So-net無料ブログ作成

鶏そば小鳥(大田区池上)の鶏塩そばと鶏白湯そば

鶏そば小鳥

『鶏そば小鳥』(大田区池上)という、食べログでも注目されているお店に行ってきました。場所は大田区池上。鶏塩そば、鶏白湯そば、鶏そばつけ麺、鶏飯など、鶏メニューのみで勝負しているお店です。食べログも評価も最近上がっています。



先日、くろむぎ堂という、デカ盛りもりそばのお店をご紹介しました。

くろむぎ堂の大盛り

同店は、東急池上線池上駅を下車して、徒歩2分(170メートル)。

東京電力大田営業センターに向かう、東電通り会という商店街にあり、池上本門寺の参拝者が帰りに寄るお店として知られています。

そのくろむぎ堂の2軒隣りにあるのが、『鶏そば小鳥』という、文字通り鶏そば専門店のお店です。

鶏そば小鳥

メニューは、鶏関係のラーメンと鶏飯だけ。

鶏そば小鳥

鶏そば小鳥

鶏そば小鳥

鶏そば小鳥

電話番号も公開せず、今時公式サイトも開設しない“北向き”(時流に乗らず偏屈に見えること)なお店ですが、食べログでは少しずつ、おおむね良い評価のレビューが書き連ねられていました。

カウンター16席。店員は一人だけ。店主かどうかはわかりません。

にこりともせず、注文を聞いて作り始めたので、「あなた店主?」とは聞きづらかったのです。

食べログのレビューにもマイナス点として書かれていますが、確かにチョット無愛想かな。

そんな顔色をうかがったわけではないのですが、初めての店は基本メニューのみで試す、という自分で決めたことを破って、今回は味玉を付けてしまいました(小心)

リピするかどうか判断するため、妻と来たのですが、妻は味玉鶏塩そば、私は味玉鶏白湯そばを注文。ともに900円です。

これが味玉鶏塩そばです。

味玉鶏塩そば

土鍋で、きました。端がちょっと欠けてますが……。

画像ではわかりにくいのですが、鍋焼きうどんのようにグツグツしていました。

味玉鶏白湯そばはこちら。

味玉鶏白湯そば

ねぎ、豚バラチャーシュー、めんま、鶏そぼろなどが入っています。

めんまがやけに細かったですね。

味玉鶏白湯そば

味は、濃厚という意見もありますが、私にはあっさり目に感じられました。

以前、餃子の王将の白湯ラーメンをご紹介したことがありましたが、あちらはもっと濃かったですね。

鶏白湯ラーメン

それでいて、しっかりお腹にはたまるので、ラーメンライスでないと気がすまない私も、鶏飯までは注文できませんでした。

今回は食べなかったのですが、つけ麺は氷締めをしているそうで、作り方はきちんとしています。

無愛想なところを、どう評価するかですね。

池上は、駅前商店街の飲食店に撤退が続き、やっと最近になって、チェーン店系の『かつや』『松屋』『横浜家系ラーメン 希家 池上店』などが定着しつつあるところですが、非チェーン店の『鶏そば小鳥』も、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

池上本門寺にこられた時は、くろむぎ堂か、この鶏そば小鳥、1度お試しください。

スポンサードリンク↓

パヨク批判のチバレイに賛否両論


今日盛り上がっていたのは、チバレイ(千葉麗子)の話。


ニュースシャイニングより

『さよならパヨク』『くたばれパヨク』(ともに青林堂)という著書を上梓した千葉麗子が、例によって(自称)左翼=パヨクと称してケナしている書き物に、コメントが付いています。

千葉麗子氏「『パヨク』は時代遅れ」

でも私は、あまりそれらの本は評価していません。

たとえば、『さよならパヨク』は一部事実誤認もあるし、何より、自分が自称左翼の活動家と不倫して、うまくいかなくなったこともあって、「左翼に絶望」してネトウヨに豹変して怒りをぶつけている、という話になっているところが、ちょっと共鳴しにくいところですね。

この人の「豹変」には、以前うまくのせらてしまったことがあります。

電脳アイドル時代、チバレイは、カシオのイメージキャラクターだったのですが、私は、ある仕事で彼女から、「カシオペア、いいですよ、すごくいいんですよ」と、当時流行していたカシオペアというPDFを勧められました。

単純な私は、その足ですぐ秋葉原に行ったのですが(笑)、使ってみたらあまりよくなかったのです。

その後、チバレイはカシオとの契約が終わると、カシオペアを全く褒めなくなったので、「なんだ、仕事で褒めてただけか」と、やっと目が覚めたことがありました(汗)

時の雰囲気を読んで、セルフプロデュースにも長けていて、人をその気にさせるのが上手い人なんでしょうね。

ただ、彼女の本は、全く無意味な本ではなく、左翼陣営は同書を教訓にしてほしい面も多々あります。

機会があれば、いずれ詳しくレビューしたいと思います。

さよならパヨク

さよならパヨク

  • 作者: 千葉麗子
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2016/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(279)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 279

コメント 16

yamatonosuke

スッキリした店構えのオシャレなお店ですね。
そのわりには土鍋の欠片が気になります…
冬の夜長に見るラーメンはたまりません。
by yamatonosuke (2016-12-23 00:32) 

末尾ルコ(アルベール)

内容も楽しく読ましていただきましたが、文章がまた素敵で、既に何度かスクロールして読み返しました! さて(笑)、味玉鶏白湯そばですが、お写真ではとても美味しそうに見えます。しかし何やら、不愛想なお店ってけっこうあるんですね。マニュアル的愛想のよさを存分に発揮されるのも何ですが、そしてかつての「お客様は神様」というのはある種の妄言にしても、その場にお客さんがいる、それ以前にその場に人間がいるという状況で、「不愛想」で通すのはいかがなものかとは感じます。 わたしは自分を右とか左とかカテゴライズしない主義ですが、ずっと前から日本の左陣営の思考停止+ウルトラ偽善ぶりにはかなり絶望的な気持ちです。と言いますのも、わたしの周囲には種々の事情で(笑)左陣営が多かったもので、つぶさに見過ぎてしまいまして。本当に、一旦ぜんぶ白紙に戻すくらいでないと、左陣営に支持が集まることは難しい気がします。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2016-12-23 00:44) 

うつ夫

職人肌にも程がある?
それだけファンも居るんでしょう。
by うつ夫 (2016-12-23 00:59) 

ナベちはる

土鍋のそば、冬の寒い時期にはピッタリですね☆彡
食べると芯から温まれそうです!
by ナベちはる (2016-12-23 01:04) 

アニ

チバレイ年取ったなー
確か同い年だった気が…
by アニ (2016-12-23 02:54) 

斗夢

世の中から取り残されているわたしです。
バヨクも初めて見る文字です^^。
by 斗夢 (2016-12-23 05:27) 

タンタン

おはようございます。
店主の態度や味はともかく、器が欠けてるのはかなりのマイナスですね^^;
by タンタン (2016-12-23 06:12) 

pn

鴨居に来たらぜひかっすい55へ(笑)。
不愛想な店主ねぇ、客商売として考えればマイナスだろうけど憎めないな(^^)
by pn (2016-12-23 06:23) 

なかちゃん

態度の悪いのは減点ですが、無愛想は気になりません ^^
ただ、両者の線引きは難しいかもしれませんが…
左翼がパヨクですか?そしたら右翼はなんなのかな???
プヨクとかだったりして (^^;

by なかちゃん (2016-12-23 09:36) 

関谷貴文

丼が欠けているところから見て、無愛想というより商売ナメてますね。
by 関谷貴文 (2016-12-23 17:04) 

アフロおやじ

「味玉鶏塩そば」おいしそうですねぇ~
私個人としましては土鍋の欠けが、
これまた“あじ”があってよろしいかと思います。
by アフロおやじ (2016-12-23 23:22) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>私個人としましては土鍋の欠けが、
>これまた“あじ”があってよろしいかと思います。
>by アフロおやじ (2016-12-23 23:22)

なるほど、そういう考え方も「あり」ですよね。
by いっぷく (2016-12-23 23:59) 

utamaroco


ああ、そういう考えもね。

無愛想というのは、表情だけではなくて調理以外無関心という意味でね。
by utamaroco (2016-12-24 01:24) 

HIDEe

最近は鶏ダシ濃厚系が流行ってますね。
濃厚と謳うならドロドロ系じゃないとと思いますが、私はあっさりめの方が好きなので美味しそうです。
by HIDEe (2016-12-24 01:30) 

Rinko

「鶏塩」と来るだけでグッと来ます^m^
by Rinko (2016-12-27 23:35) 

gf487323

そば店の店員さんが不愛想との事ですが、
まー淡々と黙々と仕事していると
考えればあまり気にならないかもしれませんね。
by gf487323 (2017-03-25 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます