ・ニコライという女子プロレスラーの大御所と、ターザン後藤もデスピナ・マンタガスという女子レスラーと結婚しました。(つまり今回ターザン後藤は再婚)

桜田一男も向こうの女性と結婚したといわれます。

伊藤正男は全く消息がわかりませんが、アメリカの生活に慣れた頃、そんな話があってもおかしくはないと思います。

3人はジャイアント馬場に対して、結婚を事後報告、もしくは無報告だったのだと思いますが、自分には子供がおらず、必ず選手の仲人を務めてきた馬場にとっては、もしかしたら「一言の相談もなしに結婚した」ことが、内心愉快でなかったのかもしれません。

ジャイアント馬場という人は、人間関係について非常にセンシティブなところがあって、ファミリー的なつながりを大事にする人ですが、信頼関係を構築するまではかなり時間がかかり、一方で、自分を裏切ったりないがしろにしたりする人は、絶対に許さないという不寛容なところもありました。

いずれにしても、ターザン後藤にとっては、本職のプロレス以上に注目された1日でしたが、不遇な時期があってもプロレスをやっていてたよかったと思えた日かもしれませんね。

FMW伝説 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ [DVD]

FMW伝説 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: クエスト
  • 発売日: 2009/12/17
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(286)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 286

コメント 22

ヨッシーパパ

私が、プロレスを見ていた時期は、藤波辰美や長州力が活躍している時代でした。
最近は、全く見なくなりましたので、この選手は知りません。
by ヨッシーパパ (2017-07-17 19:04) 

Take-Zee

こんばんは!
知らない人の話を聞いていても
面白くないですね。 最後に束子を
当てたのに笑いましたが("^ω^)・・・


by Take-Zee (2017-07-17 19:18) 

rappi

苦労した人には幸せになってもらいたいなと思います。
笑顔がチャーミングな方ですね。^^
by rappi (2017-07-17 19:52) 

末尾ルコ(アルベール)

>ターザン後藤ご本人には失礼ですが、そんなに有名人だったのでしょうか(笑)

う~ん、シロウトさん(笑)は普通、生涯知ることのない人物ではないかと。それはさて置き、ターザンの隣にいるのは山瀬まみかと思ったら、ターザン夫人だったのですね。でもターザン後藤がトレンドワードになるくらいの世の中の方が風通しがいいとも思います。「トレンド」というと普通は広告代理店とかマスメディアを経由したものがほとんどですからね。
もっともプロレスファンのわたしも有刺鉄線系にはさほど興味がなかったもので、ターザンが動く姿はそんなに多くは見ていません。

>「結婚」ではないかと当時から思っていました

馬場って、粘着質の性格のようですからね~。でも世の中にも結構いますよね、「一言の相談もなしに結婚した」なんてことをずっと根に持つ人たちが。馬場も『タイガーマスク』の馬場の半分の爽やかさがあれば(笑)、当人ももっと楽な精神生活を送れたのではないかと思います。何度も書いて恐縮ですが、今日本人の多くが『タイガーマスク』の馬場を知っておれば、「上司にしたい有名人」部門でトップは間違いありません(笑)。なにせ「自分を裏切った」かのように見えたタイガーの悲しい思いに気づき、グレート・ゼブラとなって助けに来るような高潔な人物ですから。

プロレスリングマスターズというのは知りませんでした。ザ・グレート・カブキって、まだリングへ上がっているんですね(笑)。しかしこのイベント、平均年齢がスゴそうですね。15000円払って観戦する人たちもいるわけですね。う~ん、いろんなニーズがあってもいいけれど、こうした企画にはあまり興味が持てないわたしです。
そう言えばわたしは高知県民体育館でしかプロレス興行を観たことなかったですが、確か買ってたチケットは2000円台だったと記憶しています。あるいは1000円台の時もあったかもしれません。だいたい2階席の最前列とか、その辺りで観ていましたが、けっこう楽しめました。そこでちょっと興味が芽生え、最近の新日の後楽園興業の価格を調べると、特別リングサイドが当日でも11000円で、プロレスリングマスターズの方が高いんですね。なるほど、ネットニュースで「馳浩復帰」とあったのは、この企画だったんですね。しかしチケットもけっこう売れているわけなんですね。わたしとしては、YouTubeで古い試合を観ている方がいいような気が(笑)。

木村政彦は、いっぷく様のおっしゃるように、まずプロレスを理解してなかったのでしょうし、命懸けでプロレスに取り組む覚悟もなかったのでしょうね。「負け役をやらされる」という不満以前に、自分がプロレスラーとして魅力に欠けていたことも身に染みて理解してなかったのだと想像できます。プロレスの試合がいわゆる真剣勝負でなくても、その中で「命懸け」で取り組まねば、ファンの心は掴めませんよね。あと、柔道出身者って、プロレスだけでなく、MMAの世界でも、不器用で大成しない選手が多いです。沁みついた「柔道癖」というものがなかなか改善できないようなんです。
上田馬之助は技とかには見るべきものがほとんどなかった印象ですが、「まだら狼」になってからは、「とても画になるレスラー」の一人として観ていました。技はないし、動きはもたもたしているけれど、画面映えして、けっこう間が持つ感じです。タイガー・ジェット・シンとのコンビが絶妙だったというのもありましたが。ところでYouTubeで「タイガー・ジェット・シン」で検索しても、ほとんど全日時代の映像が出てきますね(笑)。メジャーな外国人レスラー相手だと、シン・上田もショボく見えてしまうんですよね~(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-07-17 20:03) 

green_blue_sky

前は新婚さんいらっしゃいをよく観ました。
by green_blue_sky (2017-07-17 20:13) 

pn

ターザン山本と勘違いしてましたが、いや待てよあれは山本だ、後藤って誰だ?と思っていた所のこの記事、助かりました♪
by pn (2017-07-17 20:41) 

うめむす

ターザン後藤は、なんで「新婚さんいらっしゃい」に出たのでしょうか。
オファー、それとも自ら応募?
でも、ターザン後藤を知る世代の人は、反応してしまいますわな。
FMWを離れた時、こいつ何勘違いしとんねん!と思ったことを思い出しました。FMW、そして相手が大仁田だったかから輝けていただけなのに、と。
案の定、その後は消えたも同然でしたもの。
この勢いで、工藤めぐみ にも出てきてもらいたいです!

by うめむす (2017-07-17 20:42) 

アールグレイ

ターザン後藤さん、知らない方です。
力士からプロレスラーになられた方なのですね。
信頼関係、大事ですね。
by アールグレイ (2017-07-17 20:50) 

ナベちはる

「新婚さんいらっしゃい」、今は観なくなりました。
ターザン後藤さんも存じないのですが、ネットで反応があるということはそれなりの有名人だったのだなぁと…
by ナベちはる (2017-07-17 22:46) 

nikki

新婚さんいらっしゃい、16日のは見てました。
プロレスでは流血するのに、大根おろしでけがをすると、
とても痛いと、笑い?を取ってましたね。

最近の新婚さんいらっしゃいは、新婚、再婚を含む6ヶ月以上3年以内の夫妻を自薦あるいは他薦の形で募集しているのだとか。
by nikki (2017-07-18 00:40) 

えのみ

そんなすごい人だったんですね。
by えのみ (2017-07-18 01:36) 

yamatonosuke

FMWに出ていたんですね。
名前ぐらいでどんな試合スタイルか知りませんが認知度高いんですね。
by yamatonosuke (2017-07-18 01:41) 

HIDEe

ターザン後藤は名前は知ってますが、プロレスの試合は見たことありませんね。
サングラス外すとスゴく優しそうな人に見えますね。
by HIDEe (2017-07-18 04:06) 

johncomeback

寡聞にして「ターザン後藤」存じませんでした。
キーワード急上昇って事はプロレスは根強い人気が
あるって事かな? それとも番組観て「これ、誰?」って
検索した人が多かったんでしょうか?

by johncomeback (2017-07-18 08:49) 

Rinko

ターザン後藤さん、初めて知りました。
どの世界にもいろいろな人間関係・裏事情ってあるんですね・・・。
by Rinko (2017-07-18 09:45) 

えくりぷす

私も「プロレス、ターザン」からターザン山本と早合点していました。ターザン後藤の方でしたか。
ターザン後藤がG馬場から冷遇された理由は、いっぷくさんの慧眼だと思います。アサヒ芸能情報だと、ブッチャーもブロディも新日へ移籍後すぐに全日に戻りたがったが、G馬場は裏切った人間は信用できないとして、それを許さなかったそうですから。
by えくりぷす (2017-07-18 11:09) 

チャー

ターザン後藤さん
私はよく知りませんが 試合の時は もちろん 強面だったのでしょうね
新婚さんいらっしゃい なので かなり 甘々なトークで会場をわかせていたのでしょね
そのギャップが たまらなく 可愛く写っていたのかな?(^ ^)
by チャー (2017-07-18 11:33) 

makkun

「ターザン後藤さん」を全く知らないジジイですので
「シロウト以下」ですよね~(笑)

不自由な右足を1/100でも1/1000でも
回復出来ればと思い、中国式整体に週に2回・
20回通ってました(1回3800円)。
1回目の時の帰り道では血流が良くなって
自分の足では無いように軽く感じて良かったのですが
歩くと片道25分も掛かりましたので
施行して帰って来ると元の状態に戻ってしまい
最初のような感覚も感じなくなり
費用の事もあり通院を止めました。
近くに保険が利いてくれる治療院が有れば良いのですが
今迄の経験だと「気持ち良いのはその時だけ」なので
どうしようも無いのが現実なんです(笑)


by makkun (2017-07-18 12:42) 

ミムラネェ

こんにちは
私もターザン後藤さんは存じませんでした~
なににせよ 新婚さん~に出たってことは いま幸せって事ですね^^
by ミムラネェ (2017-07-18 15:23) 

ワンモア

ターザン後藤さん、知らなかった(;^ω^)
キーワードが急上昇したということは、知っている人も多かったのかな。
でも、幸せそうで何よりですな。なんかカワイイ(^^)
by ワンモア (2017-07-18 16:28) 

うつ夫

祭りは、かつての活躍を覚えている人たちのオマージュ。
by うつ夫 (2017-07-18 21:40) 

n63074コピー

ルイヴィトンからダミエ グラフィットライン
『ポルトフォイユフロリン』
二つ折り財布です
スタイリッシュでシンプルなデザイン
ポケットも豊富で収納力が抜群のオススメの逸品です

ルイヴィトンのコンパクト財布が入荷いたしました
落ち着いた大人の雰囲気で高級感があり
とても人気のラインです
コンパクトでシンプルですのでポケットに入れて持ち歩く方におすすめです
オープン開閉式
ホック式小銭入れ×1
札入れ×1
カード入れ×8
オープンポケット×1
クリアポケット×1

ルイヴィトンn63074コピー
http://www.cdfshopping.com
http://www.cdfshopping.com/lv-wallet/index.html
http://www.cdfshopping.com/lv-wallet/damier-grafphite-1.html
http://www.cdfshopping.com/lv-wallet/damier-grafphite-001.html
by n63074コピー (2017-07-19 17:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます