So-net無料ブログ作成

大晦日と元旦のNHKBSプレミアムは『年越し映画マラソン』

年越し映画マラソン

NHKBSプレミアムが、恒例の『年越し映画マラソン』として、続けざまに劇場用映画を放送することで、ネットでは一部マニアが話題にしています。大晦日は黒澤明監督の5作品、1月1日は『ジョーズ』『ニュー・シネマ・パラダイス』『タイタニック』などを放送するそうです。



少し早いですが、大晦日と元旦のNHKBSプレミアムの話です。

12月31日は、黒澤明監督作の『七人の侍』『生きる』『用心棒』『椿三十郎』『赤ひげ』などクロサワ特集。

1月1日は、『太秦ライムライト』『合葬』『私の頭の中の消しゴム』『ジョーズ』『ニュー・シネマ・パラダイス【インターナショナル版】デジタル・レストア・バージョン』『タイタニック』など洋画がラインナップされています。




私はこの中で、DVDとして持っているのは1本もありません。

したがって、全部観てもいいと思っています。

個人的にとくに楽しみなのは、椿三十郎です。



加山雄三が、当時人気作品として三部作(結果的に17作)予定していた若大将シリーズを休んで撮影に参加した、1962年のお正月映画です。

あとは『赤ひげ』。



これも加山雄三が出ているのですが、演じる保本登は、ボスの赤ひげこと新出去定(三船敏郎)とはいつも衝突しています。

一方、ガス人間・土屋嘉男演じるやはり養生所の医師・森半太夫は、どちらかというと優等生。

水戸黄門と、助さん、格さんのような関係ですね。

できれば、その他、『蜘蛛の巣城』『わが青春に悔なし』、あとは尺が短いですが『虎の尾を踏む男達』なども放送してくれたら良かったのにと思いました。

一説には、DVDよりもBSの方が画質がいいといわれているので、その点でも楽しみですね。

ランダムに複数の作品を見るのもいいのですが、同じ脚本家や監督の作品を続けてみることで、何か見えてくるものがあるかもしれません。

1月1日は、久しぶりに『ジョーズ』でも見ようかな。

いかがですか。お気に入りの作品はありますか。

スポンサーリンク↓

水を一滴も使わず八ヶ岳高原牛乳だけで作ったドーナツ


今日のオヤツは、『信州牧場のドーナツ』(北川製菓)です。

信州牧場ドーナツ

水を一滴も使わず、八ヶ岳高原牛乳だけを使用して作っているそうです。

信州牧場ドーナツ

さらに、揚げたての段階でたっぷり蜜を浸み込ませているので、しっとりしています。

信州牧場ドーナツ

中身はしっかりつまっています。

信州牧場ドーナツ

北川製菓は長野県駒ヶ根市にある会社で、ドーナツを中心とした半生菓子の製造を行っています。

創業は1958年7月で、会社設立が1977年8月。

同社の公式サイトによると、『信州牧場ドーナツ』は、冷たい牛乳に浸して食べるとまた違った食感が楽しめるとか。

個包装なしの10個入りです。

開封したら一気に食べてしまわなければ。

ドーナツはオヤツの定番ですが、みなさんはお好みのドーナツはありますか。

北川製菓 14個信州牧場のあんドーナツ 14コ×12個 -
北川製菓 14個信州牧場のあんドーナツ 14コ×12個 -
スポンサードリンク↓



nice!(246)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 246

コメント 21

pn

ジョーズを見た時はビビったなぁ、本当に食われちまったんじゃないかってくらい(^_^;)
by pn (2017-12-20 23:20) 

ゆりあ

我が家は、BS入ってないので見られませんがラインナップが多くて楽しめそうですね^^
この中で見たのは、やっぱり『ジョーズ』と『タイタニック』くらいですね^^;

ドーナツ、おいしいですしおやつとして最高ですよね^^
主人も大好きなんですが、あまりにお腹が出てきたため禁止令を出しています^^b
by ゆりあ (2017-12-20 23:41) 

nikki

年末年始、外出しない人はいいですね。
スカパーとかで全話一挙放送をよくやってますが、
全部見る人いるのかな。
録画と言ってもハードディスクレコーダーの容量が。

昔ながらのドーナツおいしそうです。
by nikki (2017-12-21 01:11) 

末尾ルコ(アルベール)

『年越し映画マラソン』・・・これはいいですね~。一本一本じっくりお話したいところですがさすがにそれは自重いたしまして(笑)、黒澤作品で「どれが一番好きか?」と問われたら、『羅生門』なのですが、もちろん他の作品もほとんど好きです。『影武者』や『乱』は、フランスを中心に海外では絶賛で、日本国内では批判的意見も多かったですが、わたしはこれら作品も大好きです。そしてちょっと米国映画へ出たり、米国でコンサートをしたりすると、「ハリウッド進出」とか「アメリカ進出」とかいい加減な記事が日本で出回りますが、そういう「なんちゃって進出」とは違い、黒澤明は掛け値なしにコッポラ、スコセッシ、スピルバーグ、ルーカスら「神」と崇められている映画監督たちに「神」と崇められていたのであって、確かに小津安二郎、溝口健二らのヨーロッパでの評価は絶大ですが、それはあくまでかなりの映画通やインテリたちの間の話です。黒澤明のような存在はおそらく今後日本には現れないと思います。今回はわたしも『七人の侍』『椿三十郎』『用心棒』と侍物をじっくり観返したいですね。わたしは市川雷蔵の大映侍物も熱烈に好きですが、やはり黒澤時代劇はまた別格のクオリティと風格があります。
ちなみに『ジョーズ』は子どもの頃に家族で映画館で観た作品の一つで、わたしが映画ファンになった大きなきっかけの一つだとも言えます。(世の中に、こんなおもしろいものがあるのか!)と驚愕しました。そして漁師「クイント」役のロバート・ショウは、わたしが初めてファンになった外国人俳優でして、今でも特別な存在です。早くに亡くなり残念でしたが、その男っぷりにシビれたものです。作品的にももちろん今でも、近年のスーパーヒーロー映画などよりずっとおもしろく、それはヒッチコック的サスペンスの醍醐味が詰まっているからなのだと思います。

『信州牧場のドーナツ』・・・普通サイズのドーナツはちょっとわたしには大き過ぎて、食べるとしたら食事替わりです。よってこのような小さなドーナツ、わたしもよく食べます。けっこう美味しいんですよね。しかも「信州」と付くと、それだけでプレミアム感が出ますね。

わたしは母とは大体15年前後以前からだと記憶しますが(定かではないですが 笑)、いろいろ感情的に上手くいき始めました。それより前はかなり激しくぶつかることもありました。とは言え、今でも細かいところで手を焼くことしばしばです。本人に健康・医療知識がないのはもう仕方ないと思っていますが、わたしがいろいろ調べてアドバイスしていることをなかなか守れないところがあります。特に難しいことを要求しているのではなく、最低限守ってほしい基本的なことばかりなのですが、ちょいちょいあっさり約束事を破ってしまいます。例えば、「間食はダメ」と言っているのに、最近でも何回もやってるんですね(笑)。(笑)と付けましたが(笑)、本当は息子としては笑えないと言いますか(笑)、(これだけいろいろ調べたり日常の世話をしているのに、「間食をしない」程度のことが守れないのか)と心底不本意な気分になります。食欲があるのはいいことなのですが、その分、同じくらいの年代の人より食べているので、その上間食は絶対すべきでないのですが、いつの間にか食べていることが最近何度かあり、ちょっとわたしも感情の持って行きようがないですね。

>見栄を張る、外聞を気にするというのもひとつの「生きがい」ではないだろうかと思ったのです。

「見栄を張る」というのは、いい方向へ行けば一つの美意識になるとは思います。わたしはけっこう、「武士は食わねど高楊枝」という言葉が好きで、もちろんこれが高じたら無用に餓死したり(笑)しますし、現実の武士の時代の封建的上下関係は大嫌いですが、ある種のファンタジーとしての「武士的見栄」というのは人生の中で大切な要素ではないかと。もちろん限度があり、どこかで多少崩すとか、客観的に自分を嗤うとか、そんな余地も含めるべきだとは思いますが。
わたしの母もある時期まではかなり外聞を気にするタイプでした。わたしにとっては「近所の人がどう思っているか」なんていうのはないも同然なのですが、母はやたらと気にしていました。こういう意識は高ずるとほとんど被害妄想に近くなりますね。母はそこまで酷くはありませんでしたが、昔のように「地域コミュニティに白い目で見られたら村八分にされる」という実害ある状態であればいろいろ対処せねばならないでしょうが、少々近所の人に「変わり者だ」と見られたところで、少なくともわたしの町内では何ら実害はありません。もっとも、同じ高知でも、郡部で暮らすとなると、昔の地域コミュニティに近い閉鎖性は残っているのでしょうが。

>「ほしのもと」(遺伝+環境)

このお考え、よく理解できます。わたしもなんだかんだ言って、若い頃は父に似たとても神経質なところがあって苦しみました。ただ今は、その性格をかなり「いい意味でのデリケート」に転換できていると思います。いっぷく様のおっしゃるように、「ほしのもと」の自覚は大切で、目を背けずに、「そこからどうするのか」という点がさらに大事なものなのでしょうね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-21 01:11) 

斗夢

いい情報をありがとうございました
見ます
黒澤映画は次はなんだろうと期待して待っていました
併映が若大将シリーズでした
by 斗夢 (2017-12-21 06:17) 

ヤマカゼ

年末の観賞いいですね。最近全然見てないのでゴジラでも。
by ヤマカゼ (2017-12-21 06:41) 

kou

ジョーズは迫力ある映画でした。
しかし、今制作したらCGになるのかな・・・。

by kou (2017-12-21 07:43) 

Rinko

年末年始はあれもこれも見たい番組はほぼBSやCSですね。
特に年明けの民放は全然おもしろくなかったりするのですが・・・そう思うのは私だけでしょうか^^;
by Rinko (2017-12-21 08:18) 

Take-Zee

こんにちは!
我が家ではBSは見られません・・
普通の放送は面白い番組がなくなって
BSを考えなければなりません。

by Take-Zee (2017-12-21 08:45) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
「松乃屋」も「かつや」もワンコインでかつ丼食べられなくなりました。
BSプレミアの映画は録画しようと思います。
by johncomeback (2017-12-21 10:35) 

チャー

お正月番組は 似たような物ばかりなので 好きな映画があるといいですね
ジョーズ など サメが主人公の映画沢山ありますが、パロディ話のような、笑える作品も結構あります パニックに映画 好きです(^^)
タイタニックも懐かしいなー DVDではなくVHSを持っています^ ^;

by チャー (2017-12-21 11:16) 

馬爺

懐かしい黒澤映画をやるんですね、
by 馬爺 (2017-12-21 12:48) 

makkun

最近は平素でも観たいドラマが少ないので
テレビを観る事が少なくなりましたが
年末・年始は余計に観たい番組は有りませんので
時間を潰すのに苦労します(笑)
何年か前までは12chで長時間の時代劇が有ったですが
最近はどうも観たいものが見つかりません。
by makkun (2017-12-21 14:56) 

hana2017

家にあの丸いアンテナ、 BS放送の契約をしていない我が家はどうしたらよいのでしょう?
家から近いDVDレンタル店GEO、客層のニーズに合わせている為か、並んでいるのは子供用アニメか、テレビドラマ、韓流・・・と観たいものが全くない有様にはガッカリです。
溝口健二、市川崑どころか黒澤作品にしても、2~3本というところなのです。
市川雷蔵主演の「破戒」があったので借りてみました。彼が出た途端、雰囲気が変わりました。そしてあの声!
やはりスターのオーラはどんな役を演じても、別格なものが感じられて見直した次第です。
by hana2017 (2017-12-21 17:42) 

旅爺さん

大晦日と元旦辺りには良い映画が楽しめるんですね。
by 旅爺さん (2017-12-21 18:07) 

ヨッシーパパ

揚げパンを牛乳に浸して食べたことはありますが、ドーナッツはあったかなぁ?
給食の時にしたことなので、ドーナッツはきっと無いですね。

by ヨッシーパパ (2017-12-21 18:44) 

扶侶夢

黒澤明監督の何かがあるのでしょうか?来年1月からDVDのバンドルされた雑誌が黒澤作品シリーズとして発刊されますね。
by 扶侶夢 (2017-12-21 19:04) 

kohtyan

黒沢明監督、三船敏郎主演、これは二日かけても
見る値打ちがありますね。今から、予定しておきます。
by kohtyan (2017-12-21 19:32) 

たじまーる

BSプレミアム
WOWOWに負けないくらいの
面白い名作映画をやりますよね(///∇///)
BSプレミアムは私はTVあまりみませんが
このチャンネルは観てますね(((^^;)
by たじまーる (2017-12-21 21:07) 

えくりぷす

私は、残念ながら出かけているので、年越し映画マラソンは見れません。録画するかどうか悩むところです。
「ジョーズ」は、宮城県気仙沼市のシャーク・ミュージアムに行ったあとで無性に見たくなって、全シリーズ見たことがあります^^;
椿三十郎は、織田裕二のリメイク版を見てがっかりした覚えがあるのですが、比べてみたいですね。
by えくりぷす (2017-12-22 11:19) 

little_me

ジョーズ、子供の頃に家族で観に行きました。
大画面だったので、怖かった記憶があります。
by little_me (2017-12-22 11:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます