So-net無料ブログ作成
検索選択

『明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田』カップ麺

明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田

『地域の名店中華蕎麦とみ田 魚介豚骨醤油』(明星/セブンプレミアム)です。カップ麺ですが、272円もしました。『とみ田』の店主、富田治氏が監修しているそうです。最近流行の名物料理人監修ものですが、パッケージにご本人の顔写真はなく、オーソドックスな作り方です。



私は食卓ラーメンは生麺を茹でることが多いのですが、今回はなんとなくカップ麺を買ってみました。

『中華蕎麦とみ田』は、千葉県松戸市にあるお店で、地上波テレビの視聴時間が長い方ではない私も、何度か観たことがあります。

Wikiによると、「清潔感があるこじんまりとしたつけ麺・中華蕎麦店。国産小麦のみを使用した自家製麺と濃厚な豚骨魚介つけ汁を味わえる。カウンター席のみ」と説明されています。

その「中華蕎麦」のカップ麺版として、セブンイレブンが明星食品との「共同開発」(パッケージでそう表現)で発売されています。

明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田

粉末スープ、液体スープ、先に入れるかやく、あとのせかやく、と4種類の袋が入っています。

明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田

お湯を入れて5分。液体スープを重しにして温めるのも定番の光景。

明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田

5分たったら、後から入れるスープとかやくを投入。

できあがりです。

明星セブンプレミアム地域の名店中華蕎麦とみ田

カップ麺は指示通りに作ると、いつもスープが多めになってしまうような気がします。

同じような経験、ありませんか?

食べた感想ですが、『中華蕎麦とみ田』で食べたことがないので比較できませんが、麺がもちもちしているのが印象的です。

普通、カップ麺の「コシ」というのは、たんに麺にお湯が浸透していない事が多いのですが、これは5分間待って浸透しているので、もちもちが特徴なのでしょう。

スープもよくできていると思います。

安いカップ麺にありがちな、化学調味料の後味がいつまでも残る、ということはありませんでした。

まあ、カップ麺としては“高級品”なので、クォリティーと独自性は求めたいところですけどね。

ヨークマートという、セブン&アイ・ホールディングス系列のスーパーで買いましたが、“セブンプレミアム”なので、全国のセブンイレブン店舗で売っていると思います。

スポンサーリンク↓

接待されたレビュアーの感想文の何か問題か


うどんが主食という、食べログでレビューを書いている人が、お店から接待を受けていたことを週刊文春にすっぱ抜かれ、全て削除して話題になっています。

ホリエモン×ひろゆき、食べログレビュアー接待問題を語る

ホリエモン×ひろゆき
いつもの2人もさっそく言及(horiemon.comより)

ホリエモン×ひろゆき、お2人の話は要するに、「素人のレビューだからステマでないという保証はないのに、鵜呑みにするなんて信じられん」という話です。

ネットというのはたしかにその通りです。

それと正反対の行為もあるんですよ。

特定の商品や作家・タレントなどを貶める意図で、ヤフオクやアマゾンでネガティブなレビューを集中させるとか、その公式サイトを検索上位から引きずり下ろして人の目に触れにくくさせようと、おかしなサイトからリンクを送ってグーグルの評価を下げるとか、そんな操作は日常的に行われています。

発売前の商品について、自分で食べもせずプレスリリースをリライトした「レビュー」のブログ記事を事前に投稿。発売の日にその記事が、商品名をキーワードに検索したら上位表示されるということもよくあります。

ですからこれはもう、検索上位だからとか、権威や知名度のある人だからとか、「いいね!」がたくさんついているから、といった理由で盲信しないことです。

主張されていることのうち、客観的なことと主観的なことは分けて、主観なら「話半分」で受け止めておく。

客観的なことも真実を知りたければ裏をとる、という基本的なリテラシーがないと、ネットの感想文で大騒ぎになるようなことはまた起こると思います。

もちろん、そのような歪んだ情報操作は、ネットだけのことではなく、テレビも新聞も週刊誌もあるんですけどね。

「とみ田」つけそば 3食入

「とみ田」つけそば 3食入

  • 出版社/メーカー: 中華蕎麦とみ田
  • メディア: その他

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(271)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 271

コメント 21

ワンモア

カップ麺でこのお値段は中々ですね。カップが別々にあってホントのつけ麺にしてくれてもよかったような(^^)

by ワンモア (2017-06-28 10:53) 

makkun

最近は美味しそうなカップ麺が多いので
決めて買いに行かないと悩んでしまいそう(笑)
文春にすっぱ抜かれて削除したような事例は
良くありそうな事ですよね~((●≧艸≦)プッ
クラウドサービスは全く利用していないのですが
いっぷくさんの場合は別の思いがありますので
良い利用方法だと思います・・。

by makkun (2017-06-28 12:12) 

まめ

ネットは当然ですが、テレビなどの放送も鵜呑みにできませんね。
まぁ、常に信用できるのは自分のみ、ということでしょうが。
by まめ (2017-06-28 12:42) 

チャー

カップ麺 はほとんど食べることはありませんが だからこそ たまに食べたくなります
その時は 高くても美味しいものが食べたいです 期待を裏切られることも多いのですが
とみ田 もちもち麺に期待出来そうです(^ ^)スープも楽しみです カップ麺が食べたくなったら
とみ田 ? (^ ^)V

オーケーストアーでフロマージュアイス 買えたかなー?
by チャー (2017-06-28 13:38) 

pn

¥272かぁ、お昼にはちょっときついなぁ(^_^;)
by pn (2017-06-28 14:56) 

なかちゃん

カップめんでもモチモチならば、そのお値段なら買いですね ^^
似たような価格帯の冷凍生めんと食べ比べてみたいです(^^)

by なかちゃん (2017-06-28 16:25) 

johncomeback

息子が松戸市民だった頃「とみ田」によく行っていたようです。
一度連れてってもらいたかったなぁ。息子は現在所沢市民です。
by johncomeback (2017-06-28 16:34) 

末尾ルコ(アルベール)

『地域の名店中華蕎麦とみ田 魚介豚骨醤油』・・・か、漢字が多い。そして漢字が多いと、「高そう」に感じることもかなり事実です。「ご本人の顔写真」がないのですね!それはポイントアップの要素になるかも(笑)。ただわたし、カップ麺は通常「150円以内」に抑えていますから、このような高級カップは誕生日に自分へのご褒美として・・・というのはさすがに冗談ですが(笑)。しかし麺のコシやスープに対するご評価が高いのですね。今度、高知で(1号店開店以来)にょきにょき増殖中のセブンイレブンでチェックしてみます。

食べログレビュアー接待問題を語る・・・日本人、だけでなく、世界的にも人間のリテラシーは下がりっぱなしだという気がします。わたしもブログなどをやっており、もちろんアクセスはできるだけ多くいただきたいと頑張っていますが、「心を捨ててアクセスを取る方法」ならいくらでもありますが、それは絶対にしないという当然のポリシーは持っています。その分、いろいろ四苦八苦しているわけですが、「人間を止めてまで」アクセスを取っても意味ありませんよね。ところが(もちろん「すべて」ではありませんが)、「人間を止めている」サイトに大きなアクセスが集まっている現状があります。「検索上位」にロクでもないサイトが出てくるのは日常茶飯ですし、ニュース番組などで「再生数何千万の動画です」とか、「数」だけが価値であるかのようなものを紹介する風潮もリテラシー低下に拍車をかけていると思います。

昨夜NHKの『うたコン』を観ていたら、東京五輪の時のヘーシンクの映像がチラッと出ました。さすがに柔道の世界では強そうです(笑)。と言うか、ものすごく強かったわけですが、プロレスのマットでは顰蹙を買っていた両手を上げるポーズも、柔道の試合では様になってました。

>欲求不満(?)の歴史が伏線となって

なるほど!そうした欲求不満がマグマのように煮えたぎっていたところへ、「かませ犬」発言などで大噴火したという要素が大きいわけですね。そうですか、馬場VS豊登も組まれなかったんですね。力道山VS馬場なんて、やったらとんでもない盛り上がりだったでしょうに、もったいなかったですね~。「時期尚早」という言葉もプロレス誌ではよく目にしました。なんかシュールな言い訳ですよね~(笑)。

>オープン選手権を発表したら、それ以来猪木も何も言わなくなってしまった。

う~ん、これも今となっては笑えてしまいます。よほどやりたくない外国人選手が揃ってたんでしょうね。猪木にとってはトラウマのようなメンバーだったのかもしれません。などと書きながら、わたしどんどん妄想が膨らんできました(市川由紀乃ばりに 笑い)。例えば、猪木VSラシクとかあって、アマレスの強豪だったラシクのタックルをきめられ、ホールドされてまったく動けず、結局幼獣のクロウでギブアップしてしまうとか。これはスゴイ画になってしまいますね~(笑)。それに、鶴田なんかとやらされちゃあ、たまったもんじゃないというのもあったのかもしれません。あの当時は夢にも思ってませんでしたが、今となっては、猪木が当時の鶴田にセメントで勝てる要素って、ほとんどないような。う~ん、鶴田相手に何もできない猪木・・・これもスゴイ画です。
それにしてもブロディは、よくあんな試合をしてくれたものだと思います。長州力の体格で、ブロディと正攻法で組み合って・・・なんていう試合展開を長州力は考えていたと思うんですが、それで問題なしと思う感覚が、プロレスに大いなるロマンを感じていたファンとしては納得できないものでした。そんな長州力のプランをぶち壊しにしたブロディはカッコよかったです。
ジャパンが全日リングへ来た時、馬場としてはずっと圧迫され続けていた新日をついに出し抜いて窮地に陥れたことが嬉しくて、「その後」まで考えられなかったのかもしれませんね。それにしてもしっかり意見表明するレイスはカッコいい。一線級の外国人レスラーたちにとっては、長州力とか、(なんだ、こいつらは)くらいの感覚だったのでしょうね。アマレスといっても、長州以上の実績を持つレスラーは米国にいくらでもいるだろうし、なにせ外国人相手に面白い試合がまったくできないという弱点がはっきり分かってましたものね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-06-28 16:52) 

ヨッシーパパ

カップラーメンの世界も、競争が激しいのでしょうか?
いろいろ工夫しているんですね。
by ヨッシーパパ (2017-06-28 17:06) 

caveruna

最近カップ麺も高級志向なような気がします。
by caveruna (2017-06-28 17:37) 

newton

このカップ麺、セブンイレブンで見つけて気になっていたんです。早速、チャレンジしてみたいと思います。

by newton (2017-06-28 17:40) 

Take-Zee

こんにちは!
私たち関東人はラーメンの”倶”といいました。
”かやく”を聞いたときは何のことか分かりません
でした。
 化薬とはこんば漢字なんですね。

by Take-Zee (2017-06-28 18:17) 

(。・_・。)2k

とみ田 結構好きで食べます
お店がお隣の駅なんですが
2時間待つらしく 行く気にもなれません
相当美味しいらしいんで気にはなってますが

by (。・_・。)2k (2017-06-28 18:27) 

yes_hama

カップ麺好きなので、これ美味しそう、と思ったら
値段を見ずに買ってしまいます。^^;
by yes_hama (2017-06-28 21:24) 

toshi

カップ麺も進化するんですかね。
by toshi (2017-06-28 22:00) 

nikki

高級カップラーメンですね。
イオンのトップバリュも製造会社を書いてほしいものです。


ガラケーがこわれそうだったので少し前にスマホにしました。
壊れそうでなかったらまだガラケーのままだたと思います。
最近はアクセスできるサイトも減ってきて、ソネットブログも記事閲覧はできるが、ログインや編集がもうすぐできなくなるらいいし。
by nikki (2017-06-28 23:21) 

うめむす

私、カップ麺は中の筋より上までお湯を入れる派です。

amazonで買い物をするとき、必ずレビューは見ます。
中には、明らかに変なモノが混じっていますね。
日本語がおかしな文章も、けっこう目につきます( ゚д゚ )

by うめむす (2017-06-29 00:02) 

ナベちはる

272円、高級感が漂うカップ麺ですが美味しそうなので一度食べてみたいです。
by ナベちはる (2017-06-29 00:47) 

yamatonosuke

美味しそうなラーメンですね。
お店で食べてみたくなりました。
by yamatonosuke (2017-06-29 01:21) 

チナリ

お早うございます。

今日のカップラーメンは初めて見たので、食べてみたくなりました。


最近は利用が減ってしまいましたが、欲しいモノができるとAmazonさんを利用しています。

発売されてから日にちが経っているモノは、どうしてもレビューを見てみるのですが、レビューの中には的はずれな意見が目立つ場合もありますね。

そういった方が書かれたレビューを見てみると極端に批判して星をひとつだけにしている場合があれば、逆に褒めちぎって星を五個付けている場合もあるので、そういった方のレビューは参考にしないように気をつけています。

by チナリ (2017-06-29 08:04) 

えくりぷす

ステマについては、ホリエモン×ひろゆきが「信じられん」と言おうが、信じてしまう人の方が多いわけですね。いっぷくさんがおっしゃるような、いかにネットリテラシーを高めるかというアプローチをどんどんしていく必要があるように思います。
ネガティブなキャンペーンといえば、一時期の勝間和代とかもっと前は田口ランディとかを思い出します。この2人を私も全く評価していませんが、レビューしている方も嫉妬心まる出しのようで、見苦しかったです。
by えくりぷす (2017-06-30 10:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます