So-net無料ブログ作成

ブタックカード獲得へ野郎ラーメン川崎東口、特製煮干しつけ麺

特製煮干しつけ麺

ブタックカード獲得プロジェクト第三弾は、野郎ラーメン川崎東口店(神奈川県川崎市川崎区)に行ってきました。今回注文したのは『特製煮干しつけ麺』です。野郎ラーメンが誇る濃厚豚骨と、煮干しのダブルスープにチャーシューが2枚入ります。



1ヶ月に4回、野郎ラーメンの上級メニューを注文すると、期間を定めず様々な特典を受けられるブタックカードが発行されるので、これまで2回大田区大森店を訪れました。

3回目の今回やってきたのは、JR川崎駅(神奈川県)です。

JR川崎駅

父の仕事の関係で、1960年代からこの川崎の町を見てきましたが、随分かわりました。

1980年代後半の再開発以前は、まだ戦後の残り滓が垣間見える街でした。

たとえば、駅前商店街の名は銀柳街。

銀柳街

Wikiによると、「空襲の苦しみに耐えながらも生活をしている自分達と、(その地に植えた)大雪にも負けないとを重ねた。その柳に、深く美しい光を意味するを合わせ、この商店街を『銀柳街』と名付けた」とあります。

軍需工場があった町で、戦争で焼け野原になったのです。

そのほどちかくに店を構えているのが、野郎ラーメン川崎東口店です。

野郎ラーメン川崎東口店

店主は、流暢に日本語を話しますがヨーロッパ系の方のよう。

野郎ラーメン川崎東口店

ヒデとロザンナの、ロザンナのような感じです。



ちなみに、ロザンナ・ザンボンはイタリア人。

……という前置きはともかくとして、『特製煮干しつけ麺』です。

特製煮干しつけ麺

煮干しと濃厚豚骨のダブルスープ、厚くて大きなチャーシューが2枚。

『特製』ではない普通の『煮干しつけ麺』の場合、麺の上のチャーシューが入りません。

味を知るだけなら普通の『煮干しつけ麺』でよかったのですが、ブタックカードの条件は、通常メニューにトッピングが加わった上級メニューのため、今回は『特製煮干しつけ麺』を注文しました。

つけ汁は中にチャーシューを刻んだものが入っていました。さすがに濃かったですね。

特製煮干しつけ麺

麺の量は少なすぎず多すぎず、足りなければ麺増しを注文します。

完食しました。美味しかったですよ。

ということで、いよいよこのプロジェクトも、残すところあと1回となりました。

性格上、こういう時は一気に行きたくなるので、明日か明後日か、わかりませんが、なるべくはやいところ結着をつけたいと思います。

スポンサーリンク↓

今度は「若者の結婚式離れ」?


今日の話題は、メディアが好きな「若者の~離れ」のひとつだと思いますが、若者の「結婚式離れ」が進んでいるのかもしれないという話です。

結婚式への参列は「嫌い」が3割超、結婚式はもはやオワコン

20~39歳で入籍して3年以内の新婚女性のうち、挙式も披露宴も行っておらず、現時点で行う予定もない人を対象に行われたアンケートで、式をしなかったことに対する「心残りはない」と回答した人が35%、「『あまり仲の良くない友人の結婚式(の参列)は断りたい』の方に近い」という人も全体で92.6%に上ったという話です。

まあこの統計で、「若者の結婚式離れ」に結びつけるこの記事は、少し強引だと思いますけどね。

だって、結婚式をしたくないからしなかった人たちにアンケートを取ったところで、結婚式に否定的な回答をするのは当たり前ですから。

ただ、自分の結婚式に呼んだ人、または今後呼びたい人の中には、本当は嫌だと思っている(た)人がいるかもしれない、ということは頭のなかに入れておきたいですね。

私は、前にも書きましたが、人生とは迷惑の掛け合いであるとは思っていますが、「やらずもがな」の迷惑は極力避けたいと思っています。

上記のアンケートでは、今後行いたい結婚式のイメージやタイプとして、

「身近のみでこぢんまりしたい」
「本当に仲の良い友人だけ招待したい」
「特別なことはせず、日常の延長で祝いたい」

といった回答が、「たくさんの人を招待したい」や「一生に一度のお姫様体験がしたい」を上回ったといいます。

私も、それでいいんじゃないかと思います。

豚骨ぶた野郎

豚骨ぶた野郎

  • 出版社/メーカー: オーズ合同会社
  • 発売日: 2013/09/05
  • メディア: Kindle版

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(305)  コメント(27)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 305

コメント 27

うつ夫

確かに最近は、海外とかで家族だけの結婚式を挙げて、別に友人を呼ぶパーティー(しかも会費制)を分離して行うケースをよく聞きますね。告別式とお別れ会を分けるようなものですな。
by うつ夫 (2017-07-09 23:06) 

pn

ロザンナの方か(^_^;)何となく想像出来る。
一気にけりを付けたくなる気持ちよく分かります。
by pn (2017-07-09 23:24) 

末尾ルコ(アルベール)

いよいよブタックカードが近づいてきましたね!この壮大なプロジェクト、わたしも影ながら(笑)応援させていただいております。ヒデとロザンナのヒデって、若い頃はアイドルのような顔をしていたんですね。ロザンナはいかにもイタリア的ですが、同時にクリストファー・リーのドラキュラ・シリーズに出てきそうな容貌でもあります。ヘアスタイルも含めて70年代テイストがいいですね。
『特製煮干しつけ麺』は、ちょっとわたしが経験したことのないラーメンです。このつけ汁の濃厚そうな外観さは、(いったいどのような味なのだろう)と不安になりますが、「美味しかった」とお書きになってらっしゃるので安心しました(笑)。ブタックカード獲得へ・・・わたしも待ち遠しい気分です(笑)。

「若者の結婚式離れ」・・・こうしたアンケートの是非はさて置いて、「必要がないと思うものはやらない」「さほど親しくない人は招待しない」などでいいのだと思います。特にブライダル産業の営業にまんまとのせられたような結婚式や、やたらと招待客が多い結婚式には辟易します。あと、市長やら副市長やら、著名大学の人脈関係やらがずらずら出てくるような結婚式とか・・・ちょっと親戚関係にそういうのが好きな人たちがおりまして、つい具体的に書いてしまいましたが(笑)、要するに、「本当にやりたければ」、「本当にやりたい形式でやる」というところでしょうか。見栄とかそういうのは忘れて、が原則ですが。

日本にプロレスが導入された時の状況というものを考えると、本当に凄いことが行われたものだとワクワクします。その後のプロレス界の問題やプロレスファンの心の問題が導入時に既に内包されているし、プロレスに留まらぬ日本のマスメディアの問題点も濃厚にはらんでいます。蛮勇も含まれておれば、様々な矛盾や悪も含まれていて、しかもそれが日本中を巻き込んでいたことに陶然とさせられます。
そこに日本人の敗戦による欧米人コンプレックスや伝統的な格闘技好きがなければあの超人気は生まれなかったでしょうし、力道山が「エンターテイメント」と割り切っておれば、対木村政彦を始めとする暴発試合が生まれることもなかったでしょうから、プロレス導入時に敢えて曖昧なグレーゾーンを作ったことが、長きに渡る日本のプロレス界の陰翳や豊かさを生み出していたとも言えるのではないかと。どのような文化でも陰翳が豊かさを生むという真実もあります。
そう言えば、かつて『週刊文春』でデイブ・スペクターがアントニオ猪木と対談していたのですが、スペクターがまったく日本のプロレス界の文脈を理解しておらず、米国のプロレスしか基準にできないまま質問をしていて、まったく話がかみ合ってなかったことが印象的でした。プロレスは米国から輸入されたものだけれど、日本で独自の発展を遂げたことを勉強してなかったスペクターは(この人、おもしろいところも多々あるんですが)、日本人レスラーに対するインタヴュアーとしては機能していませんでした。
アメリカの華やかなプロレス界で通用した馬場が、日本プロレス界の「きわめっこ」を相手にしてなかったというお話もとても興味深いです。つまり当時から馬場は、「プロレスはシュートを超えたもの」だと認識していたことになるかもしれませんね。  RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-07-10 00:06) 

ナベちはる

派手なイメージを持っていた結婚式も、今では大きく変わったなと思います。(「地味婚」という言葉もありますので…)
by ナベちはる (2017-07-10 00:29) 

ワンモア

ラーメンの魅力に取り憑かれた外国人の方でしょうか(^^)
まもなく決着ですね。
人生とは迷惑の掛け合いですかぁ。奥が深いなぁ。
確かにその通りですよね。私は迷惑かけっぱなしの人生でしたので、恩返しに生きてます(笑)複雑な縁もまた楽しの心境です(^^)
by ワンモア (2017-07-10 00:32) 

nikki

濃厚なラーメン好きです。

愛知県は豪華な結婚式をする方が多いですが
質素でよいですね。。
by nikki (2017-07-10 00:40) 

えのみ

私も以前、会社の同僚の結婚式に呼ばれて
90名ほどの参列者がいらっしゃいましたが・・・
本当に呼びたい人と、2次会で済ませる人と
分けた方が良いような気がしました。
お招きしていただく方もご祝儀の関係もありますから
2次会だけの方がお気楽な感じだと思います。
by えのみ (2017-07-10 00:57) 

yamatonosuke

4、5年前に川崎のカプセルホテルに泊まりましたが、
繁華街なのにとってもリーズナブルでした。
by yamatonosuke (2017-07-10 01:06) 

arles

不景気で給料も少なく結婚に躊躇したり
してもでき婚普通で
共働きは当たり前で
現実的にお金かかる結婚式は減ってきて
無し婚が増えてるそうですね
by arles (2017-07-10 03:30) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。
書き忘れていましたが、お店の人は女性です。

>現実的にお金かかる結婚式は減ってきて
>無し婚が増えてるそうですね
>by arles

そうですね。経済的なことはありますね。
by いっぷく (2017-07-10 07:43) 

kou

昔の結婚式は親の見栄って感じも多かったように思います。いまや時代が変わって、自分の結婚式は自分で祝いたいという風潮が強くなってきたのも要因かもしれません。
by kou (2017-07-10 07:44) 

Take-Zee

こんにちは!
つい50年ほど前は冠婚葬祭は家出した。
お手伝いはご近所。
 それが核家族化、住宅事情や近隣交流の衰退などで
外部の施設へ。
 施設は人寄せで新しいパフォーマンス、われわれ以降の
世代はそんなものに振り回されてきました。
 結婚式に数百万円ももったいない、そんな人が増えたですね。

by Take-Zee (2017-07-10 07:54) 

Rinko

偶然にも今日は夫と私の結婚記念日なんですが、18年前の私達も盛大な結婚式はやりたくなくて、身近な人たち・本当にお招きしたい友人達のみの「こぢんまり」で行いました。
by Rinko (2017-07-10 07:57) 

チャー

特性煮干しつけ麺 つけ汁 濃いですねー
コクと旨味ギューとつまっていますね 夏バテ解消 スタミナモリモリですね٩( 'ω' )و
by チャー (2017-07-10 09:23) 

muku

ドロドロのつけ汁。。凄い濃さですね。
見た目で分かる(ノ´∀`*)
よく完食出来ましたね。すごい・・・
by muku (2017-07-10 10:21) 

旅爺さん

野郎ラ~メンとはこの野郎外人か~!”
でも美味しいんでしょうね。
by 旅爺さん (2017-07-10 12:12) 

barbie

最近は地味婚どころか無し婚も多いんですね。
うちはまさにその渦中で(笑)
私は本人たちの好きなようにと思いますが、うちの両親が承知しません。
明日は下見に行って来ます(^^;)
by barbie (2017-07-10 13:21) 

個人 仕入れ

コストと品質を重視し、小ロット輸入でも個人でも新商品の開発と商品の仕入れができます。対応できる分野も様々なので、何かありましたらお気軽にご連絡ください。
URL: http://www.cgksupply.com

by 個人 仕入れ (2017-07-10 15:25) 

なかちゃん

一見クドそうなつけ麺ですが、やはり濃いんですね ^^;
最近はつけ麺を食べていないので、今度食べに行ってみようかな?


by なかちゃん (2017-07-10 16:23) 

johncomeback

昨年息子が結婚しましたが、写真だけで式は挙げない
つもりのようでした。僕の妻のたっての願い&費用負担で
身内だけで結婚式をしましたが、会場は大きなチャペルで
勿体無かったです。
by johncomeback (2017-07-10 16:38) 

JUNKO

川崎駅は通過するだけで降り立ったことはありません。窓外の景色だけです。
by JUNKO (2017-07-10 18:40) 

ヨッシーパパ

始めたら、早くクリアーしたくなりますね。
by ヨッシーパパ (2017-07-10 19:30) 

rappi

一度行ってみたいお店です。^^
チャーシューも美味しそうですね。^^
by rappi (2017-07-10 20:47) 

うめむす

私は昔、某大手花屋さんに勤めていたことがありますが、
当時(80年代~90年代の主力商品は、結婚披露宴盛花。
ところが、最近ホームページをのぞいてみると、葬儀関連が
メインになってきてるようです。
「若者の結婚式離れ」の、裏付けのひとつかもしれません。

by うめむす (2017-07-10 21:16) 

仕入れ

コストと品質を重視し、小ロット輸入でも個人でも新商品の開発と商品の仕入れができます。対応できる分野も様々なので、何かありましたらお気軽にご連絡ください。
URL: http://www.cgksupply.com

by 仕入れ (2017-07-11 10:11) 

makkun

めん汁を見ただけで
煮干し風味の香りが漂ってきそうです(^^♪

by makkun (2017-07-11 12:07) 

ミムラネェ

私も結婚式要らな~い・・・と思っていましたが
相手のご両親の要望で 長男の嫁だからとやらされましたよ(笑)
親のメンツの問題だったようですね^^;
by ミムラネェ (2017-07-11 15:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます