So-net無料ブログ作成
検索選択

Website Explorerで、不測の事態に備えブログをバックアップ!

Website Explorer

『Website Explorer』というwindows対応のフリーソフトが、ネットでダウンロードできます。サーバーにアップしているサイト(ブログ)の全ページ(記事)を、そのまま自分のパソコンに保存できるソフトです。So-netブログを含め、ブログサービスは、ある日突然削除されてしまうリスクもあるので、そのような不測の事態に備えてバックアップするために便利なソフトです。



So-netブログは、無料ブログサービスの中では心優しいサービスだと思います。

トレンドブログやサテライトブログが増えすぎたために、やっと掃除され始めましたが、よほどのことがないと、ブログ削除、記事削除といった強制措置はとられません。

私のSo-netブログ開設6年半の経験では、過去2100記事中、1度だけ、芸能記事で、芸能人本人から言いがかりのようなクレーム(泣き言?)が直接So-netに入り、記事「削除」ではなく、「下書き」モードにされたことがあります。

どうして「削除」ではなく「下書き」かというと、書き直して再アップするなり、他のサイトに再利用するなりしてください、という意味です。

クレームが言いがかりだったこともありますが、そんなに優しい措置は、他のブログサービスではありえません。

何かあれば、FC2ブログも、楽天ブログも、ココログも、ウェブリブログも、ある日突然ブログごと削除されます。

しかも、ブログサービス側は、削除する理由すら述べなくていいことになっています。

つまり、ユーザー側は何も悪くないのに、運営者側の誤解や独りよがりによる削除だったとしても、真実が明らかにならないまま、せっかくの力作ブログが跡形もなく消されても、ユーザーは文句を言えないのです。

それが、現在の無料ブログサービスの実情です。

では有料ならいいのか。

それがそうでもないのです。

はてなブログPro削除事件


最近、『やぎろぐ』という、はてなブログの有料サービス(はてなブログPro)を使っていた人気ブログが突然削除され、ネットで話題となりました。

はてなは、金を取っていても、そういうことをするのです。

私の妻も、はてなブログの有料サービス(はてなブログPro)を“主戦場”にブログを運営していたのですが、やはり『やぎろぐ』同様、ある日突然ヤられました。

はてなブログの有料サービス(はてなブログPro)は、全部で10ブログ作れるので、そのうち3つは私がブログを開設していたのですが、そこも「連帯責任」でバッサリヤラれてしまいました。

カチンと来た私は、「だったら金返せ」と事務局に苦情を申し立てたところ、10ブログのうち半分が生き返り、しかし半分は記事を抽出できる(他サイトに引っ越せる)ものの、公開できない措置に変わっていました。

もちろん、それが規約の第何条に基づくのか、なぜそうするのか、などは何も明らかではありません。

まあ、とくに意味はなく、担当者のテキトーな感覚でしょう。

はてなブログユーザーがいらっしゃったら、十分お気をつけください。

要するに、無料であろうが有料であろうが、ブログサービスは、サービス提供者の気持ち一つで、簡単に処分されてしまうということです。

ブログが削除されても「証拠」は残る


前置きが長くなりましたが、『Website Explorer』は、そんなときに備えて、これまで更新したブログ記事を、すべて自分のパソコンに保存してくれるソフトです。

Website Explorer
http://www.umechando.com/webex/

そのブログのファイル単位なので、たとえば他ブログに引っ越す場合、そのまま使えるわけではないのですが、文章や画像がバックアップできるので便利です。

もし削除されても、かつてはこんなふうに公開されていた、ということを再現できます。

何年更新を積み重ねても、消されるときは一瞬です。

長くブログを運営されている方、ご自身のブログに愛着を感じていらっしゃる方は、ぜひバックアップをおすすめします。

スポンサードリンク↓

『WELQ』非公開とは何だったのか


サイトつながりで、トレンドな話題もネット関連のことをとりあげます。

DeNAが運営するキュレーションサイト(まとめサイト)『WELQ』が、11月下旬に全ページ非公開となりました。

杜撰な記事を次々量産し、それが医療という人の命にかかわる情報だったために問題になったのです。

他にDeNAが運営する、『iemo』『Find Travel』『MERY』など全10サイトが、根拠の不明確な記事を掲載していたとして全面停止。

サイバーエージェントの『Spotlight』や、リクルートホールディングスの『ギャザリー』などが一部の記事を見直し、 LINEが運営する『NAVERまとめ』も仕組みの見直しが発表されています。

今回のことは、『WELQ』が「3カ月で15億円」儲かってウハウハだったから問題になりましたが、類を見ない手法だったわけではなく、まとめ方を含めた、現在のwebサイトそのものの問題点の極端な例にすぎないと思います。

端的に述べると、次の2点です。

過剰なSEO
内容に問題あり(著作権侵害、根拠がいい加減、薬事法違反、名誉毀損など)


今のネット(webサイト)は、あまりにも検索エンジンが強くなってしまったために、そのアルゴリズムの裏をかくサイトが高く評価される弱点があり、もうひとつは、サイトで発表している内容をチェックする機関がないため、間違った情報、本来行ってはならない表現方法が横行しているということです。

しかし、膨大なサイトから、自分のニーズに合ったコンテンツと出会うためには、検索エンジン自体は否定できないでしょう。

結局、

検索上位にあるから信用できるサイトだ、などと過信しないこと
ネットは情報の入口とするのはいいが、さらに踏み込んだ真実にアプローチしたいならさらなる裏付けを行うこと


などを心しておくしかなさそうです。

完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

  • 作者: 右田正彦
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2016/12/10
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(301)  コメント(28)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 301

コメント 28

アールグレイ

ブログサービスにも、いろいろなことがあるのですね。
参考になります。
ネットの過信も要注意ですね。

by アールグレイ (2016-12-09 00:11) 

yamatonosuke

たしかにそうですね。
ネットで見て良さそうだと思って訪れたらそうでもなかったりして…信憑性は独自で確認しないといけませんね。
by yamatonosuke (2016-12-09 00:26) 

ナベちはる

信憑性は、複数のサイトを見るなりして自分で判断しないといけないと改めて強く思いました。
特にTwitterでの「拡散」は"根も葉もないもの"だったりすることがあるので、それを見て早とちりして損したくないですしね。
by ナベちはる (2016-12-09 00:35) 

末尾ルコ(アルベール)

ネットやPCは常に「不測の事態」を頭に置いておかねばなりませんね。『Website Explorer』については知りませんでした。ぜひチェックしてみたいと思います。わたしもサブのブログなどは開設していますが、やはりなかなか手が回りません。『Website Explorer』を含め、いろいろ対策は考えておいた方がいいですね。 『WELQ』的なサイトはマイナーなものも含めたらごまんとあって、多くのネットユーザーはしっかりした内容よりも、頭を使わずとも分かるような出鱈目な記事がお好きだという点も大いに問題です。名の知れたメディアの記事も実に下らないものが多いですからね。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2016-12-09 00:38) 

うつ夫

有料でも削除されるのは、管理者側が提供するドメインを使っているからというのもあると思います。
それにしてもはてなって、高いですね。
by うつ夫 (2016-12-09 01:40) 

えのみ

ネット検索の内容をすべて信じないようにと
テレビでやっていました。
by えのみ (2016-12-09 02:21) 

HIDEe

自分の心血注いだ記事が削除されるのは、とても腹が立ちますね。
それって自分の分身に近いものですから。
まあネットの記事とうか、人は活字になったり、公のメディアになると真実と思ってしまいますから、判断する目は必要になりますね。
by HIDEe (2016-12-09 04:44) 

そら

そんなこともあるのですね!
やっぱり言葉や言い回しには気を使っちゃいますね・・・。
by そら (2016-12-09 05:55) 

pandan

そうなんだ〜便利なサイトがあるのですね。
by pandan (2016-12-09 05:59) 

土芽

ブログをパソコンに保存できるのですね。知りませんでした。
ネットに情報は溢れていますが、その取捨選択は個人の裁量
ただ、その裁量がない人も溢れているから...。
by 土芽 (2016-12-09 06:12) 

アニ

このソフト便利ですねー。利用してみたいと思います^_^
by アニ (2016-12-09 06:15) 

green_blue_sky

ネットはよいこともありますが、悪いこともあります。
世の中と同じ、判断は自分でしないといけませんね。
by green_blue_sky (2016-12-09 06:32) 

Take-Zee

おはようございます!
『Website Explorer』は便利なソフトかも知れません。
あとから、調べてみたいと思いました。

by Take-Zee (2016-12-09 06:47) 

タンタン

おはようございます。
ネットは便利ですが、やはり節度が必要なんですね。
しかし対象記事だけじゃ無く、全体削除とはちょっと酷いように思います。
by タンタン (2016-12-09 07:12) 

馬爺

おはようございます。
成程しかし有料サイトでスパッと削除されるなんて酷すぎますね。
SO-NETはどうなんでしょうね、政治批判等のサイトなども危ないのですかね?
by 馬爺 (2016-12-09 07:19) 

toshi

いろいろなことがあるのですね。
まったく知らずに、なんとなくやっています。
by toshi (2016-12-09 07:23) 

ぽちの輔

最近私のブログも調子が悪くなってますので
こういうソフトでバックアップしておいた方が無難かもしれませんね^^;
by ぽちの輔 (2016-12-09 07:37) 

ararat

ブログのバックアップや製本は,ぜひしておきたいのですが,なかなか手が出なくて...
このフリーソフト使ってみます.
by ararat (2016-12-09 08:06) 

ryuyokaonhachioj

ありがとうございます。
今年は、花も狂い咲が多いですね。
by ryuyokaonhachioj (2016-12-09 10:13) 

pn

俺もやっとこうかなぁ。
by pn (2016-12-09 10:16) 

なかちゃん

最近自分のブログを読み返すことが多くなってきました ^^
そして、ふ~~ん、〇年前はこんなことを書いてたんだ…なんて、自分の記事を読んで昔を思い出しています。
いわば日記帳みたいなものですね ^^;
そんな風に自分のブログを守る方法があるんですね。
ボクも何か対策をしようかな…

by なかちゃん (2016-12-09 11:33) 

yossy

話は違いますが
最近はパスワードの管理も大変になってきましたね
by yossy (2016-12-09 13:16) 

くまぱんだ

「WebsiteExplorer」そのようなものがあるとは知りませんでした…!勉強になります~(*^o^*)
自分が書いているのは日記ですが…適当な事は書けないなぁ…と、身の引き締まる思いがしました…(汗)
by くまぱんだ (2016-12-09 15:17) 

追いかけっ子

確かに無料ブログの突然の削除はよく耳にしましたが、
そういう技もあるんですね。
しかも写真もバックアップ出来るのはありがたいです。
時間ができたら是非やってみます♪
ありがとうございましたm(._.)m
by 追いかけっ子 (2016-12-09 17:38) 

makkun

私はまだ無料でブログを利用しているのですが
「無料で遊ばせて貰っているんだから何をされても」と
思ってました。
読ませて戴いて初めての事ばかりでしたので
勉強になりまし。
by makkun (2016-12-09 19:39) 

扶侶夢

『Website Explorer』
こんなのがあったんですね。試してみたいソフトです。
いっぷくさんのこういった情報記事も大変ありがたいです。
by 扶侶夢 (2016-12-09 20:52) 

アフロおやじ

いっぷくさん、ありがとうございます!
“いい物”を教えて下さいました。
私の気まぐれパソコンのせいで、
どれだけの記事が無駄になったことか...
早速ダウンロードさせていただきます!
by アフロおやじ (2016-12-09 23:38) 

utamaroco

私は自分のパソコンのデータをすぐ壊しちゃうので、
ブログのように、サーバーにデータをアップするやり方が合ってるんですけど、
でも確かに削除される怖さはありますねー。
by utamaroco (2016-12-10 00:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます