So-net無料ブログ作成

煮玉子(味玉)を『卵の穴あけ器』(エコー金属)と麺つゆで作る

卵の穴あけ器

ここのところ、おうちラーメンを披露させていただいておりますが、使っている煮玉子(味玉)は自作です。So-netブログユーザーの、えくりぷすさんも紹介されていた『卵の穴あけ器』(エコー金属)と、市販の麺つゆを使って作っています。



煮玉子はお好きですか。

味がついているので「味玉」と称してもいいかな。

煮玉子(味玉)は、おかずがちょっと足りないときや、麺類の具など重宝するので、欠かさず作ります。

『卵を食べれば全部よくなる』(佐藤智春著、マガジンハウス)という書籍を以前ご紹介しましたが、同書によると、煮玉子は一番消化が良いので、もし夜食で卵を食べるなら、生卵よりも、茹で卵よりも、煮玉子(味玉)を推奨しています。

『卵を食べれば全部よくなる』たんぱく質を安くおいしく食べる

私自身、同書を読んでから、効能とか消化というより、食べやすさとして、柔らかくて味がついた煮玉子(味玉)はいいよなあ、と思うようになりました。

ただ、中の黄身は、できればパサパサモサモサしたものではなく、トロトロだともっといいなあと思ったのですが、なかなか市販の煮玉子(味玉)はそこまで配慮されていないし、まあ卵を煮るぐらい、自分のところでやった方がいいだろうと、例によって自作精神でチャレンジしました。

多少は試行錯誤がありまして、最初の頃は、みりんとしょうゆと砂糖を合わせて作っていたのですが、火を通さないみりんはアルコールが気になるので、つゆの素を使う作り方に変えました。

市販の麺つゆです。

だしが入っているからか、こちらのほうが美味しくできますし、何よりも手軽です。

ちなみに、原材料が、「かつお節エキス」ではなく、かつおだし、もしくはかつおぶしを使っているものを選んでいます。

【材料】
卵 6個
A つゆの素(3倍濃縮)100cc
A 砂糖(てんさい糖) 小さじ2

卵6個

1.『卵の穴あけ器』を使って穴を開けます。

卵の穴あけ器
押すと針が出てくる仕組みです

卵の穴あけ器
卵を置いて押すと

卵の穴あけ器で穴が開く
卵に小さい穴があきます

2.卵は、沸騰したお湯に冷蔵庫から出したばかりのものを入れて7分茹でます。

3.卵を茹でているあいだに、麺つゆと水200ccで漬け汁を作ります。

漬け汁

4.茹で上がった卵の殻をむき、温かいうちに漬け汁に漬けます。

温かいうちに漬け汁に漬けます

5.一晩あるいは半日漬けると食べられます。しっかり味をつけたいときは一日漬けます。

6.できあがり

煮玉子
半日つけた場合

煮玉子
1日たったもの

黄身だけでなく、白身もやわらかめなので、包丁ではなくハサミを使って切っています。

切り口があまりキレイではないのですが、まあこのへんは今後の課題です。

一日漬けても食べきれないときは、漬け汁から出してタッパーなどに入れておきます。

不思議なことに、漬け汁から出して1日冷蔵庫に入れておくと、黄身がゼリー状にねっとりと固まっていることが多いようです。

出来たての煮玉子は黄身がトロトロですが、ゼリー状の固まった黄身も美味しいので、多めに作っておいて、あえて翌日まで残るようにします。

スポンサーリンク↓

『卵の穴あけ器』について


『卵の穴あけ器』ですが、中の白身がこぼれ出ない程度の小さな穴を開けることで、できあがったゆで卵の殻がむきやすくなるといわれています。

卵の穴あけ器

といっても、100%ではなく、たまにはうまくむけないこともあります。

どこで購入したかといいますと、キャンドゥ。いわゆる百均です。

お店によっては入荷待ちのところもあるようです。

ネットのレビューを拝見すると、この道具については賛否両論と書かれているものもありますが、「否」の理由がわかりません。

私は先程も書いたように、白身もやわらかく仕上げるので、うまくむけないと、中から黄身が漏れ出して台無しになるため、使っています。

いずれにしても、「使わなければならない」わけではないけれど、「使ってはいけない」ものでもないのですから、個々の判断に任せていいのではないでしょうか。

どんなものでも、大事なことは「いかなる価値で使うか」だと思います。

パール金属 卵殻むき 便利小物 からむき上手 C-3520

パール金属 卵殻むき 便利小物 からむき上手 C-3520

  • 出版社/メーカー: パール金属
  • メディア: ホーム&キッチン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(294)  コメント(28)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 294

コメント 28

たじまーる

おうちラーメンの煮玉子作りですが
便利な道具をお使いになられたりと
ちょっとした工夫をされているのですね(*´∇`*)
by たじまーる (2017-09-09 19:38) 

ちぃ★

私もこれ使ってます。便利ですよね♪

品薄になっているのは知りませんでした。
by ちぃ★ (2017-09-09 20:07) 

そらへい

何気なく食べている煮卵
こんな風に作るのですか。
知りませんでした。
卵の中で消化が良いことも知りませんでしたね。
by そらへい (2017-09-09 20:27) 

johncomeback

『卵の穴あけ器』はTVで観て買おうと思ってましたが、
買い物に出かけるといつも忘れて未だに買ってません。
by johncomeback (2017-09-09 20:57) 

末尾ルコ(アルベール)

へえ~、このようにしてお作りになってるんですね~。百均のヘヴィーユーザーであるわたしとしては、来週にでも『卵の穴あけ器』を手にしていそうです。土日は混んでいるので、平日に行くことにしております(笑)。せっかく茹でても、卵の殻をむく際に悲惨な目に遭うこともしばしばだったわたしとしては、とても興味があるアイテムです。漬け汁を工夫しておられるのも素晴らしいですね。常に「よりよく」というお心がけ、お料理にもお料理以外についてもそうした姿勢をわたしも持ちたいと思います。
それにしても卵のフレキシブルな美味しさは素晴らしいですね。焼いてよし、茹でてよし、生でもOKと、そしていろんな味付けが可能ですが、基本的には醤油や塩胡椒だけでも抜群に美味しい。そして安い、と。卵のお話はついつい熱が入ってしまいますが(笑)、鶏卵なしの食生活などあり得ません。

催眠術!今まさに、わたし自身が馬場の催眠術にかかってしまい、ロープへ飛んで行ってしまいそうです(笑)。確かに晩年の馬場は相手をロープに飛ばす時も腕にまったく力が入っている様子がなく、「催眠術」都しか解釈しようがなかった感も(笑)。

>「それまでの攻防のダメージで判断力が鈍り、ついそういう状態に引きずり込まれてしまう」

わたしもそれで自分を納得させておりました。それだけではなく、プロレスをディスる連中に、「あんなにダメージを受けてるのに、避けられるわけないじゃないか!おらあ!!」などと無理矢理な説明をしておりましたが、今考えればかなり苦しかったですね(笑)。でも派手さのないベーシックな攻防を「どう見せるか」というのがプロレスラーの価値の中では大きな位置を占めていましたよね。ベーシックな攻防で飽きさせない技量をつけてから大技を繰り出せるようになる・・・この過程はとても大事だったと思います。今でもわたし、そうした攻防はおもしろく見られますが、平成からのプロレスファンはそういう攻防自体を知らない人が多いのでしょうね。紫雷イオが試合開始後ひとしきりベーシックな攻防をすることがあるんですが、とても楽しく見ることができます。
猪木の場合、馬場や鶴田のように派手な技でフォールを取ることが容易ではないので、どうしても固め技に頼らざるを得ない部分はあったのかなとも思います。スープレックスや7ブレーンバスターなども、「派手に決まる」とは言い難いですし、フィニッシュホールドの一つだったバックドロップも、今見ると体勢も低いし、スピードもさほどではない感があります。1975年に行われたルー・テーズ戦でも、60歳間近のテーズのバックドロップの方がずっと強力そうに見えました。でも哀しいことに(笑)、わたしを含め猪木ファンは、(猪木のバックドロップは特別だから・・・)と本気で信じ込んでいたものです。
馬場の場合はとにかく振りかぶって相手の脳天にチョップを入れるだけでも観客を沸かせることができたのですから、サブミッションを売り物にするのは小賢しく、お金を取って観客に見せるものではないという感覚だったのかもしれませんね。わたしもいっぷく様と同じく、しっかりと積み上げていく試合が好きです。「バチンバチン」の試合は、ハンセンクラスのパワーがあればまだいいんですが、長州クラスの体格でやられてもノレなかったものです。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-09-09 21:13) 

deepredcocktail2

>卵の穴あけ器  空になったスプレー缶の穴あけで代用できますね
by deepredcocktail2 (2017-09-09 22:36) 

nikki

卵の殻は、水につけながらむくときれいにむけるとか
いろいろ方法があるようですね。

by nikki (2017-09-10 00:23) 

うめむす

私は、もしかしたら「煮卵」というものを、
いまだ、食べたことがないのかもしれません。
最近のラーメン事情に疎いため、
私が知らないだけかもせませんが、
ラーメンと煮卵が結びつかないのです。
久々に、どこかのラーメン専門店へ、
行く必要がありそうです。
by うめむす (2017-09-10 01:02) 

ナベちはる

「穴あけ器」、あると便利ですね!

同じ「穴あけ器」を自宅で見たような気がするのですが、使われているところを見た憶えがないので違うかもしれません。
by ナベちはる (2017-09-10 01:11) 

えのみ

確か茹でる時間が8分くらいですよね。
卵穴あけも100均で買いました。
煮卵だけでも作ってみようかな。
by えのみ (2017-09-10 02:42) 

kinkin

煮卵作りやってみますね、簡単ですし美味しそう。
自分は卵の穴は開けずに、ティースプーンの腹で卵を軽く
叩いてひびを入れてます。
これでやっても卵白が飛び出すことはありません。
by kinkin (2017-09-10 04:37) 

kou

煮卵はよく作ります。
しかも、我が家はダイソーで買った穴開けを使ってます。
これ、便利ですね。裏に磁石が着いているので、いつも冷蔵庫にくっついてます。
by kou (2017-09-10 06:11) 

チナリ

おはようございます。

ゆで卵を含め、煮玉子は大好きです!

ただ、家では作ったことがなく、いつもスーパーで売られているのを買ってきて食べるのですが、何とも言えない味が病みつきになりますね。

by チナリ (2017-09-10 07:40) 

チャー

えくりぷすさんのブログ覚えています!いいなーと思いそのままになっていました
(〃ω〃) トロトロの煮卵 ほんと美味しそうです
by チャー (2017-09-10 08:04) 

tochimochi

百均を見てると便利なものがいろいろありますね。
この穴あけ器などもなるほどです。

by tochimochi (2017-09-10 08:20) 

taekozue

自家製の煮卵、良いですね。
今度私も作ってみたいと思います。
by taekozue (2017-09-10 09:08) 

えくりぷす

名前まで出して頂いて、恐縮です m(_ _)m
いっぷくさんに教えて頂いたやり方、すごく参考になります。
穴あけ器は、割れて中身が飛び出さないというメリットが大きいですね。私も試行錯誤していますが、きれいに剥くには、氷水で急に冷やすと良いように思っています(それでもたまに失敗しますが… 不器用ですから)
それにしても、高そうな卵ですね!
by えくりぷす (2017-09-10 09:56) 

yakko

お早うございます。
卵の穴開け器、便利ですね。買います(^_^)
by yakko (2017-09-10 10:25) 

Take-Zee

こんにちは!
タマゴの穴あけ器なんてあるんですね。

by Take-Zee (2017-09-10 12:39) 

レインボーゴブリンズ

ナイス!
by レインボーゴブリンズ (2017-09-10 17:15) 

ヨッシーパパ

自家製の味玉、美味しそうに出来上がっていますね。
by ヨッシーパパ (2017-09-10 19:14) 

hana2017

沸騰したお湯に入れて7分茹では同じです。その時白身が飛び出すのを防ぐ為、私は優しくお玉にのせてお鍋に入れています。
時には塩、お酢を加えても、白身の飛び出しは防げそう。
・・・って並べると、卵の穴あけ器不要論派のようですが。。
自分自身が100均グッズ、使うのは買ってすぐの頃だけだからなのでした。
こうした便利グッズは、まさに個々の判断次第という事ですね。
by hana2017 (2017-09-10 22:30) 

Rinko

うわっ!!これは美味しそうですね~^m^
うちでもやってみます!!
by Rinko (2017-09-11 13:19) 

makkun

我が家は「卵の穴あけ器」を
何年も前から利用してますが
奥さん曰く・・とっても便利
・・ だそうです( ^)o(^ )
by makkun (2017-09-11 14:19) 

たぬぽ

漬け汁から出すと水分が飛びやすくなるので、卵の水分が抜けて黄味がねっとりするんじゃないかと思います。
漬けたままでもより時間をおけばねっとりすると思いますが、このねっとりした黄味というのはすごく美味しいですよね。私はその状態が一番好きです。(^。^)
by たぬぽ (2017-09-11 14:30) 

little_me

そろそろおでんが美味しい季節ですね。
おでんにはゆで卵をたくさん入れるのですが
卵の殻向きは苦手なのでこれ欲しいなと思っていた所です。
by little_me (2017-09-11 16:50) 

トロル

うちも玉子の尖ってない方を軽く硬い台などに打ち付けて小さいヒビを入れ(ちょっと強く打ちつけ過ぎる失敗をよくします…、100均の魅かれます!)少しお酢を入れたお水で煮ます。お酢を入れるとヒビが大きくて白身が逃げ出しそうになった場合も、不恰好に雫型で破裂を留める力となります。茹で上がったら、急激に冷水にさらし、しばらくしたら水の中で軽く握って殻にヒビを入れてツルツルとむきまして、つけ汁へ軽く水分を拭ってつけこんでみますね♫ 麺つゆにんべん派です^ ^
by トロル (2017-09-12 11:15) 

ミムラネェ

こんにちは
こんなに便利なのがあるのですね^^
私は煮たまごが十八番なんですよ♪
漬け汁から出して1日冷蔵庫に入れておくと、黄身がゼリー状には
知りませんでした~
今度 やってみよっと♪( *´艸`)
by ミムラネェ (2017-09-12 15:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます