So-net無料ブログ作成

『妻は告白する』を観ながらティラティスをいただいたひととき

ティラティス

『妻は告白する』(1961年、大映)をアマゾンプライム・ビデオで観ました。主演は若尾文子。原作はタレント弁護士の食分け的存在だった円山雅也の小説『遭難・ある夫婦の場合』です。おやつはティラティス。ティラミスではありませんが、別物とも言えません。その違いは……



『妻は告白する』(1961年、大映)を配信しているのは、Amazonプライム・ビデオ。

Amazonプライムという、Amazonで注文した商品をよりはやく配達してくれる有料サービスを申し込んだ人は、それ以外にいくつかのサービスが用意されていますが、そのひとつが『映画とTV番組がいつでもどこでも見放題』のプライム・ビデオです。

まあ、実際にはサービスで用意されているタイトルだけで、「すべての」映画やTV番組だけではないんですけどね。

それでも、レンタルDVD店にもないタイトルがずいぶんあるので、これはこれで重宝しています。

面白い作品はこれからご紹介していきたいと思っていますが、今回はその第一弾です。

愛は時に身勝手な表現もある


妻は告白する
『妻は告白する』本編より

若尾文子演じる滝川彩子は、夫である大学助教授・亮吉(小沢栄太郎)と、製薬会社社員の幸田(川口浩)の3人で登山中、足を滑らせた亮吉(小沢栄太郎)と宙吊りになります。

3人の身体はザイルでつながれていましたが、彩子は自分と亮吉を結ぶザイルを切って亮吉を谷底に落とします。

これは殺人か、自分の生命を守るための自己防衛なのか。

有罪か無罪かをめぐって、映画は裁判のシーンから始まります。

裁判では、彩子が亮吉を殺害する動機として、かねてより夫婦仲が円満ではなかったこと、幸田と愛人関係にあること、亮吉に500万円の保険金がかけてあることを検察側は主張。

これに対して、弁護士(根上淳)側は、彩子がザイルが切ったのは、自分の生命の危険を避けるためにやむを得ずとった行為であり、緊急避難の適例であるとして、殺意はなかったと主張します。

裁判での陳述や回想を通して、戦災孤児で望まぬ結婚をした彩子の結婚生活や、一方的に片思いした幸田との関係、分不相応な生命保険の理由、3人で登山をすることになったいきさつなどが明らかになっていきます。

幸田(川口浩)には宗方理恵(馬渕晴子)という婚約者がいて、彩子(若尾文子)には同情心から親切にしていただけだったのですが、裁判が進む中で彩子と幸田の距離はどんどん近くなり、ついには判決を待たずして幸田は婚約を解消して彩子に結婚を申し込みます。

彩子は無罪を勝ち取り、幸田との新しい生活を始めることになりました。

そこで彩子はふとしたことから、ザイルを切ったときに殺意があったことを幸田に話してしまいます。

彩子の無実を信じていた幸田はショックを受けて、彩子から急速に気持ちが離れていきます。

彩子から離れる幸田に絶望した彩子は、会社のトイレで服毒自殺。

幸田様と書かれた封筒には、亮吉の死亡保険金500万円の小切手と、理恵と結婚するときにでもこのお金を使ってくれという遺書が入っていました。

これは、有罪か無罪かというより、彩子という女性の自己中心的な愛し方を描いた作品です。

裁判では証言台にたって、彩子と愛人関係にあったかどうかを問われます。

この時点では彩子が一方的に幸田を愛しているだけなので、本当なら幸田に迷惑をかけたことをすまなく思い、そのような疑いを持たれないように行動を慎むでしょう。

ところが、彩子は幸田を会社から呼び出し「やっと2人きりになれたわ」と喜んでいます。

幸田の気持ちが冷めると、ご丁寧に幸田宛の遺書まで残して、わざわざ幸田の会社の中で自殺。

これでは幸田は社会的に葬られたようなものです。

彩子のような女に魅入られたばかりに、人生を棒に振った幸田が一番の被害者ではないだろうかと思います。

「女は怖い」とレビューを書いた人がいましたが、まさにその通り。

でも、考えてみると、人を愛するということは、本来、身勝手で、誰かを傷付けているかもしれないものです。

純愛ものもいいですが、こうした「愛」も人間の一つの真実だと思うので、その意味で興味深く鑑賞しました。

スポンサードリンク↓

豆乳由来のスイーツ


ミニストップが、2016年6月に期間限定で販売した『ティラティス~ビターキャラメルカフェ~』を、2017年1月4日から各店で発売するとのニュースがありました。

ミニストップから好評の人気スイーツ「ティラティス」復活

tiramisu

ティラティス、ティラスと1字違いです。

どう違うのかというと、ティラティスは動物由来原料を一切使用していません。

たとえば、三段重ねで、真ん中はチーズクリームのように見えますが、これは「チーズのような豆乳クリーム」。

ティラティス

すなわち、大豆でできた豆乳発酵食品です。

チーズとは似て非なる、酸味のある味ですね。

ただ、そうでないところは、「ティラミス」と同じ。

一番下には、コーヒー(エスプレッソか?)シロップをしみこませたスポンジが、ビターキャラメルソースとともにドンと控えています。

我が次男は、上のホイップクリ―ムと、トッピングのアーモンドクランチは喜んで食べていましたが、真ん中の豆乳クリームで躊躇、エスプレッソのスポンジはほとんど手を付けませんでした。

ティラティス

やっぱり大人の味かな。

牛乳を豆乳に代えることで、味や栄養や健康効果がどう変わるのかはわかりませんが、全体として、通常のティラミスを食べた時よりも、「甘さ」は控えめになっていると思います。

豆乳由来の甘さをおさえたスイーツ。いかがですか。、

妻は告白する [DVD]

妻は告白する [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2015
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(324)  コメント(19)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 324

コメント 19

kou

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

この映画は自分が生まれた頃のものなんですね。
やっぱり昭和は良かったです(^^)
by kou (2017-01-06 20:20) 

pn

甘さ控えたスイーツにこの映画をからめますかー。
深い記事だなぁ(^_^)
by pn (2017-01-06 21:12) 

ぱんだはんな

ティラミス、一時ブームで凄かったですよね。
それっぽいデザートは沢山ありますが、
お店によってレベルの差が本当に大きい
デザートの一つだと思います。
by ぱんだはんな (2017-01-06 21:13) 

末尾ルコ(アルベール)

>「すべての」映画やTV番組だけではないんですけど ね。

これ、かなりツボです(笑)。「すべて」って、世界映画史にどれだけの作品があるかということで、他に例を挙げれば、某書店の「本なら何でも揃う」とか(笑)、ぜんぜん揃わないんですね。 それはさて置き、『妻は告白する』のレヴューとは嬉しいです。若尾文子&増村保造は日本映画史上最も豊かな実りを想像してくれた最強コンビであるというだけでなく、作品ごとの作風がそれぞれ異なっていて飽きません。世代はまったく違えども、市川雷蔵と若尾文子に関してはわたしも常に平伏している状態で、何度も何度も観返しています。もちろん当時の映画俳優の出演本数は尋常じゃないので、取るに足りない作品もぼつぼつありますが(笑)。東京では「市川雷蔵映画祭」や「若尾文子映画祭」が大盛況のようで、新たなファンもどんどん増えてほしいところです。 ティラティス(笑)は知りませんでした。何かこう、高知にミニストップないような・・・(とほほ)。吉高由里子を「日本映画界のミューズである」と応援していた頃、ミニストップのCMをやっていたので東京でわざわざミニストップへ行って、吉高宣伝商品を食したという黒歴史が(笑)。あ、でもミニストップが目的で東京へ行ったのではないですよ(笑)。  プロレス雑誌・格闘技雑誌に関して言えば、『週刊プロレス』~『格闘技通信』というラインがずいぶんこの世界を歪めてしまった気がします。RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-01-06 22:09) 

そら

実は私も豆乳は苦手で(^^;
by そら (2017-01-06 23:12) 

utamaroco

一見豆乳のほうが健康そうだけど、牛乳にはカゼインが入っているからね。
牛乳是非論争で否定派は、牛乳の悪いとこばかり言うけど、
どんな食べ物でも良いところと悪いところがあるわけだし。
by utamaroco (2017-01-07 00:28) 

アニ

アマゾンプライムで「有田と週刊プロレスと」という番組見ています。
滅茶滅茶面白いですよ^_^
by アニ (2017-01-07 00:40) 

yamatonosuke

ティラティスですね。
間違えないようにしないといけませんね。
by yamatonosuke (2017-01-07 00:45) 

sasorimodoki

こんにちは^^
私はコーヒーが嫌いな訳ではないのですが、
コーヒー系のお菓子が苦手なのでティラミスは食べません。
でも最近コーヒーじゃないティラミスとかもあるみたいで、
抹茶ティラミスとか~やっぱそれでもコーヒー入ってるのかな?
by sasorimodoki (2017-01-07 00:54) 

ナベちはる

「ティラティス」、最初は「ティラミス」だと思っていたのですが、実際に「ティラティス」なので間違えないようにしないといけないですね。
by ナベちはる (2017-01-07 01:23) 

sterling.hide.j

 いっぷく さま

ご訪問とナイス! コメントを、

本当に!いつも、有難うございます。


A・P・Vの、詳細も、有益ですね! 

「妻は・・・」 も、初耳です。


ぶっちゃけ、夫婦というモノの経験が無いのですが、

昨年人気だった「逃げる・・」のようなご夫婦は、、、

数年経ったら、、、???


 亮吉は、ヒビ入り関係の、彩子と、山へ行く時点で、

「命など」と、思っていたよ―な気も???


夫婦は、分かりませんが、命がけで人を愛せるのは、

スゲーっす!   でも   女は魔物です。


また、よろしくお願いいたします。





by sterling.hide.j (2017-01-07 01:46) 

えのみ

私は動物性の生クリームがどうしても苦手なので
ティラティスは良いかもしれません。
でも残念なことにミニストップが近所にはありません。(;´Д`)
by えのみ (2017-01-07 02:35) 

toshi

1字違いの食品、けっこうあるんですね。
スイーツは、たまに食べたくなります。
by toshi (2017-01-07 08:52) 

たいちさん

近くにミニストップがありませんが、気が付けば購入したい商品ですね。
by たいちさん (2017-01-07 09:43) 

あとみみ

わたしもAmazomプライムの無料入会したので、この映画見てみます。面白そうですね。
by あとみみ (2017-01-07 13:14) 

まお

ティラティス今度見かけたら買ってみます。
by まお (2017-01-07 15:54) 

poko

ティラティスって初めて聞きました。
美味しそうだけど、豆乳が苦手なので食べないかな!?
それよりミニストップが近くにないわぁ(--;
by poko (2017-01-07 16:36) 

海を渡る

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年は落ち着いて写真を撮りに行きたいと思います(^^)
by 海を渡る (2017-01-07 16:52) 

HOLDON

若尾文子、美しかったですね~
あぁ懐かしい。
by HOLDON (2017-01-07 17:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます